空港に初の路線が就航したりすると、その最初の便を放水アーチで歓迎するという慣例がありまして、ニュースなどでその映像を見ることがあります。一度、実際に見てみたいと思っていたのですが、ようやくそのチャンスがやってきました。

タイ国際航空が10月30日から就航させたバンコク〜仙台線(バンコク発は10月9日)。厳密には初就航ではなく5年半ぶりの復活運行ですが、放水アーチはあるはず、と踏んで当日の朝、仙台空港へ行ってみました。

展望デッキに上がってみると、既に2台の消防車が待機中。

期待して到着を待ちますが、天気が微妙。晴れ間は見えるものの雲が多数。日差しが出たり陰ったり目まぐるしく変わります。

7:45頃、海側から降りてきましたが、降りてくる途中でも日が差したり陰ったりで、撮りにくいこと甚だしいです。

降りてきたのはボーイング777の特別塗装機です。

一応、家を出る前にFlightradar24で確認していましたので驚きはしませんが、初フライトということで気を使ってくれたのでしょうか。

帰ってから調べてみたら、ロイヤルバージ塗装といい、側面に描かれているのは「王室御座船」。通常はバンコク新千歳・仁川・台北・北京・シンガポール・クアラルンプールの各線に投入されている機体だそうです。

ターミナルビルの前までやってきました。

放水開始!

残念ながら日は差してくれませんでした。

役目を終えた消防車が撤収。って時に日が差すという…

当初の予定では、着陸を撮ったら速やかに紅葉の鳴子峡方面へ転戦!というつもりでいたのですが、ロイヤルバージを撮れるのはこれが最後となる可能性、結構高そうですよね。とは言いつつ、離陸は約3時間後。

散々迷った結果、結局、離陸も撮ることにします。

近くで朝ごはんを食べて、空港周辺で適当に撮って、時間前に臨空公園に移動します。

11:30頃、若干遅れたものの、ほぼ定刻の離陸です。が、結局、ここでも日は差さず。

まぁ、今回は特別塗装機と放水アーチを撮れたので、これでヨシとします。

ちなみに今回は週3便の運行となっていますが、仙台空港で行われた歓迎イベントの後、タイ国際航空の社長さんがおっしゃるには子会社のタイスマイル航空を使って毎日運行も考えているとか。どうなるかはわかりませんが、それはそれで楽しみなことではあります。

今朝、起きてすぐテレビを見ると… 紅蓮の炎の中で崩れ落ちんとする建物。

また海外でテロがあったのか?と一瞬思ったのですが、次に聞こえてきたのが、「首里城」という単語。

何で首里城が燃えているんだ?

ようやく火事ということが判りましたが、衝撃が大きすぎです。

首里城には平成27年に一度だけ行ったことがあります。平成4年に復元された正殿は中国的な外観で朱色の壁や龍の装飾が印象的でしたが、中には畳敷きの部屋があって日本的な造りだったり、でも玉座はやっぱり中国風、何か琉球文化の奥深さの一端を見たような気がしたものです。

首里城はその後も復元作業が続き、完成したのは今年の1月だったとか。そういえば、行った時もまだ工事をしている一角がありました。

見事に甦った琉球の象徴ともいえる首里城焼失に、沖縄の方たちの喪失感は如何許りかと、心が痛みます。

まずは原因究明ということでしょうが、いずれは再建ということになると思います。平成4年当時の図面は残っているでしょうが、職人の技が残っているか、その辺が少し心配。
 
あの雄姿をもう一度見れることを心から祈っています。

選挙権を得てからそこそこ長い年月が過ぎています。ここまで、何回選挙があったのかは判りかねますが、私が投票しなかったのは2回だけです。

1回目は、二十歳の誕生日の少し前に金沢に行きまして、3週間ほど滞在したのですが、その間に二十歳になり、かつ、(国政ではない)選挙があったようなのです。帰ったら投票所入場券が郵便受けに入っていて、そこで初めて気づいたという次第。という訳で初めての選挙は行けませんでした。

2回目は盛岡に引っ越しして住民票を移した直後に衆議院選があり、これは投票する権利自体がなかったということで(厳密には旧住所で出来なくはないようですが…)、いずれにしても不可抗力。この2回以外は100%投票しています。

で、今日は、宮城県議会議員選挙の投票日でした。
 
が、すっかり忘れてた。

一昨日までは覚えていたのですが… 今日は朝から出かけていて、帰る途中、たまたまどこぞの投票所の看板を見かけて、それで思い出しました。家に帰ってから投票所に行ってきましたが、結構あぶないところでした。

にしても、争点がなんだか全然わからないし、そもそも7月に参議院選挙、8月には仙台市議会選挙があって、10月に宮城県議会選挙って… ちょっと続きすぎ。全然、盛り上がってなかったのもしょうがない気がします。

ちなみに、行ったのは17時少し前だったのですが、投票所に貼りだしていた15時現在の投票率は18.0%でした。

出来れば、投票は1回で済ませられるよう、もう少しスケジュールの調整とかできないのかな?

連日、台風の被災状況が報道されていますが、改めてその被害の大きさに驚いています。
  
被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

私のところは地形的に水の心配はほとんどありませんが、むしろ風の方が気になっていまた。結果、仙台の風速は最大で19.2m/sと思っていたほどではなく、被害らしい被害はありませんでした。

ただ、今回の台風は事前からちょっと異様な雰囲気が漂っていましたね。

最悪、停電もあるかもしれないと、当日の午前中、近所のスーパーに食料や雑貨の買出しに行ったのですが、思うことは皆同じで、土曜日の午前中とは思えない混みよう。駐車場はいっぱいだし、レジは長蛇の列。比較的回転がよいはずのセルフレジでも10分近く並びました。さらに途中でよったコンビには品不足状態で、パンの棚はほとんど空。

なんだか、あの震災の時を思い出してしまいました。

翌朝、テレビに映し出されたのは、泥水につかる家々、田畑。このところ毎年のように繰り返される光景ではありますが、発生箇所の多さが衝撃でした。

やっぱり地球がおかしいんでしょうかねぇ。

頻発する災害に対する備え、いろいろと見直す時期なのかもしれません。

具体的に、というと、まぁ、よくわからないのですが、例えば避難所。いまだかつて避難所というところに行ったことはありません。どこぞの体育館とか、寒々とした空間、固い床、プライバシーもなく、食べるものもままならない、そしてろくに情報もない場所に押し込められる、などというマイナスのイメージ。

行きたいかと問われれば「行きたくない」です。家で過ごせるならば家にいたい、というのが本音。もちろん尻に火がつくような状況になれば別ですが、今回、そのようなタイミングで避難所に向かい、その途中で被災された方が多数いらしたようです。

非常事態なんだからしょうがない、ではなく、自宅のように、とまでは言いませんが、ある程度快適に過ごせることがわかっていれば、安全な時間帯に、「じゃぁ避難所に行ってみるかな」となるのではないでしょうか。それだけでずいぶん助かる命があったのかも…

一応、先進国なんだし、災害大国でもある日本。費用とか大変かとは思いますが、工夫次第でなんとかなるような気がします。体育館にしても、設計の段階でそのような使用を想定して作るとか…

どうなんでしょうね、ここ数日間、報道を見ながらそんなことを考えてしまいました。

とりあえず、台風一過の下、広瀬川を渡る地下鉄東西線です。この日、県内のJR線は全滅でしたが、地下鉄は南北線、東西線とも平常運転でした。
一時期は1番上の「きわめて危険」なレベルまでいった広瀬川ですが、この時間帯は下から2番目の「注意」の状態まで下がっていました。それでもこんな感じ。

ちなみに普段の様子はこんな感じです。

まだまだ不自由な生活をされている方がたくさんいらっしゃいます。1日でも早く“普通な”日々が戻ることをお祈りいたします。

前回は、平成3年4月に南海電鉄貴志川線(現和歌山電鉄貴志川線)に乗りに行ったときの事を書きましたが、今回はその続き、というか、その前々日と前日のことを書きたいと思います。

前々日と言いながら、さらにその前日、懐かしの165系大垣夜行で東京駅を出発。切符は青春18きっぷを使っていますので、日付が変わる横浜駅までは普通の乗車券を使ったものと思われます。

大垣駅到着は6時57分。ここからは樽見鉄道で最初の目的地、谷汲口駅へと向かいます。

前回書いたように、この時は桜がテーマだったのですが、結果はイマイチ。どんよりした曇り空の上に、肝心の桜は5分から7分咲きというところ。それでも少しずつ天気が回復して、比較的マシな桜の木をいれて、当時の主力車両、ハイモ230。
開業当初に導入したレールバスの輸送力不足を補うために登場した車両です。

こちらはDE10タイプが牽引する客車列車。
この頃は、レールバスや比較的小型の気動車の輸送力を補うためか、多客時には客車列車も運転されていました。

しばし適当に撮りますが、11時18分発の上り列車で撤収。乗ったのは元12系客車とトロッコタイプ?の客車をつないだ列車でした。

貨車改造の客車、うすずみ1形の車内。
明るい車内。床は12系客車よりも高いハイデッカーでした。

大垣駅に戻る途中、「うすずみ1」から撮った貨物列車です。貨物列車もそこそこ運転されていました。というか、客車列車を牽いているディーゼル機関車も本来は貨物牽引用です。

大垣駅からは311系新快速で名古屋駅まで行き、ここからはキハ65+キハ58の快速「みえ」で四日市駅まで行きます。ここまで全く勝負にならなかった名古屋〜伊勢方面で、初めて近鉄に一矢報いた列車です。
 
四日市駅で降りたときに撮影したと思われる快速「みえ」。

この後は関西本線の213系、キハ58系、211系を乗り継いで、宿泊地となる奈良まで行きます。とりあえず途中、笠置駅の桜が満開なのを確認して、1日目はこれで終了です。

2日目の天気は小雨が降ったり止んだりの繰り返し。今ひとつテンションは上がりませんが、ともかく奈良駅から関西本線を戻り笠置駅へ行きます。

この頃の関西本線非電化区間は、数年後にはキハ120型が入ってくるという時期で、キハ58系が最後の活躍をしていました。

笠置駅の近くで。

笠置山では200円払ったとメモにあります。入山料でしょうか? ともかく山道を登って途中からの俯瞰です。

さらに登ってまたまた俯瞰。

だいぶ高く上がりましたが、一番上までは行っていないようです。とりあえず、登っていく途中にあった磨崖仏をみて、「なんか、思ってたのと違う」と思った記憶はあります(笑)

再び笠置駅で。
安定のキハ58系です。

笠置からは、鉄道とバスを乗り継いで長谷寺へ。旅行雑誌で見たお寺の建物と桜の写真がきれいで、行ってみたいと思っていたのですが、着いた頃には雨は本降り。雨に煙る桜の風情がよかったかどうかは微妙ですが、ともかく境内の石段に屋根がついていたのがありがたかったのは確かです。

長谷寺を出る頃には少し小降りになったのかもしれません。近鉄の長谷寺駅まで歩いていますが、思ったよりも遠くて、住宅地の坂道をひたすら登り、やっぱり素直にバスで桜井駅まで行ったほうがよかったかも…でした。

この日の宿泊地は和歌山だったので、桜井駅から桜井線で高田駅まで行き、そこからは和歌山線で、と思ったら、天王寺駅経由でした。改めて時刻表を見てみたら和歌山線経由の方が1時間ぐらい早く着くのですが、どうやら天王寺駅から和歌山駅まで381系の「はんわライナー」に乗りたかったようです。

ということで、ここからは前回の記事に続きます(笑)

昨年の11月に和歌山県の和歌山電鐵貴志川線に行ってきましたが、ここを初めて訪れたのは平成3年4月のこと。当時は和歌山電鐵ではなく南海電鉄の貴志川線でした。

そもそもこの時の旅は“桜”がテーマで、樽見鉄道の谷汲口駅、関西本線の笠置駅と廻り、3日目だったのですが、谷汲口駅の桜は5〜7分咲き、笠置駅はほぼ満開ながら雨降り、ついで“鉄抜き”ですが長谷寺もそこそこの雨と、今ひとつ不本意な内容がつづき、そして最終日にして3日目もまた雨。

この日は桜は捨てて南海の乗りつぶしということで、朝から和歌山港線の秘境駅、水軒まで行くつもり、だったはずなのですが… なぜか謎の行動。

水軒駅までは行かずに和歌山港駅で引き返しています。最初は寝坊でもして1日に2本しかない水軒行きの電車に乗り遅れたのかな、と思ったのですが、当時のメモや時刻表を見ると、乗ったのは和歌山市駅7時31分発の電車。水軒行きは和歌山港駅9時24分発。余裕じゃん。

てか、余裕がありすぎて、そこまで待っていられなかったのかな〜?

結局、8時2分発の電車で和歌山港駅から折り返し、当初の予定には無かった貴志川線に向かったみたいです。てか、それなら最初から貴志川線に行ってよ!という気がします。相も変わらずの計画性のなさが垣間見えます。

こちらは和歌山港駅に進入する1521形。

旧塗装の10000系特急サザンと並びます。

和歌山港駅から和歌山市駅まで戻り、JR和歌山線で和歌山駅へ。8時29分発の貴志川行きに間に合いました。

で、特に予備知識も無く訪れた貴志川線ですが、結果、よかったです。

今でこそ、水戸岡イズムあふれる電車たちが走っていますが、当時、貴志川線の主は戦前生まれの1201形。古色蒼然たるその姿、緑の濃淡の南海旧塗装がよく似合っています。

当時の印象としても“渋い!”でした。

途中、伊太祁曽駅のホームから、隣接する車庫で休む1201形を撮影。
ちょっと薄日が差してきましたね。

乗り潰しが目的ですので、終点の貴志を目指しますが、車窓に突然、桜、桜、桜。薄ピンク色が広がります。すぐに短い鉄橋を渡りますが、川ではなく大きな池みたいです。何、ここ?

で、次の駅が大池遊園駅。

思わず降りてしまいました。

天気は再び曇り空ですが、桜がいい感じ。駅から歩いて数分のポイントがこちら。

鉄橋を中心にいろいろと撮ってみました。

天気がよければ最高でしたが、まぁ、これはこれでいいかな。

この日は日曜日でしたが、人出はあまりなかったように記憶しています。同業者の姿はなく、行楽客が若干、というところでした。

撤収は大池遊園駅10時40分過ぎの上り列車(メモの“分”のところが不明瞭でよく判りませんが…)。貴志川線の乗り潰しもせずに、なんか早々の撤収という気がします。

この後は、和歌山駅から特急「スーパーくろしお8号」で新大阪駅まで直行し、13時40分発の「ひかり12号」で帰京しています。これだと寮には18時前には着いてしまいます。翌日の仕事を考えて、早めに帰ったのかもしれませんが、まだ若いんだから、もう少し現地でがんばってほしいところです。

で、時刻表をよく見ると「ひかり12号」の記事欄に「グランドひかり」とあります。

コレかな?

グランドひかりとは100系新幹線電車のJR西日本版で、2階建車両が4両つながっているのが特徴です。登場はこの2年前ですが、まだ乗ってなかったので乗ってみたかったのでしょうか? ちなみにこの「ひかり12号」がグランドひかりとしては東京行きの最終でした。

ん〜、乗りたかったんですかねぇ。今考えると、力を入れるところが違っている気がしますけど(笑)

蛇足ながら、このとき半端に残してしまった貴志川線と和歌山港線の完乗は5年後の平成8年でした。

先週の日曜日は仙台駐屯地へ行き、「東北方面創隊59周年行事」を見てきました。

毎年行われている行事で、ここ数年、連続で訪れています。主たる目的は、観閲式と観閲行進の間に行われる戦闘訓練展示(だったかな?)、要は模擬戦です。

それほど大きくもないグランドの中ですので、決して大規模ってわけではありませんが、目の前を戦車が駆け抜け、上空から戦闘ヘリが迫り、大砲が火を噴いて、とにかく大迫力です。

空砲とは言え、大砲や戦車が火を噴く瞬間なんてそうそう見れるものではありません。

ということで、火を噴く瞬間を捉えたい、というのが実はここ数年の課題です。大砲のほうは何とか撮れているのですが、戦車がタイミングがとれず全滅状態。今年こそは! の4年越しの挑戦です。

去年は少し出遅れてよい場所を取れませんでしたので、今年は仙台駅東口8時40分発、始発のシャトルバスで仙台駐屯地へと乗り込みます。その甲斐あって今年は無事に一般向けの椅子席の最前列を確保!

何ですが、様子が少し変。ていうか、入場した際に手渡されたパンフ。観閲式と観閲行進の間にあるのは、フラッグ隊の演技とMCV機動展示のみ。戦闘訓練展示はないのかな? 時間もフラッグ隊とMCV合わせて20分ちょっとで、いろいろやる余裕はなさそうです。

そういえば、会場も去年より空いているかな〜

とは言え、このMCVというのは、たぶん16式機動戦闘車のことですね。走るだけ、ってことはないだろうと期待して待ちます。後ろの方から「今年は何にもしねぇらしいぞ、もう帰るぞっ」なんて声も聞こえてきますが、ひたすら1時間待ちます(笑)

10時20分。観閲式が始まりました。こちらは概ね例年通りですね。隣の国が大嫌いな旗もはためいています。

観閲式後、フラッグ隊の演技も終わって、いよいよMVC機動展示が始まります。

会場左手から4台の16式機動戦闘車が入ってきました。
一見、戦車ですが、足回りはキャタピラではなくタイヤを履いています。

戦車ほどの攻撃力や防御力はないものの、高速道路を時速100kmで走れるとか、空自の輸送機で運べるとか、その機動性が“売り”のようです。

もう一つの“売り”が射撃統制装置で、砲の向きを変えずにスラローム走行をしながら射撃ができるとのこと。その実演がありました。

と言うことで、実際に(空砲ですが…)撃つところを見ることができました。

まずは軽くスラローム走行。車体がどちらを向いていても砲の向きは変わりません。

で、射撃!

なんですが… 炎は写ってませんね。肉眼ではオレンジの炎が見えたはずなのですが… 幻覚だったのでしょうか?

結局、その後も白い煙ばかりでした。

ん〜、何が悪いんだろう? まぁ、その迫力は堪能しましたけどね。 
 
はぁ〜、とりあえず、来年がんばろう(笑)

都合12発撃って機動展示は終了。そのまま観閲行進に移ります。昨年までは場所を変えて行っていたのですが、今年は観閲式や機動展示と同じ場所。移動がなくて楽です。椅子に座ったままだし…

左手から次々といろいろな部隊の様々な車両が入ってきます。

そして、古豪、74式戦車。

やっぱ、渋いっす。16式機動戦闘車を見た後だと、その古めかしさは否めませんが… でも、これこそ戦車!って感じです。

最後に上空を行くヘリ部隊と空自のF-2戦闘機を見送って今年も終了。写真的には不本意ですが、それなりに楽しめました。にしても、いつも思うのですが、これらの兵器が何事もなく退役できるのが一番ですよね。16式機動戦闘車が実戦に投入される状況なんて本当に考えたくもないです。

最後に売店で手袋を買って帰りました。自衛官仕様の手袋は庭仕事に最適です(笑)
 
それはそれとして、来年は創隊60周年。ちょっと期待したいところです。

昨日のことですが…

三連休の最終日、天気はイマイチ。

どうしようかな〜 と思いつつ、パソコンでEH500の運用を見てみたら… ん? EH500の2号機、901号機、1号機が、わりと短い間隔で次々と下ってくる。

先週は1号機を撮り逃しているし、そういうことならば、天気は悪いけど、これは行かねば!

ということで、張り切って出かけたんですが…

現地に着いて、改めてスマホで運用を再確認したら、朝見たのと全然違うし…

で、2号機だと思っていた列車の先頭には33号機。

ダメじゃん。朝見たのは、いったい何だったんだ?

ふぅ〜 情弱ですねぇ。

もうダメな予感しかしないので、撤収しますが、家に帰り再度パソコンでチェックしたら、スマホで見たのと同じ。ホントにいったい何を見たんでしょうか?

とりえず、この日は次位にHD300をぶら下げた9号機を撮れたのだけが収穫でした。

昨日書きましたけど、昨日は終日晴天で、仙台空港にJALのB787が来て、EH500-1が撮りやすい時間帯に走って、という日でした。

仙台空港で少し撮ったあと、タイミングを見計らって東北本線へ。

EH500-1は仙台貨物ターミナル駅を10:46に発車。JALのB787は仙台空港着が12:49なので、それほど時間的余裕はありません。ということで、手近な岩沼駅の少し槻木駅寄りのポイントに行ってみます。

ここで撮るのは、ずいぶん昔にリバイバル運転された583系「ひばり」を撮りに来て以来かも。

着いて間もなくやって来た下りの貨物列車。

上り貨物を待ちますが、来たのは701系。

ちなみにこの直前にまた下り貨物が来ましたが、角度が悪くてうまく撮れませんでした。初期型だったので、後で調べてみたら3号機でした。

で、肝心の1号機がちっとも来ません。スマホで見てみたら50分遅れているみたい…

待ってたらB787が来ちゃうなぁ〜、鉄的にどうかとは思いますが、今回はB787を優先して撤収。

午後になってもう一度戻って来ました。もちろんEH500-1はもう行っちゃってますが、ここは午後が順光。E721系を撮っておきます。

この後、上り貨物も撮りましたが、イマイチでした。

それにしても、景色はもう秋ですねぇ〜

三連休の中日、久しぶりに晴天の休日です。

とりあえず仙台空港に立ち寄って、北釜大橋で撮影。この後は、福島方面へ出かけるつもりでいたのですが、何気にFlightradar24で見たら、というか、偶然にホノルルから仙台に向かっているJALのB787を発見。あわてて仙台空港のHPを見たら該当のチャーター便がありました。仙台着が13:00ですが、これが12:49着に変更になっていました。

ANAのB787は何回か撮っていますが、JALのは仙台空港では撮ってない気がします。

ついでにEH500の1号機が走ってるのにも気づきました。仙台貨物ターミナル駅発10:46発の上り列車。なんかB787とセットでちょうどいいかも。福島行きは、また後日とします。

ターミナルビルで少し撮ってから、東北本線に転戦して、仙台空港に戻って来たのが12時ちょっとすぎ。

着いて間もなく海側からB787の真っ白な機体が降りてきました。

この後は離陸も撮りたいのですが、この日、仙台空港を出発するチャーター便の設定はありません。とはいえ、仙台に置きっぱなしにするはずもありませんので、いずれは出るはず。臨空公園近くでしばし待機。

暑い中待つことしばし、結局、離陸は14:40頃でした。
Flightradar24によると成田に向かったようです。
 
何にしても、今日は終日、良い天気でした。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM