既に旧聞と化してしまいましたが…

昨年末の河北新報に載っていた記事によると、昨年12月30日、仙台空港にタイ国際航空のチャーター便が来たのですが、そのき飛行機に乗って来たタイ国際航空の社長さんが「仙台−バンコク線の定期便復活の可能性は高い」と発言されたそうです。

仙台−バンコク線の定期便は、2013年12月から翌年の3月にかけて運航されていました。てか、わずか4ヶ月だったんですね。もう少し飛んでいたような気がしたのですが、ひと冬だけでした。

最近はGWと年末年始のチャーター便だけですが、2017年の東北6県のタイ人宿泊者数は4万4480人と2014年の2.8倍と増えているとのことで、その辺を踏まえての発言だと思います。

今回は宮城県・山形県の観光地の視察ということで、その場限りのリップサービスではないと思いますが、どうなんでしょう? 再開のタイミングは「2019年の11月、あるいはもっと早く」とのことですが、一応、期待して待ちたいと思います。

ということで、今回の年末年始にもチャーター便が飛んだのですが、社長が乗って来た12月30日の便は年賀状やら大掃除やらで撮りには行けず、年明けの1月3日の便を撮って来ました。

海側の避難丘の上で待ちます。

見えてきました。仙台湾の上で旋回を終えたタイ国際航空のA330です。下の方には札幌からのエアドゥも見えます。

大型機が少ない仙台空港ではうれしい機材です。

新しい道路の工事中で、仮設の道路がうねっています。

仙台市中心部は曇っています。が、普段よりも高度がちょっと低い?

着陸。

垂直尾翼の向こう側に離陸していくJ-AIRのE-190。ミニオンJETでした。

離陸は臨空公園から。

雲の多い日でしたが、この時間帯は比較的青空が見えていました。その青空の中、一直線に飛び去って行きました。

ちなみに、件の社長さんはこの便で帰ったはずです。定期便、期待しております。まぁ、私は乗れませんけど(爆)

先月、山形空港で金色のFDAのE175を撮ったときのことを書きましたが、昨日の夜、FDAのHPを見たら、今日の出雲〜仙台便に金色が充てられていました。

撮ったばかりではあるけど、一応地元だし… しょうがないな、行くか。

ということで、行ってきました(笑)

今朝の仙台は、晴れながらやや薄雲がかかっているものの、蔵王や普段はなかなか見れない栗駒山まで見えるという、まずまずの天気。だったのですが、FDAが来るのは11時55分。昼ぐらいから曇るという天気予報どおり、曇っちゃいました。

予定より15分ぐらいは早く来たのですが…空はこんな感じでした。

この時間でも仙台市の中心部はくっきりでした。

離陸待ちのIBEXのCRJと。

空港の東側の避難丘からの撮影でしたが、離陸も同じ場所から。

曇っても“金”。何となく輝いて見えました(笑)

で、気になるのが虎模様の垂直尾翼。

こいつです。

タイガーエア台湾のA320です。台北〜仙台間を週5便飛んでいて、今日は運行される日ですが、仙台着は18:45ですので、こんな時間帯にはいないはずの機体です。チャーター便か何かのトラブルか? よくわかりませんが、6月ぐらいじゃないとなかなか撮れないので貴重と言えば貴重です。

「飛ばないかなぁ〜」と期待しつつも、その気配なしで帰ったのですが、後で調べてみたら、諦めて帰った1時間半ぐらい後に飛んだみたいです。一昨日の金曜日に定期便できた機体のようですが、やっぱり機体トラブルかな?

昨日の仙台は終日快晴でした。で、仙台空港に行ってちょっと撮影してきました。

当初はお昼過ぎのFDAの出雲便を撮って終わりにするつもりだったのですが、Flightradar24で見たら北京からの中国国際航空が特別塗装機でした。以前、仙台空港で「鳳凰」を撮りましたが、この日来たのは「銀牡丹」。天気もいいし、それほど寒くもなかったので、もう少し撮りながら待つことにしました。

午後2時過ぎ、概ね時間どおりにやって来ました。

初めて見ましたが、思ったよりもインパクトがありますね。

と思ったんですが、背景がごちゃごゃすると、なんだか保護色みたいになってしまいました(笑)

仙台市中心部をバックに。

続いて降りてきたQ400と。

せっかくなので、離陸も撮ります。

西日があたって少し赤みがかっています。

青い空の中、真っすぐに中国に向けて飛び去って行きました。

今日はちょっと山形まで行ってきました。

で、ついでに調べてみたら、山形空港にやってくるFDAの機体が“金色”でした。

FDAは仙台空港にも一日一往復やって来ますが、かなりの確率で緑の4号機。他には赤の1号機、水色の2号機が来るくらいで、それ以外の色はそこそこ貴重。仙台空港に定期便ができた時には、全色コンプリートを狙っていたのですが、今や完全に諦めモード。

金色の9号機も未撮影だったので行ってみることに。

問題の金色は名古屋からの便。空港に着いた時点で現在位置を見ようとFlightradarで確認すると、もう山形市上空。思ったよりも早いな、と急ぎ展望デッキに上がって待ちますが、なかなか降りてきません。再度、Flightradarを見てみると反対方向の南側に向かって進行中。

なんでやねん、と見ていると南陽市の上空ぐらいで再び反転。そこから待つこと数分で南側から降りてきました。

バックの山は雪景色。もう冬ですね。

10分ぐらい前までは日が差していたのですが… 

離陸は空港南側の「ひこうき公園」の丘の上から撮影します。

青空の中、札幌に向けて飛んでいきました。

で、撤収のつもりだったのですが、空港の発着表示を見たら仙台ではなじみのない航空会社が…

台北からの中華航空です。てか、山形空港に国際線ってあったっけか? チャーター便かな? よくわかりませんが、いずれにしても仙台空港に中華航空は来ませんので、ターミナルビルに戻ってこれも狙います。

来ました。こちらもさっきのFDA機と同様に山形市上空から一度戻って南陽市上空経由で降りてきました。そういうルートになってるのかな?

 

ターミナルビル前までやって来ました。

離陸は再び「ひこうき公園」の丘の上から。芸のないことですが、山形空港で撮るのは実は今回が2回目で、あまりわかってないんですよね。

ということで離陸シーン。機体に西日があたります。

これで終了。関山峠経由で帰ります。所要時間は1時間ちょっと。仙台空港でも(時間帯によりますが)小1時間程度かかりますので、山形空港もたまには訪れたいところですが… もう少し便数が多ければいいんですけどねぇ。

地下鉄東西線や「るーぷる仙台」を撮りに行った翌日の日曜日。この日こそはゆっくりしようと思っていたのに… またしてもよい天気。午後から曇るという予報だったのに昼前でその気配なし。

で、結局出かけてしまった…

駅前でちょっと用事を済ませて、行った先は仙台空港。駅前経由なので電車で行ったのですが、空港アクセス線に乗るのもかなりひさしぶりです。

早速、展望デッキでお目当ての飛行機を待ちます。

予定よりも遅れること約15分。来たのはいいんですが、残念ながら山側からの着陸。着陸ポイントは遥か向こうなので飛んでる姿を見ることは出来ません。何とか撮りますが、なんだかよく判りません。

これでした(笑)

エバー航空の「バッドばつ丸 ファントラベルジェット」。詳しいことは知りませんが、サンリオのキャラクターらしいです(汗)

エバー航空は以前からサンリオと提携して特別塗装機を飛ばしています。現在は7パターン存在しており、3月には新千歳空港で「サンリオキャラクターズ」を撮りましたが、この機体は初めて見ます。

着陸はダメでしたが、このまま風が変わらず山側から離陸してくれると展望デッキからでもきれいに撮ることができます。ということで期待していたのですが… 変わっちゃったみたいです、風。

海側から降りてくるIBEXのCRJ。

むすび丸ジェットでした。

離陸も着陸も海側からになってしまいましたが、時々、へそ曲がりがいます。流石は中国。中国国際航空は逆らって山側からの離陸(笑) 手前は海側から着陸してターミナルビルに向かうJ-AIR。

で、肝心のエバーはといえば、なかなか飛びません。16:15の出発時間が過ぎても気配ゼロ。ボーディング・ブリッジは既に外れていますが、貨物室のドアが開いたまま。

しばらくしてようやく貨物室のドアが閉まりました。エンジン音が響き、背中とお腹の赤いランプが点滅。

いよいよかと思いきや、間もなくエンジン音が止まってしまいました。

ん? 気づけばボーディング・ブリッジもまた飛行機にくっついて、またまた飛ぶ気配ゼロ。

17時を過ぎて、だいぶ薄暗くなってきました。

もう少し待ってみましたが、無理っぽいです。この日は電車でしたし、あまり遅くもなれないので、ここで撤収。残念ながら離陸は見れずじまいでした。

あとで他の方のブログで見たら、機体のトラブルがあったようで、飛んだのは翌日だったようです。

乗客の方たちはどうやって夜を過ごされたのでしょうか? 台湾の方が多かったでしょうし、大変だったでしょうね。お疲れ様でした。

昨日は仙台空港にべトジェットエア(Vietjet Air)が飛来しました。あまり聞きなれない航空会社ですが、ベトナムのLCCだそうです。実は今年のGWの期間中も来ていたようなのですが、その時は気づかずに撮り損ねてしまいましたので、ワタシ的にはお初の航空会社です。

なのに、何ということでしょう、寝坊してしまいました(笑)

仙台空港のHPには着時刻の記載はなく、発時刻は9:30。で、起きたのが8時ちょっと前。離陸はギリ間に合いそうですが、離陸の1時間前程度と想定される着陸は絶望。

ところが、出発時刻の変更が出ていました。10:30発。ということは…、到着は9:30頃?

押っ取り刀で駆け付けた仙台空港。着いたのは9時過ぎくらい。前回、中国国際航空の特別塗装機を撮ったのと同じになりますが、空港の展望デッキに行きます。

9:21頃、東の海上に赤と白の機影が見えました。

日本の航空会社にはなかなか無い派手な色使いの塗装は、ベトナム国旗をイメージしているようです。

行違うのはスカイマークのタイガースジェット。

仙台の中心部を見て着陸。

離陸していくタイガースジェットともう一度すれ違います。

日本のLCC、ピーチと。塗分けパターンは何となく似てます。

この後は、離陸を撮るため臨空公園手前のポイントに移動。チャーター便だしそもそも遅れているんだから少し早く出るかもしれないと、10:10頃には待機しますが動く気配まったく無し。

結局暑い中、待つこと約1時間。ようやく飛んでくれました。

夏の雲に南国の航空会社がよく似合いますね。

べトジェットエアは15日にもやって来ますが、その日は残念ながら行くことはできません。ということで、次は年末に見れるかな〜(笑)

先週の日曜日、船岡駅〜大河原駅間で651系を撮った後、そのまま帰るのも何なので、仙台空港に立ち寄って見ました。

が、そこそこ暑いし天気もイマイチ。ぼ〜としてる間に「むすび丸」のCRJは撮り損ねるし、やっぱり帰るか、と思ったものの、ちょっと気になってFlightradar24を見てみると、既に北京を飛び立っている中国国際航空が特別塗装機のようです。

 

とは言いつつ、北京から上海に寄ってから来るので、仙台到着は約4時間後。どうしようかと悩みますが、まだ見たことがなかったので、一度は撮っておこうかと待つことにします。

 

お昼を食べたり、ちょっと買い物をしたりして時間を潰し、空港に戻ってきたのが14時少し前。この日は(見ていた範囲では)ずっと海側からの着陸だったので、最近出来た避難丘からでもよいかと思ったのですが、最悪、山側から降りてきても機体は撮れる空港ターミナルの展望デッキを選択。


待っている間に土砂降りの雨があって、気温もだいぶ下がり過ごしやすくなりました。

到着予定時刻は14:25でしたが、少し遅れてやってきたのは14:45ごろ。

IBEXとANAを待たせて着陸。

なかなか派手な塗装です。鳳凰をイメージしているようです。

先ほどの大雨で濡れた路面に機体が映ります。

せっかくなので、臨空公園近くのポイントに移動して離陸も撮っておきますが…
なんか、暗くなっちゃいました。

なんにしても、この手の特別塗装機はテンションが上がります♪

東松島市の松島基地はブルーインパルスが所属する航空自衛隊の基地です。

基地上空では週に数回程度、ブルーインパルスの訓練が行われています。航空祭以外でブルーインパルスの演技が頻繁に見れる希少な場所なのですが、訓練が行われるのは平日のみ。それも6機すべてが上がるとは限らず、上がってもすぐに降りて来る、なんてこともあって、実はそこそこの“運”が必要だったりします。

昨日の金曜日はたまたま休みだったので、久しぶりに行ってみることにしました。ということで、前回に続いての「ブルーインパルス」ネタです。

天気は微妙です。朝起きた時は青空でしたが、次第に雲の面積が広がっていきます。この日の訓練は13時30分から。15分ぐらい前にいつもの基地脇のポイントに到着しました。青空も見えますが高いところに雲があって、北側に低い雲も出ています。

ヘタをすると中止かもと思いますが、消防車が滑走路脇に待機して、とりあえず飛ぶかな?

にしても、思ったよりもたくさんの人が来ています。停まっている車を数えてみたら見える範囲内に50台ぐらい。平日と言うことでお年寄りも目立ちますが、女性もそこそこいますね。もちろんその筋の方々がメインですが(笑)

時間になると滑走路の端に4機のT-4が姿を見せました。どうやら飛んでくれるようです。

ダイヤモンドテイクオフではなく、1機ずつの離陸でした。

ダーティーターン。

続いて5番機、6番機も離陸。2機一緒の離陸は久しぶりに見たかも(と、思ったら、去年の松島基地航空祭の時も一緒に離陸していました)。

ファンブレイク。なかなかの密集体勢。
ダイヤモンドと太陽。

バックトウバック直後。一番重なった時の写真はピンボケでした(泣)

フォー・シップ・インバートかな?

直後、基地内の丘の向こうに飛んでいきました。

多分、シングル・クローバーリーフ・ターン(課目一覧を見ながらがら書いてるけど、だんだん怪しくなってきた)

シングル・クローバーリーフ・ターン?の後半、アローヘッド隊形。

7番機がいる?(笑)

ダブル・ロールバック(だと思う)。たぶん初めて見た。

ここまで垂直系の演技はないので第三区分がベースのようです(今さらですが…)。
 
タッククロス。

よく見る気はするけど…課目の名前わからず…

で、早くもローリングコンバットピッチ。

これでお終いのコークスクリュー。

天気が不安だったのですが、初めて見る課目もあって、第一区分と比べるとやや地味ながらそこそこ楽しめました。

この後はC-1輸送機の離陸を見て撤収しました。

このところ、ちょっと自衛隊ネタが多かったような気もしますが、書き損ねていた自衛隊関連ネタがもうひとつあったのでそちらを書きたいと思います。

と言っても、けっこう前の話になるのですが… 6月下旬、人生初のぎっくり腰をやってしまった翌日のことです。

この日の午後、松島の瑞巌寺の修復工事終了のお祝いに、上空をブルーインパルスが飛ぶという情報がありまして… 

外は晴れているし、松島湾の上を飛ぶブルーインパルス。見てみたいなあ〜

念のため会社を休んで寝ていたわけですが、気づくと、腰、あまり痛くないです。何しろ初めての体験なので、今ひとつ状況が判らないのですが、こんなものなのかな? 何か、行こうと思えば行けそうな感じ。

ちなみにこの日は金曜日。これはある意味、貴重なチャンス。もし悪化しても、翌日からは土日で休みだし…(汗)

行ってしまいました。

飛ぶ時間は15時から。とりあえず20分ぐらい前に海を見下ろせる県道のポイントに到着しますが、木々が伸びていて期待したほど見晴らしが利きません。見える角度もイマイチ。

結局、海岸の方まで歩いて行きます。腰の感じは微妙。てか、若干不安ですが、ここまで来たらもはや否も応もなし。

歩きながら1枚。福浦橋と遊覧船です。

だましだまし下まで降りると、ちょうど時間です。海の上からブルーが来ました!

空は青いんですが、雲がけっこう多いのが残念。

1回で終わりかと思ったら、この後も何回か上空を飛んでくれました。

上空に描かれる“さくら”ですが、近すぎてよくわからない(笑)

約20分ほどのアクロバット飛行を終えて、東の空へと飛び去りました。

贅沢を言ってはいけないけれど、もう少し雲が少ないとうれしかったかな〜(笑)

この後はなんとか無事に帰ることが出来ましたが… 翌日から再び動けなくなりました(泣) いわゆる因果応報というやつです(爆) 

前々回、前回と、三連休の初日(土曜日)の出来事として、午前中に仙台港へ護衛艦を見に行ったこと、昼過ぎに東北本線の大河原駅〜北白川駅間でEH500-901号機を撮ったことを書きましたが、その日の午後は仙台空港です。

行ってみたら空港の東側(海側)で作られていた避難丘が完成していました。

この避難丘、東日本大震災の時の教訓を元に作られたもので、大地震の後、津波が来るまでに安全な場所まで逃げられない場合、一時的に避難できる小高い人工の丘です。

隣接する岩沼市では既に何基か完成していますが、空港周辺の名取市側では初めてです。高さは資料が見つからなかったのでよく判りませんが、岩沼のものが海面から11mだそうですので、こちらも同じくらいと思われます。
この時はずっと山側からの着陸、海側への離陸で、離陸するANAのQ400はこんな感じで見えました。

上に上がってみると、こんな感じで空港が見えます。
行ったのが午後なので逆光ですが、お昼ぐらいまでなら順光になります。

離陸する飛行機はこんな感じで撮れました。

青空にピーチのピンク色が映えます(汗)
海側からの着陸だったらもっと低い高度で来ますので、地上の風景を入れてももう少し大きく撮れると思います。

仙台空港アクセス鉄道も今までにない角度で撮れます。
手前はなんかごちゃごちゃですが、バックには仙台中心部のビル群が入ります。

風が変わったわけではないのですが、J-AIRのミニオンJETが海側から降りてきました。
150〜600mmのズームを付けていたので、こんな感じでした。アクセス鉄道の電車もチラリと見えます。

こちらはIBEXのむすび丸JET。

離陸するのはさっきのミニオンJET。なんか滑走路上が靄ってきました。

台北に向かうピーチですが、機体後方に“OSAKA,KANSAI EXPO 2025”と大阪万博誘致のロゴマークが入っています。
調べたら5月に登場した「HONA IKOKA!」号だそうです。最初何のことかと思ったのですが、関西弁で「ほな、行こか!」ですね(笑)

ますます霧が濃くなって、離陸した次の瞬間には機体が見えなくなります。
夕日もあまり期待できないのでこの日は撤収としますが、もう少し条件がよい時にじっくりと撮りたいと思います。
太陽の右上、かすかにIBEXのCRJが見えます。

新しい撮影地が出来た一方で、周辺の工事が進むにつれ、撮ることができなくなったポイントもあったりして、なかなかうまくいきませんが、しょうがないところですね。

何はともあれ、この日は、EH500-901号機、海自の護衛艦、仙台空港と、「陸」「海」「空」を制覇しました(笑)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM