前にも書きましたが、古い文庫本が結構たまっています。時々、本棚から引っ張り出して読み直したりするのですが、たまにしおり代わりに何やら挟んであったりすることがあります。

前に書いたときは、撮影地の略地図を書いたメモでしたが、今回出てきたのはこれです。

Room Confirmationと書かれたちょっと古びた安っぽい紙片ですが、一番下にはTOKYO STATION HOTELの文字。

これは東京駅の丸の内駅舎内にある東京ステーションホテルのことですね。そういえば、一度だけ泊まった事がありました。紙片には私の苗字(消しました)と料金などが書いてありますが、肝心の日付がありません。

いつだっけかな〜、と少し調べてみたら当時撮った写真が出てきました。更に探してみたらネガも出てきて日付も判りました。それによると、泊まったのは1998年(平成10年)の6月4日。レンガ駅舎の復元と同時に今風の高級ホテルへと生まれ変わった東京ステーションホテルですが、この時はまだ改装工事が行われる前のことです。

で、だんだん思い出してきました。この時は盛岡に住んでいたころで、東京には研修のために来ていました。その最終日、木曜日でしたが、その日の昼頃に電話で予約して、翌日の休みを取って、半ば衝動的に泊まった気がします(以前に何度か満室で泊まれなかったことがあるので運がよかったのかも…)。

今の東京ステーションホテルはとてもお気楽に泊まれる値段ではありませんが、当時はこの紙片によると税別で1万5000円となっています。まぁ、これでも普段泊まっていたビジネスホテルの倍ぐらいのお値段ですが、鉄道好きにとって東京ステーションホテルという響きには何とも言えない憧れのようなものがあり、やはり一度ぐらいは泊まってみたいと思っていました。

実際に泊まってみると、良く言えば重厚なイメージ、普通に言えば薄暗くて古臭い感じ…でした(笑) でも、ヨーロッパの古いホテルってこんな感じなのかな、などと思ったものです(この時はまだヨーロッパなんて行ったことなかったけど… この後も1回しか行ってないけど…)。

この時に撮った写真を何枚かご紹介します。

2階へ上がる階段のシャンデリアとなんかそれっぽい絵

 

室内は暗くて狭い。まぁ、雰囲気があると言って言えなくはないですが(笑)

 


テレビが分厚いのは時代ですね。

そして窓の外には…

今と比べるととてもシンプルなドームと向かいの部屋が見えます。今の東京ステーションホテルだと「ドームサイドなんちゃら」みたいなしゃれた名前がついています。

そして下を見ると丸の内南口改札が見えます。特にドーム側の部屋を希望したわけではなかったのですが、この光景は素直にうれしかったです(笑)

こちらは2階の通路(だったかな?)から見た丸の内南口です。

歴史と一緒にやっぱりちょっと古さを感じましたが、念願の東京ステーションホテルのしかもドーム側の部屋に泊まれて満足ではありました。

ところで、例の紙片の真ん中あたりに、JRカード10%offとあります。

JRカードを使うとJR系のホテルは1割引きとなるのですが、ついでですのでJRカードについてちょっと説明すると、その名のとおりJR系のクレジットカードで、元々は国鉄が発行したJNRカードがその前身です。国鉄の最末期となる1985年に初めて発行されたのですが、当初は駅のみどりの窓口で使える唯一のクレジットカードでした。

既に国鉄民営化の動きが見えていた頃ということもあって、とりあえず「JNRマークの付いたカードが欲しい」、という理由だけで作ってしまいました。
このカードはJCBと提携したものですが、これ以外にも各主要クレジットカード会社と提携しており全部で8パターンありました。JCBを選んだのは、デザインが比較的シンプルだったというだけの理由でした。

今はJR各社がそれぞれのクレジットカードを出していますし、そもそも他のクレジットカードでも普通に駅の窓口で使うことができますので、今となってはこれを持つ理由はあまりないのですが(JR系のホテルは今でも1割引きのはずです)、実は今でもJRカードを使っていたりします。とりあえず、変えるのがなんか面倒くさいので(爆)

昨日の朝はまたまた雪でした。我が家で約10cmちょっとぐらいの積雪。先週の月曜日ほどではありませんが、せっかくの休日の雪ですので、ちょっと撮影に行ってきました。

行った先は、間もなく貨物駅の工事が始まるであろう東仙台駅〜岩切駅間。途中の道はそこそこ凍てついていて慎重に走る車が多数。予想以上に時間がかかってしまいました。

着いてすぐにやって来たのは、キハ40系の「リゾートみのり」。
空はもう青空です。

こちらは上りの仙石東北ラインHB-E210系ハイブリッド車。

仙台の主力車両E721系をサイドから。
これは新しい1000番台です。

高いところから、石巻駅へ向かうHB-E210系を狙います。

ついでに田んぼの上を舞うトンビ。

お昼前には道路の雪もだいぶ融けてきました。下りのE721系を撮って終了とします。

にしても、この現場、とりあえず今のところ目に見える動きはありませんね。いつ頃、着工するんでしょうか?

それはそれとして、全然別な話ですが、途中で立ち寄ったコンビニにこんな張り紙がありました。

おめでとうございます。仙台人の一人して本当にうれしいです。

そして、台湾も加油!

月曜日に陸羽東線に「四季島」を撮りに行きましたが、先月末、1月27日にも東北本線の東白石でも撮っていたのを上げていませんでした。

ここは1月20日に一度行ったものの、その時は白鳥がわずかに数羽という淋しさでしたが、その一週間後にもう一度行ってみると…

前回と違って、白鳥やらガンやらが結構いました♪ これくらいいると一気に華やかになります。

で、この2日後にインフルで熱をだしたんですよね〜 まさか鳥インフル! じゃないよな〜 まぁ、この辺で鳥インフルエンザが発生したという話は聞きませんし…

それはそれとして…

その後、ちょっと確認したいことがあって仙台空港に立ち寄りました。そのついでに(既に日は暮れていましたが)展望デッキで降りて来る飛行機を撮ったものの、あまりの寒さに3階へ撤収。

と何気に外を見たら遠くの方で花火が上がっています。何発も連続で上げているようです。慌ててエレベーターで展望デッキに戻り、何とか撮った一枚。
かなり遠いですが…これが最後の一発でした。

その場では何の花火かは判らなかったのですが、翌日の朝刊に載っていました。

あの日、津波被害にあった旧東六郷小学校で打ち上げられた「鎮魂の花火」だったそうです。

 

もうすぐあれから7年目を迎えるんですね。改めて合掌です。

 

前回の続きです。

陸羽東線の西古川駅〜塚目駅で上野駅に向かう「四季島」を撮ったのですが、その他にキハ110系等、普段着の列車達も撮ってきたので、こちらもUPします。

まずは「四季島」の前に来た下り列車。
黄帯のキハ110系は陸羽西線イメージですが、実際には陸羽東線の赤帯と共通で使用されているようです。

こちらは「四季島」と古川駅で交換してきた下りの「リゾートみのり」。キハ40系改造のジョイフルトレインです。通常は3両編成ですが、オフシーズンだからでしょうか、真ん中の1両を抜いた2両編成でした。

この後は、鳴子付近に向かいますが、気づけば陸羽東線の鳴子温泉駅から新庄駅間は運転見合わせになっていました。先ほどの「リゾートみのり」も鳴子温泉駅で運転打ち切りのようです。

当初は、雪の鳴子峡での撮影を目論んでいたのですが、致し方なし…です。しょうがないので池月駅〜川渡温泉駅の名勝「小黒崎」で上り列車を狙います。
以前よりも少し撮りにくくなったかな?

こちらは同じ池月駅〜川渡温泉駅の少し川渡温泉駅寄りで下り列車。
結構豪快な雪煙です。

上の写真とほぼ同じポイントで上り列車。

川渡温泉駅〜鳴子御殿湯駅の鉄橋を行く下り列車。

雪が降る中、青鷺が飛んでいきました。

最後にもう一度、池月駅〜川渡温泉駅で上り列車を撮影。

時刻はまだ2時半ぐらいですが、翌日は仕事なので無理をせずにこれで帰ります。

それにしても、今の車にしてからこれだけ雪道を走ったのは初めてです(昨シーズンなんて、冬タイヤを履いたのに雪道を一度も走りませんでしたし…)。久しぶりにがっつり走る雪道は、スリリングな中にも結構楽しかったかも…(笑)

今週の月曜日は建国記念の日の振替休日でしたが、朝の大雪はびっくりしました。朝、窓を開けたら真っ白。ウチのあたりでは積雪20cm弱というところ。仙台では十分に大雪です。にしても、確かに天気予報では雪が降るとは言ってましたが、降るのは日本海側ということだったので、まさか仙台で… という感じでした。

元々、この日は陸羽東線で「四季島」を撮るつもりでいたのですが、思わず出撃を躊躇してしまう事態。

とは言っても、この後、上りの「四季島」を撮るチャンスはあまりありません。10分がかりで車と駐車場前の雪を払いのけて予定よりも30分遅れで出発。

いや〜、すべるすべる。怖〜っ。古川までの東北道は50匍制でしたが、途中2ヶ所で事故現場を目撃。やっぱりこんな日は出かけちゃ行けなかった気がする(汗)

当初の予定ではもっと鳴子寄りで撮るつもりだったのですが、国道の渋滞も怖くて西古川駅の手前に変更。

雪は断続的に降っていましたが、「四季島」が来る頃には止んでくれました。

雪原の向こうから「四季島」が顔を出しました。

非電化区間ということで、かすかにディーゼルエンジンの排気が見えます。

「四季島」と軽トラの組み合わせ(笑)

ラウンジカーが印象的です。

そして、雪煙を上げて去り行く後姿。

「四季島」はあっという間に行ってしまいましたが、雪の中、せっかくここまで来たので、もう少し陸東で撮っていこうと思います。

ということで、続きは次回です。

前回、「古い写真をスキャン☆1996年 とある雪の日」という記事の中で、東日本に残った最後の旧型国電クモハ12の写真をチラリと載せましたが、その後にも鶴見線でクモハ12を撮っていたので、ついでにこちらも載せてみます。

撮った日がはっきりしないのですが、あの雪の日の後で、かつクモハ12が引退する3月16日のダイヤ改正の前日までの間ということになります。

既に週末は沿線にかなり人が出ているということで、休みを取って平日に行ったという記憶があります。現地に行ってみたら日テレの朝の情報番組「ズームイン朝」の中継をやっていたような気もするのですが… う〜ん、どうだったんでしょう。

大川駅に到着したクモハ12。小さな電車からたくさんのお客さんが降りてきました。

大川駅で待機中の折り返しの電車。クモハ12は大川支線の武蔵白石駅と大川駅の間を行ったり来たりしていました。

大川駅を出発したクモハ12。大川支線はわずか1kmの路線で、撮れる場所が少ないのが悩みでした。

午前中のお仕事が終わると、夕方からのお仕事までクモハ12は弁天橋の車庫で休憩。夕方、武蔵白石駅に戻るクモハ12を浅野駅で撮ります。
逆光でフレアが入ってしまいましたが、偶然ヘッドライトに重なって、まぁ、これはこれで良いかと…

上の写真の後姿。

武蔵白石駅で発車待ちのクモハ12。

せっかくなので、もう少しクモハ12で引っ張ります。

3月15日を最後に引退したクモハ12でしたが、3月24日にさよなら運転が行われました。時にJRも粋なことをしてくれます。

で、行くことは行ったのですが、少し遅かったみたいです。人混みが嫌でどうしようか悩んでいる間に遅くなったような気がします。朝はせっかく2両編成で走ったのに撮り損ねてしまいました。

とりあえず鶴見駅で撮影。ここで切り離しこの後は単行での運行になってしまいました。ホームではセレモニーをやっていたようです。

弁天橋駅の近くで撮影。
クモハ12は2両いて、リベットボツボツがクモハ12052、比較的あっさりしているのがクモハ12053でした。

鶴見駅に戻るクモハ12。これもクモハ12052ですね。写真は縦位置にトリミングしていますが、この左右には人と三脚でいっぱいでした。

この後は、2両とも弁天橋の車庫に入って、撮影会をやっていました。

係りの方が時々サボを交換してくれていたようです。

この後、この2両は車籍を残したまま保存されましたが、wikipediaによると、残念ながらクモハ12053は2006年に除籍され2010年に解体されてしまったようです。残るクモハ12052は東京総合車両センタで保存されているようですが、いつか機会があればまた見てみたいものです。

にしても、味わいのある電車、本当に少なくなりました。…なんて言っていると「年寄りの繰り言」とか言われそうですけどね(笑)

休日に雪が降ると、ついつい写真を撮りに出かけたくなります。ましてやあまり雪が降らない東京ならば尚のこと。

ということで、東京に住んでいた頃(国分寺市ですけど…)に撮った写真がアルバムに入っていたのでスキャンしてみました。

まぁ、例によってたいした写真じゃありませんが、撮ったのは1996年(平成8年)の冬。前々回の記事でご紹介した桜咲く京津線蹴上駅付近の約2ヶ月前、東京近辺の雪景色です。

で、この年、冬の東京の天気を調べてみたら、2月17日土曜日から翌18日の日曜日まで、ほぼ終日「雪」となっています。1月から3月にかけて他に雪降りの日はないので、多分、このどちらか(もしかしたら両方)の日に出かけたものと思われます。

残念ながらこの時のネガが見つからないのでどの順番に撮ったかは判りませんが、アルバムに貼ってある順番でご紹介します。

まずは中央線のE351系「スーパーあずさ」。
場所はどこなんでしょうか? 線路の按配からして西荻窪方向から見た荻窪駅方面…かな? ただ、西荻窪駅からだとこうは見えない気がするので、下り電車の最後尾から撮っているかも… 確認にも行けないのでよく判りませんが…

こちらは中野駅ですね。東西線の5000系が地上に出てきたところです。

この後は、総武線の市ヶ谷付近で黄色い電車を撮っています。

お堀端を西へ向かう103系と、

東へ向かう201系です。

黄色い電車つながり?なのか、次の写真は鶴見線。

まずは鶴見駅の鶴見線ホームに入ってくる103系。

武蔵白石駅。

恐らく弁天橋駅付近。

そして、この年の3月に引退したクモハ12も最後の活躍。というか、午前中のお仕事を終えて弁天橋の車庫に帰るところのようです。

またまた場所を変えて浜松町駅の小便小僧。後ろを行くのは、やはりこの年の3月に引退となった165系急行の「東海」です。大きな目玉がキュートです(笑)

最後は田町駅かな? 近年「THE ROYAL EXPRESS」に改造された伊豆急の2100系第5編成「アルファリゾート21」です。
後ろには何気に100系新幹線が見えます。

以上、こうして見るとそれほどの雪ではありませんが、やっぱりうれしくて出かけちゃったんでしょうね。なんて呑気にやってる場合ではないかも。今日の北陸は大雪で凄いことになっています。すみません、とって付けたようにようになってしまいましたが、心からお見舞い申し上げます。

今日まではおとなしくしているつもりだったのですが、スカイマークのHPを見てみたら… 今日は下町ボブスレーの特別塗装機が仙台に来るみたいです。気づいた時間では到着には間に合いませんが、出発には間に合いそう。

 

午前中は天気も良さそうだし、しょうがないな、行くか。

 

てな感じで、仙台空港まで行ってきました。

 

スカイマークのボーイング737の離陸ですが、どんなイラストかよくわかりませんね。

 

この角度になるととりあえず判ります(笑)

 

この後、滑走路東側に移動してみると、架け替え工事をしていた貞山堀の北釜橋の新しい橋が開通していました。

 

新しい橋の上から、ちょうど降りてきたANAのボーイング767はスターアライアンス塗装機でした。

 

手前に解体工事中の古い橋を入れてみました。

 

右側が解体中、左側が新しい橋です。

 

最後に4月から休止となるグァム線のユナイテッド航空のボーイング737を撮ったのですが… 普通に大失敗。知らん間にカメラの設定がプラス補正になってた(泣) とりあえず誘導路移動中のみです。

 

しょうがないので、さっきのスターアライアンス塗装のボーイング767を撮って終了とします。

割と早いポイントで上がってくれました。

前回書いたようにインフルエンザに罹ってしまいましたが、若干だるさは残るものの概ね復旧したみたいです。

とは言うものの、本来なら今日まで北海道旅行だったんだよなぁ。体調もそれほどひどい状態になることもなく「ムリすれば行けんじゃね?」程度でしたし、現地の天気もこの時期には珍しくまずまずだったようで…、「はぁ〜 行きたかったなぁ〜」と、むなしく青空を仰ぎ見ておりました。凹む〜(泣)

まぁ、泣いててもしょうがないので(笑)、気分転換に昔の写真を少しスキャンしてみました。

今回取り上げたのは、1996年(平成8年)の春。桜の時期の京都でした。

午前中は大覚寺と嵐山で桜の景色を楽しんだ後、満を持して?訪問したのは、地下化を翌年に控えた京阪電鉄京津線の蹴上駅付近。

京津三条駅からこの駅(というか電停ですが…)までは併用軌道で道路上を電車が走っていました。そして周辺は桜の名所でもあります。行ってみたら必然的に人でいっぱいでした。

特徴的な丸っこいデザインの80形も地下化まで活躍していました。ただ運用区間は京津三条駅と四宮駅間に限定されていたようです。

こちらは今も石山坂本線で健在の600系。
どうでもよいですが、石山坂本線って、昔は「いしやまざかほんせん」だと思っていました(笑)

蹴上駅の先から専用軌道となります。山を下りてくる80形。

京津三条から来た80形。両側はなかなかの交通量です。

この後は、京津線で浜大津駅へ移動し石山坂本線の乗り潰しをしていますが、その間に撮ったと思われる1枚。貨物電車みたいです。左側に見えるのは線路用のバラストでしょうか?

最後に、午前中に撮った嵐山の一枚です。

穏やか春の風景を見て、少しは心も穏やかになったでしょうか? ん〜、そうでもないな〜(爆)

はぁ、どっか行きたい(泣)

もちろん褒められたことではないのですが、インフルエンザの予防接種を最後に受けたのは小学生の頃。それも高学年では何かしら理由を付けて受けてなかったような気がします。以来、1度も受けたことはありませんでした。

でも、半世紀以上生きていますが、とりあえずインフルエンザに罹った記憶がありません。世の中にどんなにインフルエンザが蔓延しても罹ったことなし。仮に熱がでても病院で検査を受けると結果は常に「白」。

「どうやら俺はインフルエンザには罹らないみたいだ」という何の根拠もない自信があったのですが…

今週の月曜日の朝、なんかのどが痛いし、ちょっと熱っぽい。で、測ってみたら6度ちょっと。普段が5度5分ぐらいしかないので微熱といえば微熱なのですが、とりあえず普通に会社に行きました。

ところが午後になったら体がやたらだるい感じ。結局、早退して家で体温を測ってみたら8度オーバー。

ヤバイかな? 近所の病院で検査をしてもらうと、反応はないものの発熱してからの時間が短くてまだ何とも言えないとのこと。

翌朝、熱は7度前後でしたが、念のため再度病院で見てもらったら…

「あら、出ましたよ♪」

「へっ?」

A型でした。で、熱が下がっても人にうつしてしまう可能性があるので、金曜日までは人のいるところには行かないように、というお達し。

イナビルという薬を処方されました。タミフルとかリレンザとかは聞いたことがありましたが、これは初めて聞く名前です。薬剤師さんのご指導の下、ボトル2本分の粉薬を吸い込んで、治療はこれで終わりだそうです。

結果、(記憶にある限り)初のインフルエンザはさして重くもならず、熱は8度4分を最高に、8度台に上がっても解熱剤を飲むと7度台に下がり、これを数回繰り返して、今朝以降は解熱剤なしでも6度台まで下がりました。とりあえずお達し通り明日までは家でおとなしくしていますけど… 

にしてもなぁ〜、ホントだったら今日から北海道旅行の予定だったんですよね〜 インフルでなければ強硬出撃も考えちゃいますが、「人にうつすかも」と言われれば、さすがにあきらめるしかありません。あと2日早く発症してれば行けたかなぁ、とも思いますが、行った先で発症するよりはマシ。ですよね(と、思いこむ)。

ちなみに乗るはずだった飛行機は、先ほどほぼ予定通りに新千歳に到着しました。はぁ、悲しすぎる(爆)

てか、次からはちゃんと予防接種を受けろ!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM