引退が間近に迫ったJR西日本のC56 160号機。ラストランは今月の27日に北陸本線の米原駅から木ノ本駅で運転される「SL北びわこ号」となり、その後は京都鉄道博物館で余生を過ごすことになりそうです。


西のカマですのでそれほどのご縁はなく、撮りに行ったのは昭和60年に水郡線で運転された「SL奥久慈号」ぐらいなんですが、よくよく考えてみたら仙台駅でも一度撮影していました。
 

ネガを探してみると、撮ったのは昭和62714日。ネガの前後を見てみると、元々の目的は仙台市営地下鉄の開業にあわせての帰省だったようです。ただ、この日は火曜日。地下鉄の開業が翌715日なので、仙台の地下鉄は水曜日に開業したんですね。火曜日と水曜日に休みを取っての帰省ということは… 地元の地下鉄開業がよっぽどうれしかったのだと思われます()


そんなこんなで、この日の最初の撮影は開業前日の地下鉄仙台駅の改札前。自動改札機の前に張られたタイガーロープには、まだ「関係者以外立入禁止」の紙が貼られていました。

一応、これだけ確認したら後は明日の事ということで、家に帰るため仙山線のホームに行くと、側線にいたのがコレ! C56形蒸気機関車。多分、想定外だったと思います。

ヘッドマークには「SL東北100年号」とありますが、この列車が仙台港付近で開催された「未来の東北博覧会」にあわせて運転されたのは、この4日後の7月18日から8月2日までと9月12日から9月23日までですので、この日は試運転だったようです。

牽いている客車も本番での12系ではなく50系です。蒸気機関車が赤い50系客車を牽いている姿は、割と珍しいのではないのでしょうか?

それにしても仙台駅の東側、広いですねぇ。今は仙山線の7番線(現8番線)の向こうには側線が1本あるだけですが、写真を見ると10本ぐらいはあります。さらにその向こうにチラリと見える車両はサシ581です。2両置いてあって、走ることはできませんがカフェとラーメン屋として営業していました。これも懐かしいです。

見ていたら乗務員の方が降りてきて…

ハンマーで点検をしていました。

仙山線のホームにはまだ急行色をまとった455系の普通列車。
多分、これに乗って帰ったんでしょうね。

で、C56はこれでお終い。走行写真は全く撮っていません。地元で、めったに旅客列車が走らない仙台臨海鉄道での運転で、運転期間もそこそこ長かったんだから(しかも1日2往復していたみたいだし…)、「ちょっとは撮っておいて欲しかったなぁ〜」というか、「もう少し真面目にやってくれ!」と、つくづく思う今日この頃です(爆)

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://poppo.aiden.main.jp/trackback/1031577

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM