今年も大崎八幡神社のどんと祭(松焚祭)に行ってきました。例年は混雑を避けて翌日の朝4時ごろに行っていたのですが、今年は14日が日曜日と重なっていたので、当日の少し早め(と言ってもそもそも夜のお祭りなので夕方5時頃)に行って見ました。

神社の周辺に設置された臨時の駐車場はどこもいっぱいなのは判っていましたので、家から30分ぐらいの道を歩いて行きます。

臨時駐車場となった国見小学校へと続く車の列。向こうに御神火の煙がうっすらと見えます。

八幡神社へはいつもどおり裏側の北参道から入ります。当然ですが、明け方と比べるとむちゃくちゃ人が多いです。

鳥居をくぐってから5分ぐらい歩いて御神火に到着。参拝客が十重二十重に取り囲んでいます。

その内側を、本殿での参拝を終えた裸参りの人たちが一周します。ご苦労様です。

参拝客は裸参りの列が切れたのを見計らって、持参の正月飾りなどを入れた紙袋などを投げ入れています。てか、頭の上を飛んでいきます(笑)

この時間帯に来るのはもしかしたら小学生のとき以来かも… あの時は燃え盛る炎が恐ろしく感じたのですが、こうしてみるとそうでもないかな(笑) 大人の目で見るからなのか、それとも以前ほど無茶をしなくなったのかはわかりませんが… でも、炎の暖かさが心地よいです。

この後は本殿前で参拝しますが、参道はものすごい人でここからの移動が大変でした。

本殿の中では裸参りの人たちが参拝中。

参拝が終わったらお札を買って、後はまた歩いて帰ります。寒かった〜 まぁ、風が無かったのが救いでした。

何はともあれ、今年がよい年でありますように。

今年ももう明日1日を残すのみ。まぁ、1年の早いこと。

昨日は1日かけて年賀状を書いていまして、できたのが夜の8時くらい。年賀状を書くのがギリギリなのは例年通りですが、終了時間はいつもより少し早いです(笑)

で、これも例年通り中央郵便局まで持っていき、ついでに光のページェントを見るのも例年通り。

出がけにはそこそこの雪の降っていたので期待したのですが、現地に着いた時には小降りとなり、ほどなく止んでしまいました。雪の光のページェントはなかなか幻想的なのですが… ちょっと残念でした。

メディアテーク脇の横道から

中央の歩道から いかにものアングル

通り抜けるタクシーにも明かりが写っています

噂のピンクのLED。人だかりができていてみんな上を見上げていたので見てみたら、ありました。おっさんが一人で見てもしょうがないのですが… 
にしても、この撮り方では風情も何もないですね。ぼかして撮ればいいんじゃん、と、帰ってから思いました(笑)

何だかんだで40分ぐらい撮っていました。駐車料金が上がる前にこれで撤収。最後の1枚です。

今年の更新はこれでお終いの予定です。1年間ありがとうございました。

このブログは相変わらずのマイペースでやってくつもりですが、
来年が皆さんにとって良い1年となりますように。

寒いなぁ〜と起きて外を見れば雪景色。仙台北西部の丘陵地域の上り口ぐらいに位置する我が家では5cmぐらいの積雪。仙台中心部よりは少〜しだけ多いです(笑)

寒くても会社には行かなきゃいけませんので、とりあえず最寄りの北山駅までの道すがら写真を撮りながら雪見散策です。

道端の木々には雪の花♪

雪の梅田川。風情はイマイチ。

北山駅に入ってくる上りのE721系。

散策はこれで終了。この電車で会社に行きます(笑)

日中も気温は上がらず時々小雪が舞っています。

はぁ、明日も寒そうですね。

久しぶりに「さいち」の“おはぎ”が食べたくなって、何も用事はありませんが秋保温泉へ行ってきました。

という訳で、秋保のローカルスーパーの超有名な“おはぎ”と総菜を買ったら、秋保・里センターに立ち寄ります。ここは秋保観光の拠点となる施設ですが、ここの裏手に磊々峡(らいらいきょう)という景勝地があります。遊歩道も整備されていて、去年、紅葉がいい感じだったのでまた来てみたのですが、やっぱりもう遅すぎですね。

一応、こんな赤い葉っぱの木もあるのですが…

全体的にはこんな感じ。これでも比較的いいところ、です。

すぐ下流側にある覗き橋の上から。

そのまま覗き橋を渡り対岸から。規模は小さいですがこちら側も公園になっていました。
写真は45度ほど傾いていますm(_ _)m

これで帰るつもりだったのですが、覗き橋の下流側にも遊歩道がありますね。この辺にはこれまで何度となく来ていますが、ここは歩いたことがありません。というか、よく考えてみたら真面目に磊々峡を見たことないかも…

奇岩、巨岩がそそり立つ渓谷です。今更言うのもなんですが、なかなか見ごたえのある景勝地でした。

それほどの距離ではありませんが、写真を撮りながら30分ほどの散策を楽しみました。

遊歩道自体はもう少し先まで続いていましたが、とりあえずここまで。
「いらっしゃいませ 秋保」。いささか疲れた看板がかかっていますが、その先の橋も同様のようで車両通行止めです。

ここからは県道を戻りますが、道沿いには長崎から帰ってきた元仙台市電が保存されています。
ちなみにここは昭和36年に廃止された秋保電鉄の秋保温泉駅跡地です。

ところで秋保温泉と仙台空港を結ぶバス路線が今年の9月に運行を開始しました。秋保・里センターにもそのバス停があります。時刻表をみてみたらちょっと待てば仙台空港行きが来るので待っていたら、思った以上に立派なバスがやって来ました。専用車のようです。
ただ、見た範囲では乗っているお客さんはゼロ。1台見ただけで言うのはどうかと思いますし、時間帯にもよるのかもしれませんが、どうも苦戦しているようです。需要が少ないのか、知名度が低いのか… 何とか頑張ってほしいものです。

最後は磊々峡とは関係のないネタでしたが、とりあえず来年はもう少しよい時期に撮ってみたいと思います。

ちょっと日が過ぎてしまいましたが、先週の水曜日から日曜日まで、長町駅の東側「あすと長町」でプロジェクションマッピングのイベントが行なわれていました。会場は駅前に建設される28階建てのマンション建設予定地で、このマンション関連のイベントのようですね。必然的に今年1回限りのイベントだと思います。

で、土曜日の夕方、たまたま東北本線で仙台駅に戻る途中、それを思い出して途中下車。ちょっとのぞいてみました。

人ごみを掻き分けて…ってほどではないけれど、家族連れなどたくさんの人でにぎわっています。上映は午後5時から30分間隔で6回行なわれます。1回の上映時間は10分程度です。

スクリーンは仮設のもので、形はマンションの建物を模しているようです。幅は10m、高さ5mぐらいでしょうか? あくまでも目測であまり当てにはなりませんが… 

プロジェクションマッピングというと、以前、東京駅の丸の内駅舎の復元が完了したときに、駅舎に映像を映していたのをテレビで見て「スゲーな〜」と思ったのですが、あれとは少し違うかも…

ともかく時間になり、上映開始。

テーマは仙台・長町の歴史だそうです。

最初は少し後方から見ていたのですが、せっかくなので最前列でもう一度見ます。

最後はマンションの宣伝って感じでしたが、そこそこ楽しませていただきました。

ちなみにマンションの名前は「パークタワーあすと長町」だそうです。ただで見せていただきましたので、一応、書いておきます(笑) 

平成31年度の入居予定で、JRの長町駅からは徒歩2分!

駅前の高層マンションって憧れはありますが、まっ、ちょっと無理。てかぜんぜん無理(笑)

昨日のことになってしまいましたが、今年も大崎八幡宮のどんと祭に行ってきました。

例年は混雑を避けて、翌日の明け方の4時とか5時に行き、帰ってからそのまま会社というパターンでした。この時間帯だとさすがに空いてはいるのですが、雰囲気的にはちょっと寂しい。

それで、今年は14日が土曜日ということもあって、もっと早い時間、15日の午前0時に家を出てみました。臨時駐車場となっている国見小学校の校庭はガラガラ。そのまま八幡宮の駐車場に直行していみると、そこそこ混んではいるものの5分ぐらいで中に入ることができました。

にしても、寒いです。ここ数日の寒波の影響で気温はマイナス4度。細かい雪が深々と降っています。

裏手の北参道から境内に入ります。
明け方だと閉まっている屋台もほぼ営業中。"お祭り"という感じはします。人出も人ごみってほどではありませんが、それなりにいらっしゃいます(人を避けて撮っているのでそれほどには見えませんが…)。奥の方にはの御神火の煙が見えます。
御神火に、持参したお飾りやお札を投げ入れます。ところで大崎八幡宮のHPを見ていたら、『昨今、神事と関わりのない物が目立ちます。個人情報が記載された書類等も見受けられます。』とのこと。なんとも無粋な話ですが、とにもかくにも火の暖かさがありがたい(笑) 
御神火の上には小さく月が輝いています。
その後は本殿にお参りしてお札を買って帰ります。
屋台で何か買って食べようかと思ったのですが、寒かったので…速やかに撤収!

寝室のテレビのタイマーは朝6時にセットしているのですが、テレビが点いたのが早いのか、揺れだしたのが早いのか、はたまたスマホの緊急地震速報が早かったのか…地震発生は5時59分ということですが、仙台まで揺れが届くタイミングとか考えると結構微妙です。

感覚的には、まず揺れを感じて、スマホの緊急地震速報の音が響き、追いかけるようにテレビからの緊急地震速報が流れたような気がしますが、今となっては判然としません。

揺れている時間もそこそこ長くて、少々身構えてしまいました。

実際のところ、我が家では被害は何もありませんでしたが、震源地が福島沖。しかも震度5弱。まず考えたのは福島第一原発。今どのような状態にあるのかよくわかりませんが、健全な状態にないことは確か。やっぱり心配すぎます。

そして福島では津波警報が発令。宮城を含む広い範囲でも津波注意報が出て何か大変なことになってきました。

そして鉄道の運行状況は…

 

 

通勤では仙山線と仙石線を使っているのですが、海沿いを走る仙石線は当然のことながら、内陸部を含めてかなりの区間で運転見合わせ状態。なのにいつもは問題児的?イメージの強い仙山線は15分程度の遅れは出ているものの、動いてますね。

何でこんな時に限って…といいながら仙台まで行きます。

と、8時過ぎにスマホにエリアメールで津波警報が来ました。一瞬、何で今更と思ったのですが、宮城の津波注意報が津波警報に切り替わったようです。これで仙石線の運転再開はいよいよ望み薄ですね。

さらに福島第二原発で使用済み核燃料プールの冷却設備が停止したとのニュースも流れています。元々停まっている状態ですので、警戒を要する温度に上がるまで一週間程度かかると言っていますが、稼働中だったらあっという間にあの第一原発のようなことになったかもしれません。その後、無事に冷却が再開されたようですが、やっぱりコレってダメだと思うのですけどね。

仙台駅は報道陣も各社押し寄せごった返していました。仙台に来る電車が地下鉄と仙山線、それと東北本線の利府支線だけですのでお客さん自体はそれほどでもないかと思ったら結構いらっしゃいました。高校生らしき団体さんもいてお気の毒でしたが、結構こんなことが後々思い出になったりするんですよね。と、他人事だと思ってそんなことを考えてしまいました(笑)

 

 

▼改札前
▼仙山線と利府支線以外は運転見合わせ中
▼報道陣も待機中

一応、駅員さんに運転見込みを聞いてみると、やはり仙石線は警報・注意報が解除され、点検が終わるまでは運転再開はないようです。

しょうがないのでバスで会社に向かいます。乗ったのは宮城交通の仙台港フェリーターミナル行き。当然ながら終点までは行かず、陸前高砂駅前止まりとなるようです。

結局、会社へは1時間少しの遅れ。やれやれ、の朝でした。

それにしても、津波は仙台港の1.4mが最大でしたが、また川を遡る津波の映像を見るとは… マグニチュード9.0の地震を経験してしまうと、7.4なんて大したことないような気がしてしまいますが、十分に大きな地震なんですよね。改めてというか、ありきたりな感想になってしまいますが、自然の力の脅威でした。

朝早くから避難された方、怪我をされた方、被害を受けられた方、心よりお見舞い申し上げます。

今年も泉区にある賀茂神社のイロハモミジが色づきました。

 

今朝の仙台は曇り空でしたが、いつの間にか本格的な雨模様。でも雨の風情も悪くありません。

 

お昼前にちょっと行ってみると、雨の中でも撮影している方がいました。狙いは一緒でしょうか? 時節柄、七五三の家族連れもいて、そこそこにぎやかな雨の加茂神社でした。

 

 

 

 

撮り終えてふと上を見るとビニール傘に落ち葉が張り付いていました。

 

そういえば、去年撮った時も雨だったなぁ〜 まぁ、今年も楽しませていただきました。

リオ オリンピックが始まった昨日、仙台七夕も始まりました。

 

家にほど近い「なかやま商店街」でも恒例の七夕飾りが沿道に飾られています。中心部の商店街とは比べるべくもありませんが、素朴な感じが割と好きで、毎年のように撮っています(このブログに書くのは約10年ぶりですが…)。

 

昨日も午前中、出かける前にちょっと撮ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

坂の町の七夕祭り、いかがでしょうか? 竹飾りの数は決して多くはありませんが、通りすがりに車を停めて写真を撮っている方も結構見かけました。明日までやってます。よろしければ是非!

 

ちなみにすべての写真に、ついついバスが写りこんでいるのは鉄道ファンの悲しい性です。ご容赦の程を…(笑)

北山はかつての城下町「仙台」の最北部にある寺社町で、ここには仙台城の鬼門を守るため伊達家ゆかりのお寺が配されました。通称、北山五山と呼ばれますが、そのうちの一つ、資福寺は紫陽花寺としても有名です。

 

まぁ、期待が大きすぎるとなんなんですが(気のせいかもしれませんが、昔のほうが花の付きがよかったような気がします)、それでも家から車で5分ぐらいで行けますので、この時期になるとわりとよく行っています。

 

というわけで、今年も行ってきました。

 

今日は朝から雨で、雨と紫陽花の組み合わせで撮りに行こうと思っていたのですが、いざ出かけようとしたら雨が上がってしまいました。

 

▼参道から山門を見る

 

 

▼参道の額紫陽花

 

▼山門をくぐって

奥の建物には伊達家の家紋の一つ「竪三引両」が見えます

 

紫陽花と並んで山百合も咲いていました

 

▼本堂へ向かう道

右の白壁の向こうには枯山水の庭園があるらしいです(見たことはないですが…)

 

以上、今年の紫陽花はこんな感じでした。 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM