昨日、日曜日に録画したテレビ番組を見ていたら、ちょっと気になるCMが…

「KIRIN POST WATER」 …ポストウォーターって、あのポストウォーター? 思わず巻き戻してもう一回見てしまいました。

ずいぶん前、多分、平成になったばかりの頃にキリンが出したスポーツドリンクにポストウォーターというのがありました。何ともクセのある飲み物で、初めて飲んだときは「…まずっ」て感じだったのですが、これが何と言うか、クセになるんですねぇ(笑) 

入れ物も缶とビンがあったのですが(ペットボトルはあったのかな?)、ビンの形がユニークで、右手の指の跡がついたようなデザインだったり、三角フラスコのようなものなど… 何種類かあったと思います。

そんなこんなで、いつの間にか、すっかりお気に入りの飲み物になってしまったのですが、世間の評価は私の好みとは相反し、売れなかったんでしょうね、やっぱり。最初の頃は自販機もよく入っていたのに、いつの間にか姿を消し、コンビニなどでも見かける機会が減って…。ついには全く消えて、「もう販売はしてないのかな〜」と思ったら突然店頭に並んだりして… そんなときは慌ててまとめ買いでした。

で、結局は完全に姿を消してしまった…というかすっかり忘れていたのですが、昨日見たCM。そうか、ポストウォーター復活ですか。なんかうれしくなって早速今朝、会社へ行く途中のコンビニで1本買ってしまいました。そして会社に着くなり試飲。

…違う。これは全くの別物ですね。うまいかまずいかで言えば、まずいんですが、クセが弱い。基本的な味付けも違うみたい。よく見たらレモン味になってるし… 前のは別な柑橘系だったと思うのですが…

あの「…まずっ」を期待していたのですが、ちょっと残念ですね。とりあえず、今度のは食物繊維入り。キリンビバレッジのニュースリリースによると、
現代人に不足しがちな食物繊維を、水のようにゴクゴク摂ることができる「ファイバー&ダイエット」飲料として、新ジャンル創造のご提案をします。
だそうです。

健康のためと称して、時々家まで歩いて帰ることがあります。今日も歩いたのですが、その途中にある藤崎というデパート。そこでは「伊勢志摩紀州展と名古屋うみゃ〜もんまつり」なる催し物をやってました。好きなんですよねぇ〜、この手の物産展(笑) 思わずチョコっと寄り道です。

親が伊勢の「赤福」が好きなので、買っていこうと思ったのですが、残念ながら売り切れ。何かないかなぁと見渡したら、和歌山ラーメン「井出商店」のコーナーがありました。いわゆるイートインです。ちょっと食べたくなっちゃいました。

和歌山で初めてラーメンを食べたのは、もう10年以上も前のことです。何を目的に行ったのかは忘れてしまいましたが、とにかく南海和歌山市駅近くに宿をとり、何か夕食をと街を歩いた時に目に付いたラーメン屋さん。さしたる期待もせずに食べたラーメンがうまかった。とんこつ醤油というスープ自体が初体験でした。コクがあるのにくどくない。ストレートの麺ととろけるチャーシューもなかなかいい感じです。

数年後、再び和歌山を訪ねたときにあの味が忘れられずに、あのラーメン屋さんを探したのですが、いくら探しても見つからない。結局あきらめて別のラーメン屋さんに入ったのですが、そこで食べたラーメンはまさにあの味でした。カウンターに何気に追いあった鯖の押し寿司は、100円ぐらいだったと思いますが、これも相性ぴったし(前回の店にもあったのですが、システムがわからずその時は食べずじまいでした)。これで和歌山のラーメンはうまい!と刷り込まれてしまいました(笑)。当時はまだ「和歌山ラーメン」なんて言葉は知らなかった頃の事です。

で、今日の話ですが、井出商店のラーメンは初めてですが、やっぱりうまかったです。そしてあの鯖の押し寿司「早すし」もありましたが、帰ってから普通の顔して晩御飯を食べなきゃないので、今日はあきらめました。ちょっと未練が残りましたが…

何にしても食べてしまった以上、その分エネルギーを使わなきゃいけません。後はひたすら歩いて家へ帰るのでした(笑)

ちなみにこの物産展は明日まで。終了時間は通常よりも少し早いようです。行かれる方がいらっしゃったらご注意ください。

昨年末に輸入が再開されたばかりの米国産牛肉が、再び全面輸入禁止のハメに。なんでも輸入牛肉に特定危険部位である脊柱(せきちゅう)が混入していたとのこと。

おいおい、わずか1ヶ月ですよ、輸入再開から…

どこぞの政府がアメリカに媚をうった結果がこれですか。再開前に月齢がどうのこうの言ってたけど、危険部位の混入とは問題外ですね、こりゃ。あれだけ輸入再開を迫ったアメリカ政府、真面目に管理する気があったのでしょうか? ん〜、なかったんでしょうね、きっと。再開しちゃえばこっちのもの、ってトコですか。

いずれにしても安易に輸入再開した日本政府の責任は免れないでしょう。せめて、ここは一番毅然とした態度をとって欲しいものです。「遺憾だ」とか言ってりゃ良いってもんでもないでしょう。

ただ、今回、水際で発見できた事は唯一の救いではありますね。成田空港の検疫所、よくやってくれました。ていうか、目視で見つかるようなものを送ってくるほうが杜撰(ずさん)すぎるのか?


にしても、近所で工事中だった吉野家、今週末の開店予定なんですけど、がっかりでしょうね。それにもまして、仙台の牛タン業界も大打撃でしょう。そう言えば最近はほとんど食べてません。去年の夏が最後。その時も高い値段と質の低下にがっかりしたものです。

そろそろアメリカ牛はあきらめる時期なのかもしれません。って簡単にいけば苦労もないのでしょうが…


1/21 追記 
近所の工事中の吉野家、さっき、前を通りかかったんですが、週末開店じゃなくて1/26でした。まぁ、今となっては、だからどうだってこともないですけどね。

近所のガソリンスタンドが更地になって数ヶ月、2週間ほど前に通りかかったら民家風の平屋の建物が出来ていました。駐車場も広いし、何かの店だろうとは思うのだけど、まだ工事中で正体は不明。「和風っぽいしそば屋でも出来るのかな」と思っていたのですが、昨日通りかかったら、まだ工事中ながら見覚えのあるオレンジ色の看板が付いていました。

「吉野家」? 

こんなトコに? ってほど不自然な場所ではないのですが、ちょっと唐突な感じです。場所と言うよりは時期的な意味で… 政府が米国産牛肉の輸入再開を決めたのはほんの数日前のこと。ん〜、なんとなく微妙ですねぇ〜。

今回、輸入再開の条件は、特定危険部位の除去と輸入牛肉を20ヶ月齢以下のものに限るとなっています。特定危険部位の除去で危険性が下がるのは判るのですが、20ヶ月齢以下なら安全という根拠が今ひとつわかりません。

世界標準としては、30ヶ月齢以上が検査の対象となっています。これは、検査でBSE感染が発見される牛の大多数は30ヶ月齢以上だからだそうですが、30ヶ月齢以上の牛が感染するという訳ではなく、子牛の時に感染すると成長に伴い異常プリオンが増加蓄積されて、その結果、感染が確認されるのが30ヶ月齢以上になってから、という事のようです。

ってことは、20ヶ月齢でも感染している牛にも、数は少ないけど異常プリオンはある、ってことですよね。う〜ん、ホントに安全なのか〜? てか、日本で実施されている全頭検査も、若い牛については意味が無いってことになるのでしょうか? 確かアメリカが交渉の中で「日本の全頭検査は科学的根拠がない」と言っていた気もしますが…

“ヨシギュー”食いたけどな〜、あ〜微妙だ。。。

ちなみに吉野家の牛丼が復活するのは来年の2月ぐらいからだそうです。

やっぱりな〜、って感じもあるのですが、アメリカで2頭目のBSE感染の疑いがある牛が見つかりました。まだ確定したわけではなく、これからイギリスで最終的な調査をするそうです。夏頃には輸入解禁(言い方を変えると押し切られる?)とも言われてましたが、結果次第では今後の展開にも影響大ですね。

もともと牛肉輸入についてのアメリカの言い分は必ずしも納得いくものではありませんでした。まぁ、日本の主張する全頭検査以外に手が無いのかどうはよくは判らないのですが、それでも一消費者として、やっぱり日本で売られる牛肉は安全という「安心感」は絶対に欲しいです。

とは言いながら、いい加減「吉野家の牛丼が食いてぇ〜!」(笑) 2月の1日限定復活の時も食べ損ねちゃったし… 何とかならんのかなぁ。とりあえずアメリカがちゃんと調べると確約してくれれば輸入できるんでしょうけど…

輸入できないと仙台名物の牛タン屋さんも死活問題です。

どうも調子悪くて、朝から鼻水ずるずる。勤務中も一日中鼻をかんでる間に終わってしまいました(^_^;)

ポケットティッシュの在庫もなくなったため、立ち寄ったセブンイレブン。100円ちょっとのティッシュを手にレジの行列に… ふと右のお弁当コーナーを見てみたら、焼き鯖寿司。しかも以前、中部国際空港で買った「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」。これは家族にも評判がよかったので、思わず手を伸ばしてしまいました。

100円ちょっとの買い物をするつもりで1000円ちょっとの買い物になってしまいました(笑)

家で家族に見せたら
「セブンイレブンで買って来たの?」
何でも、朝からこれのCMが流れていたそうな…

で、晩御飯の時に一緒に食べようと箱を開ける時、何気に製造場所を見てみたら… 宮城県多賀城市…って、コレ福井のじゃないの?

さらによく見たら、掛紙には「元祖空弁生みの親、(有)海の恵み 矢部みち子氏監修。(中略) セブンイレブンが忠実に再現しました。」の文字。

ん〜、何かだまされた気分。コンビニで945円の弁当を買ったかと思うと、何か悔しいのはただの貧乏性?(笑)

肝心の味はといえば、鯖にもう少しボリュームが欲しいような気はしましたが、まぁ充分においしかったです(^^) ご飯のあんばいがいい感じでした。

岐阜からの帰りに、中部国際空港を利用しました。混んでいるといるというので、ちょっと早めに行ったのですが、展望デッキで飛行機見たり、風呂に入って飛行機見たりしていたら、夕食をとる時間がなくなってしまい、今はやりの「空弁」で済ますことにしました。

買ったのは「みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司」なる鯖の押し寿司。何気に選んだのですが、脇にいたおばちゃんたちが「これ、おいしいのよ〜」「私、お土産にするの」とか言いながらたくさん買ってるのをみて、P〜介もついつい家族への土産にもうひとつ買ってしまいました。

自分の分は、空弁の名前どおり空の上で食べましたが、うん、確かにうまかったです(^^) ちょっと焦げ目の入った鯖は脂がのってご飯と相性もばっちり。家に持ち帰ったほうも評価は上々でした。

家族は「また買って来い」などと言いますが、そんなちょいちょい名古屋なんぞ行ける訳ありません。そんな時、市内のデパートの某北陸物産展で「焼鯖寿司」を見つけ、ついつい買ってしまいました。これはこれでおいしかったのですが、ただ気になったのは、その日、家の近所のロ●ソンで見かけた焼鯖寿司。ふ〜ん、コンビニでも売ってるじゃん。

で、次の日、そちらも買って味を比べてみ見ることに… 

ちなみにそれぞれの値段ですが、
空港:900円
デパート:1300円
ロ●ソン:480円 でした。
※量は大体同じ

で、家族の意見も含めた感想ですが、一番おいしかったのが最初に空港で買ったやつ。で北陸系とロ●ソンもそれぞれおいしくて同じくらい。という結果でした。

ん〜、コストパフォーマンスを考えるとロ●ソンの勝ち!?


まぁ、食べた順序、期待の程度、などで変わるかもしれませんし、そもそも味が判ってない連中が言ってる事ですので、もし関係者の方がご覧になってしまった場合(笑)、ご容赦くださいませm(__)m


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM