今日は午後から街に出たのですが、買い物途中にふと空を見上げてみればちょうど日が沈むところ。

午前中はイマイチの天気でしたが、午後からはすっかりいい天気になりました。澄んだ空に一筋の飛行機雲が伸びていきます。慌ててコンデジを取り出してパチリ。

こちらは後ろの雲が少し彩雲っぽくなっています。

まぁ、それだけなんですが、秋っぽいっちゃ秋っぽい空でした。

地下鉄東西線や「るーぷる仙台」を撮りに行った翌日の日曜日。この日こそはゆっくりしようと思っていたのに… またしてもよい天気。午後から曇るという予報だったのに昼前でその気配なし。

で、結局出かけてしまった…

駅前でちょっと用事を済ませて、行った先は仙台空港。駅前経由なので電車で行ったのですが、空港アクセス線に乗るのもかなりひさしぶりです。

早速、展望デッキでお目当ての飛行機を待ちます。

予定よりも遅れること約15分。来たのはいいんですが、残念ながら山側からの着陸。着陸ポイントは遥か向こうなので飛んでる姿を見ることは出来ません。何とか撮りますが、なんだかよく判りません。

これでした(笑)

エバー航空の「バッドばつ丸 ファントラベルジェット」。詳しいことは知りませんが、サンリオのキャラクターらしいです(汗)

エバー航空は以前からサンリオと提携して特別塗装機を飛ばしています。現在は7パターン存在しており、3月には新千歳空港で「サンリオキャラクターズ」を撮りましたが、この機体は初めて見ます。

着陸はダメでしたが、このまま風が変わらず山側から離陸してくれると展望デッキからでもきれいに撮ることができます。ということで期待していたのですが… 変わっちゃったみたいです、風。

海側から降りてくるIBEXのCRJ。

むすび丸ジェットでした。

離陸も着陸も海側からになってしまいましたが、時々、へそ曲がりがいます。流石は中国。中国国際航空は逆らって山側からの離陸(笑) 手前は海側から着陸してターミナルビルに向かうJ-AIR。

で、肝心のエバーはといえば、なかなか飛びません。16:15の出発時間が過ぎても気配ゼロ。ボーディング・ブリッジは既に外れていますが、貨物室のドアが開いたまま。

しばらくしてようやく貨物室のドアが閉まりました。エンジン音が響き、背中とお腹の赤いランプが点滅。

いよいよかと思いきや、間もなくエンジン音が止まってしまいました。

ん? 気づけばボーディング・ブリッジもまた飛行機にくっついて、またまた飛ぶ気配ゼロ。

17時を過ぎて、だいぶ薄暗くなってきました。

もう少し待ってみましたが、無理っぽいです。この日は電車でしたし、あまり遅くもなれないので、ここで撤収。残念ながら離陸は見れずじまいでした。

あとで他の方のブログで見たら、機体のトラブルがあったようで、飛んだのは翌日だったようです。

乗客の方たちはどうやって夜を過ごされたのでしょうか? 台湾の方が多かったでしょうし、大変だったでしょうね。お疲れ様でした。

諸事情ありましてしばらくお休みをしていましたが、少し落ち着いてきたので2ヶ月ちょっとぶりの再開です。

てか、もう11月。

早いもんです。仙台の街も次第に秋色に染まって来ました。

少々、疲れも溜まっていましたので週末はゆっくりと過ごすつもりだったのですが、土曜日の朝、起きてみたら抜けるような青空。どうしようかなと、ちょっと迷ったものの出かけてみることに…

とりあえず近場で地下鉄東西線。

地上で撮れる場所は大町西公園駅と国際センター駅間の広瀬川橋梁のみ。定番の国際センター駅側ではなく反対側の西公園から狙って見ます。

このポイントは開業当時は入れなかったような気がします。ということで初めて来ましたが… 予想以上に使えないです。

ホントになんでこの架線柱とビームにしたかなぁ〜 電車の顔がギリアウト(泣)

これが精一杯です。

場所を変えて西道路の入口近くにある歩道橋上から、木々の間から顔を出したところを狙ってみました。

同じ場所から仙台の観光用のループバス「るーぷる仙台」。車両は「黄緑」。

今度は少し東側の西公園通りと広瀬通の交差点にかかる歩道橋から「るーぷる仙台」。こちらは「黄」の二代目。るーぷるの中では最新の車両です。

この後は広瀬川を渡って反対側の仙台城址へ行ってみます。

開業前の試運転の時には木々の陰になりほとんど見えなかった東西線ですが、その後、木の高いところを伐採したのか、それなりに見えるようになっています。

ちょっと下流の大橋を行く「るーぷる仙台」も見えます。ちょうど仙台市電色がやって来ました。

タイミングが合えば東西線と「るーぷる仙台」の両方を撮ることもできます。が、タイミングか微妙すぎる。

上の写真を撮ったのと同じ場所から見た評定河原橋。大橋の1本下流側にある橋です。瑞鳳殿を出たばかりの「るーぷる仙台」が走っています。

この日は仙台城址から太平洋を行く船舶や、岩手県との県境にある栗駒山もはっきりと見える良い天気で、気温もほどほどの過ごしやすい一日でした。

 

ということで、少しずつ再開です。

 

今日は普通どおりに家を出て、いつもどおりに会社の最寄り駅まで来たものの、そこでとある事情により一度家に帰り、そこから再び出社、という朝からしょうもない日でした。

で、朝から通算3回目の仙台駅に到着したのが定刻なら10:06ですが、少し遅れていましたので10:10ぐらいでしょうか? ともかく着いたので降りようとした仙山線の電車。

ん? 何か違和感。

反対側の窓の向こう側にシャンパンゴールドに輝く車体。その窓越しに洒落たソファも見えます。

四季島?

久しぶりに見ました。冬のコースの時は東北本線や陸羽東線で何度か撮りましたが、それ以降はすっかりご無沙汰です。

なんでここにいるのか判りませんが、とりあえずホームに出て撮ります。
が、いつものことながら仙山線の電車が邪魔(笑)

しょうがねぇな、ということで、四季島か仙山線のE721系が動くのを待ちます。仙山線の下りは10:26発なので、仙石線の乗り継ぎを考えるとそこまでは待てそう。

結局、行き違いとなる上りが着いて下りが出る前に、軽快なミュージックホンを鳴らして四季島が動き出しました。

後姿。10両編成の車体がうねうねと走り去っていきました。

こちらもとっとと会社へと向かいますが、何だったんでしょう? とりあえずお客さんは乗ってなかったようですが…

後から調べてみたら、8月18日発で2泊3日のコースがありました。鶴岡市の赤川花火大会や恐山の観光がメインのようですが、今日は青森駅から夜行でやってきて、白石駅で天童に向かうお客さんを降ろしたようです。

その後は、山形駅からとれいゆつばさでやってきたお客さんを福島駅で再び拾い上野駅を目指すというスケジュールで、仙台まで来る必要はなさそうですが、留置線の都合なのか整備の都合なのか、いちど仙台の車両センターまで引き上げたということでしょうか? まぁ、わかりませんが…

何にしても、思わぬところで思わぬものが見れました。

昨日は仙台空港にべトジェットエア(Vietjet Air)が飛来しました。あまり聞きなれない航空会社ですが、ベトナムのLCCだそうです。実は今年のGWの期間中も来ていたようなのですが、その時は気づかずに撮り損ねてしまいましたので、ワタシ的にはお初の航空会社です。

なのに、何ということでしょう、寝坊してしまいました(笑)

仙台空港のHPには着時刻の記載はなく、発時刻は9:30。で、起きたのが8時ちょっと前。離陸はギリ間に合いそうですが、離陸の1時間前程度と想定される着陸は絶望。

ところが、出発時刻の変更が出ていました。10:30発。ということは…、到着は9:30頃?

押っ取り刀で駆け付けた仙台空港。着いたのは9時過ぎくらい。前回、中国国際航空の特別塗装機を撮ったのと同じになりますが、空港の展望デッキに行きます。

9:21頃、東の海上に赤と白の機影が見えました。

日本の航空会社にはなかなか無い派手な色使いの塗装は、ベトナム国旗をイメージしているようです。

行違うのはスカイマークのタイガースジェット。

仙台の中心部を見て着陸。

離陸していくタイガースジェットともう一度すれ違います。

日本のLCC、ピーチと。塗分けパターンは何となく似てます。

この後は、離陸を撮るため臨空公園手前のポイントに移動。チャーター便だしそもそも遅れているんだから少し早く出るかもしれないと、10:10頃には待機しますが動く気配まったく無し。

結局暑い中、待つこと約1時間。ようやく飛んでくれました。

夏の雲に南国の航空会社がよく似合いますね。

べトジェットエアは15日にもやって来ますが、その日は残念ながら行くことはできません。ということで、次は年末に見れるかな〜(笑)

先週の日曜日、船岡駅〜大河原駅間で651系を撮った後、そのまま帰るのも何なので、仙台空港に立ち寄って見ました。

が、そこそこ暑いし天気もイマイチ。ぼ〜としてる間に「むすび丸」のCRJは撮り損ねるし、やっぱり帰るか、と思ったものの、ちょっと気になってFlightradar24を見てみると、既に北京を飛び立っている中国国際航空が特別塗装機のようです。

 

とは言いつつ、北京から上海に寄ってから来るので、仙台到着は約4時間後。どうしようかと悩みますが、まだ見たことがなかったので、一度は撮っておこうかと待つことにします。

 

お昼を食べたり、ちょっと買い物をしたりして時間を潰し、空港に戻ってきたのが14時少し前。この日は(見ていた範囲では)ずっと海側からの着陸だったので、最近出来た避難丘からでもよいかと思ったのですが、最悪、山側から降りてきても機体は撮れる空港ターミナルの展望デッキを選択。


待っている間に土砂降りの雨があって、気温もだいぶ下がり過ごしやすくなりました。

到着予定時刻は14:25でしたが、少し遅れてやってきたのは14:45ごろ。

IBEXとANAを待たせて着陸。

なかなか派手な塗装です。鳳凰をイメージしているようです。

先ほどの大雨で濡れた路面に機体が映ります。

せっかくなので、臨空公園近くのポイントに移動して離陸も撮っておきますが…
なんか、暗くなっちゃいました。

なんにしても、この手の特別塗装機はテンションが上がります♪

先週の金曜日、久しぶりに仙台駅で651系電車をみました。「“仙台⇔舞浜 直通! 夜行列車で行く” 東京ディズニーリゾートへの旅」という企画に合せて仙台まで回送されてきたようです。土曜日の夜に仙台駅を出て舞浜駅まで行った列車は、日曜日の早朝に仙台駅に戻ってきます。

ということで日曜日の朝、無事に起きることができましたので撮りに行ってきました。

震災前までは、スーパーひたちとして常磐線経由で上野駅と仙台駅を結んでいた651系。今回は東北本線経由ですので、どうせだから東北本線とわかる場所で撮りたいと思い、撮影地は船岡駅〜大河原駅間のいわゆる一目千本桜。もちろん桜は咲いてませんが、蔵王が見えないかなぁ〜と期待します。

現地に着いたのは6時少し過ぎ。既に何人かのご同業の方々が待機中です。651系は7時に仙台駅着ですので、来るのは6時半過ぎぐらいと想定します。

跨線橋の上で待つこと暫し。概ね想定どおりの6時半過ぎに651系がやって来ました。
で、あっという間に通り過ぎていきました。

この日の予報は曇りでしたが、日も差してくれて、うっすらながらも蔵王も見えました。

この後、返しの回送があったんでしょうけど、時間がわからなかったのでコレで撤収です。

走る651系を撮るのは一年前に常磐線のいわき駅〜竜田駅間(今は富岡駅まで)で運転されていた普通列車以来です。特急列車ではないけれど、やはりそれなりの風格はありますね。

ついでに、1997年に仙台駅で撮った在りし日の「スーパーひたち」ですが、ヘッドマークは「常磐線100周年」の特別バージョンです。
常磐線は2020年の3月までに全線での運転を再開する予定ですが… どうなんでしょうね。

昨日の午後、仙石線は架線の不具合で電車が止まっていました。帰る頃には動き出しましたが、ほぼいつものタイミングで来た電車は(「どこトレ」を信じれば)3時間遅れでの到着した。その後の電車はかなり間隔が空いたようなので、まずはラッキーでした。と、思ったら、今日も仙石線は架線点検でダイヤがぐちゃぐちゃ。今日はタイミングがあわずバスで帰って来ました。

で、昨日の事です。仙台駅で仙石線から仙山線に乗り換えるのですが、地下から上がってくるエスカレーターの窓からチラリと見えたのが651系電車。651系はあの震災前にはスーパーひたちとして1日に4往復ほど仙台駅まで来ていましたが、震災後に見るのはたぶん初めてです。

急いで仙山線のホームに降りると、そこそこ同業者の方がいますね。そこに紛れてコンデジで撮っておきます。

7両の基本編成でした。

8番線に入線してきたE721系と。

ここまでの経験則だと、8番線の電車が出る前に側線の電車が出ますので、発車のシーンを撮ろうかと思ったのですが、ついつい座って帰る方を優先してしまいました。昔はこんなことなかったんだけどなぁ〜 歳かな(涙)

それはそれとして、この651系、なんだろうと思って調べてみたら、「“仙台⇔舞浜 直通! 夜行列車で行く” 東京ディズニーリゾートへの旅」。今日の夜9時過ぎに仙台駅を発車して明日の朝7時前に舞浜駅に着くようです。と言うことは、今頃は郡山あたりかな? まぁ、どこかで時間調整をするんでしょうけど…

にしても、「夜行列車」と言う響き、いいですね。

ちなみに土曜日に舞浜駅を出て仙台駅には日曜日の朝に帰ってくるみたいなので、撮りに行ってみようかな。起きれたら、ですが…

「あ、暑い(-_-;)」というタイトルで記事を書くのは2回目です。前回は2007年の8月15日でしたが、この日の仙台は78年ぶりに最高気温を更新して37.2度でした。

そして今日の最高気温は37.3度! 11年ぶりの記録更新です!! おめでとう!!!

って、めでたくはないです(-_-;)

11年前はお盆の時期で家にいたようですが、今日は普通に会社に行っていました。出社してしまえばビルの中はそれなりには快適ですが、昼過ぎに一度外に出たら暑いというか日差しの圧力がものすごくて、速やかに引き返しました(笑)

にしても、仙台では一時期ゆるんでいた暑さが一気に復活してしまいました。これだけエアコンを使う夏は初めてかも…

先月末には日本記録も更新したし、訳のわからんコースを辿る台風が来たり、大丈夫か日本?

そして、大丈夫なのか、エアコン全開の日が続く我が家の家計!(爆)

一昨日、松島基地にブルーインパルスを撮りに行ってきましたが、ついでと言ったら何なんですが、石巻線で貨物列車も撮って来ました。

一応、運用表は見ていたのですが、もう一つわかってないかも。涌谷駅〜前谷地駅で、“上り”が来るかと待っていたら“下り”が来ました(笑)

この後、来ると思った貨物は結局来なくて、こちらは上りの普通列車。
草刈りするおじさんの横を走るキハ110系の前を、さらにトンビが横切っていきました。

これはほとんど想定通りに来た下り貨物を佳景山駅〜鹿又駅で。

これを撮ったところで、一時中断、松島基地でブルーインパルスを撮ってから、再び石巻線へ。一度行ってみたかったトヤケ森山(鳥屋森山)へ行ってみます。

一見、見落としそうな登り口から対向車が来ないことを祈りつつ上ること数分。山頂近くまで車で行くことが出来ます。そこから数分歩くと山頂に到着します。

標高173.6mの山頂は360度の絶景ポイント。蛇行しながら流れる旧北上川、石巻市街、そして石巻線の佳景山駅〜鹿又駅〜曽波神駅、さらに石巻駅〜陸前稲井駅も遠望できます。

山頂で列車が来るのを待っていたら、さっきまでいた松島基地にC130輸送機が降りていきました。

佳景山駅〜鹿又駅の下り回送列車。

石巻駅〜陸前稲井駅で、旧北上川を渡る下り普通列車。

鹿又駅〜曽波神駅の上り貨物列車。
手前にちっちゃく写ってます(笑)

 

貨物列車と鹿又駅で交換したさっきの回送列車がやって来ました。

高圧電線が結構目立ちますね。

トヤケ森山からの風景。南東方向です。石巻市街地はもう少し左側になります。

トヤケ森山を下りて、最後に佳景山駅〜鹿又駅で下り普通列車と上り貨物列車を撮ってこの日の撮影は終了。

終日、微妙な天気でしたが、まずまず楽しめた一日でした。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM