昨日、JR東日本から3月14日に予定されている常磐線の全線復旧の詳細について発表がありました。

あの震災と原発事故の影響で一部区間が不通となっていた常磐線ですが、最後の不通区間、浪江駅〜富岡駅間の運転がついに再開されます。随分長かったですね。言いたいことがない訳でもないのですが、今は素直に全線復旧を喜びたいところです。

そして、仙台駅から常磐線経由で首都圏を結ぶ特急列車も復活します。E657系10両編成で運転されることは判っていましたが、それ以外の詳細も発表されました。

【下り】
 ひたち 3号 上野 8:00→仙台12:31
 ひたち13号 品川12:45→仙台17:26
 ひたち19号 品川15:45→仙台20:28
 
【上り】
 ひたち14号 仙台10:13→品川14:51
 ひたち26号 仙台16:11→品川20:52
 ひたち30号 仙台18:02→品川22:53
 
もしかしたら常磐特急の「ひたち」とは別系統になるのかとも思っていたのですが、普通に「ひたち」に組み込まれましたね。何はともあれ、仙台駅ではあれから9年ぶりの復活です。

運転本数は3往復で、震災前よりは1本減りました。とは言え、多客時以外は4両編成だったのが、今回は10両編成。輸送力自体は増えてます。むしろ過剰?

どうなんでしょうね。正直なところ、どの程度需要があるのかが気になります。仙台から鉄道で東京に行く人はほぼ100%新幹線でしょうし、主な利用者は仙台といわき市や水戸市間の移動ということなんでしょうが… う〜ん、どうでしょう? いずれは、震災前に計画されたように、いわき駅で分割した運用になるのかもしれません。

それと、個人的にちょっと残念なのが、上り一番列車の発車時刻。もう少し早く、7時台、せめて8時台発だとお昼前後には東京に着きますので、使えるような気がします。それと、下りには上野発が1本ありますが、上りは全て品川行き。もちろん品川駅まで行った方が便利なのはわかっていますが、仙台駅で「特急ひたち 上野行き」の行先表示が見たかった(笑)

なんてことを言いながら、楽しみなことではあります。3、4月は少し忙しい時期なので、GW明けにでも乗りに行きたいと思います。

で、過去に仙台駅で撮った特急「ひたち」の写真を探したのですが、あったのはこれだけでした。仙台6:40発の上野行き特急「ひたち3号」です。
撮ったのは1975年。鉄道写真を撮り始めて間もないころでした。にしても、ヘタッピすぎですが、仙台駅で485系の特急「ひたち」はあと撮ってないかも…

何かないかなぁ〜と探してみたら、「スーパーひたち」ですが、こんなのがありました。

期間限定、1992年のたぶんGW中に仙台駅で撮った2本の上野行き特急列車。9:56発485系「つばさ2号」と並ぶ、10:05発651系「スーパーひたち14号」です。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM