寝室のテレビのタイマーは朝6時にセットしているのですが、テレビが点いたのが早いのか、揺れだしたのが早いのか、はたまたスマホの緊急地震速報が早かったのか…地震発生は5時59分ということですが、仙台まで揺れが届くタイミングとか考えると結構微妙です。

感覚的には、まず揺れを感じて、スマホの緊急地震速報の音が響き、追いかけるようにテレビからの緊急地震速報が流れたような気がしますが、今となっては判然としません。

揺れている時間もそこそこ長くて、少々身構えてしまいました。

実際のところ、我が家では被害は何もありませんでしたが、震源地が福島沖。しかも震度5弱。まず考えたのは福島第一原発。今どのような状態にあるのかよくわかりませんが、健全な状態にないことは確か。やっぱり心配すぎます。

そして福島では津波警報が発令。宮城を含む広い範囲でも津波注意報が出て何か大変なことになってきました。

そして鉄道の運行状況は…

 

 

通勤では仙山線と仙石線を使っているのですが、海沿いを走る仙石線は当然のことながら、内陸部を含めてかなりの区間で運転見合わせ状態。なのにいつもは問題児的?イメージの強い仙山線は15分程度の遅れは出ているものの、動いてますね。

何でこんな時に限って…といいながら仙台まで行きます。

と、8時過ぎにスマホにエリアメールで津波警報が来ました。一瞬、何で今更と思ったのですが、宮城の津波注意報が津波警報に切り替わったようです。これで仙石線の運転再開はいよいよ望み薄ですね。

さらに福島第二原発で使用済み核燃料プールの冷却設備が停止したとのニュースも流れています。元々停まっている状態ですので、警戒を要する温度に上がるまで一週間程度かかると言っていますが、稼働中だったらあっという間にあの第一原発のようなことになったかもしれません。その後、無事に冷却が再開されたようですが、やっぱりコレってダメだと思うのですけどね。

仙台駅は報道陣も各社押し寄せごった返していました。仙台に来る電車が地下鉄と仙山線、それと東北本線の利府支線だけですのでお客さん自体はそれほどでもないかと思ったら結構いらっしゃいました。高校生らしき団体さんもいてお気の毒でしたが、結構こんなことが後々思い出になったりするんですよね。と、他人事だと思ってそんなことを考えてしまいました(笑)

 

 

▼改札前
▼仙山線と利府支線以外は運転見合わせ中
▼報道陣も待機中

一応、駅員さんに運転見込みを聞いてみると、やはり仙石線は警報・注意報が解除され、点検が終わるまでは運転再開はないようです。

しょうがないのでバスで会社に向かいます。乗ったのは宮城交通の仙台港フェリーターミナル行き。当然ながら終点までは行かず、陸前高砂駅前止まりとなるようです。

結局、会社へは1時間少しの遅れ。やれやれ、の朝でした。

それにしても、津波は仙台港の1.4mが最大でしたが、また川を遡る津波の映像を見るとは… マグニチュード9.0の地震を経験してしまうと、7.4なんて大したことないような気がしてしまいますが、十分に大きな地震なんですよね。改めてというか、ありきたりな感想になってしまいますが、自然の力の脅威でした。

朝早くから避難された方、怪我をされた方、被害を受けられた方、心よりお見舞い申し上げます。

今年も泉区にある賀茂神社のイロハモミジが色づきました。

 

今朝の仙台は曇り空でしたが、いつの間にか本格的な雨模様。でも雨の風情も悪くありません。

 

お昼前にちょっと行ってみると、雨の中でも撮影している方がいました。狙いは一緒でしょうか? 時節柄、七五三の家族連れもいて、そこそこにぎやかな雨の加茂神社でした。

 

 

 

 

撮り終えてふと上を見るとビニール傘に落ち葉が張り付いていました。

 

そういえば、去年撮った時も雨だったなぁ〜 まぁ、今年も楽しませていただきました。

リオ オリンピックが始まった昨日、仙台七夕も始まりました。

 

家にほど近い「なかやま商店街」でも恒例の七夕飾りが沿道に飾られています。中心部の商店街とは比べるべくもありませんが、素朴な感じが割と好きで、毎年のように撮っています(このブログに書くのは約10年ぶりですが…)。

 

昨日も午前中、出かける前にちょっと撮ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

坂の町の七夕祭り、いかがでしょうか? 竹飾りの数は決して多くはありませんが、通りすがりに車を停めて写真を撮っている方も結構見かけました。明日までやってます。よろしければ是非!

 

ちなみにすべての写真に、ついついバスが写りこんでいるのは鉄道ファンの悲しい性です。ご容赦の程を…(笑)

北山はかつての城下町「仙台」の最北部にある寺社町で、ここには仙台城の鬼門を守るため伊達家ゆかりのお寺が配されました。通称、北山五山と呼ばれますが、そのうちの一つ、資福寺は紫陽花寺としても有名です。

 

まぁ、期待が大きすぎるとなんなんですが(気のせいかもしれませんが、昔のほうが花の付きがよかったような気がします)、それでも家から車で5分ぐらいで行けますので、この時期になるとわりとよく行っています。

 

というわけで、今年も行ってきました。

 

今日は朝から雨で、雨と紫陽花の組み合わせで撮りに行こうと思っていたのですが、いざ出かけようとしたら雨が上がってしまいました。

 

▼参道から山門を見る

 

 

▼参道の額紫陽花

 

▼山門をくぐって

奥の建物には伊達家の家紋の一つ「竪三引両」が見えます

 

紫陽花と並んで山百合も咲いていました

 

▼本堂へ向かう道

右の白壁の向こうには枯山水の庭園があるらしいです(見たことはないですが…)

 

以上、今年の紫陽花はこんな感じでした。 

今朝の通勤で、苦竹の陸上自衛隊仙台駐屯地の前を通ったら、金曜日にはほとんど咲いてなかった桜の花が五分から七分咲きぐらいになっていました。昨日の暖かさで一気につぼみが開いたって感じです。




 
雨の中、しっとり咲く桜もなかなかよいです。
 
ちなみに仙台駐屯地では4/18に「桜祭」として駐屯地の一般公開が行われるのですが、それまで桜が持つかどうか、ちょっと微妙かもです。

とりあえず「紅白」見てますけど・・・ はぁ、今年もあとちょっとで終わりですね。まぁ、無事に一年が過ぎて行きました。来年はどんな年になるのかなぁ〜

写真は、仙台の冬の風物詩としてすっかり定着した「光のページェント」です。






一年間、お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

仙台市営地下鉄東西線が開業した日、早速乗りに行ったのですが、西のターミナル「八木山動物公園駅」で下車、エレベーターで地下2階から地上5階に上がると、南側は視界が広がり、遠く太平洋が光って見えます。ちなみに東西線の東のターミナル「荒井駅」も見えるそうです(わからなかったけど・・・)。

そして北側には目の前に八木山動物公園の入口。で、この日は無料開放していました。昔はよく来た動物園ですが、かなりお久しぶり。無料ということもあって、地下鉄は後回しにしてついつい入ってしまいました。

動物園におっさん一人というのはどうなんだ、と思わないでもないのですが、同じような流れて入ってきたのであろう、一人歩きのおじさんはそこそこいらっしゃいますね(笑)

▼クロサイ

草食むサイの向こうにはシマウマ

▼レッサーパンダ

木の上で丸くなっていましたが、チラリとこちらを見てくれました。

▼ニホンザル

残りわずかな紅葉をバックに。手がなんかかわいい(笑)

▼シロクマ

水際にたたずむシロクマ。ガラスが汚いのがちょっと残念。

▼スマトラトラ

元気に歩き回っていました。ある意味、今回の主役?


がぉ〜


ぺろっ


おすまし

▼ライオン

こちらは爆睡中

最初は、入り口周辺だけでもちょこっと見れればいいやと思っていたのですが、なんか懐かしくて端から端まで、駆け足でしたが1時間程歩いてしまいました。

ただ、地下鉄側からの入り口あたりはこぎれいになっていましたが、それ以外は以前とあまり変っていないようで、どうせだったら地下鉄開業に合わせて大幅なリニューアルとかできていればよかったになぁ〜、と思います。

とは言いながら、予想以上に面白かったです。

今日の仙台は終日雨降りでした。午前中は用事があって街中に行っていたのですが、市内の街路樹もいい感じで色づいていました。で、ちょっと思い出して午後から加茂神社へ行ってみました。

ここには宮城県の指定天然記念物に指定されている2本のイロハモミジがあり、毎年、撮影に行っているのですが、ここの紅葉は色づくのが少し遅くて、いつも11月20日以降に行くことが多いのですが、今年は少し早いみたいです。

とは言っても、雨は弱まることなく結構な雨脚。ちゃっちゃっと撮影します。







雨降りで、結構暗くてシャッタースピードはほとんど1/15とか8/1。そりゃ〜手ブレもしますって(笑) それで、ストロボを焚いてみたらこんな感じになりました。ちょっと不自然。でも雨粒が写ってます。


こんな感じで撤収。ビニール傘にはモミジの落ち葉がいっぱい付いていました。

そーいえば、去年あったライトアップの準備はなかったですね。雨のせいかなぁ〜 それとも今年は無し?

大きな被害をもたらした水害の2日間が過ぎて、今日は朝から快晴でした。

▼今日の日の出。



午後から曇るという予報だったので午前中から出掛けてみました。行った先は、東北本線の広瀬川橋梁。この辺も昨日、避難勧告が発令されていたエリアです。河原には大量の水が流れた跡が残されていました。

東北本線(仙台〜長町)

▲E721系500+SAT721系 後ろはE2系


▲水際まで降りてみました。周囲の様子を見るとこの辺で2mぐらいの水かさだったようです。電車はE721系。


▲SAT721系


▲E721系とEH500の並走 EH500が一気に追い抜いていきました。

2時間ぐらい河原で撮り、次は仙台西部にある定義如来 西方寺へ移動しますが、ここからは非鉄になります。

定義山の手前。仙台の水がめの一つ、大倉ダムです。今回の大雨もここで食い止めてくれたようで、貯まった水を放水中でした。



▲下から見てみる けっこうな水量です。


▲上からも見てみる

▼こちらが定義如来です。いつもよりもじっくりとお参りして帰りました。


今回の水害で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

田んぼアートというと青森県の田舎館が有名ですが、仙台でもやっているところがありました。去年、たまたま通りかかって気付いたのですが、仙台西部の愛子にある錦ヶ丘の入口近く。去年はゆっくり見れなかったし写真も撮ってなかったので、ふと思いついてちょっと行ってみました。

高台には駐車場も用意されており、先客の方が何人かいらっしゃいました。

見下ろすと、こんな感じです。

ん〜、ちょっと判りにくい・・・かな?

近くにあった看板によるとテーマは仙台七夕、デザインは近所にある仙台高専の美術部とのこと。

絵は7色の稲で描かれており、白:ゆきあそび、赤:紅あそび、だいだい:あかねあそび、紫:むらさきいね、黄:黄稲、濃い緑:観稲、薄い緑:ひとめぼれ、がそれぞれ使われているそうです。

もう少し緑が濃い時期の方がいいのかもしれませんね。来年もあるとしたら7月ぐらいに来てみようと思います。

田んぼの向こうは国道48号線ですが、なぜか田舎館に近い弘前を拠点とする弘南バスが通り過ぎて行きました。
まぁ、だから何だということもありませんが(笑)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM