仙台空港の現ターミナルビルが出来たのは13年前のこと。旧ターミナルビルとは比較にならない斬新なデザインの建物でしたが、不満がひとつありました。それは展望デッキが無いこと。というか屋内にはあったのですが、ガラスの向こうは搭乗待合室の吹き抜け部分で、飛行機はさらにその向こうのガラス越しということで、臨場感は皆無。

その仙台空港にようやく屋外展望デッキが出来ました。その名も「スマイル・テラス」。オープン初日の3/19から22までの間は無料開放されました(通常は大人100円)。

と言うわけで昨日の午後、ちょっと行ってみました。早速ターミナルビルの3階に上がってみると専用のエレベータが出来ていましたが、その前には長い行列。こりゃダメかなと食事とかして1時間位あとにもう一度見てみると列がだいぶ短くなっていました。10分弱並んで屋上にでると仙台空港独特の波打つ屋根の上にちょこんと乗せられた感じで板張りのデッキが備え付けられていました。

面積は410屬箸いΔ海箸 、空港の展望デッキとしてはかなり狭い感じですが、東の方には海も見えてこれはかなり新鮮な景色です。やや霞んでいますが牡鹿半島も見えます。西には蔵王、北には仙台市中心部の高層ビル群など… やっぱり風を感じられるのがいいですね。とは言いつつ、ちょっと寒かったですが…(笑)


 ▼初めて見ました。ブラジル製のエンブラエル170です


 ▼海の上から降りてきます。B737 800


 ▼IBEXエアラインズのCRJ


 ▼仙台の高層ビル群をバックに…


 ▼ターミナルビルの上に新設された展望デッキ


今までとは、ちょっと違う雰囲気で撮影できました。ちょっと雲の多い日でしたが、改めて快晴の日に行ってみたいと思います。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL