格別なことは何もないのですが、たまたま仙台の南の方に行ったのでちょっと足を伸ばして久しぶりに仙台空港に行ってみました。

と言っても天気は普通に曇り空。

何はともあれ秋です。

展望デッキから。手前のピーチは9月に就航した札幌からの便です。

仙台の街をバックに。

貞山堀は工事進行中。完成はまだだいぶ先のようです。

今日はこれで撤収。

なんだか最近、自衛隊ネタが多いような気がしますが、もう1つ書きそびれていた自衛隊ネタがありました。といっても南極に行く砕氷艦です。

先月末の8月26〜27日にかけて仙台港で砕氷艦「しらせ」の一般公開が行われていました。仙台で「しらせ」の一般公開は実に10年ぶりですが、その時は先代の「しらせ」でした。その時の記事はこちらから。

ご存知の方はご存知でしょうが、「しらせ」は海上自衛隊の艦です。なので、「砕氷船」ではなく「砕氷艦」なんでしょうね。ちなみに前回の記事では南極観測船で通していたのですが、海自のHPを見たら「文部科学省では「しらせ」を「南極観測船」と呼んでいますが、防衛省では「砕氷艦」と呼んでいます」とのことでした。

何はともあれ今回も行ってきました。行ったのは8月26日、松島基地の航空祭に行った前日です。明日から10月になろうというタイミングで申し訳ないことです。

仙石線の多賀城駅から現地まで自衛隊のシャトルバスで約15分。

近くで見てみると改めて大きな艦ですが、艦首部分は尖っていなくて丸い外観。まるで樽のような印象です。もっとも図面で見ると、この下の部分、氷を割る部分は当然でしょうが鋭角なデザインとなっているようです。

チェックを受けていざ艦内へ。

ともかく飛行甲板に上がりますが、残念ながら今回はヘリの展示はありませんでした。聞いてみたらヘリの展示はあまりやっていないとのことでした。前回はラッキーだったのかな?

定番の「南極の氷」です。数万年かけてできた氷だとか…
氷の表面に手のひらを当てると、体温で氷が解けるときに氷の中に閉じ込められた気泡がパチパチと弾けます。

ここから艦橋までは4階分の階段を登ります。そこそこしんどいです。

で、艦橋は人でいっぱい。

艦橋からの見晴らし。

赤いカバーがかかった艦長席です。かわいい艦長が座ってます(笑)

ちなみに反対側にある副長席には青いカバーでした。聞いてみたら海自では、艦長の階級が一佐の場合は赤、二佐だと赤と青の2色で、二佐の副長が青いシートとのことでした。「しらせ」の艦長は一佐なんですね。旧海軍なら大佐ですからかなり偉い人です(笑) なんでも「しらせ」は大型ということもありますが、基本単艦で行動するので、それなりに高い階級の人が指揮を執るそうです。

階段を降りて船内も少し見ることが出来ました。こちらは神棚。富士山本宮浅間大社でした。

南極観測隊員用の船室は二人部屋です。ちなみに自衛隊員の居室は未公開でしたが、10数名で一部屋だそうです。その辺は護衛艦と同じなんでしょうね。

艦内には床屋さんもあります。

前回の観測隊員の顔写真も飾っていましたが、女性もそこそこいらっしゃいました。うらやましいですね。一度南極というところに行ってみたい気はしますが、まぁ、どう考えても無理ですけどね。

以上、基本、一方通行ですが、多少、行ったり来たりしながらの1時間ちょっとの見学でした。

最後にやっぱり丸い艦尾ですが、形は独特です。

先週の日曜日、「東北方面隊創隊57周年記念行事」を見るため、苦竹の仙台駐屯地に行ってきました。

東北方面総監による観閲式がメインイベントなんでしょうが、その後に行われる模擬戦等の訓練展示が楽しみです。実は去年も見にいったのですが、撮りたかった模擬戦での「戦車が火を噴く瞬間」の出来がイマイチ、というかタイミングがとれずグダグタの出来。今年こそ、というリベンジだったりします。

当日は、仙台駅東口からのシャトルバスで会場に向かいますが、昨年同様に山形交通のバスでした。

約15分で到着。模擬戦を最前列で見るために可及的速やかにメイン会場に移動。会場には来賓や招待客やらの席が並び、その脇に一般席が用意されています。幸いにもまだ最前列にもやや余裕の状態で無事に席を確保できました。

後は始まるのをひたすら待ちます。そこそこ日差しがありますが、日焼けでひどい目にあった8月末の松島基地よりはマシですね。

時間になり、東北方面隊隷下の各部隊が行進してきます。ちなみに最後は自衛隊の病院。先頭に立つのは副院長ですが、しっかりと迷彩服を着ています。まさか病院では着てないと思いますが(笑)

にしても、東北方面総監の訓示?にもありましたが、緊迫感が高まる北朝鮮や中国への対応という本来業務の国防だけでなく、多発する自然災害での救助活動、さらには鳥インフルエンザでの殺処分や防疫など実に幅広い活動を行っている自衛隊隊員の皆さんには頭が下がる思いです。こんな浮ついた気分で見物してて何だか申し訳ないです。。。

てな思いは思いとして(ホント、すみません)、長い観閲式が終わると、いよいよ各種イベントが始まります。

まずは空挺部隊がヘリからの降下。

バイクを使った偵察部隊。見事な技を披露してくれます。

敬礼している方、もちろん走っています。

観客に手を振っていますが、ずいぶん長いこと手を離したままでした。さすがです。

施設部隊の重機のダンス。これは去年はなかったですよね。ユーモラスな動きに笑いが起きますが、まさか、自衛隊でユンボのダンスが見れるとは…

このほかにフラッグ隊の演舞やラッパ吹奏などが行われました。

そして、模擬戦です。

去年同様、敵軍が占拠した陣地を味方が奪回する、といういつものストーリーですが、敵味方の配置が去年と左右逆でした。今年は左側から右側に攻め込む感じです。

まずはヘリがいろいろと飛びます。これは対戦車ヘリのAH-1。頭上で急旋回したりしてなかなかの迫力です。

続いて左手から各種車両が出てきますが、草で擬装というか、カモフラージュというのかよく判りませんが、モフモフの状態。モフモフではありますが、特に可愛くはありません(笑) 去年は普通でしたのでやはり少しずつ趣向を変えて、ということでしょうか?

155mm榴弾砲が火を噴きます。タイミングはばっちりです。

が、この後は、全くタイミングが合わず、肝心の戦車はこんなのばかり。

こちらの不本意な出来とは関係なく、味方は敵陣に向けて突入していきました。

やっぱり最後は歩兵なんですね。

というわけで、リベンジは来年に持越しです。

各種兵器の展示場には今話題のペトリオットも展示されていましたが、新型のPAC-3ではなく、その前のPAC-2でした。さすがにPAC-3を長閑に展示しているご時勢ではないようです。
ところで、このミサイル、ペトリオットなのかパトリオットなのか、両方の表記があってわかりにくいのですが、以前、隊員の方に聞いてみたときは「自分たちは最初からペトリオットと呼んでいます」とのことでした。

この後は観閲パレードがあるのですが、去年も見たしまぁいいか、ということで、駐屯地内の食堂が混む前に昼食をとります。チキンカツのハーフ(600円)をいただきましたが、ハーフで十分な量です。

食後、外に出ると観閲パレードも終盤。ちょうど戦車が動き出すところでした。東北に配備されている戦車はこの74式だけ。だいぶ旧式ですが、新型が配備されていないということは、東北は比較的安全、ということなのででしょうか?

米軍の装甲車も参加していました。

頭上を行くのは空自のF-2支援戦闘機。

そして、観閲パレードのトリを飾るのは、まさかのブルーインパルスJrでした。

今年はこれで撤収ですが、来年こそ納得のいく74式を撮りたいものです。てか、来年もこの手のイベントが行われる世界情勢でありますように。おもわず祈ってしまいます。

初めに言っておきますが、「ジョジョの奇妙な冒険」についてはほとんど知りません。作者が仙台市出身で、舞台になっている「S市杜王町という架空の街が仙台をモデルにしているらしい、ぐらい。

とりあえずそのご縁で、仙台でも時々関連のイベントが開催されていますが、今年も市内各所でいろいろやっていたようで、正直、それも「まぁ、賑わっていいよね」という程度の認識でした。

ところが、最近AER(アエル)で見かけたのが、「杜王町循環バス 乗車券販売所」というブース。その時は閉まっていたのですが、バス時刻表や路線図の表示もあってどうやら本物っぽい。実際に9月10日までの週末に市内を走っているようです。

何となく微妙に私の守備範囲に入ってきたような気がします(笑)

で、最終日の昨日、仙台はジャズフェスの2日目でしたが、ちょこっと行ってみました。

起点の「杜王駅AER前」バス停を発車するのは9:00から16:00まで(12時台を除いて)で、30分間隔での運転です。

まずは、路線図にあったメディアテークに行ってみると、本当にバス停がありました。メディアテークではジョジョの原画展が行われており、そこへの足という意味もあるようです。にしても、「貸切バス停留所」というのは何となく不思議な標記です。

 

実際にはどこのバスを使うのかと思っていたのですが、しばしバス停の前で待っているとやって来たのは普通に宮城交通でした。杜王町という響きからは緑色の仙台市営バスの方がイメージかなぁ〜とは思いましたが… どちらにしても有難みはイマイチかな(笑)

 


行先表示はちゃんと「杜王町循環」となっていますが、その前にはやはり[貸切]の表示。実際のところ、法令上、本当に路線バスとして走らせるわけにはいかず、貸切バスの扱いとなっているようです。なんか柔軟な(もしくは苦心の)対応がされているような気もしますが、いずれにしても[貸切]の表示は必要なんでしょうね、きっと。

西公園の脇です。

さっき、確認するのを忘れていたのですが、バスの車体の表示は「宮城交通」のままでした。やっぱり「杜王交通」のステッカーとか貼っちゃったらまずいのかな?

こちらは「杜王町OWSON前」バス停です。ちなみにOWSONとは作中に登場するコンビニで、モデルはLAWSON。イベントがらみでバス停近くのローソンがこの日までオーソンになっていたらしいのですが、見るのは忘れてました。すみません、基本的にそちらは守備範囲外で…

一応起点の「杜王駅AER前」にも行ってみます。降車と乗車は別のバス停になっていました。

ワンマンではなくガイドさん?も乗務しているようです。バス会社の人ではなくイベントスタッフさんでしょうか?

サイドの経由地もちゃんと表示。

一周の所要時間が約40分で30分間隔なので、バスは2台で足りる気がしますが、実際には都合3台で回していました。

とりあえずこれで終了。この後は、ジャズフェスのそぞろ歩きを楽しみたいと思います♪

のつもりでしたが、帰り際に「勾当台公園前」を通ったら、たまたまバスが来たのでついつい撮ってしまいました(笑)

ブルーインパルスJrの後は、いよいよ本家ブルーインパルスの2回目の展示飛行です。1日に2回のフライトがある航空祭は多分、ホームベースの松島基地だけじゃないかな、と思います。ちゃんと確めた訳じゃないけど…

せっかく基地に入ったのだから、飛ぶ前の儀式? ウォークダウンも見たかったところですが、人が多くて近づくことができません。 

しょうがないので、ちょっと離れた場所で陣取ります。そこからは1番機がギリギリ見えていたのですが、KC767が離陸して行ったらそのあとに人がなだれ込んで何ひとつ見えなくなりました(泣)

とりあえずウォークダウンを終えて滑走路に移動中。

1番機から4番機が離陸。この後、4番機がすっと右に移動してダイヤモンドになります。

5番機と6番機も離陸。

せっかく基地内に入ったのだから、それっぽい雰囲気を求めて歩きながら撮影します。なかなか難しいですが…

演目のパターンをすべて覚えているわけではないので、はっきりは言えませんが第1区分ではなさそう。他の方が書いているのをみると第3区分の変形らしいです。

とりあえずサクラは久しぶりに見た気がします。慌ててレンズを換えますが、それでも入りきらず…

締めのローリング・コンバット・ピッチと

ソロ機のコークスクリュー

これで終わり。のはずですが… 最後におまけ?でもう1つ、フェニックスロール(というそうです)

最後にフェニックスとは、「更なる復興を願って」、ということですね、きっと。

こんな展示もありました。パンフでは「ダンボルギーニ」ということでしたが、これって「ランボルギーニ」ですよねぇ? この前に立っていた看板は「ダンボルギーニ」でしたが… 雨が続いていたので本物を持ってきたのかな? ちなみにダンボルギーニとは石巻市の梱包会社が震災後に段ボールで作ったランボルギーニです。

後は帰るだけですが、駅まで大行列の中、ようやくたどり着いても駅は入場規制。予想はしてましたが、やっぱり大変です。

やっと乗れた電車も大混雑。そのまま仙台駅まで乗っていく根性も無いので東塩釜駅で下車。ここから始発電車で座って帰りましたが… 疲れた1日でした。メチャ日に焼けたし…

でも、よい1日でした!

最後に仙石線の車窓から(福田町駅〜小鶴新田駅)

松島基地に入るのは何年振りでしょうか。航空祭をやっていた時も中に入るのがは大変なので、ブルーインパルスを外から撮るだけだったのですが、震災以来初の航空祭となれば、やっぱり入ってみたい気がします。

長い行列の後に付いてだらだらと歩くと途中にセキュリティチェックがあって、それを過ぎると(調べてみたら)実に19年ぶりの基地の中。

震災前の様子はほとんど覚えてはいないのですが、ここまでゆるい坂道を上がってきましたので、そこそこかさ上げされているようです。足元の白いコンクリートが新しいです。

天気はよいのですが、気温はそれほど高くなく心地よい陽気。航空祭日和ですね。

入ると前方に水色の救難捜索機U-125Aと救難ヘリUH-60Jがいました。そしてその向こうにはブルーインパルス用のT-4が翼を休めています。

目を転じて地上展示機はというと、ちょっとさびしいかな。

戦闘機は地元のF-2Bのみ。後はRF-4E偵察機、C-130輸送機、KC767空中給油機、そして陸自の多用途へりUH-1ってとこでしょうか。米軍機はゼロですね。オスプレイ見たかったな〜(って、現状では無理!)

青いRF-4Eは初めて見た気がする。隣のF-2とおそろいです(笑) 上空を通過するのは海保のボンバルディア300。

こちらはF-2。機体の向こう側ではU-125AとUH-60Jの救難展示飛行を実施中。

C-130の翼の向こうにKC767

リベットだらけの機体に日の丸が渋い。

C-130の正面。
この飛行機はエリア88のマッコイじいさんが使ってました。それで覚えた機体です(笑)

機動飛行でアフターバーナーを噴かすF-2。ですが、逆光で撮りにくい…

そして端っこにKC767。近くで見るとさすがにでかい。

一足先にお帰り、ということで離陸していきました。

最後に翼を振ってご挨拶。

お楽しみのブルーインパルスJr。なかなかかわいいのですが、時々すごいです(笑)

続いて、ブルーインパルスの展示飛行2回目ですが… 次回に続きます(多分)

8月は雨続きで、前日の8月27日まで続いた仙台の降雨記録は36日連続の新記録を作りましたが、翌8月27日は朝から快晴。というわけで、ちょっと遅くなってしまいましたが…

この日は、東松島市の航空自衛隊松島基地の航空祭が、あの震災以降初めて、実に7年ぶりに開催された日。まさに天の配剤ともいえる天気になりました。

と、なると行かなきゃないな〜

実は、前日からお腹の調子が悪くて若干不安があったのですが、まっ、しょうがないよね。行きましょう(笑)

とは言いつつ、車だと事前に駐車場の予約が必要なため鉄道で行くしかないのですが、仙台駅7時24分発の仙石東北ライン快速石巻行きはドアから人が溢れんばかりの状況で、見た瞬間に断念。

あおば通駅に移動し仙石線で行くことにしますが、結局乗ったのは8時7分発の矢本行き。通常は東塩釜行きの電車ですが、航空祭に合わせて矢本行きへと行き先を変更。東塩釜駅までは各駅停車ですがその先は快速となります。

205系電車の前面行き先表示は「臨時」でした。「快速 矢本」を期待していたのですが…

あおば通駅を出たときは席が埋まる程度。やっぱりこっちで正解! と思いきや、仙台駅で立ち客多数の状態になり、その後も各駅で少しずつ乗車があって東塩釜駅を出た時点ではもはや朝のラッシュ時ぐらいの混み様。

松島海岸では多少は降りるだろうと思ったのが大間違い。降りる客は(見ていた範囲内では)ほぼ無く、何でなのかわかりませんがホームからは大量の乗車。車内はたちまち阿鼻叫喚。遠くの方では幼児の鳴き声が響いています。なんだか座っているのが申し訳ないような状態。

更に高城町駅では行き違うはずの上り列車がやってこない。どこトレで見るとまだ野蒜駅あたり。仙石線はこの日、朝からダイヤが乱れていたのですが、これに航空祭がらみの混乱で乱れが広がっていたようです。

結局、矢本駅に着いたのは9時30分頃。20分弱の遅れで大騒ぎするほどの遅れではありませんでしたが、座っていてもしんどい車内でした。

駅を出るとそのまま大行列が出来待ています。駅のトイレも大行列。そのままパスして行列についていくと仮設トレイがあってこちらはすぐに使えたので小休止♪

再び行列について行きますが、基地のゲート手前の交差点まで来たところでエンジン音がとどろいてきました。

これはダイヤモンドテイクオフですね。ブルーインパルス1回目の展示飛行が始まっちゃいました。

続いて5番機、6番機も離陸。

ゆっくり移動しながら撮影しますが、この絵面、新鮮っちゃ新鮮かも。
信号が変わって交差点を渡り基地の手前まで行きますが、中には入らず震災後新しく作られた土手(防潮堤でしょうか?)の上から撮ることにします。

まぁ、ここからでもそこそこ満足です♪

これから基地に入りたいと思いまずか、ここから先はまた改めてご紹介したいと思います。

イーグルスがホークスと首位を争っていたのっていつ頃の事でしたっけ? いつの間にか首位ホークスとのゲーム差は10を超え、ついには3位転落。さすがにBクラスはないと思うけど、びっくりすぐらいの急落でした。

で、今日のネタは「タカガール」。ご存知の通り、女性のホークスファンの事ですが、こちらは直接野球とは関係なくてスカイマークの特別塗装機の「タカガールジェット」です。

スカイマークの特別塗装機は、「タイガースジェット」、以前ご紹介した「ヤマトジェット」、そして「タカガールジェット」と3機あるのですが、いずれもあまり仙台には来てくれずヤマトジェットを一度撮ったきり。ところが、今日はタカガールジェットが来る。しかも快晴ということで朝から出かけてみました。

このところ、離着陸が海側か山側かで振り回されて不本意な結果が多かったのですが、今日は無風。普通に海側からの着陸でした。

滑走路の東側から。
ピンクが意外と目立ちます。

離陸は臨空公園側から。

とりあえず、初めて「タカガールジェット」を撮ることが出来ました。

イーグルスは今日もホークスに負けたみたいですけど… しかもサヨナラ(泣)

今朝、何気に仙台空港のホームページを見てたら、なんか国際線のチャーター便がありますね。お盆休みにあわせての運行でしょうが、仙台8:30着とあるだけでどこの航空会社かわからない。とりあえが間に合いそうなので出かけてみました。

空港に着いてみたら、またANAのスターウォーズ767がいました。
 
今日は海風で山側からの着陸のようなので航空公園に移動します。が、なんと、さっきのスターウォーズが海側から離陸していきました。

慌てて移動を開始したところに、海側から降りて来る1機の飛行機。予定よりも20分ぐらい早いし…

着陸シーンはダメでした(泣)

空港トンネルの入り口ポイントで。ここも木がずいぶん伸びました。

ということで、やって来たのはベトナム航空のA321でした。過去に見たことはありますが(いささか不本意な形ながら)撮るのは初めてです。

離陸は10:00。あの後、離陸は全て海側だったので再び航空公園側に移動します。

水煙を曳いて離陸していくスカイマーク。

こちらは降りてきたANAの737。

この後、アイベックスやエアドゥの離陸を撮っていよいよベトナム航空。

って、タクシーウェイをやってくるベトナム航空。なんでやねん! 山側からの離陸?

せめて水煙を期待したんですが、普通に中途半端な感じで離陸していきました。

相性が悪いんでしょうか、ベトナム航空。行き帰りとも裏をかかれてしまいました(泣)

次のANAのQ400は海側からの離陸だったんですけどね。
なんかプロペラから渦を曳いています。これはこれでカッコいいです。

それにしても今日は8月とは思えない肌寒い日でした。空港へ行く途中のコンビニでは思わず温かいいお茶を買ってしまいました。休みの間はずっとこんな天気のようですね。

今月から仙台空港への乗り入れを再開したスカイマークですが、3機ある特別塗装機はなかなか仙台に来てくれません。スカイマークのFacebookには翌日の予定が出ているのですが、なんかよその空港ばかり。まぁ、毎日見てるわけではありませんが…

で、昨日の夜、何気に見てみたらヤマトジェットが朝の便で来るみたい。

しょうがないな、行くか(笑)

仙台空港に着いたのは少し早めの7時半ぐらい。

ん? なんか変わった奴がおる。

急いで展望デッキに上がると、ANAのボーイング767、スターウォーズ塗装ですね。初めて見ました。

R2-D2イメージです。

今朝は海風で山側からの離陸。

さっきの反対側。こちらはBB-8イメージでした。

山側からの離陸ということは着陸も山側から。展望デッキからだと降りて来る飛行機は撮りにくいので、臨空公園に移動します。

そろそろかなと、Flightradarを見てみたら、スカイマークの前を先行して飛んでいるピーチの位置が変。海側からのルートをとっています。ヤバイ! 慌てて空港に戻りますが、展望デッキに上がる余裕はなさそう。貞山堀の海側で待ちます。

まずはピーチ。通常塗装です。

続いてやって来ました。ヤマトジェット。

さてと、離陸はどうしようかな? 風が変わらなければこのまま海側からの離陸になりそうですが… てか、見てる限り海風のままなんだけどなぁ。

向きが変わることを期待して展望デッキで待ちますが、結局、海側からの離陸でした(泣)

反対側は古代君と雪です。

ANAのボーイング737が降りてきました。

仙台の街は霞んで見えません。

神戸に向かって飛んでいきました。ということで、ヤマトを撮りに行ったらスターウォーズも撮れたというお話でした。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM