仙台駅の東口にある「ホテルメトロポリタン仙台イースト」。コロナ禍の影響で休業中ですが、昨日、見てみたらこんな感じになっていました。

宮城県の観光PRキャラクターの「むすび丸」が、カーテンの開け閉めで表現されていますね

「新型コロナで疲れた人たちに見てもらい、元気になってほしい」ということだそうです。ホテル自体が大変な時に、この気遣い。ちょっとほっこりしてしまいます。

ちなみに本物の「むすび丸」はこちらです。

せっかくなので、いろいろと撮っていました。
鉄道が撮れないならば、せめてバスを…と思ってしまうのが悲しい性。と、いうことで2枚目と4枚目以外にはそれぞれバスを入れ込んでみました(笑)

とは言え、バス業界も大変な状況です。仙台駅東口のバス乗り場の表示はこんな感じ。
「運休」の表示がずらりと並んでいます。

宮城県の緊急事態宣言は解除されたとはいえ、JRもさすがに新幹線や特急の減便を始めるようだし、飛行機は既に惨憺たるありさま。気ままに、気持ちよく、行きたいところへ旅ができるようになるのはいつの事になるのやら…

なにはともあれ、昨日の仙台は気持ちのよい快晴でした。

「何はともあれステイホーム」なんて言ってる間に、早いもんでもう5月です。

で、暑いっす。

もう5月、でもまだ5月の2日。

仙台の今日の最高気温は、なんと30.8度!

“夏日”どころか“真夏日”だし…

仙台の真夏日の最速記録は、2014年の5月14日だったらしいのですが、2週間近くも更新しました。

もう、いろいろと異常事態すぎですが、あまり家の中ばかりも辛くなって、15時過ぎにちょっと近所の公園まで散歩してきました。

ソメイヨシノはとっくに散ってしまいましたが、遅咲きの八重桜が良い感じになってきています… のはずが、こっちも終わりかけかなぁ〜

花の色もイマイチで葉っぱもだいぶ緑色が濃くなってきましたが、とりあえず、良さげなところをちょこっと撮ってみました。

どうやらこれが今年最後の桜の写真になりそうです。

仙台のソメイヨシノはとっくに散ってしまいましたが、八重桜はもうすぐ見頃、という感じです。

それはそれとして…

なんか桜の写真がないかなと、古い写真を漁っていたら、"見事な桜!"って程ではありませんが、こんなのがありました。

御茶ノ水駅のホームから撮った丸ノ内線の赤い電車と桜の木。

撮ったのは平成2年ですが、日付は不明。前後のネガを見ると3/24と4/15の間らしいけど…

次のカットは2年前に登場した新鋭の02系。

結局、ここで撮ったのはこの2カットだけでした。

来年はのびのびと鉄道と桜の写真が撮れますよう、只々祈ります。

今年もいつもどおり「桜」は咲きました。

せっかく咲いたのに、コロナ騒ぎで憂鬱な日々が続き、ブログを書く気にもならず、またひと月近く間が空いてしまいました。

世は「ステイホーム」。「3密」を避けるため繁華街には近づけませんが、それでも人が少ない時を見計らって、ご近所でちょっとだけ桜と電車を撮っていました。仙台の桜は既に散ってしまいましたが、少しでも「春」を感じていただければ…

▼仙山線(東照宮駅付近)

▼仙山線(北仙台駅付近)

▼地下鉄東西線(大町西公園〜国際センター)
  
どんな時でも、やっぱり桜はきれいです。

しばらく更新が滞ってしまいました。

常磐線が全線での運転が再開され特急「ひたち」が運転されたり、松島基地に聖火が届いたりと、大きな出来事がありましたが、なかなかブログを書こうという気分になれませんでした。

日本は比較的マシな状態とは言え、東京では感染が拡大し続けていたりして、どうしても気分が澱んだ感じになってしまいます。

そんな中、数日前ですが、近所を通りかかったら、こんな光景が…
青い空をバックに、あざやかなピンク色。さらに梅の向こうに柑橘系のオレンジ色の実も見えます。
 
多分、この辺の地主さんだった家ではないかと思うのですが、大きな敷地内にたくさんの梅の木があります。

道路から撮らせていただきましたが、ちょっと、ほっとする一瞬でした。

こちらは榴ヶ岡公園の桜の木です。

仙台の桜はまだつぼみですが、だいぶ膨らんできました。

今は我慢の時ですが、本当の“春”の到来を待ちたいと思います。

山形新幹線開業に向けた奥羽本線の改軌工事の関係で、仙台駅で撮れた特急「つばさ」の写真をご覧いただきました。この時は平成2年のGWでしたが、なにぶんにも期間限定なので、仙台に帰省する度に撮ってました。

今回ご紹介する写真を撮ったのは、タイトルに【続】などと付けといて何なんですが、前回の少し前の3月22日。
 
もうすぐ4月という時期ですが、仙台駅構内には春の雪が積もっています。

仙台駅に進入する「つばさ」。

6番線(現在の7番線です)で発車時刻を待つ「つばさ」。先頭は改造合造車のクロハ481です。

動き出した485系。
その向こうには赤い機関車、水郡線色のキハ58系、さらにカフェ、ラーメン屋さんとなったサシ581の姿が見えます。赤い機関車はED78かと思ったのですが、パンタが小さいのでED75の700番台ですね。

なんにしても、こういう広い側線のエリアがあると地方のターミナル駅という感じがします。今の仙台駅の側線はわずかに1本。ビルに囲まれつつありますが、その包囲網も間もなく完成。だんだん薄暗い駅になってしまいますね。

仙台駅を後にする「つばさ」を見送ります。

という一連の流れですが、この「つばさ」が何号なのかがわかりません。

影の状況からして、正午ぐらいでしょうか?

1枚目のカットは、最初、13:09に到着した「つばさ4号」だと思ったのですが、もしかしたら12:18発の「つばさ5号」が入線してきたところかもしれません。

とは言いつつ、12:18発を撮ってたら、13:09着は絶対に撮るよなぁ〜 やっぱり、13:09着の「つばさ4号」かな〜 と言いつつ… 「つばさ」のカットの次に写っていたのが、仙台駅に到着した下りの「スーパーひたち」。該当しそうなのは12:20着の「スーパーひたち5号」のみ。

となると、「つばさ5号」が正解ぽいです。

じゃあ、なんで「つばさ4号」は撮ってないんだよ、という気がしますが、さらに次のカットがこれ。

北山駅のホームから撮ったと思われる上りの「つばさ」。するとこれが「つばさ4号」でしょうか? てか、帰るの“早っ” なんか、淡白だなぁ〜
影はそこそこ伸びてる気がするけど、次の上り「つばさ6号」は仙台着が17:50。北山駅は17:40頃の通過ですから、6号ではないですね。
 
ということで、平成2年3月の特急「つばさ」でした。

ところで、この記事と前回の記事を書くために、改めて当時の時刻表を見てみたのですが、仙台駅に発着する「つばさ」の運転本数は上野駅直通を含めて4往復でした。何となく、もう少し多かったような気がしたのですが… まぁ、仙山線の容量を考えたら、これでもずいぶん頑張ったんでしょうね。

1月に、特急「ひたち」関連で記事を書いた時に、仙台駅で特急「つばさ」と並ぶ特急「スーパーひたち」の写真を載せました。

コレです↓

在来線時代の特急「つばさ」は、元々、上野と秋田を奥羽本線経由で結ぶ特急列車でした。その後、東北新幹線の開業で上野発着で残った1本を除いて福島発着に変更されたのですが、それがなぜルートから外れた仙台駅にいたかというと、山形新幹線開業に向けた改軌工事のためです。

奥羽本線の福島〜山形駅間の改軌工事が始まった平成3年(1991年)8月から、山形新幹線が開業する翌平成4年(1992年)7月までの1年間弱の期間限定で、仙台発着に変更となり、上野発着の1本も仙台経由になりました。で、この期間だけ仙台駅で特急「つばさ」を見ることが出来たわけです。

当時は東京に住んでいましたが、貴重な機会ではありますので、仙台に帰省する度に撮っていました。この写真はGWに帰った時で、ネガによると日付は平成4年の5月2日でした。

この時に撮った写真のプリントはこの1枚しかなかったのですが、ネガから少しスキャンしてみました。

上の写真の続き、上野に向けて走り去る「つばさ2号」。最後尾はクハ481の1500番台でした。

つばさ2号が去った後も駅の中で少し撮っていました。

懐かしの715系1000番台と719系。

側線には715系の8連が停まっていました。
特急顔と食パン顔の間から、サシ581を利用したカフェが見えるのですが… わかんないだろうなぁ〜(笑)

こちらも側線にいたキハ58系のよねしろ色。
「春の猊鼻渓号」のヘッドマーク付きです。臨時列車で来てたんですかね? 小牛田に転属してたんのかな〜? よくわかりませんが…

この他にも、水郡線色のキハ58系もいたりして、まだまだ楽しい仙台駅でした。

ということで、仙台駅の特急「つばさ」といいながら、新しい写真は2枚だけだったので、このネタ、もう少し続けたいと思います。

このところ、仙台空港には米軍の戦闘ヘリやオスプレイという、なかなか見れない機体が来ていたようなのですが、全て後から知る、という感じで、ご縁がありませんでした。

まぁ、それにつられた、という訳でもないのですが、仙台空港に行ってみました。

別に珍しい機体は何も来ませんでしたが…

この日のFDAは13号機のネイビー。
IBEXのむすび丸が待機中。

残り時間もわずかなボーイング737-500、スーパードルフィン。
仙台空港には札幌便で1日1往復やって来ます。

何気に貞山堀にいた黒い水鳥。
白いくちばしと白い額が印象的です。調べてみたらオオバンという鳥でした。

手前の一羽が水中から浮かび上がってきたところです。

遅いお昼ご飯を食べて帰ろうと思ったのですが、夕日が期待できそうな空模様。

空港近くに戻ってきたら、山側からの着陸に変わってました。

夕日がいい感じになって来たのですが、沖縄からのボーイング767の飛行ルートがなんか変。って、いつの間にか、海側からの着陸に変わってました。

あわてて移動したけど、時、既に遅し。ボーイング767には間に合わず、続いて降りてきたCRJも撮れず。

辛うじて撮ることができたアシアナのA320。

ギリギリ、J-AIRのE190も撮れました。

ということで、ほぼ1日空港周辺にいて、めぼしい機体は何も撮れませんでしたが、最後にそこそこの夕日が撮れました。

暖冬と言われてますが、ここ数日は冬らしい寒さ。昨日、会社を出ると小雨だったのですが、家に着くころにはすっかり雪になっていました。

久しぶりに雪景色の鉄道が撮れるかな〜

今朝の積雪は5僂阿蕕い任靴燭、昨年買ったスタッドレスタイヤが初めて効力を発揮しました(笑)

期待したほどの積雪ではなかったので、遠出は止めてとりあえず手近なところで、仙台市営地下鉄南北線の地上区間、黒松駅〜八乙女駅へ。

現地に着いたのは7時半ぐらい。

まずは、黒松駅前で撮影。
樹々に張り付いた雪はいい感じですが、まだ車両に光は当たっていませんね。

場所を変えて住宅地からの俯瞰。

下に降りて真美沢越しに撮影。

真美沢はうっすらと凍っていましたが、真ん中に小さな穴が開いてて、鴨が3羽、羽を休めていました。
ちっちゃくてよく見えませんけど…

9時過ぎに黒松駅前に戻って来ました。
電車の顔に光が当たりますが、樹々の雪はすっかり落ちてしまいました。

雪も無くなったし、雲も出てきたのでこれで撤収。道路の雪もすっかり消えていました。

フジドリームエアラインズの15号機。ひと月前に山形空港で撮ったものの、仙台空港で撮る機会がなかなかありませんでした。そもそも来ていたのかどうかもわかりませんが、何はともあれ、先週の土曜日にようやく仙台空港で撮ることが出来ました。

滑走路東側のかさ上げ道路で待ちます。

相次いで降りてきたピーチ、IBEXに続いてFDA15号機のローズピンクの機体が見えました。
この道路は大型のダンプもよく通るのですが、被らずに済みました。

鮮やかなピンク色が青空に映えます。

もう少し雪山をきれいに入れたかったのですが、ちょっと雲が多すぎました。

というか、せっかく仙台空港に来てくれたのに、ちっとも仙台っぽい絵にはなりませんでしたね。残念でした。

離陸は臨空公園近くで撮ります。
バックに小型の飛行機が入って、少しだけ仙台空港っぽい?

引きでも撮ります。

青空をバックに出雲に向けて飛び去りました。

これで、FDAの全16機、仙台空港でもコンプリートです。てか、我ながらそんなに一生懸命にならなくても… と思わなくもないのですが(笑)


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM