るーぷる仙台とは仙台市交通局が運行している市内観光用の路線バスです。レトロなデザインの専用車両が瑞鳳殿、仙台城址、大崎八幡神社などを巡っています。

運行を開始したのは平成11年ですので、もう15年以上経つんですね。このタイプの観光路線バスは以前、神戸市で見ていたのですが、「神戸のような観光都市でもない仙台ではなかなか辛いのではないか、そんなに長続きはしないだろうな」などと考えていました。ところが、そんな私の不埒な考えとは裏腹に、走っているバスを見るといつもたくさんのお客さんで賑わっています。当初3台で始まった「るーぷる仙台」は少しずつ台数を増やし今や7台体制。すっかり仙台観光の顔として定着しました。

そして今月の15日、新車が2台登場。今回は増備というよりは古い車両の置き換え用のようです(1台は廃車、もう一台は予備車)。

「るーぷる仙台」の車両は一台ずつ違うデザインなのですが、今回登場したのは歴代藩主が所用した「山形文様陣羽織」の意匠を取り入れた「政宗号」、そしてもう一台は仙台市電の配色を採用した「市電カラー号」。

仙台市電色となるとちょっと見てみたくなります。

で、今日、地下鉄東西線の国際センター駅の近くを車で走っていたら、青葉山を登っていく市電色ぽいバスが一瞬見えました。ということは、青葉山をぐるっと廻って15分ぐらいでここを通るはず。車を停めてしばし待ちます。

来ました!
確かに仙台市電色です。市電感はもう一つな気もしますが…(笑)

 

とりあえず「市電カラー号」が八幡町を廻っている間に西公園通りに移動。

 

ここは、仙台市電が実際に走っていたルートです。まさに「市電カラー号」が走っているその下にレールが敷かれていました。というか、この辺のレールは撤去したのかな? もう少し南側だとアスファルトが剥げてレールが見える場所がありますが…
西公園のSLと一緒に。以前、市電が廃止される前ですが、このSLの脇に今は市電保存館にいる1号電車が静態保存されていました。
ところで「市電カラー号」ですが、仙台の市章も再現されていますね。塗装ではなくステンレス板を張り付けたタイプで、塗り分けパターンも含めてどうやら400型がプロトタイプということでしょうか? 形は違うけど…

もう1台の新車、「政宗号」も走っていましたので、仙台城の隅櫓付近で撮影しました。フロントガラスの上に飾られた政宗の兜の前立てが印象的です。
宮城県立美術館の前で「市電カラー号」をもう1枚。ドア側のサイドです。
最後に、完成してから撮っていなかったので、西公園のC60広場も載せておきます。ターンテーブルを意識した舗装になっています。

昨年末、久しぶりに仙台に来たタイ国際航空。その戻り便(というのかな?)が、正月休みの最終日となる3日に飛来。どうしようかと思ったのですが、まぁ、ヒマだったので行ってきました。

空港に着いてみると着陸は山側から。今回は海側から来る飛行機を貞山堀越しに撮るつもりでいたのですが、当てが外れてしまいました。

しょうがなく仙台空港トンネル手前のポイントで待ちます。逆光になりますが、ここならば海側から来てもなんとか対応可能です。

 

 

山側から降りてくる飛行機と海側に離陸する飛行機を撮影。ただ、蔵王は完全に雲の中。全く見えません。
で、肝心のタイ国際航空ですが、Flightradar24.comで見るとそこそこ遅れているようです。本来の到着予定時刻8時45分になっても鳥取上空あたりを飛んでいます。ただ前回遅れ情報が出ていた仙台空港のHPには情報なし。今ひとつ当てにならないなぁ〜。

そのままその場所で撮影を続けますが、ようやく近づいてきたタイ国際航空機のコースが少し変。直前に降りてきた大阪からのANA機は山側から来たのですが、タイ国際航空機は海側のルートをとっています。

やな予感。

って、山側から降りて来る時に点いている滑走路脇のランプもいつの間にか消えているし…

これは完全に海側から来るパターン。5分ぐらい前にわかっていれば移動もできますが、Flightradarを信じればあと3分ぐらいかな〜 ということでその場で撮りますが、まぁ、こんなもんかな? 
結局、到着は約1時間遅れ。機体は前回同様ボーイング777-200でした。

本当ならこんな感じで撮るつもりだったんですが…
出発便も撮りますが、離陸はやはり海側からみたいです。前回と同じ場所で撮ってもしょうがないので、結局、さっきと同じ場所に戻ります。光線はもうしょうがないです。

到着が1時間遅れた分、出発も約1時間遅れ。

この日はタイ国際航空機の離陸を見届けて撤収しました。

というわけで昨年の撮り収めが飛行機で撮り初めも飛行機。汽車Poppoとしてはちょっとマズイところですが、よく考えたら元日の午後、年賀状を出しに中央郵便局に行ったついでに地下鉄東西線を撮っていました。とりあえずセーフです(笑) てか、初日の出も撮ってますけど…

今年ももう終わりですね。いつものことながら早いなぁ。歳とともにホントに早くなっていきます。

それはそれとして、今日は久しぶりにタイ国際航空の飛行機が仙台にやって来ました。で、撮りに行きます(笑)

仙台着は8時35分着。仙台空港のHPを見ると遅れが出て仙台着は9時15分になっていましたが、Flightradar24.comで見ると、該当の飛行機は7時過ぎにはもう九州上空を飛行中。そんなに遅れないのじゃないのか? ということで、少し急いで空港東側のポイントに向かいます。

天気は晴れですが、残念ながら蔵王は雲の中でした。反対側、海の上にも雲がかかっていますね。

結局、タイ国際航空のボーイング777の姿を確認したのは8時32分過ぎ。気持ち「遅れ」ですが、概ね時間通りです。

空港ターミナルビルから撮影。

10時35分の離陸にあわせて臨空公園に移動。

青い空に消えていく機体を見送って撮影終了。家に帰って正月を迎える準備です。というわけで、今年最後の撮影は「鉄」じゃなくて飛行機でした。ここしばらくは真面目に?鉄道ネタをやってたんですが…(汗)

何はともあれ今年もありがとうございました。

って、この時点で明日書く気はゼロですが(笑)、来年もよろしくお願いいたします。

仙台空港からまた国際線が1路線消えてしまいました。

台湾のトランスアジア航空が11月22日に突然の解散発表。SMAP解散発表時ほどのインパクトはないかもしれませんが、びっくりでした。まぁ、前日によくわからん理由で全便の運行を停止していたので、予兆はあったわけですが、会社ごと無くなるとは思いませんでした。やっぱりあの2回続いた事故が響いたようです。

仙台空港が民営化され、仙台国際空港を名乗るようになってから初めて開設された国際線、トランスアジア航空の仙台〜台北便ですが、10月6日の就航から約1ヶ月半で姿を消してしまいました。わずかに14往復28便の運行だったそうです。

トランスアジア航空がなくなっても台北便はエバー航空、タイガーエア台湾が残っているので大きな影響はないとのことですが、これで台北便は「毎日運行」ではなくなってしまいました。

それにしても仙台空港の新規路線ってなかなか定着しませんね。

国際線だけみても、サイパン・シンガポール・済州・釜山・香港・大連・ホノルル・長春・広州・バンコクと結構いろいろな都市へ飛んだ歴史があるのですが、今は、ソウル、グァム、上海経由で北京、そして台北のみ。

仙台"国際"空港の名が泣くというものです。

仙台という都市の規模、性格などいろいろ理由はありそうですが、ちょっと寂しいところではあります。まぁ、どちちらにしても今回は特殊なケースですが…

トランスアジア航空のA320を撮ったのは、このひと月半の間に2回。1回目は就航間もない10月10日。
次は10月24日だったのですが、まさかこれが最後になるとは…
この日は前回と塗装が少し違っていました。旧塗装でしょうか? なんだかわからないうちに会社ごと消えてしまいましたが、とりあえず、昨日、仙台空港に行ってみたら就航中の航空会社のプレートにはまだ残っていました。
やっぱりこれは少し寂しいなぁ〜 

 

 

と書いたところで、今日の朝刊を見直したら、トランスアジア航空の路線は全て中華航空に引き継がれるという記事が載っていました。今朝、パラパラ見た時は見落としていました。

 

ただ、いきなり中華航空の飛行機が飛んでくるとも思えず… ネットニュースでみても「段階的に」ということのようですね。

今日はやや靄った感じはありましたが、雲一つない秋晴れ。朝から出かけたかったのですが午前中は用事があって午後から仙台空港まで行ってみました。

 

着いたのは2時少し前。まずは貞山堀の上を行くエバー航空のエアバスA321。

 

続いてターミナルビルの展望デッキから。降りてきたのは中国国際航空のボーイング737。この後、台湾の飛行機と並んで停まります。

 

ピーチアビエーションのA320。手前にいる小さいのが静岡エアコミュータのビジネスジェット。降りて来た時は、一瞬、ホンダジェットかと思ったのですが、エンジンの位置が違いますね。セスナのサイテーションでした。

 

ピーチが降りてきた後は1時間程間が空きます。地方空港の寂しいところですが、その間にすっかり夕方の風情です。

 

アイベックスエアラインズのCRJ700。

 

J-AIRのエンブラエル170.

 

いつの間にか月が上がってきました。後から気付いたのですが、スーパームーンの前日でした。

 

いつもより立派な月とAIRDOのボーイング737。

 

 

最後は那覇からやって来た全日空のボーイング767で終了、ってブレブレですが…(汗)

 

 

 

 

今年の7月に民営化されてから約3ヶ月が過ぎた仙台空港ですが、106日に新しいエアラインが登場しました。

 

新たに乗り入れてきたのは「トランスアジア航空」。台湾の航空会社で、仙台と台北を週2便(月・木曜日)運行します。仙台〜台北はこれまでもエバー航空(週2便)、LCCのタイガーエア台湾(週4便)の2社が運行しており、今回のトランスアジアの運行で合計週8便の運行となり、毎日、台北への便が飛ぶこととなります。さらに明日からはエバー航空が週4便と増発されるため、なんと、水・木、土曜日は日に2便の運行という贅沢さ。果たしてそれほどの需要があるのか心配になりますが、少しでも華やかになってくれればうれしいところです。

 

早速、トランスアジアの飛行機を見てみたいのですが、なにぶん月・木曜日と平日だけの運行ですので普段は見れない飛行機になってしまいます。というわけで体育の日の昨日、仙台空港に行ってみました。

 

天気は晴れ間はあるものの雲が多く微妙な感じ。とりあえず10:00着の610便が、予定よりも20分ぐらい遅れてやってきました。

エアバスA320です。尾翼の赤が印象的です。

 

台北への609便も20分ぐらい遅れて離陸。

南の空へと去ってい行ったのを見届けて撤収ですが、トランスアジアが来る前にANAのスターアライアンス塗装のボーイング737が来たので、ついでにこちらもUP

ところで、トランスアジア航空ってLCCかと思っていたのですが、違うみたいですね。といいつつ、運賃はエバーよりもだいぶ安いし、タイガーよりは少し高い感じ… スカイマークみたいな扱いでしょうか?

 

それはそれとして、次は香港とかシンガポールとかどうでしょう? てか、個人的にはまずは国内線のLCCを充実して欲しいかなぁ。エアアジアの名古屋便はコケちゃったし… 

8月13日に仙台空港でフジドリームエアラインズのチャーター便を撮って来たのですが、16日にも同じダイヤで運行されるということで、この日も行ってみました。

 

前回同様に山側からの着陸でしたので、すこし雰囲気を変えようと滑走路の北側へ。いつもの空港トンネルの出口近くの転回場は木が伸びてしまい、撮影はほぼ不可になってしまいました。少し場所を変えて橋の袂へ移動。

 

▼離陸前のANAのB737の手前、IBEXのCRJ700が降りてきました。

▼ANAのB737が離陸していきます。

着陸する機体は少し撮りにくいのでもう少し西側へ移動。

 

▼時間通り、FDAの飛行機がやって来ました。色は黄色です。

▼エンブラエル175 FDAの7機です。

続いて離陸を撮るためにさっきの橋の袂に戻ります。

 

時間よりもちょっと遅れて動き出したE175。

 

▼ターミナルビルをバックに。

▼滑走路の山側の端へ移動中。

▼離陸していきました。

次はいつあるのかわかりませんが、また撮れるとしたら、次は「金色」がいいな♪

てか、今朝はレスリング女子の3人続いての「金メダル」! すごかったですね。

ようやくお盆の休みに入りました。

 

にしても、今年の仙台はあまり暑くありませんね。7月の終わりの頃はそこそこ暑かったのですが、8月に入ってからはエアコンの出番も控えめで、夜とかは窓を開けておけば十分で、下手をすると夜中に寒くて目を覚ますほどです。

 

いずれにしてもせっかくの休みですので、昨日、お墓参りを済ませた後に、ちょっと仙台空港まで行ってきました。

 

目的はコレです。

空の向こうから緑色の機体。フジドリームエアラインズ(FDA)のE170です。

 

フジドリームエアラインズは静岡空港や名古屋空港を拠点としている比較的新しい航空会社です。残念ながら仙台には路線を持っていませんが、たまにチャーター便で仙台空港にもやって来ます。以前、狙ったことがあるのですが、その時は情報が間違っていたのか予定が変わったのか判りませんが空振りに終わってしまいました。

 

今回は無事にやって来ました。初めて見ました。

 

フジドリームエアラインズは機体ごとに色違いになっていて、緑色は4号機と最近導入された11号機の2機。11号機はE175ですが、この機体はE170ですので4号機ですね。

 

この日は山側からの着陸でしたので臨空公園近くでの撮影でしたが、この後はターミナルビルに移動。離陸は展望デッキから狙います。

 

機体後部に描かれているキャラクターは、松本市のゆるキャラ「アルプちゃん」だそうです。

 

それほど暑いわけではないのですが、やっぱり空気がもやってます。

 

上空に上がるとくっきり。青空の向こう、稚内に向けて飛んでいきました。

 

てか、北海道、行きてぇ〜

昨年12月の仙台市営地下鉄東西線の開業に合わせて、バス路線の再編が行われましたが、その時に誕生したのが「70系統」。東西線の川内(かわうち)駅と南北線の北仙台駅を結ぶ路線です(調べてみたら他の営業所でも別の70系統があるみたいです。ここでは川内営業所の70系統です)。

 

仙台のバス路線は、都心部と郊外を結ぶ路線、あるいは地下鉄のターミナル駅と郊外を結ぶ路線が大半なのですが、この70系統は2つの地下鉄の駅同士を結ぶちょっと異色の路線です。

 

川内駅を出ると北西方向に進み、牛越橋で広瀬側を渡ると大崎八幡神社の鳥居を横目に見つつ作並街道を西方向に曲がりすぐ北へ。大崎八幡神社の裏手を通り、その後は北東方面へ進路を変え、国見、子平町を経て、東北福祉大前、さらに三条町、北山、通町を抜けて北仙台へと至るルートです。概ね、江戸期の城下町仙台の最外周を西から北へと結ぶイメージでしょうか?

 

この路線の存在に気づいた時、最初に思ったのは、「誰が乗るんだろう? この路線」でした。川内駅や北仙台駅周辺なら地下鉄だけでよいし、八幡町、国見、子平町〜北山あたりはそれぞれ仙台駅前から直通バスが走っています。地下鉄経由で高い運賃を払って乗り継ぐメリットが思いつきません、沿線間に人の移動がある感じもさしてしないし… 思いつくのは東北福祉大ぐらいかな? しかも70系統の運転間隔は、大雑把に見て1時間に1本程度。更にその間隔はまちまちで使いやすいダイヤにはなっていません。う〜ん、謎の路線だ(笑)

 

というわけで先週の土曜日、街に出たついでに、ちょっと乗ってみました。

青葉通一番町から東西線で川内駅に行きます。考えてみたら東西線に乗るのは昨年の開業日以来。あんまり沿線に用事がないんですよね〜

 

ともかく、川内駅の改札口を出ますが、バス乗り場がわからない。探し方が悪いかもしれませんが、もう少しわかりやすい案内が欲しいところです。ひととおり駅の構内を散策して北1出口から外に出ると、目の前の道路にバス停がありました。

 

▼バスがきました。行先が見にくいですが、地下鉄北仙台駅行きです。

背景のビル群の中には宮城県庁も見えます。

 

▼経由地の表示

牛越橋→国見二丁目→三条町→通町二丁目

 

12時40分、ノンステップバスは定刻に発車。

 

▼発車直前の車内乗客は私を含めて3名。

 

冷房が程よく効いて心地よい車内ですが、やっぱりちょっとさびしい感じです。

 

▼牛越橋で広瀬川を渡ります。

 

▼大崎八幡神社の赤い鳥居がチラリとみえます。

 

大崎八幡神社の裏手、国見二丁目バス停で1人下車。その先の子平町・壽徳寺前バス停で2人乗車。

 

▼東北福祉大前

 

東北福祉大前の次、三条町バス停で川内駅から乗った1人を含む2人が下車。これで乗客は私を含めて2人。

 

▼輪王寺前

 

庭園が有名なお寺です。

 

▼窓越しに仙山線の北仙台駅。

仙山線開業当初からの瀟洒な駅舎です。

 

かくして北仙台駅に到着し、唯一残っていたお客さんに続いて下車。空っぽになったバスはそのまま西へ走り去りました。

 

って、終点は、次の「地下鉄北仙台駅」だったじゃん!

降りるバス停を間違えた!!

 

という訳で、全区間通して乗った客はゼロでした(・_・;)

 

全区間を通して乗る客がいるという前提はないでしょうし、土曜日の真昼間という時間帯ということもあるけれど、概ね予想通りの乗客数でした。う〜ん、この路線、存続できるんでしょうか?

 

で、実際に乗っての感想はというと、これはこれで意外と面白かったです。このバスのルートは、普通に車で通ることの多い道ではあるのですが、バスの高い車窓からみるとそれなりに新鮮でした。ちなみに運賃は240円、所要時間は約30分でした。同じ区間を地下に乗ると運賃は250円で、所要時間は乗り換え時間込みで20分程度。車窓的には、地下鉄で外が見えるのは広瀬川の橋梁のみ、一方のバスは、古い住宅地を延々と行くイメージかな?

 

まぁ、よろしければ一度いかがでしょうか…(笑)

7月です。今年も半分過ぎてしまいました。ありきたりですが、「ホントに早いっス」。

 

で、7月1日の仙台はいろいろとありました。

 

まず仙台駅前にパルコ2が開店。個人的な用事はあまりなさそうですが、街の中心部に久々の映画館ができたのはうれしいかも。なんにしても3月のS-PAL東館と合わせて駅前の一極集中がさらに進みそうです。

 

仙台うみの杜水族館は開業1周年を迎えました。初年度(昨年7月〜今年3月)の入館者数は目標100万人を大きく超える149万6700人、1年間では約189万人となっているそうで、まずはご同慶の至り、です。

 

細かいところでは、仙台駅の発車メロディーが27年ぶりに更新されました。使用される曲は、新幹線は「青葉城恋歌」、在来線は「すずめ踊り」とのこと。ただ、この日は通勤で仙台駅を通ったのですが、聞くのを忘れてました。月曜日に改めて聞き直したいと思います(笑)

 

そして、ニュースの扱いが一番大きかったのが、仙台空港の民営化。国が管理する空港としては日本初だそうです。運営は東急電鉄が中心となって設立された「仙台国際空港」が行いますが、着陸料の見直しなどでLCC等の誘致を進め航空ネットワークを充実させることで、現在、年間324万人の利用者数を、5年後の20年には410万人、30年後の44年には550万人に引き上げることを目標としているようです。また貨物についても、現状、年間約6000トンを、20年に1万トン、44年に2万5000トンを目指すとのこと。

 

まぁ、空港だけが頑張ればいいというものではないでしょうが、うまいこと活性化できればよいと思います。趣味的に見ても、今の仙台空港はもう一つ面白みに欠けるので…

 

などと言いながらも「どうなったかなぁ」と、昨日、仙台空港に行ってみました。昨日の今日で、さして変わっているわけではありませんが(笑)

 

新たに「仙台国際空港」と大きく書かれたターミナルビルに入ると、「TAKE OFF!!」というキャッチフレーズ?があちこちに書かれていますが、それ以外はやっぱりあんまり変わってないみたいです。

 

▼国内線の出発ロビー

 

▼国際線の出発ロビー

国内線はそれなりに賑わっていますが、国際線はこんな感じ。この日は、新規参入したばかりのLCC「タイガーエア台湾」の台北便のみと、かなり寂しい状態。国際空港を名乗るのはちょっと辛いところではあります。

 

3階に上がり何気に外を見てみたら最近見かけない大型機の姿が… ANAのボーイング777です。民営化とは関係ないと思いますけど、仙台空港で見るのはかなり久しぶり。とりあえず、7月1日から無料となった展望デッキから写真をとります。

 

▼B777 パイロットが手を振っています。

▼B777とIBEXのCRJ700

▼離陸していきました。

ただ、行先は不明。大阪行きかと思ったのですが、それっぽい便が見当たらず… でした。

 

一度、所用で空港を離れましたが、夕方にもう一度行ってみます。

 

目的はもちろんコレ。今回の民営化にあわせて6月29日から運航を開始したタイガーエア台湾です。

 

▼タイガーエア台湾のA320

仙台着は18時45分と割と遅い時間帯。この日はたまたま10分ぐらい早く来ましたが、どちらにしても、この時期でなければちょっと撮れないですね。

 

垂直尾翼が大阪のおばちゃんみたいで、なかなか派手な塗装です(それ以外はそうでもないですが…)。

 

民営化に合わせたのか、たまたまなのかはわかりませんが、J-AIRが投入した新型機、エンブラエル190も来ました。

 

▼J-AIR E190

これまでのE170と比べ長くなり、よりスマートに見えます。プラス1000円で乗れる「シートJ」はちょっと乗ってみたいです。

 

ということで、今の時点ではターミナル自体はあまり変わっていませんが、LCCのピーチが来年度中には仙台空港を拠点化すると公表しており、18年度中にLCC向けにボーディングブリッジのない簡易な駐機施設を増設したり、商業設備を新設したりと、空港側も今後30年間で、341億8000万円を投じていくそうです。

 

▼最後に「仙台国際空港」と書かれたターミナルビルです。

 

名実ともに東北のゲートウェイを目指す、これからの「仙台国際空港」に期待したいところです。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM