旅行2日目は京都の叡山電鉄に行きます。叡山電鉄こと叡電といえば、比叡山に行く「ひえい」や鞍馬に行く「きらら」など特徴的な観光列車も走っていますが、今回の目的は「三鉄カラーの叡電」です。

今年の3月に、あの震災で寸断されたJR山田線が三陸鉄道に引き継がれ、三陸鉄道リアス線として全線開通したのですが、その応援企画ということで、叡山電鉄の700型のうち1両が、三陸鉄道のキハ36型とそっくりの塗装に変更されました。

東北に住む者としては、「一度は見ておきたい」と言うことなんですが、前日の近鉄田原本線の復活塗装車と同様に運用がさっぱりわかりません。こちらも出たとこ勝負となりました。

前日に奈良県の新大宮駅近くに泊まったので、近鉄の急行で丹波橋駅まで行き、京阪に乗り換えて出町柳駅に着いたのが9時過ぎ。もう少し早く着くはずだったのですが、体調不良で出発が少し遅れてしまいました。

出町柳駅で一日乗車券を買ってホームに入ると、そこにいたのは700型のリニューアル車。朱色の車体で、前面のデザインも少し変わっているみたいです。車内も観光地を走る電車っぽくこぎれいになっていました。

その電車で少し移動します。

茶山駅で下車。変哲もない街中ですが、三鉄カラーを確実に押さえたいと思い、叡山口への電車と鞍馬への電車、両方が来る区間で待ちます。

待ちますが、なかなか来ません。来るのは一般塗装の700型、鞍馬への800型、同じく鞍馬への観光列車900型「きらら」。

もしかして今日は運用に入ってないのかな? 修学院の車庫でも覗いてみようか。

衝動的にちょうどやって来た下り電車に乗ってしまいます。700型ですが「であいもん×えいでん」のタイアップ電車でした。「であいもん」というマンガはよくわかりませんが…

って、あっちから来る上り電車、「三鉄カラー」のような…

はぁ、なぜあと1本待てん。

あわてて修学院で下車したら、今出て行った「であいもん」と比叡山口からの観光列車「ひえい」がすれ違い。

せっかくなので、この「ひえい」で1駅だけ戻ります。

で、一乗寺駅に来ましたが、さっきの茶山と同様の景色で、今ひとつかな〜

近くの公園にアジサイが咲いていたので絡めて「きらら」を撮ってみますが、フェンスと黄色いカバーが気になります。

「三鉄カラー」は無難に駅のホームから。

小ぶりな車体に三鉄カラーが意外とよく似合います。

まぁ、一応は撮れたので、この後は、1回ぐらいは行ってみたいな、と思っていた鞍馬寺に行ってきます。鞍馬の駅までは過去に何回か行っていますが、その奥のお寺へはなかなか行けずにいました。というか、今回は鞍馬寺のケーブルカーも目的の一つですが…

一乗寺駅から外国人観光客でにぎわう800型で鞍馬に向かいますが、途中の二軒茶屋駅にさっきの「三鉄カラー」がいました。

この後、日本唯一の宗教法人直営のケーブルカーに乗って鞍馬寺をお参り。奥の院までは行かず本殿で引き返し鞍馬駅に戻ります。

鞍馬駅にはかつての名車デナ21がカットモデルとなって保存されています。運転席の後ろでスパッと切られているのが残念ですが、それでも残っているだけでもよかった。ヘッドライトも点いてるし…

にしても懐かしいです。この電車はその最晩年となった平成6年に撮りに来ました。考えてみたら、叡電に乗りに来たのはそれ以来かもしれません。

鞍馬駅からは「きらら」で出町柳駅に戻りますが、またまた「三鉄カラー」が待っていてくれました。

ということで、京都の三陸鉄道カラーの電車、あまり良いところでは撮れませんでしたが、都合4回出会うことができました。まずまずラッキーですね。

で、今更ですが、全線開通した三陸鉄道、まだ乗ってません。そろそろ行かねば!

FDAの1号機から13号機まで、全部撮りました! なんて記事を書いたのは5月のことでしたが、いつの間にか14号機がデビューしてました。すっかり忘れてました。

先週の土曜日、久しぶりにFDAのHPを見たら、翌日の日曜日に仙台〜出雲便に使用されるとのこと。ちょうどよいので仙台空港へ行ってきました。

14号機のカラーは「ワインレッド」。6月28日から運行されていたようですが、仙台空港へ来たのは初めてでしょうか? 少なくとも7/2以降では初めてですが、それ以前のことはちょっと判りませんでした。ちゃんと見とけばよかった。

天気は曇り空。できれば青空の下で見たかったところですが、この季節ではしょうがないですね。

この日は山側からの着陸でした。

FDAの出雲便は撮りに行くと、わりと早めの到着が多い気がするのですが、この日はほぼ定刻の到着でした。

逆光ポイントですが、どうせ曇り空なのでこちら側からの撮影です。

離陸はターミナルビルの展望デッキから。
なかなか渋い色ですね。
 
ともかく、これでFDAの全機、再びコンプリートです。
 
なんですが… 当面は14号機以降の増備はないと何かで見ていたのですが、予定が変わったみたいで、今年の12月、さらに2機追加されるようです。次はどんな色になるんでしょうか? まぁ、楽しみですね♪

ついでに… 
 
この日はこんなのも来てました。

J-AIRのミニオンJET2です初めて見た!

近鉄田原本線で復活塗装の電車も無事に撮れたので、この日の宿泊地の近鉄奈良駅の手前、新大宮駅に向かいます。
 
大和西大寺駅の駅ナカで夕食をとると、外はもう真っ暗。この日の宿は近鉄奈良線の新大宮駅の近く、奈良行きの急行に乗り換えます。

途中、左手に広がるのが、国営平城宮跡歴史公園。既に周囲は真っ暗ですが、ライトアップでもしてないかな、と電車の中でカメラを準備。

してました。
 
大極殿が輝いて見えます。で、何とか撮れたけど…

すぐに大きな四角の影が現れて見えなくなってしまいました。

翌日、通ったとき見たら、四角い影の正体は第一次大極殿院の南門の復元工事の覆いでした。久しぶりに来たけど、いろいろと整備が進んでいるんですね。

新大宮駅で下車し、チェックイン。

少々疲れたのでそのまま寝てしまいたい気もしますが、ここまで来てそれもなんなので、とりあえず奈良まで行って見ます。

近鉄奈良駅から程近い興福寺。特にライトアップはしてないかな、と思いながら薄暗い境内を歩いていたら奥の五重塔がほんのりと照らされていました。

派手さはないけど、これが日本の美、のような気はします。五重塔の脇にチラリと光るのは火星かな?
 
もう少し歩いてみたい気もしますが、やっぱり疲れたのでこれで終了。

おおさか東線に乗り、無事にJR線の完乗復帰した後は、久宝寺駅から大和路快速に乗り王寺駅にやってきました。

目的は、近鉄田原本線の復活塗装された8400系電車です。

昨年4月に田原本線の前身である大和鉄道が100年前に開業したことを記念して登場したのは、80年代半ばまで走っていた820系を模したマルーンレッドと、70年代半ばまで走っていた600系を模したダークグリーンの2編成。

問題は、運用が全くわからないこと。日中帯の田原本線は4編成で廻しているようなのですが、8400系は田原本線以外でも使われているようで、果たしてこの日に復活塗装がいるかどうかは運次第。とは言っても復活塗装の趣旨からすれば田原本線で優先的に使われるだろうし…

ということで、結局、いつもどおりの出たとこ勝負です。

で、新王寺駅に行ってみると…

いきなりマルーンレッドがいました! これで最悪の空振りはなくなりました(喜)
マルーンレッドの車体に銀色の帯が入っています。これがなかったら来てないかも、です。

この電車で途中の箸尾駅まで移動しますが、最初の交換駅、大輪田駅で待っていたのはダークグリーン。普通にありがたい♪ 来た甲斐がありました。

箸尾駅で降りて、近くの鉄橋まで移動。初めて来た場所ですが、思ったよりも撮りにくい? しかも逆光です。

新王寺駅から折り返してきたダークグリーンを狙います。

天気好すぎ。梅雨時とは思えない天気ですが、よく考えてみたら今年のこの時期、近畿地方はまだ入梅前でした。

この日、田原本線で動いていた4本のうち、2本は近鉄の一般塗装。食指の点ではもう一つですが、一応、撮っておきます。こちらは新王寺行き。

こちらは新王寺から折り返してきたマルーンレッド。この向きならお顔は順光です。

新王寺行きのダークグリーンはサイドから。

この場所でマルーンレッドを1往復、ダークグリーンを1往復半撮って、西田原本駅へ移動します。

街中を走る電車が狙いだったのですが、単線なのに架線柱が両側にあって、めっちゃ撮りにくい。
 
西田原本駅で並ぶ、マルーンレッドとダークグリーン。
 
すぐ近くを近鉄京都線が走っていてこっちも撮れるのですが、やっぱり撮りにくい感じでした。旧塗装のスナックカーも見たけど、後姿だけだったのは残念。近鉄特急のイメージはこっちですけどねぇ。まあ、新しい塗装も軽快な感じで悪くはなくもないけど…

結局、6時過ぎまでこの辺で撮って終了。

京都線の車窓から見た夕日がきれいでした。

過去に何度か書いたかもしれませんが、鉄道の乗りつぶしをやっています。未だ全線完乗はしていませんが、JRに限って言えば、平成11年に指宿枕崎線の枕崎駅まで乗って完乗しています。

その後、新線が開通する度に乗って(と言っても、開通から乗るまで2年ぐらいかかっている路線もありますが…)、何とかJR線完乗のタイトル?を保持中です。

で、今年の3月、JR西日本の「おおさか東線」が全線開通。

はぁ、行かねば…

と言う訳で、先週のことになりますが関西に行ってきました。関西だと仙台空港からLCCのピーチが使えるので、わりと気軽に行くことができます。今回は往復で1万円とちょっと。鉄道ファンとしては如何なものかとは思いますが、背に腹はかえられないところです。

関西空港から関空快速で一気に大阪駅まで行きます。

考えてみたら大阪駅に大屋根が付いてから初めてです。できてからずいぶん経つはずですが、なぜかご縁がないままでした。

ホーム上のコンコースから見下ろすとなかなかの迫力ですが、よく見ると古いホームの屋根が残っていたりしてわりとごちゃごちゃ。開口部が大きすぎたんでしょうか? なんかもったいない気がします。

大阪駅で東海道本線、てかJR京都線?で隣の新大阪駅へ移動。ここが「おおさか東線」の起点になります。

ホームで待っていたのは201系電車。つい先ごろ大阪環状線からは引退したばかりですが、ここでは未だ主力電車です。昔々、中央線でお馴染みの電車でしたので、色は違えど、ちょっとうれしい。

新大阪駅を出るとしばらくはJR京都線と並行して北上しますが、神埼川を渡ると高架橋を駆け上がり右に方向を変えます。

反対側からやってきた新大阪行きの201系とすれ違い。

南吹田駅を過ぎて、再び神埼川を渡ると左手から貨物線が合流。この先はこの貨物線を複線化した区間となります。
 
こちらはJR淡路駅と城北公園通駅の間にある淀川橋梁。

単線の貨物線時代は片側が歩道となっていて、それなりに名所になっていました。一度来たかったのですが、かなわぬままでした。

淀川を渡ってすぐの城北公園通駅で一度電車を降りて、ちょっとホームで撮影。

放出方面からの201系。

新大阪方面。淀川橋梁のトラスが見えることを期待したのですが、思ったよりも距離がありました。しかもいろいろあって撮りにくい。

この電車で乗りつぶし再開。

元々が貨物線ですので、貨物列車とのすれ違いを期待したのですが、来たのはEF66の単機だけでした。

鴫野駅で片町線と合流。隣の放出駅までは複々線となります。

放出駅からは平成8年に先行開業していた区間で既に乗車済み。これでJR線は8度目の完乗となりました。こうなってくると特に感慨もありませんが…(笑)

このまま終点の久宝寺駅まで乗って、大和路快速に乗り継ぎ王寺駅へ向かいます。ということで、この続きは次の機会にしたいと思います。
 
にしても、行ったのが今週じゃなくてよかった。

前回、仙台空港近くの新しい撮影ポイントについて書きましたが、その時、先週の日曜日のことです。

離陸していく飛行機をカメラで追いながら撮っていたら、太陽と一緒に白い線のようなものが視界に入りました。

撮ってから改めて空を見上げると、太陽の周りに白い光の輪が見えます。

これって何て言ったかな? 日輪? 違うな?

何だっけ? 暈? 調べてみたらコレっぽいです。日暈と書いて、「ひがさ」もしくは「にちうん」と読み、「高層にあるい雲の中にある氷の粒に、太陽の光が反射・屈折して起きる現象」だそうです。

せっかくなので、飛行機と絡めて撮ろうと思い、少し場所を変えます。うまい具合に、着陸の方向も変わって撮りやすくなりました。

待つことしばし。…来ました。
 
下のほうには虹色に輝く部分も見えます。
この時間帯が一番はっきり見えたようで、まず下の虹色が消えて、白い輪も次第に薄くなっていきました。

で、夕方の帰宅途中、ふと空を見ると日暈とは違うようですが、太陽の左側に虹色の光が見えました。

これは「幻日」かな?

仙台も先週の金曜日から梅雨入りしましたが、最初の日曜日は朝からうっすらと青空が透けて見え、梅雨時としてはまずまずの天気。特に目的はなかったのですが、ちょっと仙台空港まで行ってみました。

貞山堀を北釜大橋で越えるルートで滑走路の海側に向かうと、橋の手前で通行止め?

よく見たら迂回路が左方向に伸びています。

震災後の復興工事に関連して、この辺では概ね海岸線と並行する形で“かさ上げ道路”の整備が進められているのですが、その一環で橋の架け替えも行われており、北釜大橋も北側に新しい橋が造られていました。

どうやら出来上がったようですね。

元の橋よりも滑走路から50mぐらい離れ、高さも4〜5mぐらい高くなっているので、少しだけ新鮮な景色となりました。

山側から離陸するピーチ。

ターミナルビルも入れようとすると機体はかなり小さくなります。
ちなみに左下にみえるのが旧北釜大橋。名前とは違ってそれほど大きな橋ではありません。

まもなく風が変わったのか、海側から着陸するようになりました。
この向きだとターミナルビルや管制塔もバランスよく入ります。

光線的にはほぼ終日逆光ですが、今までと違う角度から撮れるのはありがたいです。とは言いながら、この道路、橋が造られることとなったきっかけを忘れてはいけませんが…

令和になって1ヶ月が過ぎました。

その間、そこそこ大変なことはありましたが、令和だからということではなく、それ以外は淡々といつもどおり過ぎている感じでしょうか?

まぁ、1ヶ月が過ぎたということで、とりあえず、令和の3日目に買った「令和カップヌードル」を食べました(笑)

“だるま”をモチーフとした、なかなかよいデザインです。

なんでも、当初は「カレー」や「シーフード」バージョンも出るはずだったそうですが、諸事情によりノーマルなしょうゆ味のみの発売になったと、何かで読んだ気がします。

で、ふたを開けてみれば… 見た目は変われど中身はいつもと同じ。

時代は変わったといいつつ、そんなものかも知れません。

と思ったら、カップヌードル、6月から値上げなんですね。やっぱり密かに少しずつ変わっていくんですかねぇ〜

てか、デフレの時代は完全に終わり?

令和が二桁になる前に、ささやかな年金生活者を目指す身としては、インフレは困るんですが… なりそだな〜
 
6月4日追記
ささやかな年金生活を夢見ていたんですが、今朝の新聞をみたら、金融庁曰く、「年金だけじゃ足りないんで二千万円の貯えが必要」だそうです。""ささやかな年金生活を夢見ることにします。。。

先日、所用があり久しぶりに東京に行ってきました。

その帰り、新幹線に乗るため中央線で東京に向かいますが、ふと御茶ノ水駅で丸の内線の電車が見たくなり、衝動的に電車を降りてしまいました。
 
聖橋の上からでも・・・と思ったのですが、駅から出ると電車代が高くなるので(笑)、JRのホームから神田川を渡る丸の内線の電車が来るのを待ちます。

かつては“赤い電車のイメージだった丸ノ内線。銀色の02系に代わり久しかったのですが、今年の2月、赤い電車が帰って来ました。
 
ということで、新型の2000系が見たいけど、今、何編成ぐらい入っているのかな?

数分で何本かの02系は来るけど、2000系は来ませんね。しかも中央線の上り電車が入ってくると、丸の内線は見えなくなるし… って、結構な頻度で被るなぁ〜

また上りの中央線が入って来ました。と、ここで荻窪方面への2000系が来ちゃいました!

中央線、動くなよ!!

一眼レフは持っていっていませんので、コンデジで撮りましたが… 結構ギリです。

この後、もう少し待ってみましたが、来るのは02系ばかり。新幹線の時間もあるのでこれで撤収でした。
 
にしても、丸ノ内線、しばらく乗ってないなぁ〜

キハ66系の存在を知ったのは40年以上も前、中学生の頃でした。

 

たぶん、鉄道雑誌とかで見たんでしょうけど、一見、普通の急行用気動車でありながら、サイドを見ると両開きのドアとユニット窓がならぶ近郊型のような配置。改めて正面を見ると、窓との赤い帯のバランスが変。見慣れたキハ58系とかだと窓の上下の帯の幅が同じなのに、キハ66系では下の方が極端に広くて、(個人的には)なにやら厳しさも感じます。そして車内には転換クロスシートが並び、しかも冷房付き。

 

こんな気動車が北九州では快速や普通列車として走っている(急行でも使っていたようですが…)というのは、ちょっとした憧れでした。

 

なにしろ、その頃、東北を走っている普通列車用の気動車ときたら、急行列車の間合運用を除けばキハ10系など古びた車両ばかり。同じデッキなしで両開きのドアを持つキハ45系もありましたが、どこか野暮ったい車体に一般色で、車内は旧来のボックスシート。そして冷房なんて夢のまた夢。急行でも非冷房の気動車なんて普通に走ってましたし…

 

そんな憧れのキハ66系ですが、登場したのは山陽新幹線博多開業と同じ1975年と、半世紀近く前のこと。寄る年波には勝てず、今は北九州を離れて主に長崎〜佐世保間(長崎本線、大村線)でその最後の活躍を続けています。

 

で、この3月に元仙台市電の長崎電軌1051号のさよなら運行に乗りに行ったついでに、このキハ66系も乗りたい、見たい、撮りたい、ということで、いささか古い話になってしまいましたが、その時のお話です。

 

現在はほぼ青ベースのシーサイドライナー色のキハ66系ですが、一部、ハウステンボス色と急行色が存在します。どうせ撮るならやっぱり懐かしの急行色です。

 

当日、長崎空港から路線バスで大村駅まで行き、長崎行きの普通列車を待ちます。

 

来たのは… シーサイドライナー色。そして行き違いの下り列車はハウステンボス色。なかなか都合よくはいきません。

 

旧線経由で長崎駅に着くと… こんなトコにいました。留置線に国鉄急行色のキハ66系。

 

 

まぁ、とりあえずキハ66系には乗れましたし、満足できる形ではありませんが急行色も撮ることもできました。

 

そして、できれば見てみたい九州ならではの気動車がもう一編成あります。

 

JR九州の「或る列車」。賛否いろいろの水戸岡デザインですが、インパクトは抜群ですよね。事前に調べたら、この日の運転はありませんでしたが、この時期は長崎と佐世保間で運転されていました。翌日は運転がありますので、撮ってみたいと思います。

 

で、その翌日。この日のメインの予定は長崎電気軌道の浦上車庫で1051号を見ることでしたが、その合間、タイミングを見計らって車庫近くの踏み切りで、佐世保発長崎行きの「或る列車」を狙います。

 

初めての場所で勝手がわかりませんが、なんか手前の下り線は撮りづらそう… と思ったら下り線ではなく「新線」でした。

ということで、上り線だと思っていた「旧線」を下ってくる「或る列車」。こんな変哲のない場所でも流石の存在感です。これで浦上車庫に戻ろうと歩きだしたら、再び踏切が鳴りだしました。何気に見てみたら、来たのはコレ。

新線を上っていく急行色のキハ66系。慌てて撮ったのですが、これが精いっぱい。

 

浦上車庫で1051号を見た後は、少し気合を入れて「或る列車」を撮りに行きます。できれば大村線の景色のよい場所まで行きたいところですが、そこまでの余裕はなく、長崎本線の喜々津駅の近くのポイント。ここならぱ何とか海を入れて撮れそうだし、長崎からだと新線、旧線どちらでも使えるので移動が楽です。

 

長崎本線に乗るのには浦上駅でもよかったのですが、時間があったので長崎駅まで行きます。行ったら、コレがいました。急行色のキハ66系。

 

あれ? さっき佐世保行きで上っていったばっかりじゃん。と思ったら車番が違いました。2編成いたんですね。知らんかった(

 

こちらは旧線の途中駅、長与行きでした。

 

車内も撮っておきます。

国鉄的色彩ではあります。シートの柄は違うかな?

 

 

ホームでキハ66系を撮っている間に、留置線にいた「或る列車」も1番線に入線。

 地元の人はそれなりに見慣れているのかもしれませんが、スマホで撮影している人は結構いました。

 

ドア付近にいたスタッフの人に

「車内を撮っちゃダメ?」と聞いてみると、

「乗車する人しか車内には入れない」とのことですが、

「ドアのところから撮っていただくの大丈夫」だそうです。

 

なんか、一時間ほど前に長崎電軌の浦上車庫でも同じようなことをした気がしますが、ドアの外から車内を撮影。

いかにも、ですが、やっぱり凝った造りですね。たしかにちょっと乗ってみたくもなりますが、ちょっとお値段高すぎ()

 

「或る列車」の隣、0番線ホームから発車する817系で喜々津へ移動。新線経由で所要時間は30分弱。そこからストリートビューであたりをつけていた旧線の撮影ポイントまで徒歩20分弱。現地に着いたらものの数分で「或る列車」がやって来ました。

 

なんとか海は入りました。

 

「或る列車」を撮ったら、また20分かけて喜々津駅に戻ります。が、駅手前で踏切の警報音。

 

来たのは長崎行きの快速列車。急行色のキハ66系です。

 

さっき、浦上車庫近くの踏み切りで撮った編成ですね。 

 

喜々津駅のホームで遅い昼食。さっき長崎駅で買ってきた「ながさき鯨カツ弁当」を食べつつ、上りと下りの特急を見送り、長崎空港に降りる飛行機を見上げたりして、旧線経由の長崎行き普通列車を待ちます。と、行き違いの上り列車が入ってきました。 

 

またまた急行色。これはさっき長崎駅で見た長与行きだった編成です。

 

乗った列車は青いシーサイドライナー色ですが、この列車を降りた浦上駅、ホームの反対側にいたのはまたまたまた急行色。

 

長与行きでした。高架化工事の脇を走り去っていきました。

 

2本しかない急行色ですが、予想以上に見ることができました。成果、っちゃ成果ですが、ほとんどが駅撮りっていうのが残念ですけどね。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM