1月に、特急「ひたち」関連で記事を書いた時に、仙台駅で特急「つばさ」と並ぶ特急「スーパーひたち」の写真を載せました。

コレです↓

在来線時代の特急「つばさ」は、元々、上野と秋田を奥羽本線経由で結ぶ特急列車でした。その後、東北新幹線の開業で上野発着で残った1本を除いて福島発着に変更されたのですが、それがなぜルートから外れた仙台駅にいたかというと、山形新幹線開業に向けた改軌工事のためです。

奥羽本線の福島〜山形駅間の改軌工事が始まった平成3年(1991年)8月から、山形新幹線が開業する翌平成4年(1992年)7月までの1年間弱の期間限定で、仙台発着に変更となり、上野発着の1本も仙台経由になりました。で、この期間だけ仙台駅で特急「つばさ」を見ることが出来たわけです。

当時は東京に住んでいましたが、貴重な機会ではありますので、仙台に帰省する度に撮っていました。この写真はGWに帰った時で、ネガによると日付は平成4年の5月2日でした。

この時に撮った写真のプリントはこの1枚しかなかったのですが、ネガから少しスキャンしてみました。

上の写真の続き、上野に向けて走り去る「つばさ2号」。最後尾はクハ481の1500番台でした。

つばさ2号が去った後も駅の中で少し撮っていました。

懐かしの715系1000番台と719系。

側線には715系の8連が停まっていました。
特急顔と食パン顔の間から、サシ581を利用したカフェが見えるのですが… わかんないだろうなぁ〜(笑)

こちらも側線にいたキハ58系のよねしろ色。
「春の猊鼻渓号」のヘッドマーク付きです。臨時列車で来てたんですかね? 小牛田に転属してたんのかな〜? よくわかりませんが…

この他にも、水郡線色のキハ58系もいたりして、まだまだ楽しい仙台駅でした。

ということで、仙台駅の特急「つばさ」といいながら、新しい写真は2枚だけだったので、このネタ、もう少し続けたいと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM