今朝の河北新報に載っていた鉄道ネタです。

次世代新幹線 試験走行へ

JR東日本の試験用車両「ALFA-X(アルファエックス)」の試験運転を今年の5月から東北新幹線の仙台〜新青森間で開始する方向で検討されているそうです。

・走行期間は2022年3月まで。
・営業運転360km/hを目指し、安全面や環境性能を検証する。
・車両性能の確認試験では、400km/hでの運転も数回行う。
・運転頻度は週2回程度、年間最大70日となる見込み。
・原則、営業運転終了後の夜間に行われる。

これだと、走る姿を目にする機会はほぼ無いかな〜 カッコいいかどうかは置いといても見た目のインパクトはありますからねぇ。

ALFA-XことE956形電車は、既に先頭車両が公開されていますが、新青森方の10号車は現行のE5系(これでも登場時はかなりインパクトがありましたが…)と比べて、ノーズの長さが7mも長くなっており、車両のほとんどがノーズ。客席の窓はわずかに片側3つのみと、かなり特徴的なスタイル。

日本の高速鉄道の宿命とはいえ、苦労がしのばれるデザインです。

この試験結果が反映される次世代新幹線は、北海道新幹線の札幌延伸時に登場することになりますが、2031年春か〜 結構先の話ですね。

もう一つ、

阿武急に新型車両到着

福島駅と宮城県の槻木駅を結ぶ阿武急こと阿武隈急行。現行車両は1988年に登場した8100系電車のみ。登場から30年を過ぎだいぶ老朽化が進んでいるとのことですが、厳しい経営状態の中、ようやくの新車登場です。

・新型車両2両(1編成)が、2月22日に梁川車両基地に搬入された。
・営業運転は7月1日からの予定。
・今回の2両の更新費用は約4億5千万円。
・国の補助薬1億5300万円を活用。
残りは福島・宮城両県と沿線5市町が会社分も含めて負担。
・新年度も2両(1編成)を導入予定。

こちらの記事には写真も載っていました。
これで見ると、個人的に密かに恐れていた(笑)E721系がベースですね。JR東日本以外では、仙台空港鉄道、青い森鉄道に続き3例めとなりますが、これで仙台付近の電車は地下鉄や仙石線を除くと、いずれみんな同じ顔になっちゃいます。ちょっと残念でした(^^ゞ

まぁ、オリジナルの電車となると、それだけで割高になるでしょうから、止むをないのでしょう。何はともあれ、新車が入り、鉄道が存続するということを素直に喜ぶべきですね。

ちなみに塗装は前面は薄い藍色、側面はステンレスのままで前方に阿武急をあらわす“A”のデザイン文字が入っていますが、A417系でも取り入れられた阿武急独特のラインは継承されないようです。

かつて、仙台市内を走っていた仙台市電。

昭和51年3月に全線廃止となり、車両の大半が解体されてしまいましたが、主力車両だった100形のうち5両が、遠く九州の長崎市へと譲渡されていきました。

長崎電気軌道では、仙台(センダイ=1000台)から昭和50年代に来た車両ということで、新たに1050型という形式を与えらました。行ってしばらくの間は普通に使われていたのですが、冷房化に対応できなかったりして、使いにくかったのでしょうか、いつの間にかラッシュ時のみの運行となり、平成11年ぐらいからは貸し切りやイベント時のみの運行となってしまったようです。

そして平成2年から少しずつ引退が始まり、いつの間にか残っているのは、懐かしの仙台市電色に塗り替えられた1051号(元117号)のみとなりました。

あの東日本大震災の時は、1051号が車内に募金箱を置いて長崎市内を走ったというニュースを、ありがたい思いで聞いたのを思い出します。

その1051号引退のニュースが、先週土曜日の河北新報に載っていました。同時に引退となる元東京都電の701号、元箱根登山鉄道の151号とともに、3月30日にさよならパレードを行い、その幕を下ろすこととなるそうです。

今や、走ることができる唯一の仙台市電の車両でしたが(厳密に言えば、シドニーのトラム博物館に行った1054号は動態保存されているはずですが…)、これでついに姿を消すことになります。

寂しいなぁ〜

とはいえ、登場から66年、長崎に行ってからでも既に43年。仙台にいた期間よりも長崎の方が遙かに長いんですね。ここまで大事にしていただいたこと、長崎電気軌道さんには“感謝”です。

そして3月23日には1051号のさよなら運行」が行われ、事前に申し込めば乗ることもできるようです。

はぁ、行きたい。

先週の土曜日に、キハ40系「風っこ」と「みのり」の中間車で運転された「風っこストーブ女川号」を、東北本線と石巻線で撮って来ましたが、その時に石巻線で貨物列車なんかも撮りましたので、こちらも載せてみたいと思います。

下りの「風っこストーブ女川号」を撮った後、同じ場所で撮っていた方から、「すぐに上りの貨物が来ますよ」と聞き、待っていたらこれが来ました。

ありがとうござます。待っている間のお話も興味深く聞かせていただきました。

さっきの貨物列車と涌谷駅で行き違いの下り普通列車。
下りの「風っこストーブ女川号」はここで撮るつもりだったのですが、バックがいろいろとうるさくてやめてしまいました。

久しぶりに鹿又駅近くの樺太屋でチャーシューメンでも食べようかなと思ったのですが、土曜日のお昼時ということで、店の前の駐車場はいっぱい。諦めて鹿又駅に行ってみたら、ちょうど下りの貨物列車がやって来ました。

貨物列車はそのまま駅で停まってしまったのですが、ここで行き違い? ただ、この時間帯に上りの普通列車はありません。ということは上りも貨物列車?

ここで貨物列車同士の行き違いもいいですが、ちょっと河岸を変えて、曽波神駅側に移動。ちょうど上り貨物列車が撮れました。

ちょっと雪が強くなってきました。

すぐに、さっきの下り貨物もやって来ました。

三連休の初日だったので、貨物列車は休みが多いかと思っていたのですが、けっこう動いてました。この後も、もう1本貨物列車を撮れました。

もう一度、樺太屋に行ってみたけど、やっぱり混んでいるので、さっきの場所に戻って下りの普通列車を撮影。

この後は、上りの「風っこストーブ女川号」を撮るために、石巻の北上川鉄橋に移動。お昼は結局、吉牛でした(笑)

先月末に、仙台駅〜鳴子温泉駅間で運転された「風っこストーブ湯けむり号」を、東北本線の仙台貨物ターミナル駅の予定地で撮って来ましたが、昨日も、同じ編成で仙台駅〜女川駅間の「風っこストーブ女川号」が運転されました。

前回はあまりにも手近すぎの場所でしたので、ちょっと出かけてみました。とは言いつつ、天気は曇りベースでたまに小雪が舞う天気。しかもメチャ寒いし… どうせなら降ってくれた方がうれしいかも。

何はともあれ、まずは小牛田運輸区から仙台駅までの送り込みを、東北本線の品井沼駅と鹿島台駅の間にある吉田川の鉄橋で狙います。

最初は、「みのり」の送り込み。中間車を抜いた2両編成です。

40分後に「みのり」の中間車を先頭にした「風っこストーブ女川号」の送り込み。
橋の下をくぐって反対側から。こちらからだと足元がすっきりです。

さらに30分後、鉄橋の対岸側に河岸を変えて、新庄駅に向かう「みのり」。
絵面的にはさっきの送り込みと同じ感じになってしまいました。

「みのり」を撮ったら、「風っこストーブ女川号」は石巻線の涌谷駅と前谷地駅の間の定番ポイントで撮ります。
モノトーンの背景に鮮やかな緑色が映えますね。

「風っこストーブ女川号」は女川駅に到着後は、一度、石巻駅まで回送されるそうで、そちらで更に撮ることもできそうですが、今回は、この周辺で、貨物列車や110系を撮っていましたが、上りの「風っこストーブ女川号」は陸前稲井駅と石巻駅間の北上川の鉄橋で撮影。

これを撮って、撤収だったのですが、タイミング的に本線でも撮れそうだと気づいて、松山町駅と鹿島台駅間の踏切でもう一枚。
小牛田運輸区への戻しは既に日が暮れるので、これで撤収です。

ちなみに「風っこストーブ女川号」は今日と明日も運転されます。

先週の土曜日、久しぶりにまとまった積雪があったので東北本線の愛宕駅〜品井沼駅間で撮って来た、という記事を書きましたが、その最後の最後に撮り損ねた、40系気動車の「風っこ」+「みのり」の編成。

帰ってから調べてみたら、仙台駅と鳴子温泉駅を結ぶイベント列車、「風っこストーブ湯けむり号」でした。まぁ、そんなに「撮りたい!」って程でもありませんが、撮り損ねた、という想いがあるので、なんか引っかかってしまいます。う〜ん、翌日の日曜日も運転がありますね。

しょうがないので、日曜日に撮ってきました(笑)

陸羽東線まで行くほどでもないか、ということで、行ったのは手近な東北本線の東仙台駅と岩切駅の間、仙台貨物ターミナル駅の予定地。行くたびに少しずつ様相が変わってはいますが、まだ大丈夫です。

で、撮ったのは、営業運転ではなく、小牛田運輸区から仙台駅までの送り込み。時間はわかりませんが、営業運転の仙台駅の発車時刻が9:13。ここから逆算して8:40から8:50ぐらいの間ぐらいとあたりを付けますが、実際に来たのは8:54でした。

踏切で撮影。
先頭は「みのり」用のキハ48ですが、普段はあまり先頭に出ることのない中間車です。種別表示の「回送」はちょっと残念ですが、しょうがないですね

ここでいったん撤収。戻って来たのは約6時間後。鳴子温泉駅まで行った「風っこストーブ湯けむり号」も戻って来ます。

やって来たのは15:19。南側の仙台バイパスの陸橋から撮影。

種別表示は「臨時」です。

もう少し待って、小牛田運輸区までの戻しも撮影。場所は北側の陸橋の上から。

ということで、仙台貨物ターミナル駅予定地の現状もあわせてのご紹介でした♪

てか、ここで撮れるのってあとどれくらいなんでしょう? 

今朝起きたら、そこそこ雪が積もっていました。久しぶりの雪景色。ということで久しぶりに東北本線の愛宕駅と品井沼駅の間で撮って来ました。

と言っても家を出れたのは10時過ぎぐらいで、現地に着いたのは12時少し前。樹々にくっついてた雪はすでにほぼ落ちていますし、線路の雪もほとんど融けてます。まぁ、しょうがないです。

陸橋の上から、後ろにDE10をぶら下げたEH500牽引の下り貨物。

陸橋の反対側から、こちらは上りの貨物。

適当に撮ったら、品井沼側の踏切で。

下りの貨物。

この場所は下り列車が撮りやすい場所なのですが、この後は来る貨物は上りばっかり。なんと5本も続きますが、この間、下り貨物は1本も来ず。残念。

この日、見た唯一のEH500の初期型。

少し雪が強くなってきました。

下りで来るのは普通電車ばかり。

この後の予定もあったのでここで撤収。ってその間際に上り列車がやって来ましたが、普通電車かなと、つい見逃してしまったら、「みのり」用のキハ48を先頭にした「風っこ」でした。

しまった!と思ったときは手遅れ。そこそこ凹んでの撤収でした(泣)

ふと気づけば、今年になってからまだ一度も“鉄道ネタ”を書いてない。

『汽車Poppo』を名乗っていながらなんということでしょう。って、ほどじゃないけどさ。

まぁ、それはさておき、時計です。

一応、腕時計は持ってはいますが、普段はスマホで済ませてしまい、ほとんど使っていません。使うのは旅行中か、それなりに気合が入れて、鉄道や飛行機の写真を撮りに行くときぐらいです。

で、数日前、少し気合を入れて写真を撮りに行くのに、腕時計を…と思ったら、ん? 電池切れ。

しょうがないと代わりに手にしたのは鉄道時計。鉄道の現場で使われている、いわゆる懐中時計です。結局、ポケットに入れるしかないので、時間を見るという点ではスマホと大差なく、スイッチを押さなくてもよい、というだけではありますが…

そもそもこの時計を手に入れたのは平成9年。当時は岩手県の盛岡市で働いていたのですが、盛岡市郊外で開かれたとあるイベントの手伝いに引っ張りだされまして、会場内をブラブラしていたら、JR東日本さんのブースで見つけたものです。

きれいに並べられているわけではなく、箱の中に無造作に入れられた鉄道時計。値段は1500円ぐらいだった気がします。

思わず買おうとしたら、係りの人が言うには「動くかどうかはわからない」。

え〜っ、それじゃなぁ、で一度は見送ったのですが、しばらくしてもう一度前を通ったら、さっきの係りの人が「動くのあったけど、これどう?」。

もちろん買いました(笑)

表側。

メーカーはセイコーで、クォーツ時計ですね。さすがに手巻きではありません。文字盤の“6”が光の反射で見づらいですが、実際には普通にきれいです。

裏面を見ると…

見づらいですが「昭59 3」「盛鉄」の刻印。

それぞれ「昭和59年3月」「盛岡鉄道管理局」のことだと思われます。この時点で13年ですから、それほど古いものではありません。この時計の耐用年数がどれくらいなのかはわかりませんが…

で、久しぶりに手にした鉄道時計ですが…

秒針が止まってる。こっちも電池切れ? それとも故障?

買ってから電池を換えたのは1回だけですからね。とりあえず、腕時計ともどもヨドバシの時計コーナーで、電池交換をしてもらい、無事に復活! 再び、時を刻みだしました。

ということで、まだまだ“動態保存”です。たまにはポケットに忍ばせてお出かけでもしましょうか。

ところで、この鉄道時計、セイコーから一般向けに今でも販売されているんですね。セイコーのHPを見たら、文字盤の書体や針の形状など、見た目はすっかり同じのようです。お値段は、2万8000円(税別)。

ん〜、ちょっとお高い(笑)

ということで、…これって鉄道ネタか?

昨日の夜から降り始めた雪、今朝起きたら家の前がすっかり雪景色になっていました。仙台の今シーズン初積雪です。

本来ならさっさと雪景色の撮影で出かけたいところですが、なんか調子が悪くて起きれない。

結局、昼前になってようやく出撃。それも思いっきり近場の仙山線で…

雪はすっかり止んで、日が差しています。樹々に付いていた雪もあらかた落ちてしまいました。

北山駅の西側。
雪のせいでしょうか、約30分遅れてやって来た上り快速電車。

東北福祉大前駅の西側。
こちらは数分の遅れでした。

葛岡駅の西側。
奥の方に愛子の街が白く見えます。

以上、ささやかな雪景色?でした。

まだお昼過ぎたばかりですが、本日は撤収です。にしても、今年は暖冬と聞いた気がしますが、どうなんでしょうね。暖冬だといいなぁ〜 灯油もまだまだ高いし(笑)

今朝の河北新報に仙台市営地下鉄の「南北線 車両更新へ」とい記事が載っていました。

と言っても、「8月に新型車両の仕様を検討するワーキンググループが交通局内に発足した」ということで、具体的な話はこれからのようです。

記事によると、新型車両の登場は2022年度以降で、その後、5年から7年かけて全編成を更改していくとのことでした。

現行の1000N系電車は当初は1000系電車として登場しました。南北線の電車は増備車も含めて全てこのタイプです。

最初の編成が落成したのは地下鉄開業2年前の昭和60年。南北線開業の昭和62年から数えても既に31年。そろそろ新型が見たいなぁ、と思っていたところなのでうれしいニュースですが、あと4年。ん〜、これはだいぶ先ですね。

いずれにしても今後1、2年程度で具体的な計画が立てられるとのことですが、記事の中には仙台圏の人口減少なども見極めて新型車両の導入数を決めるとありました。現行の1000N系も、開業当初は将来の利用客増を見込み6両編成化に向け駅設備も含めて準備されていましたが、結局今なお4両編成のまま。ちょっと寂しい話ではあります。

なんにしても、4年後にどんな車両が登場するのか楽しみに待ちたいと思います。

昨日、ふと思いついて久しぶりに東北本線の東仙台駅〜岩切駅間の貨物ターミナル予定地に行ってみました。

前回見に行ったのは5月でしたから半年ぶりです。それなりに変わっているかと思っていたのですが、目に見える大きな変化は無いかな?

今年も田植えをしていた手前のエリアは田おこしをしたみたいで、来年もまた田植えをするみたいです。

新幹線側を見るとこんな感じ。
田んぼ跡地の黒い点々、逆光で見づらいですが、カラスです。

なぜか大量のカラスがいました。何かの弾みでいっせいに飛び立つと、なかなか不気味な光景となります。まぁ、カラスに罪はないのですが…

東北本線西側から。
このアングルだと全景が見えます。ここからは貨物ターミナルができてからも撮れると思うので、定点撮影としてはよいかも。

とりあえずこんな感じでした。2020年度の開業に向けて、本格的に動き出すのは来年になってからでしょうか。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM