昨日12月10日、東日本大震災で不通となっていた常磐線の浜吉田駅と相馬駅間が5年9か月ぶりに営業運転を再開しました。

乗りに行きたかったのですが、先週ぐらいから何となく体調が芳しくなく、今回は見送ってしまいました。

で、テレビで様子を見ようとしたら… なんか地元テレビ局の扱いが寂しい感じがします。去年の仙石線運転再開の時は、地元の各局が特番を組んだりレギュラーの情報番組の中でも特集コーナーを設けたりして、お祝い感を盛り上げていたのに、今回は特番は見当たらなかったし、レギュラー番組の中でも触れられなかったりあっさりとした扱いだったり… 仙石線と違って全線開通じゃないからでしょうか? でも、宮城県に限って言えばBRT区間を別にすれば、これで100%鉄路復活なのですが…

もしかしたら震災の記憶が少しずつ風化してきているのでしょうか? 考えすぎかもしれませんが、なんかそんな気がしてしまいました。まぁ、ただ単に私が見つけられなかっただけだったらごめんなさいですが… 

そういえば、時刻表の扱いもだいぶ違ってました。基本的にダイヤ改正時はJTB時刻表を買っているのですが、去年の6月号では仙石東北ラインのHB-E210系と松井玲奈さんが表紙を飾っていましたが、今年の12月号では京阪8000系。京阪創立110周年記念だそうですが、…なんでやねん! と少し思う(笑)

それはそれとして、ニュースを見ていたら新地駅には安倍首相も来ていたみたいですね。そして山下駅の仙台行きの始発列車にはピカピカの新車E721系1000番台が使用されていました。新しい線路に新しい駅、そして新しい電車。マスコミもやっぱりもう少し盛り上げてほしかったかも、です。というか、早く乗りに行かねば。

 


どうでもよいのですが時刻表の表紙の比較です。

 

やっぱり“差”を感じるなぁ。

 

とりあえず、京阪特集と「終電ちゃん」は読みましたけど…(笑)

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL