日曜日の衆議院選挙は、「まぁ、こうなるよな」という結果に終わりましたが、その投票当日の12月14日、震災後の復旧工事が進む仙石線の陸前大塚〜陸前小野間でレールの敷設が終わり、新しい東名駅でレール締結式が行われました。

仙石線は東日本大震災で大きな被害を受け高城町〜陸前小野間が運休となっており、内陸移転の工事が続いています。8月に現場を見に行った時も工事がだいぶ進んでいると思いましたが、これでいよいよ来年6月の全線運転再開が見えてきましたね。

仙石線と東北本線を結ぶ新しいルート「仙石東北ライン」のレールも既につながっています。そしてここを通る新型のHB-E210系ハイブリット車は、先月末には小牛田に到着の予定でしたが、少し遅れているようです。昨日発売の「ダイヤ情報」を見てみたら1月中旬に甲種回送が予定されていました(これが最初の編成なのかはわかりませんが・・・)。

なんにしても色々と楽しみなことですし、これが被災地の復興につながっていくことを祈ります。

ところで、今回の内陸移転で陸前大塚〜陸前小野間の距離が1.2kmほど短くなるそうです。これが営業キロに反映されれば、区間によっては運賃も少し安くなるかも(笑)

下は8月に撮った写真ですが・・・


▲陸前大塚〜東名(左手が新しい東名駅方面)


▲野蒜〜陸前小野(左手が新しい野蒜駅方面)

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://poppo.aiden.main.jp/trackback/1031301

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM