今更ですが…、史上初の10連休、よくわからんうちに終わってしまいました。

前半と後半にそれぞれいろいろありまして、それに引きづられてバタバタしてる間に終わっちゃいました。と、いうか、今週末になってようやく落ち着いたところです。

結局、どこへ行くでもなく、何をするでもなく…(悲)

その中で、数少ない戦果がコレ。

FDAの全13機、コンプリート完了!

FDAこと、フジドリームエアラインズは2009年に運行開始した比較的新しい航空会社です。使用している機種はエンブラエル170とエンプラエル175と小型ですが、各機で塗色が異なる「マルチカラーコンセプト」を採用しています(ただし、4号機と11号機のみ“グリーン”で同じ色です)。

拠点は静岡空港と名古屋空港で、東北の青森、花巻、山形の各空港には乗り入れていたものの仙台空港にはあまり縁のない航空会社でしたが、それでも2016年ごろからチャーター便が飛ぶようになり、昨年4月から定期便として仙台空港〜出雲空港が運行されるようになりました。

となると、全色撮ってみたいと思うのが人の常(違う?)。

なんですが…

実際に飛んでみると、仙台空港に来るのは1号機、2号機、4号機ばかりで、どうやらこの3機で固定されている感じ。そういえば初就航の時も4号機でした。

FDAのホームページでは、前日、当日、翌日の便ごとの使用機体がわかるのですが、それによると、この3機以外の機体もたまに来ることがあるものの、それが休みの日で、かつ空港に行くことのできる日となると数えるばかり。たまに来るチャーター便で少しずつは撮ってはいましたが、コンプリートは何時になることやら…と半ばあきらめムードでした。

状況が変わったのが最新の13号機が導入された今年の3月頃から。運用のパターンが変わったようで、それ以降、いろいろな色が定期便で来るようになりました。

で、連休の真ん中あたりの5月3日と4日に、残っていた5号機と13号機を撮ることができました。

ということで、仙台空港で撮ったFDAの全13機です。

【1号機 ドリームレッド】2018/05/04 定期便

【2号機 ライトブルー】2019/01/03 定期便

【3号機 ピンク】2019/04/07 定期便

【4号機 グリーン】2016/08/13 チャーター便

【5号機 オレンジ】2019/05/03 定期便

【6号機 パープル】2018/05/04 チャーター便

【7号機 イエロー】2016/08/06 チャーター便

【8号機 ティーグリーン】2019/03/21 チャーター便

【9号機 ゴールド】2018/12/16 定期便

【10号機 シルバー】2018/01/03 チャーター便

【11号機 グリーン】2017/12/09 チャーター便

【12号機 ホワイト】2018/04/28 チャーター便

【13号機 ネイビー】2019/05/04 定期便

とりあえず、これでFDAのホームページを見て一喜一憂することはなくなりますが、続く14号機の納入は6月下旬の予定だそうです。楽しみではあるけれど…

10連休が始まりました。特に予定はありません。

ので、昨日は仙台空港へ行ってみました。天気は雨です。

着いたらこんな感じでした。困ったもんです。

が、この日の仙台空港はいろいろと来ました。

とりあえず、過去に何度か撮っていますが、スカイマークの三代目タイガースジェット。

FDAのチャーター便は2便あったのですが、どちらも赤の1号機でした。

で、本命の一つ、ダナンからのベトジェット。

予定よりもずいぶん遅れてきたみたいです。たぶん8時半ぐらいの到着予定だったと思うのですが、朝、6時に現在位置を見てみたら、まだ海南島の東ぐらい。仙台着は結局、10時過ぎでした。

降りてきたらちょっとだけ薄日が差してきたんですが、一瞬でした。
離陸時はまたまた曇り空。
雲の中に消えていきました。

この日のFDAの定期便は白の12号機です。

午後になって時折り雲の間から青空も見えたりして…
判りにくいですが、IBEXのむすび丸JETです。

J-AIRのしまじろうJET。この日、2回目の仙台です。

そして、この日、二つ目の本命は、OAI、オムニエアインターナショナルのB767。ホノルル行きのチャーター便です。この到着便を狙います。

仙台発が18:30は仙台空港のHPで判りましたが、到着がわからない。まあ、17:30までは着くでしょうが、もうひとつヒントが欲しいところ。

で、午前中にフライトレーダー24でハワイから日本に向かう飛行機の列の中から、適当に探してみると、それっぽいのがいました。便名、出発空港も、到着空港どころか航空会社名の表示も出ない謎の飛行機。わかるのは、Boeing767-224という番号と現在位置・高度・速度だけ。

心もとないことこの上ありませんが、実は、この前日にも同様の便がありまして、仙台空港から出発する便が同じような表示でしたので、可能性はありです。

その後も、時折りチェックしていたのですが、なかなか成田行きの列から離れません。適当なところで進路が北にズレると思っていたのですが…

そのまま成田へのルートをたどっています。が、前後の飛行機の高度が13000ftぐらいまで落ちているのに、この機は高度40000ftを保ったまま。成田に降りる気はなさそう。

結局、千葉県沖、100km?ぐらいまで来て、進路を北に変更。ここから少しずつ高度も落ちてきました。どうやらこれで間違いなさそう。

そこから小一時間で仙台空港沖の海上に姿を見せました。

うっすらと虹が出ているのですが、微妙なところ。
 
滑走路の上に来たあたりで、ちょっとだけ日が差してくれました。
少々、疲れました。ターミナルビルの3階で少し休んでいたら、今降りてきたJ-AIR、機体に何か書いてあったような… 急いで展望デッキに上がってみると、これでした。

もう少し展望デッキで粘っていれば、しまじろうJETとこいつの並びを撮れたのに〜

ということで、終了です。OAIの離陸と、さらにその後来るはずのスカイマークのB.LEAGUE JETは見送りました。

今日もタイ国際航空のチャーター便があったのですが、行けませんでした。天気はよかったんですけどねぇ~

先週の水曜日に(多分)秋田空港経由でやって来たカンボジアの航空会社、スカイアンコール航空のA320を、少しばかり無理をして撮りに行ったという話を前回書いたのですが、実は今日も来ました。前回、カンボジアに行ったお客さんの帰りの便ですね。

今日は秋田経由ではなく、カンボジアのシェムリアップ空港からの直行でした。事前にFlightradar24で見たら仙台空港には7:55着。少し余裕をもって6時過ぎに家を出たらいいかな、と思っていたのですが、今朝6時頃に現在地を確認したらまだ香港沖を飛んでいます。

Flightradar24によると、シュリムアップ空港の出発が約2時間遅れで、仙台空港着は約1時間半遅れとなっています。計算がこれでいいのかよくわかりませんが、いずれにしても家を出るのも少しゆっくりとなりました。

スカイアンコール航空機が来たのは9:30少し前。概ね想定通りでしょうか。

滑走路北側の避難丘から撮りました。
2月13日に来たのと同じ機体です。

離陸は前回とは逆側となる滑走路の北側から撮ります。

Flightradar24では行き先の情報がなかったのですが、時々チェックしていたら意外にも松本空港でした。ついでに見ていたら、松本空港から台湾の高雄空港へ行き、更にベトナムのハイフォン空港に着いたのは日本時間で21:30頃。なかなかの働き者です(笑)

これで、今回のスカイアンコール航空はおしまいですが、来月はマレーシアのマリンドエアのチャーター便があるんですけど、こっちも撮れるかなぁ〜 まぁ、楽しみです。

ちなみに今日はこんなのも来てました。

J-AIRの「しまじろうJET」とスカイマークの「三代目タイガースジェット」。

「三代目タイガースジェット」は2度目ですが、「しまじろうJET」はお初です。

昨日は仙台空港にカンボジアの航空会社、スカイアンコール航空のA320がやって来ました。見たことのない航空会社ですので、ちょっと無理して行ってみたのですが、なにぶん、情報が薄い。

事前にわかっていたのは、この日、仙台空港からスカイアンコール航空のシェムリアップまでのチャーター便がある、というだけ。時間も便名もわからず。しかも数日前から仙台空港のHPも閲覧不可の状態が続き、新しい情報もなし。

まぁ、仙台空港から飛ぶ以上は、仙台空港に来る、ということですが、いつ来るんでしょう? 過去の東南アジアからの便は、深夜に現地を出て早朝に仙台空港に着く、というのが定番です。

そこで、当日の早朝、「今頃は、仙台空港に向けて飛んでいるはず」と、Flightradar24で、スカイアンコール航空のレターコード、“ZA”で検索してみると… 仙台空港に向かっている飛行機はないですね。で、よく見ると秋田空港へ向かっている便があります。

仙台じゃなくて秋田?

秋田空港のスケジュールを見てみたら、確かに8:30に到着するシェムリアップからの便があります。ついでに仙台空港のスケジュールも見てみると、シェムリアップへの便は11:00発。

ということは…、8:30に秋田空港に着いたら、その後、仙台空港に回送して、11:00にシェムリアップへ出発、ということでしょうか?

すると仙台空港に来るのは、9:30から10:00ぐらい? 一応、辻褄は合います。

道が渋滞する前に家を出たので、現地に着いたは8時少し前。スマホで秋田空港に降りるスカイアンコール航空機を見ると、秋田空港の手前で旋回を繰り返していましたが、ほどなく着陸。

後は、秋田空港からの離陸をチェックするだけ! と思ったら、ここでスマホがコケました(悲) 5年目だからなぁ〜 限界かな〜

それはさておき、スカイアンコール航空機の動きを知る術がなくなってしまいましたが、待っていた仙台空港の展望デッキには、時間とともに如何にも(笑)の方々が、増えてきました。とりあえず、来ることは来るだろうと待つことしばし…って、なかなか来ない。風が強くて、吹きっさらしの展望デッキの寒いこと。

だいぶ辛くなってきた10:20頃、洋上に白い機体。本当に秋田から来たのかどうかは知る由もありませんが、ようやく来ました。

シンプル?な塗装。垂直尾翼が真っ白です。

ピーチとスカイマークがお出迎え。

離陸は臨空公園側から撮りますが、到着が遅かったので、出発も遅れています。

11:40ぐらいになってようやく動き出しました。

これで終了。

改めて考えてみると… う〜ん、無理して撮るほどでもなかったかな〜

今週末にまた来るし…(爆)

三連休中日の今日は、ちょっと山形まで行ってきました。

で、昼前からは山形空港へ。

これまではターミナルビルの展望デッキかひこうき公園でしか撮ったことがなかったので、今回はひこうき公園の滑走路を挟んだ反対側に行ってみます。

ちょうどFDAの小牧行きが離陸するところでした。
一瞬、まだ撮っていないピンクの3号機かと思ったのですが、残念ながら赤の1号機でした。

次の飛行機は小牧からのFDAですが、そこそこ時間があるので、ちょっとだけ“鉄”します。

神町〜乱川の踏切で下りのE3系「つばさ」

空港に戻り、滑走路の南端側で降りて来るFDAを狙います。今回は事前に確認済みで白の12号機です。
この機体も既に撮影済みで、今回、初物は撮れずじまいでした。

小一時間後、新千歳へ向けて離陸。さっき赤を撮った場所で。

で、帰るつもりだったのですが、山形空港のHPを見たら、今日も台北からの中華航空が来ますね。

えっと、定期便ではないと思うのでけど… 山形空港へ来るたびに飛んでます。

予定よりも少し早めの到着のようです。

ここで遅めの昼食。天童まで行ってとんかつを食べてきます。

中華航空の離陸の時間に合わせて戻って来ますが… なかなか飛びません。

そうこうやってる間に、新千歳からのFDAが予定よりも15分ぐらい早くやって来ました。

先ほど新千歳に行った白が戻って来ました。

白の着陸を待ってたかのように中華航空が動き出しました。

バックの山、もう少しはっきり見えるとうれしかったのですが…

まぁ、こんなところでしょう。当初の予定よりはずいぶん遅くなってしまいましたが、これで帰ります。

既に旧聞と化してしまいましたが…

昨年末の河北新報に載っていた記事によると、昨年12月30日、仙台空港にタイ国際航空のチャーター便が来たのですが、そのき飛行機に乗って来たタイ国際航空の社長さんが「仙台−バンコク線の定期便復活の可能性は高い」と発言されたそうです。

仙台−バンコク線の定期便は、2013年12月から翌年の3月にかけて運航されていました。てか、わずか4ヶ月だったんですね。もう少し飛んでいたような気がしたのですが、ひと冬だけでした。

最近はGWと年末年始のチャーター便だけですが、2017年の東北6県のタイ人宿泊者数は4万4480人と2014年の2.8倍と増えているとのことで、その辺を踏まえての発言だと思います。

今回は宮城県・山形県の観光地の視察ということで、その場限りのリップサービスではないと思いますが、どうなんでしょう? 再開のタイミングは「2019年の11月、あるいはもっと早く」とのことですが、一応、期待して待ちたいと思います。

ということで、今回の年末年始にもチャーター便が飛んだのですが、社長が乗って来た12月30日の便は年賀状やら大掃除やらで撮りには行けず、年明けの1月3日の便を撮って来ました。

海側の避難丘の上で待ちます。

見えてきました。仙台湾の上で旋回を終えたタイ国際航空のA330です。下の方には札幌からのエアドゥも見えます。

大型機が少ない仙台空港ではうれしい機材です。

新しい道路の工事中で、仮設の道路がうねっています。

仙台市中心部は曇っています。が、普段よりも高度がちょっと低い?

着陸。

垂直尾翼の向こう側に離陸していくJ-AIRのE-190。ミニオンJETでした。

離陸は臨空公園から。

雲の多い日でしたが、この時間帯は比較的青空が見えていました。その青空の中、一直線に飛び去って行きました。

ちなみに、件の社長さんはこの便で帰ったはずです。定期便、期待しております。まぁ、私は乗れませんけど(爆)

昨日の仙台は終日快晴でした。で、仙台空港に行ってちょっと撮影してきました。

当初はお昼過ぎのFDAの出雲便を撮って終わりにするつもりだったのですが、Flightradar24で見たら北京からの中国国際航空が特別塗装機でした。以前、仙台空港で「鳳凰」を撮りましたが、この日来たのは「銀牡丹」。天気もいいし、それほど寒くもなかったので、もう少し撮りながら待つことにしました。

午後2時過ぎ、概ね時間どおりにやって来ました。

初めて見ましたが、思ったよりもインパクトがありますね。

と思ったんですが、背景がごちゃごゃすると、なんだか保護色みたいになってしまいました(笑)

仙台市中心部をバックに。

続いて降りてきたQ400と。

せっかくなので、離陸も撮ります。

西日があたって少し赤みがかっています。

青い空の中、真っすぐに中国に向けて飛び去って行きました。

今日はちょっと山形まで行ってきました。

で、ついでに調べてみたら、山形空港にやってくるFDAの機体が“金色”でした。

FDAは仙台空港にも一日一往復やって来ますが、かなりの確率で緑の4号機。他には赤の1号機、水色の2号機が来るくらいで、それ以外の色はそこそこ貴重。仙台空港に定期便ができた時には、全色コンプリートを狙っていたのですが、今や完全に諦めモード。

金色の9号機も未撮影だったので行ってみることに。

問題の金色は名古屋からの便。空港に着いた時点で現在位置を見ようとFlightradarで確認すると、もう山形市上空。思ったよりも早いな、と急ぎ展望デッキに上がって待ちますが、なかなか降りてきません。再度、Flightradarを見てみると反対方向の南側に向かって進行中。

なんでやねん、と見ていると南陽市の上空ぐらいで再び反転。そこから待つこと数分で南側から降りてきました。

バックの山は雪景色。もう冬ですね。

10分ぐらい前までは日が差していたのですが… 

離陸は空港南側の「ひこうき公園」の丘の上から撮影します。

青空の中、札幌に向けて飛んでいきました。

で、撤収のつもりだったのですが、空港の発着表示を見たら仙台ではなじみのない航空会社が…

台北からの中華航空です。てか、山形空港に国際線ってあったっけか? チャーター便かな? よくわかりませんが、いずれにしても仙台空港に中華航空は来ませんので、ターミナルビルに戻ってこれも狙います。

来ました。こちらもさっきのFDA機と同様に山形市上空から一度戻って南陽市上空経由で降りてきました。そういうルートになってるのかな?

 

ターミナルビル前までやって来ました。

離陸は再び「ひこうき公園」の丘の上から。芸のないことですが、山形空港で撮るのは実は今回が2回目で、あまりわかってないんですよね。

ということで離陸シーン。機体に西日があたります。

これで終了。関山峠経由で帰ります。所要時間は1時間ちょっと。仙台空港でも(時間帯によりますが)小1時間程度かかりますので、山形空港もたまには訪れたいところですが… もう少し便数が多ければいいんですけどねぇ。

地下鉄東西線や「るーぷる仙台」を撮りに行った翌日の日曜日。この日こそはゆっくりしようと思っていたのに… またしてもよい天気。午後から曇るという予報だったのに昼前でその気配なし。

で、結局出かけてしまった…

駅前でちょっと用事を済ませて、行った先は仙台空港。駅前経由なので電車で行ったのですが、空港アクセス線に乗るのもかなりひさしぶりです。

早速、展望デッキでお目当ての飛行機を待ちます。

予定よりも遅れること約15分。来たのはいいんですが、残念ながら山側からの着陸。着陸ポイントは遥か向こうなので飛んでる姿を見ることは出来ません。何とか撮りますが、なんだかよく判りません。

これでした(笑)

エバー航空の「バッドばつ丸 ファントラベルジェット」。詳しいことは知りませんが、サンリオのキャラクターらしいです(汗)

エバー航空は以前からサンリオと提携して特別塗装機を飛ばしています。現在は7パターン存在しており、3月には新千歳空港で「サンリオキャラクターズ」を撮りましたが、この機体は初めて見ます。

着陸はダメでしたが、このまま風が変わらず山側から離陸してくれると展望デッキからでもきれいに撮ることができます。ということで期待していたのですが… 変わっちゃったみたいです、風。

海側から降りてくるIBEXのCRJ。

むすび丸ジェットでした。

離陸も着陸も海側からになってしまいましたが、時々、へそ曲がりがいます。流石は中国。中国国際航空は逆らって山側からの離陸(笑) 手前は海側から着陸してターミナルビルに向かうJ-AIR。

で、肝心のエバーはといえば、なかなか飛びません。16:15の出発時間が過ぎても気配ゼロ。ボーディング・ブリッジは既に外れていますが、貨物室のドアが開いたまま。

しばらくしてようやく貨物室のドアが閉まりました。エンジン音が響き、背中とお腹の赤いランプが点滅。

いよいよかと思いきや、間もなくエンジン音が止まってしまいました。

ん? 気づけばボーディング・ブリッジもまた飛行機にくっついて、またまた飛ぶ気配ゼロ。

17時を過ぎて、だいぶ薄暗くなってきました。

もう少し待ってみましたが、無理っぽいです。この日は電車でしたし、あまり遅くもなれないので、ここで撤収。残念ながら離陸は見れずじまいでした。

あとで他の方のブログで見たら、機体のトラブルがあったようで、飛んだのは翌日だったようです。

乗客の方たちはどうやって夜を過ごされたのでしょうか? 台湾の方が多かったでしょうし、大変だったでしょうね。お疲れ様でした。

昨日は仙台空港にべトジェットエア(Vietjet Air)が飛来しました。あまり聞きなれない航空会社ですが、ベトナムのLCCだそうです。実は今年のGWの期間中も来ていたようなのですが、その時は気づかずに撮り損ねてしまいましたので、ワタシ的にはお初の航空会社です。

なのに、何ということでしょう、寝坊してしまいました(笑)

仙台空港のHPには着時刻の記載はなく、発時刻は9:30。で、起きたのが8時ちょっと前。離陸はギリ間に合いそうですが、離陸の1時間前程度と想定される着陸は絶望。

ところが、出発時刻の変更が出ていました。10:30発。ということは…、到着は9:30頃?

押っ取り刀で駆け付けた仙台空港。着いたのは9時過ぎくらい。前回、中国国際航空の特別塗装機を撮ったのと同じになりますが、空港の展望デッキに行きます。

9:21頃、東の海上に赤と白の機影が見えました。

日本の航空会社にはなかなか無い派手な色使いの塗装は、ベトナム国旗をイメージしているようです。

行違うのはスカイマークのタイガースジェット。

仙台の中心部を見て着陸。

離陸していくタイガースジェットともう一度すれ違います。

日本のLCC、ピーチと。塗分けパターンは何となく似てます。

この後は、離陸を撮るため臨空公園手前のポイントに移動。チャーター便だしそもそも遅れているんだから少し早く出るかもしれないと、10:10頃には待機しますが動く気配まったく無し。

結局暑い中、待つこと約1時間。ようやく飛んでくれました。

夏の雲に南国の航空会社がよく似合いますね。

べトジェットエアは15日にもやって来ますが、その日は残念ながら行くことはできません。ということで、次は年末に見れるかな〜(笑)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM