1日遅れてしまいましたが… 日本、勝ちました!
宿敵“韓国”を破って、堂々の世界一です。

昨日は時間帯が悪く、生で見れたのはお昼休みの間だけ。その間に1点先制しましたが、その後の打線がつながらないまま、岩隈がホームランを浴びて1対1の同点。でも、7回に中島のタイムリーヒットで勝ち越し。ってトコまで見ました。

後は、こそっとネットでチェックする暇もなかったのですが、勝ったも負けたも伝わってきません。いい加減、終わってるだろうと思った頃に、ボソボソっと聞こえてきました。

「9回裏に同点だって」

延長ですか〜。なんかやばそうな気配とか思いつつ、仕事をしてたんですが、突然、フロアのはるか向こうから、「お〜っ!」という歓声。

勝ったかな…

思わずオフィスのテレビをつけた人がいまして、喜びに沸く侍ジャパンのナインの姿が映りました(^^♪

帰宅してから、テレビの再放送で見ましたが、最後はイチローが決めたんですね。今回は苦しみ続けたイチローですが、やる時はやる。さすがと言うしかないですね。

何のかんの言いながらも、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました!

内心、キューパ相手に連勝はキツイかな〜と思っていたのですが、そんなことはありませんでした。まず岩隈が本当によくやってくれました。

まず昼休みにテレビで観戦していたのですが、打線は相変わらずイマイチな感じ。その中、岩隈がなんとか踏ん張ってるって感じで、昼休みが終わっちゃったんですが、実は今日は午後からお休み。

1時過ぎに会社を出て、ちょっと用事を済ませて、これからどうしよう。野球の結果が気になるのですが、私のケータイではテレビは見れません。っと、道ですれ違った人がケータイのワンセグを見ながら、渋い表情で首を傾げてます。すごく気になる(笑)

市役所の1階にテレビが有ったのを思い出して、たまたま近くにいたのでちょっと覗いてみました。イニングは6回の日本の攻撃中。得点は…どっちか判らないけど3点差…らしい。どっち?

すぐに得点の表示がでました。3対0、日本が3点リードしてました! 

6回表の日本の攻撃は無得点でしたが、その裏、ピッチャーはまだ岩隈。ツーアウトから三塁打を打たれましたが、きっちり抑えてくれました。しっかりと試合を作りましたね。

途中経過を見たらそのまま帰宅するつもりだったのですが、結局そのまま試合終了まで居座ってしまいました(笑)

試合は、ようやくイチローのバットから快音が聞かれ、7回と9回に1点ずつ追加。そして岩隈に代わった杉内が3回をきっちり9人で抑えて、負けたら終わりのこの試合で日本快勝☆ 思わず拍手でした。

明日は4度目の韓国戦。これに勝ってアメリカと戦いたいものです。

それにしてもテレビの前で、ずっと居眠りしていたおじさん。こんないい試合を見ないなんて、もったいないですよ(^^)

勝ちましたね、WBC第2ラウンドの初戦。相手は前回、決勝戦で戦ったキューバでした。

今朝、目が覚めたのが6時ちょっと過ぎ。テレビをつけたら、3回の表、日本の攻撃中。点数は0対0。って、いきなりイチローがバント失敗! ノーアウト一塁、三塁のチャンスだったのに! でも、その後、片岡のヒットで満塁。続く青木の打席で゛代わったピッチャーが暴投で日本先制!!! さらに青木のヒットと、村田の犠牲フライで2点追加。この辺はそつが無い、って感じですね。

次の3回の裏ですが、イチローがファールフライを落球という珍しいシーン。しかも続くいて城島までファールフライを落球。松坂は乱れることなく、きっちりと三振にしとめましたが、イチローは大丈夫でしょうか? 

次の回でも、イチローは一死一塁、三塁でセカンドゴロ。1点は入りましたが、清原に「最低限の仕事はしましたね」とか言われてました。ちょっと重症? いささか心配になります。

前回のWBCでもイチローは前半不振でしたけど… まぁ、やる時はやると信じましょう。

松坂は6回まで投げて、8奪三振で6回を無失点に抑えました。こちらはかなりいい感じですね。続くピッチャーは楽天の岩隈。「頑張れよ!」と力が入るところですが、ここで時間切れ。会社に行かねば…(泣) 結局、岩隈が先頭打者にヒットを打たれたところで、家を出ました。

で、会社に着いたら、9回の裏、キューバの最後の攻撃中。ピッチャーは藤川。得点は6対0。岩隈はきっちり0点で抑えていたようで、一安心(笑) しかも日本はいつの間にか1点追加してしました。

そして藤川はツーベースを打たれはしたものの後続を抑えて、日本、キューバに完封勝利! 始業前に間に合いました(^^)v

さて、次の相手は… う〜ん、また韓国ですか。なんか韓国戦は疲れるんですよね。

勝ちましたねぇ、ソフトボール。昨日の昼に延長で敗れたアメリカに見事リベンジで、ついに初の金メダル。おめでとうございます!

今日の先発も上野。昨日300球以上投げているにも関わらず、今日も気迫の完投でした。失点はホームランの1点のみ。何度かのピンチも野手がきっちり守ってくれました。

一方の打線は、1回に3人連続の三振。2回も2三振と不安なスタートでしたが、3回二死三塁から狩野の内野安打のタイムリーで1点先取! さらに4回には山田のソロホームランで2点目!! 7回にも執念の追加点で、3対1。

最終回も先頭打者にヒットを許すも、その後はキッチリ守って、見事優勝。その瞬間、解説の宇津木元監督の声も裏返っていました(笑) でも、その気持ち、判ります。ホントに見ごたえのある試合でした。

でも五輪ではこれが最後の金メダルというのが、なんとも残念。この際、8年後、東京でオリンピックをやって、野球ともどもソフトボールの正式種目復活、って言うのはどうでしょうか?(笑)

帰宅してテレビをつけたら、ソフトボールの試合。あれ? 今日の昼休みにソフトボールの対アメリカ戦の試合、見たよ。でもLIVE? 相手が違うな。オーストラリアだし… にしても、投げてるピッチャー、上野さんです。昼も投げてましたけど…

3位決定戦ですか。ソフトボールって結構ハードなスケジュールを組むんですね。

で、6回を終わって2対1でリードしてます。このまま行けば「銀」以上は確定♪ と思ったら最終回にオーストラリアにホームランが出て同点!

その後は… 見ててホントに疲れました(笑) タイブレークというルールの是非はともかく、なにしろ日本の攻撃がちぐはぐと言うか、なんというか、とにかく1点が遠い。

そして延長11回の表にとうとう失点。これまでか、と思ったら、その裏に日本執念の1点!! てか、これを前の回にやってくれ〜っ!(笑) とは言いつつ、これで再び同点。

その間、エース上野の力投が続きます。スゴイ体力と精神力です。見てるだけて「疲れる」なんて言ってられないですね。

そしてそして、ついに12回の裏。西山のサヨナラヒット!!! 

コレで決勝戦進出決定! 終わってみれば素晴らしい試合でした。やっぱり上野の力投に尽きますね。

明日の決勝戦、今度こそアメリカへのリベンジ、そして「金メダル」期待してます☆


という訳で、初めてのオリンピックネタでしたが、今回のオリンピックは時間帯が良いこともあって過去一番見ているオリンピックかもしれません。気が向いたら、また書こうっと(^^)

台湾で行われているアジア野球選手権ですが、昨日は天下分け目の韓国戦。接戦をものにして、北京オリンピックに王手! そして今日の台湾戦勝てばもちろん北京行き確定ですが、万が一負ければ台湾も北京行きの可能性が… 当然の事ながら楽に勝たせてくれる訳も無し。

にしても、こんなに疲れる試合になるとは…

いきなり、デッドボールをファールにされた新井のレフト前ヒットで日本先制! でも何やら不穏な雰囲気。この審判大丈夫か? ちょっとWBCを思い出してしまいました。

その後は、追加点が取れそうで取れない展開。さらに頼みのダルビッシュの出来がイマイチ。今ひとつ安定感がない。だんだん重苦しい雰囲気。完全敵地のスタンドは大盛り上がりで、6回の裏、ついにダルビッシュがツーランを浴びて、1対2。台湾が逆転。

やっばいかな〜 と思い始めた7回の表、ついに日本打線が目覚めました。

宮本の気迫のスライディング(スーパースローの映像、迫力ありました)、サブローの同点スクイズ、後は四球一つを挟んで怒涛の4連打。結局、この回に6点を奪って、7対2。

9回にも3点追加で、終わってみれば、10対2の楽勝スコアでしたが、6回の裏が終わった時点では何ともいえない展開でした。もし7回のスクイズが失敗してたら…と思うとゾっとします。

何にしても星野監督の胴上げが見れました。ホントによかった〜(^^)v

さてと、いよいよ次は本番ですね。

「金」以外はいらない! 頑張ってください、日本代表!

北京オリンピック出場をかけたアジア野球選手権。今日は最大のライバル韓国戦。負けたら(この大会での)北京オリンピックの出場権は韓国に。

ようやく終わりました。勝ちました!

先発の成瀬がいきなり浴びた一発が波乱の始まり。でも2回に同点、そして逆転。さらに3回にも追加点で楽な展開かと思いきや、4回に韓国が1点を入れて、再び1点差。

その後は韓国の反撃を阻むも、日本もあと一本が出なくて、なかなか追加点は取れず。で、終盤の8回に待望の追加点で2点差。ところがその裏に韓国も1点加えて、またまた1点差。

最後は上原がキッチリ抑えてくれましたが、…ホント疲れました(笑)

試合終了後のインタビューでの星野監督もかなり興奮気味でした。いかに厳しい試合だったか。モロに伝わってきましたね。

で、明日の台湾戦はダルビッシュだそうです。星野監督が思わず口走ってしまいました(笑) 何にしても明日負けたら意味ないですからね。明日、決めてもらいましょう!

ところで、韓国の先発メンバ。試合前に公表されたものと、実際のメンバーが全然違っていたとか… 何なんでしょう? まぁ勝ったから良いですけど…

仙台育英の2回線の相手は、奇しくも初戦の智弁和歌山の兄弟校、智弁学園。

智弁相手に2連勝!と思ったんですけど… あ〜、負けちゃいました。

エース佐藤君は最速155km/hの力投でしたが、5回が全てだったのかな〜 どうしたんでしょうね、あの回は最初から変でした。四球、死球のあとに連打! ツキもありませんでした。にしても1イニング5失点は痛すぎ。

5回以外はほぼ完璧な出来だっただけに悔やまれるところです。9回に2点を返し、せめてもの意地を見せたことでヨシとすべきないのかなぁ。

何にしても一発勝負の高校野球の怖さでしたね。

佐藤君はプロに行くのかな? 地元の楽天が「欲しい!!」と言ってるようですが…

今年の日本シリーズは日本ハムが制しました。何はともあれ新庄の涙が印象的でした。8回裏、既に涙モード。既に4対1で日本ハムが3点のリードというシーンでこのまま試合が決まれば、これが新庄、現役最後の打席。見てても力が入ります。結果は、フルスイングの三振。これも新庄らしいといえば新庄らしい。

そして9回の表、守りについても涙の新庄、ここにボールが来たら捕れるのか、とマジで心配してしまいましたが、最後の打球は新庄のとなり、森本のグラブに無事納まりました。

そして新庄の胴上げ。監督の胴上げはすっかり霞んでしまいましたが、やっぱり新庄の功績は大きかった、ということでしょうか。

で、北海道に移って3年目での日本一。

我が楽天は、来年、仙台に来て3年目。ということは…無いでしょうね(泣) まぁ長い目で見守る事にしましょう。今日の札幌ドームの感動が、いつの日かフルスタ宮城で再現される事を信じて…(^_^;)

何はともあれ、日本ハム、日本一おめでとうございます!

甲子園、今日の第二試合は、「仙台育英」対「日大山形」の東北勢同士の対決。両校は今春の東北大会準々決勝で戦っており、その時は仙台育英が5対2で勝っています。宮城県人としては、今回も当然のように仙台育英の勝利を信じてました。

とか言いつつ、すっかり忘れていた。あれ?そう言えば…と思い出して、慌ててテレビを付けたら、4対0。育英負けてるじゃん! 投げてるのはエース佐藤。序盤での4失点は意外です。ん〜、やっぱり県予選決勝戦の連投がここに来て響いてるのかな〜。

その後1点を返したところで、どうしても外出しなきゃいけなくて、車の中で断片的にラジオで聞きましたが、どうも旗色悪いなぁ〜。4対2まで攻め寄ったかと思ったところで、2点追加されちゃいました。ピッチャーの交代はないようです。

用事を済ませて帰ってきたら、6対4。あの後1点返したようです。が、既に8回表の日大山形の攻撃が終わったところ。8回裏の仙台育英の攻撃に期待しますが、三者凡退。当たりは悪くないのですが、ツキもないかも。ちょっと気になるのが凡退してベンチに帰る選手の笑顔。ん〜、もう少し悔しい顔をして欲しい、と思うのは私だけでしょうか? 

8回裏に代打が出たためにピッチャーが変りましたが、9回表の攻撃を無難にしのぎ、9回裏の最後の攻撃。…があっさりツーアウト。万事休すか。ところがここで日大山形のピッチャーに変化か? 二人続けて四球。ツーアウト二塁一塁。続くバッターがヒットで満塁。ここでホームランならサヨナラだ〜! と盛り上がったところで、サードゴロ。

かくして“夏”は終わりました(T_T)/~~~

まぁ、エース佐藤君はまだ2年生ですからね。来年に期待しましょう。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM