「平成5年の長野電鉄の写真」第3弾です。

 

岩野駅と雨宮駅の間でED5000+営団3000系の回送列車を撮った後は、岩野駅から河東線で信濃川田駅に移動。ここで駅撮りをしています。

 

木造の駅舎は路線が廃止された今も健在で、構内にはかつての特急電車2000系や営団3000系改め3500系が静態保存というか放置されているようですが、この頃はもちろん現役で、日中帯は単行で行き来する1500形がこの駅で交換し、穏やかな天気のもと、何とも“ゆる〜い”雰囲気を醸し出していました。

 

▼信濃川田駅  [H5.5.16]



 

夕方の通学通勤の時間帯になると、さすがに単行では辛いのか2両編成の元東急5000系の「赤ガエル」こと2500系と交代。

 

▼信濃川田駅  [H5.5.16]


 

最後は須坂駅でみた0OSカー。

 

▼須坂駅  [H5.5.16]

地方私鉄らしかぬ近代的なデザインの電車でしたが、この電車も1500形、2500系と一緒に3500系に追われ引退してしまいました。

 

以上、古きよき時代の長野電鉄でした。

 

この後は、素直に長野駅から特急「あさま」で帰ったと思いますが、・・・写真はありませんでした。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL