やっぱりな〜、って感じもあるのですが、アメリカで2頭目のBSE感染の疑いがある牛が見つかりました。まだ確定したわけではなく、これからイギリスで最終的な調査をするそうです。夏頃には輸入解禁(言い方を変えると押し切られる?)とも言われてましたが、結果次第では今後の展開にも影響大ですね。

もともと牛肉輸入についてのアメリカの言い分は必ずしも納得いくものではありませんでした。まぁ、日本の主張する全頭検査以外に手が無いのかどうはよくは判らないのですが、それでも一消費者として、やっぱり日本で売られる牛肉は安全という「安心感」は絶対に欲しいです。

とは言いながら、いい加減「吉野家の牛丼が食いてぇ〜!」(笑) 2月の1日限定復活の時も食べ損ねちゃったし… 何とかならんのかなぁ。とりあえずアメリカがちゃんと調べると確約してくれれば輸入できるんでしょうけど…

輸入できないと仙台名物の牛タン屋さんも死活問題です。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://poppo.aiden.main.jp/trackback/179330
ここはありがたいことに新聞記者さんも読んでくださっているのですが、社説って、新聞の顔ですよね?社説を読めばその新聞のレベルがわかる、と申しますよね? 読売新聞を読んでいたら、唸らせる社説がございましたので、その検証とともに米国牛の問題点の総ざらえをし
  • BSE&食と感染症 つぶやきブログ
  • 2005/06/24 8:34 AM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM