なんだかなぁ~ とか言ってる間に、もう8月です。


本来ならば、昨日、今日、明日と、仙台では七夕祭りが行われ、仙台市内は大いに賑わうのですが、今年はご多分に漏れず中止となってしまいました。


毎年、欠かさず行ってます! って程ではないのですが、やってないとなると、やっぱり寂しい感じがします。


最近は、会社から上がるとそのまま脇目も降らずにまっすぐ帰宅、というパターンが多いのですが、昨日はちょっとだけ寄り道してみました。


例年ならは大勢の観光客で賑わうハピナ名掛丁商店街の入り口付近も、いつも通りの佇まい。


ですが、よく見ると小さな七夕飾りが… 横断幕には、『仙台七夕「星に願いを!来年、笑顔でお会いしましょう」』のコピー。


ホントですね(しみじみ)


奥の方に少し大きめの飾りも見えまます。この通りは途中からクリスロード商店街となるので、そちら側かもしれません。行ってみようかと思ったのですが、すぐ脇に顎マスクの状態でスマホに向かい大声で喋る男性が現れて、速やかに離脱。


屋外だし、自分でも神経質かなとは思うのですが、やっぱりちょっと嫌です。気がそがれてしまい、青葉通りを回って早々に仙台駅に戻りました。


青葉通りのガス灯(元ガス灯?)にも小さな七夕飾り。


仙台駅にもあのコピーが出てました。


西口改札前の七夕飾り。これは例年と同じ感じかなぁ。


来年は、当たり前のように七夕祭りができる状態となりますように…

時々、鉄道企画があるテレ朝の「タモリ倶楽部」。前回は、Googleのストリートビューに偶然写った鉄道(グー鉄)を探せという、ウイズコロナ企画でした(すみません、宮城では数週遅れでの放送です。東京だと数週間前の放送です)。


最初の1枚は、スタッフが見つけた、スカイツリーをバックに京成3000系と東武100系が写るというなかなかのベストショット。


その後は、出演者が鶴見線や京成線等で探していましたが、私も以前やってたなぁ〜 ということで…


きっかけは、偶然見つけたスイスの私鉄っぽい鉄道。貨車2両を電車で挟んだ混合列車? スイスの家並と湖がバックに写って、車両の位置も文句なしで、素晴らしい写真になっていました。思わずキャプチャーをとってしまいましたが、改めて見てみたら、タイムスタンプは2010年7月と、ちょうど10年前でした。

 

その後もヨーロッパを中心にローマにアムステルダムなどいろいろと歩いてました。なかでもプラハのトラムはなかなかよかったです。

 

日本でも、浜名湖の脇を走る700系や遠くに富士山が見える江ノ電とか、見どころがたくさんありました。


その時のキャプチャー画像を見ていただきたいところですが、多分、Googleのポリシー上、NGな気がしますので、改めてリンクを貼ろうかと思っても、何しろそもそも偶然に行きついたところなので、再訪は極めて困難。という以前に10年も経っているので写真も差し変わってるだろうしな〜


ということで、久しぶりにグー鉄してみます(笑)


思いっきり手近なところで…仙石線の小鶴新田駅〜福田町。

てか、ちょっとご近所すぎ。ここはいつでも実際に行けるところなので、もう少し遠くに行ってみます。


地方鉄道では、比較的遭遇機会が多そうな静岡鉄道。ここは2010年に乗ったのが最後です。


春日町駅で1000系。

地方私鉄には珍しかった自社型のステンレス車でした。

 

柚木駅で新鋭A3000系。

1000系の後継車。もちろん新製。大手のお下がりではない車両を導入できる数少ない地方私鉄です。

 

なかなか駅間を走る列車が見つけられませんが、草薙駅〜御門台駅で「午後の紅茶」を見つけました。

 

 

せっかくなので、さらに遠くに行ってみます♪


九州の西鉄大牟田線。西鉄に最後に乗ったのはいつか調べてみたら1994年。なんと四半世紀以上乗ってませんでした。


紫駅〜朝倉街道駅で、5000系。

この車両が出てきた時は、左右非対称の窓が衝撃でした。

 

おなじく紫駅〜朝倉街道駅で、9000系。

最近の西鉄はあまり良くわかってなくて、特急用かと思ったら通勤用なんですね。

 

犬塚駅〜大溝駅。こちらは既に引退している特急用の8000系。

撮影日を見たら2013年でした。

 

 

江の浦駅〜開駅で、3000系。

こちらが最近の優等列車に使われている車両なんですね。

 

ということで、まぁ、そこそこ楽しめますが…


はぁ、やっぱり実際に行ってみたいし、乗ってみたい。


とはいえ、安易に「GoToトラベルキャンペーン」なんてものには乗りたくないし…


なんとか早く収まりますように。

 

昨日の事ですが、夕方、買い物に行ったスーパーの店内を歩るきながら感じた違和感。

顔周りの感覚がなんか違う?

ん? 呼吸が楽?

ありゃ、マスクするの忘れた。

車を運転するときは、普段からマスクはしていませんが、店とか人がいる場所に入るときはその都度、付けるようにしていたのですが…

既にかごの中には何点から入れちゃっていたので、申し訳ないけど、そのままちゃっちゃと買い物をすませて、店を出たのですが、うっかりでした。

にしても、マスクをしてないことで違和感を感じるようになってしまうとは… なんとも面倒くさい世の中になったものです。

今日、東京ではこれまでで最多の224人の感染者が出てるし、出たり出なかったりの状態が続いていた宮城でも、今日、一人出て、ついに100人の大台に到達。

検査数そのものが増えているということで、単純に言える話ではないですが、それでもやはり不安な状況であることは間違いありません。

人がいる場所では、せめてマスクぐらいは確実せねば… という自戒のお話でした。

というか、コロナだけで十分に大変なのに、大雨に、地震まで。何とか早く収まって欲しいものですね。

被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

5月中旬の頃、仙台駅の東口にある「仙台駅の東口にある「ホテルメトロポリタン仙台イースト」」で、各部屋のカーテンの開け閉めで「むすび丸」を表現してました、という記事を書きましたが、プロ野球開幕戦に合わせ、5/23から東北楽天ゴールデンイーグルスのロゴ「E」マークに変わりました。

天気が悪かったりして、なかなか見に行く機会がなかったのですが、先週の金曜日の朝、会社に行く前にちょこっと見てきました。

やっぱり天気はイマイチですが…

こんな感じ。
天気のせいかな? むすび丸の時よりも、ちょっと分かりづらいかも… 

にしても、ホテルの隣の工事中のビル、JR東日本が作っているオフィスビルですが、5月の時と比べるとずいぶん大きくなってますね。ホテルの半分よりも少し高いかな、という感じでしたが、だいぶ近づいてきました。最終的にはほぼ同じ高さになるようです。

もちろんバスがらみのカットも、ちゃんと撮っています(笑)
新常磐交通のいわき市から来た便のようです。

この後は会社に行かなきゃないので、とっとと撤収。できれば青空バックに撮りたかったところです。

コロナ禍で運行数が激減していた航空便ですが、仙台空港でも少しずつ便数が増えてきました。

一番少なかった時は、一日6往復ぐらい(だったような気がする… すみません、仙台空港のHPをざ〜っと見たらそんな感じでした)と、半世紀ぐらい前の運行数だったのが、15往復ぐらいでしょうか… まだまだではありますが、それでもスカイマークやFDAも帰って来ました。

昨日のスカイマークの神戸便はファイターズジェットでしたので、天気は良くありませんでしたが、ちょっと行ってみることにしました。ファイターズジェットを見るのはたぶん昨年5月以来。その時は飛んでいる姿を撮ってないので、飛んでるところは初めてです。

久しぶりに海側の避難丘から撮影。

主翼が邪魔で絵柄は良く見えません。

やや後ろ側から見た感じ。
「HOKKAIDO PRIDE」。左側のキャラクターは、日ハムのマスコット、「フレップ」だそうです。

離陸は、滑走路北側の橋の上から。

ここはどんどん木が伸びて、どんどん撮りにくくなります(涙)

こちらサイドはファイターズのロゴです。

ANAの沖縄便も復活しました。

折り返し沖縄行きとなる、大阪からきたボーイング737。以前は基本ボーイング767だったのですが、やはり機材が小型化しています。

一応、FDAの出雲便まで撮って帰ることに…

この日は、5号機のオレンジでした。

離陸は再び滑走路北側の橋の上から。

ということで、撤収です。
 
まだまだ寂しいですが、5分間隔で4便ぐらい続けて離陸していく時間帯もあったりして、それなりに持ち直している感じ。とは言いつつ、東京では連日それなりの数の感染者の方が出ていますし、しばらくゼロが続いていた宮城県でもこのところ、また少しずつですが感染者の方が出ています。

ホントに移動とかしていいのかなぁ〜 写真を撮りつつ言うのもの何なんですが、まだまだ不安な日々です。

スーパードルフィンとは、ANAのボーイング737-500に付けられた愛称ですが、先々週の日曜日6月14日に、最後に残った1機が福岡から羽田までのフライトを終え、1995年からの四半世紀の歴史にピリオドを打ちました。

ボーイング737といえば、私が中学生の頃には既に普通に飛んでる飛行機でしたが、T字型尾翼に3発のエンジンを持つスマートなボーイング727、圧倒的な存在感のボーイング747と比べると、いかにも変哲もない地味な印象の飛行機でした。

で、この地味なところが良かったのでしょうか、世代を重ね今も作り続けられているベストセラー機です(というか、最新型となるMAXの事故以降は微妙な状況ですが…)。今回の737-500はその第二世代にあたります。

ただ、私自身は乗ったことあるのかな? 初めての737は二十歳の時に羽田から仙台まで乗りましたが、時期的にまだ第一世代と思われます。その後はあまりご縁がなく、比較的最近になって乗った伊丹や札幌からの仙台便は、たぶん第三世代だったような… そもそも飛行機には平均しても年に数回乗るか乗らないか程度でしたので、やっぱり乗ったことないかも…

と、乗っていない可能性は大ですが、撮る方ではお馴染みの飛行機でした。ずんぐりした機体とエンジンカウルに描かれた「イルカ」が特徴です。

今回の引退を記念して、昨年12月にイルカのイラストに追加する形で「花束」のデカールが貼られました。ちょうど、イルカが花束を持っているように見えるなかなかのデザインです。

この時点で残っていたスーパードルフィンは3機。花束のデザインは機体ごとにそれぞれ異なっていますので、せっかくだから全種類撮っておきたい、ということで…

まずは、1月5日にJA306K号機。花束は「スイートピーとカスミソウ」です。

フェリーと一緒に。
まだイルカはほぼ見えません。

降りてきました。このサイズだとよく分かりませんね。

ターミナルビル前で。
イルカは判りますが、花束のデザインはいまいちよく見えませんが、この時はこのサイズが最大でした。

次は、2月1日にJA307K号機。花束は「ソメイヨシノとハマナスとサンゴと海藻」

ターミナルビル前で、降りてきた中国国際航空の737と。

エンジンに寄ってみます。
まだ遠いかな。

更に寄ります。
ここまで寄るとだいぶ見えてきました。

続いて、2月8日に最後のJA305K号機。花束といいつつ、「魚」がモチーフ。ある意味一番インパクトのあるデザインですが…

現場に着いたのがギリギリで、やむを得ず北釜大橋から。

ここまで寄るのが精いっぱい。
ん〜 よくかわらん。

残念ながら、この日は所用があって、このまま速やかに撤収。

なんとも不満足な出来で、リベンジを図りたかったところですが…

この後は私自身の体調不良でなかなか撮りに行けず、さらにコロナ禍の影響で仙台空港に飛来する飛行機が激減。いつまでスーパードルフィンが来仙していたのかも分からないまま、上の写真でお別れとなってしまいました。

残念でしたが… 長い間お疲れさまでした。

今日は日本全域で部分日食がありました。仙台では、食の開始が16:12、食の最大が17:07、そして終了が17:57です。

8年前の金環食(仙台はこの時も部分食でしたが…)の時に買った「太陽観測専用グラス」を用意して待っていたいたのに…

昨日は撮影の練習もしたのに…

今朝の仙台は晴れ! が西の空にそこそこの雲。これがどんどん東にやって来て、昼前にはもう曇り空で、日食観測はほぼ絶望的。

それでも薄雲越しにチラリとでも見れる可能性はあるかな〜、とは思っていたのですが、ちょっと横になってテレビを見てたら、知らん間に寝ちゃってました(汗)

気づいた時には18時ちょっと前。

ん〜、ほぼ終わっとる。

外を見てみたらやはりそれなりの厚い雲。

まぁ、やっぱりダメだったんだろうな、と思ったけど、ネットで見てみたら、「仙台でも薄雲越しに見れました!」的な記事を見つけて、ガッカリでした(笑)

さて、気を取り直して次回に期待しましょう。北海道では金環食となり、仙台でも8割ほど欠けるみたいです。

問題は今から10年後ということですが…
 
具体的には、2030年の6月1日で、仙台の場合は、食の開始が15:49、食の最大が17:04、食の終了が18:10だそうです。
 
今回と同じような時間帯ですね。

今朝、会社へ行くために玄関を出たら、正面の雲一つない青空に何やら白い一点。

ん? 何? 星? じゃねえよなぁ〜 UFO? そこそこ風があるのに動いてはいないみたい。

バックの中のコンデジで撮ってみます。

よくわかりませんが、普通に考えると気球かな? とりあえず、下に何か付いているようですが何でしょう?

時間があれば、一眼レフに望遠を付けて撮ってみたかったところですが、既に電車の時間にギリギリ。これに乗らないと遅刻なので諦めます。

で、仙台駅に着いたら、空には「まだいるし…」

ホテルメトロポリタンの右側にチラリと見えます。

スマホで見てみたらネットでもかなり話題になってました。朝の4時ぐらいから目撃情報があったようですが、正体はやっぱりわからず。

家の前で見た時よりは近い気がしたので、まずは光学ズームの最大値で撮影。

さらにデジタルズームも最大にして撮ってみますが、やっぱりわかりませんね。トリミングもしたので画面が荒れただけです。

こちらは、ついでに撮った「月と謎の物体(笑)」。

謎の物体は、その後、ゆっくりと東に流れて行きました。

報道によると、気球の下には太陽電池のようなパネルとプロペラが2つ付いていたそうで、高度は1500mぐらい。県内各地やさらに福島市からも見えたとのこと。結局、謎の物体は午後2時ごろには太平洋上で行方不明になったそうです。

県警はヘリを飛ばしたそうですが、結局、何だったのかは謎のまま。

気持ちの良い青空に、いささか薄気味悪い話ではあります。
 
2020.06.18追記】 翌朝の報道でも正体は不明のまま。高度は3000m以上で、県警のヘリも近づけなかったらしいです。高度1万m以上っていうのもありましたし、大陸側から流れてきたものかもしれないとの推測も載ってました(西の方には危ない国もあることですし…)。 ホント、何だったんでしょう?
 
てか、全国ニュースになってるし…

5月下旬、昼前の仙台駅。仙山線で帰宅しようと電車に乗ったら、隣の側線に何か停まってまして、
「ん、なんかおる」

窓配置はE721系ですが、ステンレス地に無塗装。
「なんだ、コレ?」

よくよく見てみたら、阿武隈急行の新車、AB900系でした。
「なんでこの時間帯にこんな所に?」

しかも、見たことのない緑色。ホームから撮ろうしたんですが、例によって仙山線の電車が邪魔。で、油断してる間に動いてました。

辛うじて撮れたのが、このカット。今年3月に登場したばかりのAB900系の第2編成ですね。

青い第1編成もくっついた4両編成でした。
 
この列車は普段は入ることのない東北本線の北方向へと去って行きました。
 
阿武隈急行は昨年10月の台風19号で甚大な被害を受け、今なお、宮城・福島県境の丸森〜富野間は運休中で、全線開通は今年10月の予定。宮城県側の槻木〜丸森間の運転再開は昨年12月でしたが、運転されているのは朝夕のラッシュ時間帯のみ。昼間帯の運転はありません。
 
帰ってから調べてみたら、5月18日から朝夕に運転されている仙台〜丸森間の直通列車にAB900系の4両編成が充当されているそうです。

阿武急はそもそも福島県の会社ですので、虎の子の新車を全て宮城県側で使うというのは、ちょっと微妙なものがあるのかもしれませんが、3扉車で統一されている東北本線の仙台〜槻木間は、2扉の8100系ではラッシュ時の乗客をさばききれないという判断かもしれません。もしかしたらJRからの要請だったのかも…

結局、あの時間帯に仙台駅にいた理由はわかりませんでしたが、とりあえず、次の日曜日はちょっと早起きして撮影に…

の予定でしたが、朝起きれず… 
 
しょうがないので丸森からの下り列車は、仙台駅手前のいつものポイントで撮影。

この後は、阿武急の岡〜横倉間まで移動。折り返しの上り列車を待ちます。

蔵王には辛うじて残雪が見えたので、サイドから狙ってみました。

夕方の仙台行きまでは待ってられないので、この後は、8100系を1本撮って阿武急は撤収です。

ということで、宮城県内を行く阿武急の新車を撮った話はここまでですが、今朝の河北新報に「阿武急 月内に仮復旧」という記事が載っていました。

「10月じゃなかったの?」と思ったら、本当に「仮」で、回送列車だけが走行できるようにするそうです。

記事によると、県境区間の不通により梁川車両基地から宮城県内に車両を回送できないため、運転できなかかった槻木〜丸森間の昼間の列車が、これで運転できるようになるとのこと。

回送列車が走れて、営業列車が走れない理由が判りにくいですが、思いっきり徐行すれば通れるってことなんでしょうか? 

ちなみに、記事の中には、宮城県側にいる車両の点検作業はJRの仙台車両センターで行っている、とありました。仙台駅で見かけたAB900系はコレだったかも。

仙台駅の東口にある「ホテルメトロポリタン仙台イースト」。コロナ禍の影響で休業中ですが、昨日、見てみたらこんな感じになっていました。

宮城県の観光PRキャラクターの「むすび丸」が、カーテンの開け閉めで表現されていますね

「新型コロナで疲れた人たちに見てもらい、元気になってほしい」ということだそうです。ホテル自体が大変な時に、この気遣い。ちょっとほっこりしてしまいます。

ちなみに本物の「むすび丸」はこちらです。

せっかくなので、いろいろと撮っていました。
鉄道が撮れないならば、せめてバスを…と思ってしまうのが悲しい性。と、いうことで2枚目と4枚目以外にはそれぞれバスを入れ込んでみました(笑)

とは言え、バス業界も大変な状況です。仙台駅東口のバス乗り場の表示はこんな感じ。
「運休」の表示がずらりと並んでいます。

宮城県の緊急事態宣言は解除されたとはいえ、JRもさすがに新幹線や特急の減便を始めるようだし、飛行機は既に惨憺たるありさま。気ままに、気持ちよく、行きたいところへ旅ができるようになるのはいつの事になるのやら…

なにはともあれ、昨日の仙台は気持ちのよい快晴でした。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM