あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今朝は6時過ぎになんとか目を覚まして、2階の窓から東の方を見てみると海上に雲が出ていますが、その上は晴れ。なんとか初日の出は見れそうです。

昨年同様、車で家から5分程度の高台に行ってみました。





さてさて、平成21年はどんな年になるのでしょうね?

あけましておめでとうございます。
本ブログは今年もぼちぼちやっていきます(笑)
よろしくお願いいたします。

元旦の天気、予報では曇りだったと思うのですが、朝の6時過ぎに目を覚ましたら東の空が微妙に赤い。もしかして初日の出いけるんじゃないか? 仙台の日の出は6時53分。家族を叩き起こして(笑)、6時45分に家を出て、ガチガチに凍った道を5分ぐらい。近所の高台に車で行ってみました。

何てことのない団地の一角なのですが、既になんとコップ酒を持参の団体さんたちが… 予報が予報だったので人は少ないと思ったのですが、近所の人たちも集まりだしてちょっとした賑わいです。

で、肝心な天気ですけど、頭上は結構厚めの雲。そして東の海の上にも雲。でも、その上には明るい空間が。初日の出、期待できそうです。

時間がたつにつれて雲の赤みが増し、6時58分、ついに雲の隙間から赤い光が! 周囲から歓声が上がります。なにぶん隙間越しなので、光が二つになったり三つになったりしながら昇っていきます。昇りだすとかなり早いですね。

そして雲の上から平成20年の初のまぁるい太陽が… シャッター切りつつ、拍手+合掌。

今年もよい年でありますように。てか、今年こそよい年となりますように☆

 ▼最初はこんな感じ


 ▼雲の隙間から三つの光


 ▼平成20年の初日の出


 ▼ちょっと引いてみるとこんな感じ



ブログを始めて2回目のお正月を迎えることが出来ました。

今年こそ、もう少しマメに書こう! とか宣言しちゃうと嘘つきになってしまうので、やっぱり今年もマイペースでやっていこうと思います(^^)
こんなブログですが、本年もよろしくお願いいたします。


今日は日本全国天気がよかったみたいですね。朝起きたのは6時30分ぐらい。外を見たら空の下の方がうっすら朱色。これは初日の出を見に行かねば! とか言いつつ出かけた先は車で2分ぐらいのご近所。6時50分に到着。仙台の日の出は7時ちょっと前。寒い中、既に30人ぐらいの人が日の出を待っていました。

仙台の中心部(のやや北寄り)の向こうに細く横に伸びるのが太平洋。海の上には若干雲が見えますが、まぁ問題ないレベルでしょう。ちょっと見える電線が気になりますが、これもしょうがないか。空がどんどん明るくなり、上空の雲も赤みを増してきました。そして、雲の隙間からオレンジ色の光が…。出ました、初日の出! 見るのは多分10年ぶりぐらいでしょうか。やっぱり格別なものがありますね。


 ▲平成19年の初日の出。拍手打って合掌。


さて、日の出を見たら次はお雑煮です。なぜかお雑煮当番です(笑) 仙台のお雑煮は焼きハゼで出汁をとるのが定番。暮れになると市内のスーパーには干したハゼが並んでいます。当然ウチでも欠かさず、と言いたいトコですが、あんまりやったこと無いんですよね。何年か前に一度試してみたんですが、微妙に生臭くて「なんだかなぁ〜(-_-;)」って感じでした。今年は久し振りにリベンジ。仙台雑煮に挑戦してみました。

昨日の朝から鍋に水を張って、その中に焼きハゼを放り込んでおきました。ハゼを取り出し、醤油と酒で味を調えて、大根とにんじんのひき菜、蒲鉾、伊達巻、いくら、三つ葉を適宜入れて出来上がり。今年は成功。生臭さは全然なくてふんわりといい感じで出汁が出たみたいです。


 ▲今年の雑煮。焼きハゼは本来お椀の中に入れるのですが、食べにくいので別にしました。って、ズイキ(芋がら)を入れるの忘れた。てか、今気付いた(笑)

 ▼ちなみに焼きハゼはこんなヤツです。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

という訳で、年が明けました。でも風邪は抜けません。昨日の大晦日、年を越す前に寝てしまいました。多分中学生の頃以来の出来事です。な〜んか微熱がとれない感じで… 実は家族全滅です。

やれやれ新年早々困りましたね〜

とりあえず家から一歩も出ず、ほぼ寝正月状態ですが、昼ごろ届いた年賀状を見てたら、出してない方から何枚か来ていました。取り急ぎ書いてはみたものの、宛先が埼玉県と香川県と結構遠方。ん〜、やっぱ中央郵便局に行くかな〜

家族分も取りまとめて、結局一番状態の良い?私が出しに行く事に…

元旦の街はすいてました。すいすいと走り20分程で郵便局近くへ来たのですが、突然小さな渋滞が… ふと横を見ると小さなお堂があります。赤い提灯が連なりちょっと良い感じ。ともかく年賀状を出してからもう一度寄ってみました。

二十三夜堂

門には「二十三夜堂」とあります。ホントに小さなお堂なのですが、初詣の参拝客が続々とやってきます。周囲は住宅地というイメージではないのですが、マンションが結構あり、そこの住人の方たちでしょうか? 家族連れとかが多いようです。

この二十三夜堂、天台宗北目山賢聖院というのが正式名称のようです。一応、お参りしてから門の脇にあった看板を見ると「仙台で唯一の午年生れの守本尊「勢至菩薩」をお祀りするお寺」とあります。創建は、何と平安中期の延久元年(1069)。その後何度かの再建を経て、慶長五年(1600)伊達政宗によって北目(現在・太白区郡山)からこの地に移建されたそうです。ちなみに今はここが北目町という地名になっています。

で、ここのご本尊「勢至菩薩」は知恵の仏様で、お参りの際は、「おんさんざん ざんさく そわか」手を合わせ唱えると、知恵のご利益をいただけるとのこと。あ〜、それで受験生とかのお参りが多いのかもしれませんね。

いや〜、地元なのに知らない事って沢山あるもんです。

あ〜、でも黙ったままお参りしちゃいました。今年も知恵は付かないままなのかな〜(笑) でも、ちょっとホッとする空間でしたよ。

とは言いつつ風邪は悪化したかも…


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM