今年もいつもどおり「桜」は咲きました。

せっかく咲いたのに、コロナ騒ぎで憂鬱な日々が続き、ブログを書く気にもならず、またひと月近く間が空いてしまいました。

世は「ステイホーム」。「3密」を避けるため繁華街には近づけませんが、それでも人が少ない時を見計らって、ご近所でちょっとだけ桜と電車を撮っていました。仙台の桜は既に散ってしまいましたが、少しでも「春」を感じていただければ…

▼仙山線(東照宮駅付近)

▼仙山線(北仙台駅付近)

▼地下鉄東西線(大町西公園〜国際センター)
  
どんな時でも、やっぱり桜はきれいです。

暖冬と言われてますが、ここ数日は冬らしい寒さ。昨日、会社を出ると小雨だったのですが、家に着くころにはすっかり雪になっていました。

久しぶりに雪景色の鉄道が撮れるかな〜

今朝の積雪は5僂阿蕕い任靴燭、昨年買ったスタッドレスタイヤが初めて効力を発揮しました(笑)

期待したほどの積雪ではなかったので、遠出は止めてとりあえず手近なところで、仙台市営地下鉄南北線の地上区間、黒松駅〜八乙女駅へ。

現地に着いたのは7時半ぐらい。

まずは、黒松駅前で撮影。
樹々に張り付いた雪はいい感じですが、まだ車両に光は当たっていませんね。

場所を変えて住宅地からの俯瞰。

下に降りて真美沢越しに撮影。

真美沢はうっすらと凍っていましたが、真ん中に小さな穴が開いてて、鴨が3羽、羽を休めていました。
ちっちゃくてよく見えませんけど…

9時過ぎに黒松駅前に戻って来ました。
電車の顔に光が当たりますが、樹々の雪はすっかり落ちてしまいました。

雪も無くなったし、雲も出てきたのでこれで撤収。道路の雪もすっかり消えていました。

昨日、JR東日本から3月14日に予定されている常磐線の全線復旧の詳細について発表がありました。

あの震災と原発事故の影響で一部区間が不通となっていた常磐線ですが、最後の不通区間、浪江駅〜富岡駅間の運転がついに再開されます。随分長かったですね。言いたいことがない訳でもないのですが、今は素直に全線復旧を喜びたいところです。

そして、仙台駅から常磐線経由で首都圏を結ぶ特急列車も復活します。E657系10両編成で運転されることは判っていましたが、それ以外の詳細も発表されました。

【下り】
 ひたち 3号 上野 8:00→仙台12:31
 ひたち13号 品川12:45→仙台17:26
 ひたち19号 品川15:45→仙台20:28
 
【上り】
 ひたち14号 仙台10:13→品川14:51
 ひたち26号 仙台16:11→品川20:52
 ひたち30号 仙台18:02→品川22:53
 
もしかしたら常磐特急の「ひたち」とは別系統になるのかとも思っていたのですが、普通に「ひたち」に組み込まれましたね。何はともあれ、仙台駅ではあれから9年ぶりの復活です。

運転本数は3往復で、震災前よりは1本減りました。とは言え、多客時以外は4両編成だったのが、今回は10両編成。輸送力自体は増えてます。むしろ過剰?

どうなんでしょうね。正直なところ、どの程度需要があるのかが気になります。仙台から鉄道で東京に行く人はほぼ100%新幹線でしょうし、主な利用者は仙台といわき市や水戸市間の移動ということなんでしょうが… う〜ん、どうでしょう? いずれは、震災前に計画されたように、いわき駅で分割した運用になるのかもしれません。

それと、個人的にちょっと残念なのが、上り一番列車の発車時刻。もう少し早く、7時台、せめて8時台発だとお昼前後には東京に着きますので、使えるような気がします。それと、下りには上野発が1本ありますが、上りは全て品川行き。もちろん品川駅まで行った方が便利なのはわかっていますが、仙台駅で「特急ひたち 上野行き」の行先表示が見たかった(笑)

なんてことを言いながら、楽しみなことではあります。3、4月は少し忙しい時期なので、GW明けにでも乗りに行きたいと思います。

で、過去に仙台駅で撮った特急「ひたち」の写真を探したのですが、あったのはこれだけでした。仙台6:40発の上野行き特急「ひたち3号」です。
撮ったのは1975年。鉄道写真を撮り始めて間もないころでした。にしても、ヘタッピすぎですが、仙台駅で485系の特急「ひたち」はあと撮ってないかも…

何かないかなぁ〜と探してみたら、「スーパーひたち」ですが、こんなのがありました。

期間限定、1992年のたぶんGW中に仙台駅で撮った2本の上野行き特急列車。9:56発485系「つばさ2号」と並ぶ、10:05発651系「スーパーひたち14号」です。

1月3日、山形空港にFDAの16号機を撮りに行った時のことは、前回書きましたが、その後は、ちょこっとだけ(本来業務?の)撮り鉄をしてました。

というか、FDA16号機の離陸を撮ったら、もう11時半ぐらい。せっかく山形まで来たので、それっぽいものでも食べようかな、と思ったのですが、正月休みのお昼前。名の売れた蕎麦屋さんやラーメン屋さん、トンカツ屋さんはお客さんでいっぱい、もしくは正月休み。

決めかねたままふらふら走っている間に寒河江方面へ。

とりあえず、お昼は目に付いたラーメン屋さんで、辛みその付いた味噌ラーメンを食べました。まずまずおいしかったですが、気づけば左沢線エリア。左沢線ってSLが走ったときぐらいしか撮った記憶がありません。

ここで気になるのが、最上川橋梁。トラス橋で列車を撮りやすい場所ではないのですが、このトラスが現在使用されているものとしては国内最古! 明治19年に東海道本線の木曽川橋梁として使われ、大正10年にここと旧国鉄長井線(現山形鉄道フラワー長井線)の最上川橋梁の2ヶ所に移設されたものです。

実際に来てみると、8連のトラスが並んでいますが、南寒河江駅側の5連と羽前長崎駅側の3連でタイプが違います。

最初は南寒河江駅側に行ったのですが、それほど古い感じでもないかなぁ〜 

対岸の羽前長崎駅側に行ってみると、なんとなくこっちのほうが古そう。ここで上り列車を撮影します。

寒くなってきたので、隣接する日帰り温泉でひと休み。350円とお安いのに、露天風呂もあってなかなか気持ちのよい温泉でした。おススメです!

温まって外にでると、ちょうど上り列車の時間。今度は南寒河江駅側に戻り撮影。

トラスの中を走り去るキハ101形です。

これで撤収したのですが、帰ってから大間違いに気づきました。

羽前長崎駅側の3連と南寒河江駅側の5連。古いのは南寒河江駅側でした!

大失敗ですが、南寒河江駅側の5連も、元を正せば明治38年に設置された筑豊本線の遠賀川橋梁を移設したものだそうです。まぁ、十分に古いってことで…(笑)

一番古いやつをちゃんと撮るのは次の機会に…

先週の木曜日、会社帰りの仙台駅で、久しぶりにE653系の国鉄特急色を目撃。帰ってから調べてみたら、舞浜臨みたいです。その日の夜に団体さんを乗せて舞浜へ行った後、戻ってくるのは日曜日の朝。これを迎撃します。

とは言いながら、仙台着は朝の7:00。この日の日の出は6:40ですので、撮れる場所は限られています。先々週に「なごみ」を撮った船岡〜大河原でちょうど日の出の時間ぐらい。

ここらへんが、頑張れば撮って撮れなくはない南限だと思われます。

てか、それ以前に頑張って早起きしなきゃいけないけど…

ということで、結局、行ったのは、あまり頑張らなくてもよい、仙台市内。それも仙台駅まであと数分というポイント。新幹線の高架橋やら何やらでごちゃごちゃしてますけど、それなりに撮りやすくて、何よりも近いのが(無精者には)ありがたい場所です。

普通電車を撮りながら待ちます。快晴とはいきませんが、空もそれなりに明るくなってきました。

やって来たのは6:58。ちょっと前に来た普通電車と比べるとスピードはかなりゆっくり。これだったらISO感度をもう少し下げてもよかったかな。

で、撮影終了。
 
なんですが、ここは少しだけ頑張って?、E653系が仙台駅で停まっている間に、仙台駅北側のポイントに移動します。

西側に迂回する東北本線と違い、道路はほぼ一直線で行くことが出来ます(最後に1回曲がるけど…)。とりあえず、距離は東北本線が約2.6km、道路は約2.2kmと差は0.4km程度ですが、無理をしなくても、そこそこ高い確率で仙台車両センターへの回送に間に合います。

という事で、間に合いました(笑)

ビルや高架橋の隙間から差し込む朝の光が、電車の顔を照らしてくれました。

後姿を見送って、 “朝のお仕事”終了です。

で、仙台車両センターに入ったE653系ですが、今朝、ヘッドライトを点けた状態で停まっているのを確認しました。予定通りなら今日、勝田車両センターに帰っていったはずです。

はぁ、今日、撮りたかったなぁ〜 快晴だったし、蔵王もよく見えたんじゃないかな〜 

悶々と考える一日でした(笑)

E655系「なごみ(和)」を使用した団体旅行のチラシを見たのは、数ヶ月前。乗ることはできませんが、撮れたら撮りたいな、ぐらいの感じで、日時をメモっていたのですが、それが今日でした。

事前にダイヤ情報をチラリと見たんですが(すみません、立ち読みです)、今月はE655系の運転は"なし"? 最近はダイヤ情報、買ってないし見方も少し怪しい。でも、団体だからなぁ、定員に満たなかったかな?

一応、会社の休みはとっているし、まぁ、ダメ元で行くだけ行くか、とも思ったんですが、天気もイマイチ。結局、諦めて今日は会社に出るか… ということに。

いつもの電車で会社に向かいますが、途中、車窓から仙台車両センターが見えます。

って、E655系、いるし!
ヘッドライトが点いてるし!

可及的に速やかに方針変更…です。

メモによると仙台駅の発車時刻は10時から11時の間と結構ざっくりですが、これを信じれば、まだ間に合いそう。仙台駅で折り返し、一度家に戻り車で出直します。

当初の予定ほど遠出はできず、船岡駅と大河原駅の間の一目千本桜のポイントに着いたのが、10時ちょっと過ぎ。

もちろん桜は咲いてませんし、葉もすべて落ちてますが、ここで待つこと約1時間。

来ました! しかも直前に日が差してきました。

あっという間に撮影終了。

とりあえず、無駄な休みをとらずに済みました(笑)

昨日の事ですが…

早起きして仙山線の紅葉ポイント、作並駅〜奥新川駅に行ってきました。先週も行ったことは既に書きましたが、実は3週連続です。

先々週は撮っている人は誰もいなくて私一人だけ。先週は他にお二人と、紅葉が進むにつれて人が増えました。

で、昨日の朝。最初は山の上だけだった紅葉が、線路の下の方まで降りてます。必然的に人も増えて… というか爆発的に増えています。朝の7時過ぎには現地に着いたのですが、既に車が5台以上、撮影場所には三脚が立ちまくってます。想定をはるかに超える状況。しかもその後も三々五々、車がやって来ます。中には県外ナンバーも。

というのも、今日はトロッコ気動車「風っこ」を使用した臨時列車「風っこ仙山線紅葉号」の運転があるのですが、それにしてもこんなに来る?って感じ。

他の方々の会話を聞くともなしに聞いていたら、「カマ」とか「ナナゴー」とかいう単語が聞こえます。どうやら「風っこ」の前に、ED75が付くらしいです。なるほど、それですか。

ちっとも知らなかった。てか、「風っこ仙山線紅葉号」が山形駅から仙台駅までの片道運転というのを知ったのも前日の事でしたからね、ひどいもんです。

それはともかく、朝もや漂う山間を行くE721系を撮りつつ待ちます。

最初の何本かは日が当たってたんですが、8時過ぎたら陰ってしまいました。
  
更に待つこと2時間。遠くで機関車の汽笛が聞こえました。
 
この場所は、列車の姿を見れるのは鉄橋の上だけですが、その前に列車の走行音が聞こえます。そしてその音が途切れ、数秒後、鉄橋の上に列車の姿が現れました。

ED75+キハ48×2の3連はあっという間に通り過ぎてしまいます。

「風っこ仙山線紅葉号」は作並駅で40分程度停車しますので、その間に移動。

作並駅〜熊ヶ根駅でもう一度撮ります。

これで終了。途中、ちょこちょこと撮影しながら帰宅しましたが、なぜED75が付いてたんでしょう? 季節柄、枯れ葉での空転を心配したから? キハ40系だけでは峠を越えられないから? もしくはファンへのサービス?
 
まぁ、最後のは無いですね(笑)

だいぶ秋も深まって来ました。10月末に鳴子峡に行ってきましたが、今日は仙台の近郊、仙山線の作並駅〜奥新川駅間の紅葉ポイントに行ってきました。

国道48号線から未舗装の林道?に入り、そこから10分弱で到着。

今年は紅葉が遅れていると聞きましたが、まだ少し早かったですかねぇ。

山の上はそれなりに色づいていますが、とりあえずこんな感じです。

上り下り合わせて4本ほど撮りましたが、雲が出てきて早めに終了。

本番は来週かな〜

前々回の記事で、10月30日に復活したタイ国際航空のバンコク線定期便を撮りに行ったことを書きましたが、バンコクに向けて飛び立ったロイヤルバージ塗装のボーイング777を見送った後の事です。
 
元々はタイ国際航空の初便の着陸と歓迎の放水アーチを撮ったら速やかに紅葉の鳴子峡を目指す予定でしたが、離陸まで撮ってしまったので、当初予定よりも3時間ほど遅れています。

とりあえず車のナビに鳴子峡を設定して見ると、到着予定時刻は12:58。

行く目的は“紅葉の鳴子峡”そのものではなく、“紅葉の鳴子峡を行く列車の写真を撮ること”です。で、肝心の列車は…

鳴子温泉駅13:05発の下り列車があります。って微妙。ちょっと渋滞していたらアウトですが、まぁ、とりあえず行きますか。

仙台空港ICから仙台東部道路に乗って、仙台北部道路、東北自動車を乗り継ぎ古川ICで降りて、国道47号線を西へ向かいます。もちろんお昼ご飯もトイレ休憩もなしです。

結果、現地に着いたのは13:00ちょうど、ほぼナビどおりでした。

で、着いてびっくり。平日なのでそんなに人はいないだろうと思っていたのですが、とんでもない! 橋の手前の駐車場はほとんど満車。なんとか空いていた1台分に車を突っ込んで、橋の上に行けば、列車が来る直前ということもありますが、人でいっぱい。

人の肩越しになんとか撮った1枚です。
今年は紅葉が遅いと地元の人がおっしゃってましたが、まだまだ緑の部分も目立ちますね。

そのまま橋の上で待機し、中山平駅13:57発の上り列車を撮影。
既に鉄橋には日が当たっていません。

この後はレストハウスまで行ってトイレ休憩。名物の「きのこ汁」のコーナーは長い行列で、とりあえずパス。

再び橋の上に戻り撮影する場所を確保。

橋の上も相変わらずの人ですが、中国語を使われる方がかなりいらっしゃいます。大陸の方か台湾の方かはよくわかりませんが、午前中に行った仙台空港、決して活発とは言えない国際線ですが、その中で気を吐いているのが台北線。週5日が3往復、それ以外の2日も2往復も飛んでいます。するとこの方々は台湾からいらしたのかもしれませんね。楽しんでいっていただきたいと思います。

鳴子温泉駅15:00発の下り列車を撮影。

ここでレフトハウスに戻り、「きのこ汁」と焼おにぎりで、遅めのお昼ご飯をとったら、最後に中山平駅15:52発、上りの臨時快速「風っこ湯けむり紅葉号」を撮って終了です。

紅葉はあと一歩でしたが、まずまず楽しめました。

てか、昨日からの3連休。今日は曇り空ですが、晴天だった昨日は大変なことになってたんだろうな〜

昨日のことですが…

三連休の最終日、天気はイマイチ。

どうしようかな〜 と思いつつ、パソコンでEH500の運用を見てみたら… ん? EH500の2号機、901号機、1号機が、わりと短い間隔で次々と下ってくる。

先週は1号機を撮り逃しているし、そういうことならば、天気は悪いけど、これは行かねば!

ということで、張り切って出かけたんですが…

現地に着いて、改めてスマホで運用を再確認したら、朝見たのと全然違うし…

で、2号機だと思っていた列車の先頭には33号機。

ダメじゃん。朝見たのは、いったい何だったんだ?

ふぅ〜 情弱ですねぇ。

もうダメな予感しかしないので、撤収しますが、家に帰り再度パソコンでチェックしたら、スマホで見たのと同じ。ホントにいったい何を見たんでしょうか?

とりえず、この日は次位にHD300をぶら下げた9号機を撮れたのだけが収穫でした。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM