今日の夕方、帰宅途中に近所のスーパーに寄ったら、屋上の駐車場からなかなかな夕焼けが見れました。

某自動車会社の看板が微妙に目立ちます(笑)
 
まぁ、これだけなんですが…

一昨日、タイ国際航空のボーイング777の特別塗装機「王室御座船」が仙台空港に来たことを、昨日書きましたが、実はこの日、もう1機、ボーイング777の特別塗装機がやってきました。

こちらです。

ANAの「HELLO 2020 JET」。来年の東京オリンピック、パラリンピックがテーマですね。
「王室御座船」の時の反省を基に、順光となる避難丘から撮影してます(笑)

離陸は先に来た「王室御座船」よりも、後から来た「HELLO 2020 JET」が先です。

ボーイング777の特別塗装機が2機並ぶのは、仙台空港ではかなりレアな光景です。

改めてよく見ると左右でデザインが違っていますね。

大阪に向けて飛んでいきました。

10月30日から就航したバンコク〜仙台線のタイ国際航空ですが、その時に使用されたボーイング777の特別塗装機「王室御座船」が、昨日、久しぶりに仙台にやってきました。

気づいたのは当日の朝。幸い?にも20分ぐらい遅れているらしく、なにはともあれ、スクランブル発進です。

就航初日に撮ったときは、これが最初で最後か、とも思ったのですが、その後、少なくとも1回は来仙しています。今回が3回目、なのかな? 

前回はターミナルビルの展望デッキから撮りましたので、今回は北釜大橋から。

現地に着いた時は、ほぼ日差しがない状態だったんで、ここにしたんですが… ん〜、モロ逆ですね(涙) 繊細な絵柄だとやっぱり辛いか… 素直に避難丘から撮ればよかったかなぁ〜

貨物を降ろす御座船を横目に降りてきたのはJ-AIRの「ミニオンジェット」。

出発はほぼ定刻。

滑走路に向かう途中。

離陸する前にアシアナが降りてくる様なので、その間に少し移動。

滑走路北側の橋の上から狙いますが、木がずいぶん伸びました。やっぱりこの場所はもう辛い感じです。で、想定の範囲内ではありますが、離陸が遅い。ギリギリこんな感じでした。
逆光だし…

この撮り方はひさしぶり。

お昼前ですが、この日はこれで撤収です。

さてと、次は快晴の空の下、撮りたいもんです。その時はちゃんと順光側で撮りたいと思います(笑)

E655系「なごみ(和)」を使用した団体旅行のチラシを見たのは、数ヶ月前。乗ることはできませんが、撮れたら撮りたいな、ぐらいの感じで、日時をメモっていたのですが、それが今日でした。

事前にダイヤ情報をチラリと見たんですが(すみません、立ち読みです)、今月はE655系の運転は"なし"? 最近はダイヤ情報、買ってないし見方も少し怪しい。でも、団体だからなぁ、定員に満たなかったかな?

一応、会社の休みはとっているし、まぁ、ダメ元で行くだけ行くか、とも思ったんですが、天気もイマイチ。結局、諦めて今日は会社に出るか… ということに。

いつもの電車で会社に向かいますが、途中、車窓から仙台車両センターが見えます。

って、E655系、いるし!
ヘッドライトが点いてるし!

可及的に速やかに方針変更…です。

メモによると仙台駅の発車時刻は10時から11時の間と結構ざっくりですが、これを信じれば、まだ間に合いそう。仙台駅で折り返し、一度家に戻り車で出直します。

当初の予定ほど遠出はできず、船岡駅と大河原駅の間の一目千本桜のポイントに着いたのが、10時ちょっと過ぎ。

もちろん桜は咲いてませんし、葉もすべて落ちてますが、ここで待つこと約1時間。

来ました! しかも直前に日が差してきました。

あっという間に撮影終了。

とりあえず、無駄な休みはとらずに済みました(笑)

だいぶ時間が経ってしまいましたが…

先週の日曜日、仙台は快晴でしたので、市内で色づいた樹々を撮って来ました。

愛宕上杉通のイチョウ。
右下を行くのは福島交通のバス。

こちらは県庁と勾当台公園の間にある通り(たぶん表小路)です。
ここもイチョウがきれいに色づいています。

足元には大量の銀杏が…
なかなか匂います。てか、臭います(笑)

隣の勾当台公園にはモミジ。こちらもいい色。

バックの建物は宮城県庁です。

赤と黄色のせめぎ合い♪

仙台北部の泉区にある加茂神社のイロハモミジ。
こちらもいい色です。
 

今週末はどうでしょうね。天気はイマイチかな〜

昨日の事ですが…

早起きして仙山線の紅葉ポイント、作並駅〜奥新川駅に行ってきました。先週も行ったことは既に書きましたが、実は3週連続です。

先々週は撮っている人は誰もいなくて私一人だけ。先週は他にお二人と、紅葉が進むにつれて人が増えました。

で、昨日の朝。最初は山の上だけだった紅葉が、線路の下の方まで降りてます。必然的に人も増えて… というか爆発的に増えています。朝の7時過ぎには現地に着いたのですが、既に車が5台以上、撮影場所には三脚が立ちまくってます。想定をはるかに超える状況。しかもその後も三々五々、車がやって来ます。中には県外ナンバーも。

というのも、今日はトロッコ気動車「風っこ」を使用した臨時列車「風っこ仙山線紅葉号」の運転があるのですが、それにしてもこんなに来る?って感じ。

他の方々の会話を聞くともなしに聞いていたら、「カマ」とか「ナナゴー」とかいう単語が聞こえます。どうやら「風っこ」の前に、ED75が付くらしいです。なるほど、それですか。

ちっとも知らなかった。てか、「風っこ仙山線紅葉号」が山形駅から仙台駅までの片道運転というのを知ったのも前日の事でしたからね、ひどいもんです。

それはともかく、朝もや漂う山間を行くE721系を撮りつつ待ちます。

最初の何本かは日が当たってたんですが、8時過ぎたら陰ってしまいました。
  
更に待つこと2時間。遠くで機関車の汽笛が聞こえました。
 
この場所は、列車の姿を見れるのは鉄橋の上だけですが、その前に列車の走行音が聞こえます。そしてその音が途切れ、数秒後、鉄橋の上に列車の姿が現れました。

ED75+キハ48×2の3連はあっという間に通り過ぎてしまいます。

「風っこ仙山線紅葉号」は作並駅で40分程度停車しますので、その間に移動。

作並駅〜熊ヶ根駅でもう一度撮ります。

これで終了。途中、ちょこちょこと撮影しながら帰宅しましたが、なぜED75が付いてたんでしょう? 季節柄、枯れ葉での空転を心配したから? キハ40系だけでは峠を越えられないから? もしくはファンへのサービス?
 
まぁ、最後のは無いですね(笑)

会社へ行くために外に出ると日は差しているのに小雨。

いわゆる「狐の嫁入り」というやつですね。

まぁ、雨といっても傘がいるほどではなく、ちょっとしたミストシャワーのようでむしろ心地よいぐらい、と、言って言えないほどではない感じ(笑)

そして振り向けば、立派な虹が出ていました。

北山駅の近くで撮影。

ついでに仙山線の電車も絡めて…
よく見ると外側にも薄い虹もでています。

ということで、まぁまぁ気持ちのよい朝だったのですが、会社に出てみたら… そこそこのトラブルが待ってました(涙)

先週の日曜日、穏やかな秋空のもと行われた祝賀御列の儀。テレビで見ていましたが華やかでありながら整然としたパレード。なかなかよかったですね。天皇皇后両陛下の表情もとても印象的でした。
 
やっぱり生で見たかったかなぁ〜 とは思いますが、仙台から行くのはやっぱりちょっとしんどいです。

で、テレビを見ながら思い出したのが、26年前、天皇陛下が皇太子時代に行われたご成婚のパレード。

この日は、「即位礼正殿の儀」の時と同様に祝日となり、この時もテレビで式典を見ていたのですが、パレードの時間が近づくにつれ、「どうせなら生で見てみたい」という衝動にかられ、急遽、四谷へと向かいました。
 
パレードは、皇居から赤坂御用地までというのは今回と一緒ですが、途中はちょっと違っていて内堀通りを半蔵門まで行って新宿通り、四谷見附を左に赤坂御用地へ、というルートでした。

当時は東京の国分寺市に住んでいましたので、中央線の快速電車で1本。四ッ谷駅に着いたのがパレードの30分ぐらい前だったと思います。

今回のような持ち物検査などはありませんでしたが、駅前は既に人、人、人。人の流れに乗って、見れそうな場所を探しながら移動しますが、「やっぱりおとなしくテレビで見てるんだった」と後悔するような状況。

ところが…

警備の人たちが待機していたと思われる道路沿いの一画から、何故かその人たちが退去。って何だかよくわかりませんが、突然、目の前に大きな空間が現れました。

結果、直前に行ったにも関わらず、ほとんど一番前の場所を確保! 日頃の行いに感謝したのは言うまでもありません(笑)

ただ、落ち着いてから気づいたのですが、こっち側って皇太子側じゃん、雅子様側がよかったなぁ〜、などと不埒にも思ってしまうところが、なんとも…です。

警備のお巡りさんの間から狙いますが、なかなか難しい。てか、そもそも写真がヘタ。

皇太子旗とロールスロイスの特徴的なライトが何とか見えます。で、ガラス越しですが雅子様のお顔も見えました。

助手席の方の目線をいただき、若干イラっとする(笑)

こちらが最接近の1枚。皇太子様のアップ、雅子様は後方気味の横顔でした。
てか、ピントが甘いし…

成婚だからでしょうか、警護の白バイの運転は今回と違い赤い制服の婦警さんで、ちょっと派手。

あっという間に目の前を通り過ぎて行きました。

思い出話は以上ですが、何にしても、令和の御世があの秋空のように穏やかなものであることを祈ります。

だいぶ秋も深まって来ました。10月末に鳴子峡に行ってきましたが、今日は仙台の近郊、仙山線の作並駅〜奥新川駅間の紅葉ポイントに行ってきました。

国道48号線から未舗装の林道?に入り、そこから10分弱で到着。

今年は紅葉が遅れていると聞きましたが、まだ少し早かったですかねぇ。

山の上はそれなりに色づいていますが、とりあえずこんな感じです。

上り下り合わせて4本ほど撮りましたが、雲が出てきて早めに終了。

本番は来週かな〜

前々回の記事で、10月30日に復活したタイ国際航空のバンコク線定期便を撮りに行ったことを書きましたが、バンコクに向けて飛び立ったロイヤルバージ塗装のボーイング777を見送った後の事です。
 
元々はタイ国際航空の初便の着陸と歓迎の放水アーチを撮ったら速やかに紅葉の鳴子峡を目指す予定でしたが、離陸まで撮ってしまったので、当初予定よりも3時間ほど遅れています。

とりあえず車のナビに鳴子峡を設定して見ると、到着予定時刻は12:58。

行く目的は“紅葉の鳴子峡”そのものではなく、“紅葉の鳴子峡を行く列車の写真を撮ること”です。で、肝心の列車は…

鳴子温泉駅13:05発の下り列車があります。って微妙。ちょっと渋滞していたらアウトですが、まぁ、とりあえず行きますか。

仙台空港ICから仙台東部道路に乗って、仙台北部道路、東北自動車を乗り継ぎ古川ICで降りて、国道47号線を西へ向かいます。もちろんお昼ご飯もトイレ休憩もなしです。

結果、現地に着いたのは13:00ちょうど、ほぼナビどおりでした。

で、着いてびっくり。平日なのでそんなに人はいないだろうと思っていたのですが、とんでもない! 橋の手前の駐車場はほとんど満車。なんとか空いていた1台分に車を突っ込んで、橋の上に行けば、列車が来る直前ということもありますが、人でいっぱい。

人の肩越しになんとか撮った1枚です。
今年は紅葉が遅いと地元の人がおっしゃってましたが、まだまだ緑の部分も目立ちますね。

そのまま橋の上で待機し、中山平駅13:57発の上り列車を撮影。
既に鉄橋には日が当たっていません。

この後はレストハウスまで行ってトイレ休憩。名物の「きのこ汁」のコーナーは長い行列で、とりあえずパス。

再び橋の上に戻り撮影する場所を確保。

橋の上も相変わらずの人ですが、中国語を使われる方がかなりいらっしゃいます。大陸の方か台湾の方かはよくわかりませんが、午前中に行った仙台空港、決して活発とは言えない国際線ですが、その中で気を吐いているのが台北線。週5日が3往復、それ以外の2日も2往復も飛んでいます。するとこの方々は台湾からいらしたのかもしれませんね。楽しんでいっていただきたいと思います。

鳴子温泉駅15:00発の下り列車を撮影。

ここでレフトハウスに戻り、「きのこ汁」と焼おにぎりで、遅めのお昼ご飯をとったら、最後に中山平駅15:52発、上りの臨時快速「風っこ湯けむり紅葉号」を撮って終了です。

紅葉はあと一歩でしたが、まずまず楽しめました。

てか、昨日からの3連休。今日は曇り空ですが、晴天だった昨日は大変なことになってたんだろうな〜


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM