前回の続きです。

三厩駅から青森駅に戻ってきましたが、青森駅着は16時36分。青森港で青函連絡船を撮っていますが、時刻表を見ると撮れるのは18時55分着の1本だけ。この季節じゃないと撮れませんね。なんにしても国鉄の青函連絡船を港でちゃんと撮ったのはこの時だけです。

ただ、ネガの状態は前回の20系なんかと比べてもずいぶん悪いです。

青森港に入ってきたのは、函館で記念館として保存されている「摩周丸」です。

左手からタグボート「たっぴ丸」が近づいてきます。

大きな連絡船をタグボートが岸壁に押し付けていきます。小さいけどちゃんと国鉄のJNRマーク付きです。

この日はこれで終了、駅近くのビジネスホテルに投宿です。

翌日は早起きして5時25分発の函館行きの青函連絡船に乗ります。船は前日撮影した「摩周丸」でしたが、船内はガラガラ。乗船率は10%程度で、連絡船の凋落を実感せざるを得ない状況でした。

とはいえ、船旅もいいもんです。

途中、まだ陸奥湾の中ですが、青森行きの連絡線とすれ違いました。光の中を行く上りの連絡船。とりあえず早起きをした甲斐がありましたが、この写真だと朝日というよりはなんだか月の光のようにも見えますね。

津軽海峡では2度ほどイルカの群れと出会いました。

函館山が近づいてきました。

函館でも小さなタグボートが連絡船の接岸をサポート。

青森から3時間50分で函館に到着。隣の桟橋ではコンテナ車の積み込み作業中。大きな船体に次々と飲み込まれていきます。

次はいよいよ大沼駅まで行って函館本線の特急列車を狙いますが、次の下り列車の発車時刻まで約30分。その間に駅前で市電をちょっと撮影しました。

500形が普通に走っていますが、両方とも行先は「環状線」。現在の路線では環状はもちろん無理ですが、この頃は東雲線(宝来町〜松風町)やガス会社前を通る路線(路線名はわかりませんが…)もありましたので、ここをぐるっと走っていたみたいです(起点・終点は駒場車庫前?)。
この写真はプリントが残っていたのでこちらをスキャンしました。ネガよりはマシな状態です。

この後は函館本線の普通列車で大沼駅へ向かいます。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://poppo.aiden.main.jp/trackback/1031467

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM