今日は志津川に行っていました。その時にちょっと珍しいものが見えたのでご紹介します。

志津川には11時ぐらいに着いたのですが、目的の南三陸さんさん商店街は大賑わいでなかなか近づくこともできない状況。かなり遠い駐車場に案内され、車から商店街まで徒歩5分強というところでしょうか? 想像以上でした。とりあえずちょっと早い昼食でも…と思いながら何気に空を見ると、なんか妙な虹。

商店街の上に、いわゆる弧を描いた虹ではなく、横に伸びた虹。気づいている方は少ないかも。

もう少し見晴らしのいいところと、ここまでせっかく歩いてきたのですが、また駐車場の方に戻り展望台に上がってみると、最初よりも少し濃くなってきたようです。志津川湾の上の虹です。

カモメも飛んでいますが、見えますか?(笑)

約10分ぐらいで消えましたが、この虹のことは夕方の宮城ローカルの情報番組でも紹介されていました。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起きる「環水平アーク」という現象だそうです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM