週末はそこそこの天気でしたが、体調がイマイチ。お出かけは控えてしまいましたので、また昔の鉄道写真ネタです。

 

前回は平成5年2月の京福電鉄と福井鉄道でしたが、今回はその3ヶ月後、平成5年5月の長野電鉄です。

 

この時は前日に上田交通に行き、当初はそのまま日帰りのつもりだったのですが、何となく気が変わり上田に宿泊し、翌日信越本線で屋代に来た、ような気がします。前回の福井は行程のメモがありましたが、今回はなし(同じメモ帳に上田交通や長野電鉄の電車の時刻のメモはありましたので、単に記録をとっていなかったようです)。

 

まだ乗っていなかった長野電鉄河東線の屋代〜須坂間の乗りつぶしが目的だったと思われますが、屋島駅に来てみると…

そこには武骨な電気機関車。

そして丸っこいステンレスの電車。

そして、そこそこの数の同業者()

 

本当に偶然だったのですが、営団地下鉄(現在の東京メトロ)から長野電鉄に売却された日比谷線の3000系電車の搬送が行われた日でした。


▼ED5001  [H5.5.16]

向こうから1500形が接近。そしてホームの反対側には営団3000系が待機中。

▼ED5001と並ぶ1502
  [H5.5.16]

1500形は昭和26年生まれ。見た目よりは新しいかも…

▼1502
  [H5.5.16]

上の写真の反対側。窓枠がHゴム化され、ちょっと雰囲気が違っています。この顔もわりと好きです。

▼営団3000系と1502
  [H5.5.16]

1500形は、この後、営団3000系改め長電3500系に追われ、運用から外れることになります。

▼名称不明ですが…
  [H5.5.16]

これで3000系を牽引してた…んでしょうね、たぶん。向こう側の「あさま」色の189系も懐かしい。

▼ED5001+3000系×2
  [H5.5.16]

須坂への回送の編成ができました。

 

ホームから降りて線路で撮影していますが、え〜っとですねぇ、この頃はまだなんなとなくこんな感じで、駅員さんも黙認、って感じでした。え〜っと、すみません、もうしません。ということでご容赦を。

この後、この回送列車を撮っていますが、それは次の機会に… てか、写真の出来がイマイチなんだよなぁ〜

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL