先週の日曜日、穏やかな秋空のもと行われた祝賀御列の儀。テレビで見ていましたが華やかでありながら整然としたパレード。なかなかよかったですね。天皇皇后両陛下の表情もとても印象的でした。
 
やっぱり生で見たかったかなぁ〜 とは思いますが、仙台から行くのはやっぱりちょっとしんどいです。

で、テレビを見ながら思い出したのが、26年前、天皇陛下が皇太子時代に行われたご成婚のパレード。

この日は、「即位礼正殿の儀」の時と同様に祝日となり、この時もテレビで式典を見ていたのですが、パレードの時間が近づくにつれ、「どうせなら生で見てみたい」という衝動にかられ、急遽、四谷へと向かいました。
 
パレードは、皇居から赤坂御用地までというのは今回と一緒ですが、途中はちょっと違っていて内堀通りを半蔵門まで行って新宿通り、四谷見附を左に赤坂御用地へ、というルートでした。

当時は東京の国分寺市に住んでいましたので、中央線の快速電車で1本。四ッ谷駅に着いたのがパレードの30分ぐらい前だったと思います。

今回のような持ち物検査などはありませんでしたが、駅前は既に人、人、人。人の流れに乗って、見れそうな場所を探しながら移動しますが、「やっぱりおとなしくテレビで見てるんだった」と後悔するような状況。

ところが…

警備の人たちが待機していたと思われる道路沿いの一画から、何故かその人たちが退去。って何だかよくわかりませんが、突然、目の前に大きな空間が現れました。

結果、直前に行ったにも関わらず、ほとんど一番前の場所を確保! 日頃の行いに感謝したのは言うまでもありません(笑)

ただ、落ち着いてから気づいたのですが、こっち側って皇太子側じゃん、雅子様側がよかったなぁ〜、などと不埒にも思ってしまうところが、なんとも…です。

警備のお巡りさんの間から狙いますが、なかなか難しい。てか、そもそも写真がヘタ。

皇太子旗とロールスロイスの特徴的なライトが何とか見えます。で、ガラス越しですが雅子様のお顔も見えました。

助手席の方の目線をいただき、若干イラっとする(笑)

こちらが最接近の1枚。皇太子様のアップ、雅子様は後方気味の横顔でした。
てか、ピントが甘いし…

成婚だからでしょうか、警護の白バイの運転は今回と違い赤い制服の婦警さんで、ちょっと派手。

あっという間に目の前を通り過ぎて行きました。

思い出話は以上ですが、何にしても、令和の御世があの秋空のように穏やかなものであることを祈ります。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM