最終日の朝は富山から。

 

まずホテルの窓からとらむ市内線を撮って、チェックアウトしようと部屋から出たらエレベータホールからだともっとよく撮れたのでそこでも撮影。って、旧塗装の7000形もやってきました。

駅に行って富山駅の電停へ。昨日書き忘れましたが、富山も高岡と同様に駅に直接乗り入れるタイプになっていました。利便性を上げると同時に将来予定されているポートラムとの直通運転の布石でもあります。ただ、南富山駅方面と大学前方面を直通する場合はスイッチバックで富山駅に乗り入れる分、今までよりも数分余計に時間がかかることにはなりますが…

とりあえず昨日完乗できなかった環状線に乗ります。時間に余裕がなくなったので途中下車することなく、約25分かけてただただ一周します。

市内線を乗りつぶした後は富山地方鉄道の本線に乗りに行きます。乗りつぶし目的ではなく前から行ってみたかった寺田駅に行ってみます。富山地鉄の未乗区間となっている新魚津から先はまたの機会に… 

電鉄富山駅からの電車は地鉄オリジナルの14760系。塗装も最近の黄色と緑ではなく、昔ながらの白地にグレーと臙脂のラインがシックな旧塗装。やっぱり地鉄はコレだよなぁ〜、と思います。

途中で元西武5000系の16010系とすれ違い。一見、レッドアローの装いそのままなのに2両編成。しかも各駅停車。結構な違和感です(笑)

ちなみに16010系には、あの水戸岡さんデザインの「アルプスエキスプレス」もあって、元京阪3000系の10030系の「ダブルデッカー」とともに今回の目的の1つです。

15分ほどで寺田駅に到着。この駅は本線と立山線の分岐駅なのですが、ホームが本線と立山線がV字型に配置されていいます。さらに駅舎側から立山線下りの4番線、上りの3番線、本線上りの1番線、下りの2番線とよくわからない順番に並んでいます。そして3番線と1番線の間には扇形のスペースがあり富山側にトイレ、反対側には何やら不思議な木造の建物。中央部に塔屋っぽいものも見えます。乗り換え客用の待合室だったらしいのですが、覗いてみると半ば物置と化している感じでした。

着くとまもなく宇奈月側から立山行きのアルペン特急がやってきます。車両は元西武の「アルプスエキスプレス」です。まず1番線に停まりお客さんを降ろしたら富山側に移動。そこで向きを変えて、4番線ホームに入りお客さんを乗せていました。

 

この後は、電鉄富山行きの電車で越中荏原駅へ移動。ここは常願寺川の鉄橋で撮るための最寄り駅。過去何回か来ているのですが、撮りやすいのでまた来てしまいました。ここでダブルデッカーを狙います。


この後来るアルプスエキスプレスもここで撮るか、それとも電鉄富山駅まで乗ってみるかで少し悩んだのですが、結局、乗ることに… 結果的に大正解でした。

越中荏原駅で切符を買ってホームに出ると、滝のような雨。駅に着く直前にもポツポツ降ってはいたのですが、まるで南国のスコールのようです。常願寺川の堤防にいたら完全にずぶ濡れでした。

下り電車を2本見送るとアルプスエキスプレスがやってきました。この列車は普通電車なので特別の料金は不要です。いろいろとロゴが追加されていますが、見た目は西武レッドアロー。中身は…さすがの水戸岡イズム。と一言でまとめたくなる造りです(笑)

両端の先頭車は普通に座席が並んでいますが、中間車カウンターにアテンダントさんが乗っていて飲み物等を提供しているようです。座席の配置もバラバラというか、いろいろなタイプのシートがいろいろな向きで設置されて観光客らしき人たちがそこそこ乗っていました。

電鉄富山駅では先行していたダブルデッカーとアルプスエキスプレスが並びました。

最後に富山駅前で市内線のレトロ電車を撮ります。これも水戸岡さんデザインで、外観は旧塗装と同じような塗り分けパターンで色合いを少し渋くしたような感じ。中は見てないのでよくわかりませんが、なんとなく想像はつきます(笑)

でも、なんだかんだでこの人のローカル鉄道への貢献度はすごいですね。

これで富山での予定は全て終了。もうあとは帰るだけです。

ここで北陸新幹線に乗れば夕方には仙台に着くのですが、北陸新幹線の開業で第三セクターとなった元北陸本線、元信越本線をたどろうと思います。ここまで、IRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道の西半分は乗りましたので、今日はあいの風とやま鉄道の東半分とえちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインと妙高はねうまライン、そしてしなの鉄道北しなの線を乗り継いで長野まで行きます。

まずは、富山14時2分発の電車で出発。昨日は413系でしたが、今日は521系です。車内はJR時代と同様ですが、外観はステンレス地に風をイメージしたというラインが入ったさわやかなイメージ。ラインの色は海側が緑、山側が青になっています。ちなみに各駅の駅名表もこのパターンです。
お昼は時間がなかったので、お土産のついでに買った白えびのお弁当。
50分走って泊に到着。この先の市振までがあいの風とやま鉄道の路線ですが、電車はここまで。この先はえちごトキめき鉄道から乗り入れてきている電車に乗り換えます。と思ったらパンダグラフが無いですね。電車じゃなくて気動車でした。

一瞬、何で?と思ったのですが、えちごトキめき鉄道には交流区間と直流区間がありました。高価な交直流型の電車じゃなくて電源を気にする必要が無い気動車にしたんでしょうか。

それにしても交流区間しかないIRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道に交直流型の電車がいて、交流区間と直流区間が存在するえちごトキめき鉄道は気動車といささか妙なことになっています。

まぁ、何はともあれ1両で待っていた気動車に乗り込みます。外観は薄い黄色地にユリやツバキなどの花が大きく描かれ、華やかなイメージ。車内も白熱灯色の照明でちょっと特別感があります。後で調べたらイベント兼用車両だそうです。前日の413系「とやま絵巻」のこともあるし、これはラッキーなのかな?

日本海ひすいラインを行きますが、ひすいはともかく日本海はよく見えます。波が次々と打ち寄せなかなかの迫力。10月ですが、まるで冬の日本海って感じでした。

直江津からは妙高はねうまラインに乗り換えます。先ほどの気動車ET122形は新造車両でしたが、こちらは中古のET127系。JR東日本からの譲渡車です。

直江津発は16時33分。通学対策なのか6両編成ですが、日曜日ということもあって乗客はまばら。発車してしばらくたつとだんだん暗くなってきました。上越妙高駅ではえちごトキめき鉄道のイベント車両「雪月花」との行き違いがあったのですが、ほとんど見えず終わりました(泣)

妙高高原で今度はしなの鉄道北しなの線に乗換え。車両は懐かしの115系。この会社は車両にあまりお金をかけていなかかも。

雨の信越国境を越えて長野着は18時12分。ここからは新幹線で帰ります。が、少し甘く見ていました。次の上り「かがやき」が満席。結局2時間後の「はくたか」の切符を取りましたが、2時間どうしよう?

で、久しぶりに長野電鉄の長野駅へ。JRの駅はずいぶんきれいになっていましたが、長電の方はどうなんでしょ? そこそこきれいですが前に来たときと比べてどうだったか記憶があいまい。ただこの駅の昔からの名物?大きな入場券は健在でした。この入場券で中に入ってみると、元成田エクスプレスの2100系がホームに停車中。

発車まではまだ間があるようで照明は落とされていました。その隣からは元東急の8500系が発車。残念ながら見たかった元営団地下鉄の3500系は見ることができませんでした。

最後のプチ鉄をしたら、後は駅ビル内で夕食をとって、待合室で真田丸をチラリと見れば、後は「はくたか」に乗るだけ。行きの「はくたか」はW7系でしたが、こちらはE7系。とりあえず両方乗ることができました。

大宮で乗り換えて仙台着は23時7分。長野で大河ドラマを見て、その日のうちに家に着くことができるなんて、大変な世の中になったものです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://poppo.aiden.main.jp/trackback/1031440

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM