なんだかなぁ〜の週末でした。

かつてのリンゴ台風のような軌道をとった台風18号。私的には、日曜日の夜中から月曜日の未明までの風雨で寝不足だった程度で、被害らしい被害はありませんでしたが、全国的には大きな被害が相次ぎました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

てか、あんなUターンするくらいなら、もう少し北のほうにずれてもいいのに…、とか言っちゃいけないんでしょうね、きっと。

にしても、“北”です。まぁ、やるだろうとはみんな思っていましたが、やっぱりやりましたね。2回目のJアラートです。

前回と同じようなコースでしたが、なんで「東北地方方面へ飛来」なんでしょう? レーダーとかだとそう見えるのかな? もう少し精度を上げて欲しいような気がします。

エリアメールが来たのは7:01(政府発表の時刻は7:00)。6:57のミサイル発射から約4分。タイミング的には前回と同様ですね。やはりこの辺が限界なのでしょうか? テレビの画面が切り替わるのはさらに30秒ぐらい。これも同じくらいのタイミングでした。

文言は少し変わっていましたね。

8月29日[ミヤギテレビ(日テレ系)]

9月15日[NHK]

局が違うので見せ方は少し異なりますが…

「頑丈な建物や地下に」が「建物の中、又は地下に」に変わっています。「どこに頑丈な建物があるんだよ」と散々言われたので変えたんでしょうね。

で、肝心な今後の展開ですが相変わらず何も見えません。安倍首相はこれまた精力的に動き回っていますが、「イスラエルのネタニヤフ首相とも会談し、北朝鮮の核ミサイル開発は国際社会全体の脅威だとの認識で一致した」とのこと。

これはこれで、ものすごく違和感があるのですが…

先日、泉中央のアリオで開催されている鉄道風景画家の松本忠さんという方の作品展に行ってきました。

展示数は100点を越えているようです。ほとんどがローカル鉄道をテーマとしているのですが、見覚えのある風景もチラホラ。しばらく訪れていない場所も多々あり懐かしく拝見しました。

四季豊かな日本の田舎を行くローカル線が色彩豊かに、かつ緻密に再現されています。絵を表現する語彙の持ち合わせがないのが残念ですが、なんとも「ほっ、とする絵」というのでしょうか? やさしい絵です。

やっぱりうまく表現できないなぁ〜

作者の松本さんも会場にいらして実際に描く作業も公開されていました。

すぐ脇に座って見せていただきましたが(ちょうどペン入れの最中でした)、ペンの動きに迷いがないものなぁ〜、やっぱりプロですね。

最初は色鉛筆で描かれているのかと思ったのですが、極細のペンと水彩絵の具とのことでした。

松本さんは売上の一部をローカル鉄道への支援として切符を購入し、それを作品展にきたお客さんに配っているとのこと。私も会津鉄道の入場券をいただいてしまいましたが、ポストカードを2枚買っただけで、なんか申し訳ないようでした。ただ、原画やジクレーという複写?は、予算的に手が出ません。すみません(泣)

こちらが買ったポストカードと頂いた入場券。写真はあくまでも「雰囲気だけ」、ということで小さなサイズです。

松本さんとはちょっとだけお話させていただきましたが、穏やかな方ですね。人柄が絵にも出ているのでしょう。私も常々、何か描いてみたいと思っているのですが… やっぱ、無理だね、こりゃ。

 

アリオでの作品展は、今度の日曜日(17日)まで。お近くの方、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

初めに言っておきますが、「ジョジョの奇妙な冒険」についてはほとんど知りません。作者が仙台市出身で、舞台になっている「S市杜王町という架空の街が仙台をモデルにしているらしい、ぐらい。

とりあえずそのご縁で、仙台でも時々関連のイベントが開催されていますが、今年も市内各所でいろいろやっていたようで、正直、それも「まぁ、賑わっていいよね」という程度の認識でした。

ところが、最近AER(アエル)で見かけたのが、「杜王町循環バス 乗車券販売所」というブース。その時は閉まっていたのですが、バス時刻表や路線図の表示もあってどうやら本物っぽい。実際に9月10日までの週末に市内を走っているようです。

何となく微妙に私の守備範囲に入ってきたような気がします(笑)

で、最終日の昨日、仙台はジャズフェスの2日目でしたが、ちょこっと行ってみました。

起点の「杜王駅AER前」バス停を発車するのは9:00から16:00まで(12時台を除いて)で、30分間隔での運転です。

まずは、路線図にあったメディアテークに行ってみると、本当にバス停がありました。メディアテークではジョジョの原画展が行われており、そこへの足という意味もあるようです。にしても、「貸切バス停留所」というのは何となく不思議な標記です。

 

実際にはどこのバスを使うのかと思っていたのですが、しばしバス停の前で待っているとやって来たのは普通に宮城交通でした。杜王町という響きからは緑色の仙台市営バスの方がイメージかなぁ〜とは思いましたが… どちらにしても有難みはイマイチかな(笑)

 


行先表示はちゃんと「杜王町循環」となっていますが、その前にはやはり[貸切]の表示。実際のところ、法令上、本当に路線バスとして走らせるわけにはいかず、貸切バスの扱いとなっているようです。なんか柔軟な(もしくは苦心の)対応がされているような気もしますが、いずれにしても[貸切]の表示は必要なんでしょうね、きっと。

西公園の脇です。

さっき、確認するのを忘れていたのですが、バスの車体の表示は「宮城交通」のままでした。やっぱり「杜王交通」のステッカーとか貼っちゃったらまずいのかな?

こちらは「杜王町OWSON前」バス停です。ちなみにOWSONとは作中に登場するコンビニで、モデルはLAWSON。イベントがらみでバス停近くのローソンがこの日までオーソンになっていたらしいのですが、見るのは忘れてました。すみません、基本的にそちらは守備範囲外で…

一応起点の「杜王駅AER前」にも行ってみます。降車と乗車は別のバス停になっていました。

ワンマンではなくガイドさん?も乗務しているようです。バス会社の人ではなくイベントスタッフさんでしょうか?

サイドの経由地もちゃんと表示。

一周の所要時間が約40分で30分間隔なので、バスは2台で足りる気がしますが、実際には都合3台で回していました。

とりあえずこれで終了。この後は、ジャズフェスのそぞろ歩きを楽しみたいと思います♪

のつもりでしたが、帰り際に「勾当台公園前」を通ったら、たまたまバスが来たのでついつい撮ってしまいました(笑)

ブルーインパルスJrの後は、いよいよ本家ブルーインパルスの2回目の展示飛行です。1日に2回のフライトがある航空祭は多分、ホームベースの松島基地だけじゃないかな、と思います。ちゃんと確めた訳じゃないけど…

せっかく基地に入ったのだから、飛ぶ前の儀式? ウォークダウンも見たかったところですが、人が多くて近づくことができません。 

しょうがないので、ちょっと離れた場所で陣取ります。そこからは1番機がギリギリ見えていたのですが、KC767が離陸して行ったらそのあとに人がなだれ込んで何ひとつ見えなくなりました(泣)

とりあえずウォークダウンを終えて滑走路に移動中。

1番機から4番機が離陸。この後、4番機がすっと右に移動してダイヤモンドになります。

5番機と6番機も離陸。

せっかく基地内に入ったのだから、それっぽい雰囲気を求めて歩きながら撮影します。なかなか難しいですが…

演目のパターンをすべて覚えているわけではないので、はっきりは言えませんが第1区分ではなさそう。他の方が書いているのをみると第3区分の変形らしいです。

とりあえずサクラは久しぶりに見た気がします。慌ててレンズを換えますが、それでも入りきらず…

締めのローリング・コンバット・ピッチと

ソロ機のコークスクリュー

これで終わり。のはずですが… 最後におまけ?でもう1つ、フェニックスロール(というそうです)

最後にフェニックスとは、「更なる復興を願って」、ということですね、きっと。

こんな展示もありました。パンフでは「ダンボルギーニ」ということでしたが、これって「ランボルギーニ」ですよねぇ? この前に立っていた看板は「ダンボルギーニ」でしたが… 雨が続いていたので本物を持ってきたのかな? ちなみにダンボルギーニとは石巻市の梱包会社が震災後に段ボールで作ったランボルギーニです。

後は帰るだけですが、駅まで大行列の中、ようやくたどり着いても駅は入場規制。予想はしてましたが、やっぱり大変です。

やっと乗れた電車も大混雑。そのまま仙台駅まで乗っていく根性も無いので東塩釜駅で下車。ここから始発電車で座って帰りましたが… 疲れた1日でした。メチャ日に焼けたし…

でも、よい1日でした!

最後に仙石線の車窓から(福田町駅〜小鶴新田駅)

松島基地に入るのは何年振りでしょうか。航空祭をやっていた時も中に入るのがは大変なので、ブルーインパルスを外から撮るだけだったのですが、震災以来初の航空祭となれば、やっぱり入ってみたい気がします。

長い行列の後に付いてだらだらと歩くと途中にセキュリティチェックがあって、それを過ぎると(調べてみたら)実に19年ぶりの基地の中。

震災前の様子はほとんど覚えてはいないのですが、ここまでゆるい坂道を上がってきましたので、そこそこかさ上げされているようです。足元の白いコンクリートが新しいです。

天気はよいのですが、気温はそれほど高くなく心地よい陽気。航空祭日和ですね。

入ると前方に水色の救難捜索機U-125Aと救難ヘリUH-60Jがいました。そしてその向こうにはブルーインパルス用のT-4が翼を休めています。

目を転じて地上展示機はというと、ちょっとさびしいかな。

戦闘機は地元のF-2Bのみ。後はRF-4E偵察機、C-130輸送機、KC767空中給油機、そして陸自の多用途へりUH-1ってとこでしょうか。米軍機はゼロですね。オスプレイ見たかったな〜(って、現状では無理!)

青いRF-4Eは初めて見た気がする。隣のF-2とおそろいです(笑) 上空を通過するのは海保のボンバルディア300。

こちらはF-2。機体の向こう側ではU-125AとUH-60Jの救難展示飛行を実施中。

C-130の翼の向こうにKC767

リベットだらけの機体に日の丸が渋い。

C-130の正面。
この飛行機はエリア88のマッコイじいさんが使ってました。それで覚えた機体です(笑)

機動飛行でアフターバーナーを噴かすF-2。ですが、逆光で撮りにくい…

そして端っこにKC767。近くで見るとさすがにでかい。

一足先にお帰り、ということで離陸していきました。

最後に翼を振ってご挨拶。

お楽しみのブルーインパルスJr。なかなかかわいいのですが、時々すごいです(笑)

続いて、ブルーインパルスの展示飛行2回目ですが… 次回に続きます(多分)

8月は雨続きで、前日の8月27日まで続いた仙台の降雨記録は36日連続の新記録を作りましたが、翌8月27日は朝から快晴。というわけで、ちょっと遅くなってしまいましたが…

この日は、東松島市の航空自衛隊松島基地の航空祭が、あの震災以降初めて、実に7年ぶりに開催された日。まさに天の配剤ともいえる天気になりました。

と、なると行かなきゃないな〜

実は、前日からお腹の調子が悪くて若干不安があったのですが、まっ、しょうがないよね。行きましょう(笑)

とは言いつつ、車だと事前に駐車場の予約が必要なため鉄道で行くしかないのですが、仙台駅7時24分発の仙石東北ライン快速石巻行きはドアから人が溢れんばかりの状況で、見た瞬間に断念。

あおば通駅に移動し仙石線で行くことにしますが、結局乗ったのは8時7分発の矢本行き。通常は東塩釜行きの電車ですが、航空祭に合わせて矢本行きへと行き先を変更。東塩釜駅までは各駅停車ですがその先は快速となります。

205系電車の前面行き先表示は「臨時」でした。「快速 矢本」を期待していたのですが…

あおば通駅を出たときは席が埋まる程度。やっぱりこっちで正解! と思いきや、仙台駅で立ち客多数の状態になり、その後も各駅で少しずつ乗車があって東塩釜駅を出た時点ではもはや朝のラッシュ時ぐらいの混み様。

松島海岸では多少は降りるだろうと思ったのが大間違い。降りる客は(見ていた範囲内では)ほぼ無く、何でなのかわかりませんがホームからは大量の乗車。車内はたちまち阿鼻叫喚。遠くの方では幼児の鳴き声が響いています。なんだか座っているのが申し訳ないような状態。

更に高城町駅では行き違うはずの上り列車がやってこない。どこトレで見るとまだ野蒜駅あたり。仙石線はこの日、朝からダイヤが乱れていたのですが、これに航空祭がらみの混乱で乱れが広がっていたようです。

結局、矢本駅に着いたのは9時30分頃。20分弱の遅れで大騒ぎするほどの遅れではありませんでしたが、座っていてもしんどい車内でした。

駅を出るとそのまま大行列が出来待ています。駅のトイレも大行列。そのままパスして行列についていくと仮設トレイがあってこちらはすぐに使えたので小休止♪

再び行列について行きますが、基地のゲート手前の交差点まで来たところでエンジン音がとどろいてきました。

これはダイヤモンドテイクオフですね。ブルーインパルス1回目の展示飛行が始まっちゃいました。

続いて5番機、6番機も離陸。

ゆっくり移動しながら撮影しますが、この絵面、新鮮っちゃ新鮮かも。
信号が変わって交差点を渡り基地の手前まで行きますが、中には入らず震災後新しく作られた土手(防潮堤でしょうか?)の上から撮ることにします。

まぁ、ここからでもそこそこ満足です♪

これから基地に入りたいと思いまずか、ここから先はまた改めてご紹介したいと思います。

イーグルスがホークスと首位を争っていたのっていつ頃の事でしたっけ? いつの間にか首位ホークスとのゲーム差は10を超え、ついには3位転落。さすがにBクラスはないと思うけど、びっくりすぐらいの急落でした。

で、今日のネタは「タカガール」。ご存知の通り、女性のホークスファンの事ですが、こちらは直接野球とは関係なくてスカイマークの特別塗装機の「タカガールジェット」です。

スカイマークの特別塗装機は、「タイガースジェット」、以前ご紹介した「ヤマトジェット」、そして「タカガールジェット」と3機あるのですが、いずれもあまり仙台には来てくれずヤマトジェットを一度撮ったきり。ところが、今日はタカガールジェットが来る。しかも快晴ということで朝から出かけてみました。

このところ、離着陸が海側か山側かで振り回されて不本意な結果が多かったのですが、今日は無風。普通に海側からの着陸でした。

滑走路の東側から。
ピンクが意外と目立ちます。

離陸は臨空公園側から。

とりあえず、初めて「タカガールジェット」を撮ることが出来ました。

イーグルスは今日もホークスに負けたみたいですけど… しかもサヨナラ(泣)

ご多分に漏れずその日の朝はスマホからの警報音で目覚めました。

ちょっとヤバめの音に慌てて画面を見ると「ミサイル発射」の文字。

遂にやったか! 目標はグアム方向か?

テレビはまだ通常放送。その後、若干の間があって緊急放送に切り替わりました。

警報が出ているのは北海道から北関東までのエリア。東日本ですね。って、話が違うし… やっぱりグアム方向は刺激が強すぎると判断したのか?

そのうちに「東北地方に飛来の可能性」というアナウンスに変わりました。

こっちか? とは言っても東北ってそこそこ広いんですが… 私が住む宮城県はほぼその中央になります。緊張は高まりますがどうしたらいいんでしょう?

既にいろいろな方が言っていますが、「頑丈な建物」も「地下」も一般の住宅地であるこの近辺には見当たらないし… 結局、テレビを見ているしかない感じですが、具体的な情報がない。とどのつまりミサイルはどこに向かっているのか? 

これだと「とりあえず、自分のところには来ないだろう」と思うしかありません(ダメだけど)。

どうせだったらミサイルの現在位置とか方向とかをテレビで流すというのは技術的にはまだ無理なんでしょうか? それがわかればもう少し具体的な行動をとる気になると思うのですが…

最初の警報から10分ほど過ぎ、さすがにもう日本は飛び越えただろうと思ったころ、北海道上空を通過したとの情報が流れました。

ちょっと待て。北海道? 東北じゃなかったんかい。

飛んだ「距離」の誤差というのはわからんでもないですが、「方向」が違うと言うのはどうなんでしょう? こんなんで実際に日本に着弾しそうな時にちゃんと撃墜できるんでしょうか?

今回もいろいろと不備が見つかったようですが、予測コースに微妙な誤差があったのが一番の不安、と言う気がします。

にしても、この後はどうなるんでしょうね。北の三代目は何を考えているのやら。そしてあの日、何をしてたんでしょうか? 日本の右往左往をみて大笑いしていたのか、アメリカの攻撃を恐れてどこかに閉じこもっていたのか?

そういえば今回打ち上げた場所も気になりますね。外国の民間人もいる空港ですから、いざ発射前に攻撃しようとしても簡単に踏み切れるかどうか。何ともあざとい感じがします。

安倍首相は「更なる経済制裁」へと突っ走りそうですが、これはこれで心配があります。軍事力にそこそこ自信のある国が、石油を止められたら一気に勝てそうもない戦争を始めた例が3/4世紀ほど前にありましたよね。

締め付ければよいと言うものでもないようだし、何にしても「落としどころ」が見えませんね、この問題。

それと、いざと言う時、アメリカに梯子を外されたら、それもそれで怖いしな〜 本当に困る!

651系は平成元年3月のダイヤ改正で「スーパーひたち」としてデビューしたJR東日本初の特急型電車。正直、見た目は「そんなに…」でしたが、それまでの485系とは比較にならない乗り心地が印象的でした。

登場から30年近く経ち、既に「ひたち」の系統からは撤退していますが、常磐線のいわき駅と竜田駅との間で7月22日から一部の普通列車として651系が投入されました。

原発事故で分断された常磐線。あれから6年が過ぎて少しづつその運転区間は伸びているものの、今なお、竜田駅から浪江駅までが不通のままです。今年の10月には竜田駅〜富岡駅間での運転再開が予定されていますが、まぁ、残った区間が大変なんだと思います。本当に2019年度末に開業できるのかな?

それはさておき、今回651系普通列車が運転されるようになったのは現在の南側の末端区間。北側の末端区間は比較的行きやすいこともあって撮ったり乗ったりしているのですが、こちら側は国道6号線の通行が可能となった平成26年に2度ほど行ったきり。せっかくなので先週の土曜日に久しぶりに行ってみました。

651系の運用は午前と午後に1往復ずつ設定されています。午前の列車はいわき駅9:22発。当初は国道6号線で行くつもりでしたが少し寝坊してしまったので、常磐道経由で行きます。撮影場所に着いたのは9時ちょっと前でした。天気は… 雨です(泣) まぁ、小雨ですけどね。降ることは知ってましたけどね。この日しか行ける日なかったんですよね。

というわけで、小雨の中を走る651系普通列車竜田行きです(笑) 場所は末続駅〜広野駅です。

山の中から降りてくる感じ。

で、次の瞬間、太平洋が広がります。

少し広野駅側で戻ってくる列車を撮ります。

さらにもう少し広野駅側にあったお寺からの俯瞰。電車はこの区間の主力、E531系の付属編成です。前回来た時に走っていた415系1500番台は平成28年に姿を消してしまいました。

戻ってくる列車は広野駅の自由通路の跨線橋から撮ります。バックに見える2本の煙突は広野火力発電所です。
ホームには高校生が多数。活気を感じました。
震災前は田んぼが広がっていた海側は整地され綺麗なビルも建っていました。

角度は違いますが、こちらが平成9年に撮った広野駅ホームから海側の景色です。同じ場所とは思えません。

さて、午後の651系をどこで撮るかですが、午後になって日が差してきました。迷った結果、結局、午前と同じポイントで撮影。なんとも芸のないことですが…

戻りは国道6線からの俯瞰。ここは歩道がないので注意が必要です。

これで終了。帰りは国道6号線を帰ります。

今朝、何気に仙台空港のホームページを見てたら、なんか国際線のチャーター便がありますね。お盆休みにあわせての運行でしょうが、仙台8:30着とあるだけでどこの航空会社かわからない。とりあえが間に合いそうなので出かけてみました。

空港に着いてみたら、またANAのスターウォーズ767がいました。
 
今日は海風で山側からの着陸のようなので臨空公園に移動します。が、なんと、さっきのスターウォーズが海側から離陸していきました。

慌てて移動を開始したところに、海側から降りて来る1機の飛行機。予定よりも20分ぐらい早いし…

着陸シーンはダメでした(泣)

空港トンネルの入り口ポイントで。ここも木がずいぶん伸びました。

ということで、やって来たのはベトナム航空のA321でした。過去に見たことはありますが(いささか不本意な形ながら)撮るのは初めてです。

離陸は10:00。あの後、離陸は全て海側だったので再び臨空公園側に移動します。

水煙を曳いて離陸していくスカイマーク。

こちらは降りてきたANAの737。

この後、アイベックスやエアドゥの離陸を撮っていよいよベトナム航空。

って、タクシーウェイをやってくるベトナム航空。なんでやねん! 山側からの離陸?

せめて水煙を期待したんですが、普通に中途半端な感じで離陸していきました。

相性が悪いんでしょうか、ベトナム航空。行き帰りとも裏をかかれてしまいました(泣)

次のANAのQ400は海側からの離陸だったんですけどね。
なんかプロペラから渦を曳いています。これはこれでカッコいいです。

それにしても今日は8月とは思えない肌寒い日でした。空港へ行く途中のコンビニでは思わず温かいいお茶を買ってしまいました。休みの間はずっとこんな天気のようですね。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM