前々回の記事で、10月30日に復活したタイ国際航空のバンコク線定期便を撮りに行ったことを書きましたが、バンコクに向けて飛び立ったロイヤルバージ塗装のボーイング777を見送った後の事です。
 
元々はタイ国際航空の初便の着陸と歓迎の放水アーチを撮ったら速やかに紅葉の鳴子峡を目指す予定でしたが、離陸まで撮ってしまったので、当初予定よりも3時間ほど遅れています。

とりあえず車のナビに鳴子峡を設定して見ると、到着予定時刻は12:58。

行く目的は“紅葉の鳴子峡”そのものではなく、“紅葉の鳴子峡を行く列車の写真を撮ること”です。で、肝心の列車は…

鳴子温泉駅13:05発の下り列車があります。って微妙。ちょっと渋滞していたらアウトですが、まぁ、とりあえず行きますか。

仙台空港ICから仙台東部道路に乗って、仙台北部道路、東北自動車を乗り継ぎ古川ICで降りて、国道47号線を西へ向かいます。もちろんお昼ご飯もトイレ休憩もなしです。

結果、現地に着いたのは13:00ちょうど、ほぼナビどおりでした。

で、着いてびっくり。平日なのでそんなに人はいないだろうと思っていたのですが、とんでもない! 橋の手前の駐車場はほとんど満車。なんとか空いていた1台分に車を突っ込んで、橋の上に行けば、列車が来る直前ということもありますが、人でいっぱい。

人の肩越しになんとか撮った1枚です。
今年は紅葉が遅いと地元の人がおっしゃってましたが、まだまだ緑の部分も目立ちますね。

そのまま橋の上で待機し、中山平駅13:57発の上り列車を撮影。
既に鉄橋には日が当たっていません。

この後はレストハウスまで行ってトイレ休憩。名物の「きのこ汁」のコーナーは長い行列で、とりあえずパス。

再び橋の上に戻り撮影する場所を確保。

橋の上も相変わらずの人ですが、中国語を使われる方がかなりいらっしゃいます。大陸の方か台湾の方かはよくわかりませんが、午前中に行った仙台空港、決して活発とは言えない国際線ですが、その中で気を吐いているのが台北線。週5日が3往復、それ以外の2日も2往復も飛んでいます。するとこの方々は台湾からいらしたのかもしれませんね。楽しんでいっていただきたいと思います。

鳴子温泉駅15:00発の下り列車を撮影。

ここでレフトハウスに戻り、「きのこ汁」と焼おにぎりで、遅めのお昼ご飯をとったら、最後に中山平駅15:52発、上りの臨時快速「風っこ湯けむり紅葉号」を撮って終了です。

紅葉はあと一歩でしたが、まずまず楽しめました。

てか、昨日からの3連休。今日は曇り空ですが、晴天だった昨日は大変なことになってたんだろうな〜

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM