今朝の始発からJR福知山線の運転が再開されました。

始発電車は事故現場に差し掛かると、新たに設定された制限速度60km/hの半分、30km/hに速度を落とし、先頭車の乗務員室には制服に身をつつんだ垣内社長が敬礼する姿が見えました。そして、現場では南谷会長以下50人ほどのJR西日本社員も、カーブに差しかかってきた始発電車へ敬礼。

今朝からテレビで何度となく見た光景ですが、なんとなくセレモニーと化している気がしないでもありません。ただでさえ緊張する事故後初の営業運転、マスコミが注視する中、社長に隣に立たれた運転士は嫌だったんじゃないかなぁ〜、などと思ってしまいました。もちろん選ばれたのはベテラン運転士なんでしょうけど…

それはさておき、今回の運転再開に際して、JR西日本は国土交通省側の条件でもあった福知山線のATS−Pの設置を実施。さらに所要時間のダイヤを修正しました。

55日ぶりの運転再開が、早いのか遅いのかは判りませんが、様々なバッシングを受けながらの準備、大変だったろうとは思います。ATS−Pについては、結果的にほぼ計画通りの実施でしたが、ダイヤの修正は、福知山線の全面的な修正は当然ですが、その他影響範囲はJR東西線、東海道本線、片町線、山陰本線、湖西線に北近畿タンゴ鉄道にまで及んでいます。これを実質的には一ヶ月程度で作り上げたのでしょうから、作業に当たった方は相当なご苦労されたことと思います。

ただ、その内容が宝塚〜尼崎で2分弱時間が延びただけ。運転本数も変わらず。言い換えれば、たった2分間短縮したばかりにあの事故は起きたわけで、そう思うとやはりご遺族は無念だろうとは思います。それと今回の修正はあくまでも福知山線。他にも危険なダイヤはあるのではないのか、ちょっと気になるところです。

それと、相変わらず気になるのがマスコミの対応。今回の運転再開が時期尚早ではないか…という論調が散見されました。その理由が、安全対策が不十分とかいうのならまだ判るのですが、ご遺族の了解が得られていない、っていうのはどうでしょうか? もちろん無視してよい話ではないのですが、JR西日本の社会的な責任としての福知山線の再開、という見方があってもよいはずです。福知山線の運休で不便な思いをされている利用者もたくさんいらっしゃるのですから。

で、最後にもう一つ腑に落ちないことが… JR西日本のホームページを開くとトップに、今回の事故のお詫びの文章が載っているのですが、亡くなられた方の数が106人となっています。が、亡くなられたのは確か107人だったと思うのですが…

6/25追記
そうか、今頃になって気付いた。亡くなった乗客の数が106人でした。残りの1人は乗客じゃなかったですね…
 
何はともあれ運転は再開されました。これが「安全でありつづける鉄道」のスタートであって欲しいと切に願います。

4月の下旬に仕事の内容が激変したのですが、5月の下旬にはそれにあわせて、事務所が移転。当然のことながら窓の景色も少し変わりました。

一番の変化は… 東北新幹線の高架橋がすぐ脇に見えるのです。パソコンに向かって仕事をしていても、ふとした気配に外を見ると新幹線電車が窓の向こうを駆け抜けていきます。はぁ、心が和む(笑)

かつては200系一本やりの東北新幹線でしたが、今やすっかり少数民族となってしまいました。リニューアル車はそこそこ見ますが、東北新幹線のシンボルだったあの「緑の新幹線」は本当に貴重です。今の事務所に移ってから2本しか見ていません(まぁ、全列車見ている訳じゃありませんが…(^_^;)。ちなみに見たのはいずれも先頭車が2000番台もしくは200番台の100系もどきでした。

一方、圧倒的な勢いで勢力を伸ばしているのがE2系。単独編成で、あるはE3系とのコンビで我が物顔で行く姿は東北新幹線の主(ぬし)というところでしょうか? それにしても、側窓の大きな1000番台が増えました。見ている範囲では、E2系の半分以上がこのタイプです。

そして忘れちゃいけない2階建のMAX E4系。カッコいいとは思いませんが(笑)、その存在感はさすがです。ずんぐりした印象ですが、改めて真横から見るとその流線型の部分の長さに、240/hで走る高速列車であることを認識させられます。

そして、今日、打ち合わせの合間(^_^;)に、初めて電気・軌道総合検測車「East−i(イーストアイ)」E926系を見ました。

北海道新幹線が開通する頃には、ここを行く車両もすっかり様変わりし、さらにスピードアップも図られることでしょう。ってことで、そのための試験車が今月登場します。高速試験車「FASTECH(ファステック)360」E954系 楽しみだなぁ〜 って、いい歳こいて新幹線電車を見て癒されててもしょうがないのですが…(苦笑)


それはそれとして、今日、現在工事中の東北新幹線の八戸〜新青森の牛鍵トンネルで崩落事故がありました。不幸中の幸いで負傷者は出なかったようですが、田んぼに開いた巨大な穴は衝撃的でした。新青森開業は5年後を予定していますが、影響は出るのでしょうか? さらにその5年後には新函館まで延びる予定です。工事はくれぐれも安全第一でお願いしたいものです。

昨日のことですが、北海道新幹線の起工式が、当面の終着駅となる新函館駅予定地で行われました。

計画によると、今回の工事区間は新青森〜新函館までの148.8km。10年後の2015年度の開通を目指すこととなります。これにより5年後に開通する八戸〜新青森とあわせ、首都圏と北海道が高速鉄道で結ばれることになります。

予定される所要時間は、東京〜新函館が約4時間、仙台〜新函館で約2時間半となり、現在より2時間程度短縮されます。

楽しみです♪ とうとう新幹線が津軽海峡を越えます!

って、まぁ楽しみっちゃ楽しみなんですが… 大丈夫かな?

東京から4時間っていうのは飛行機に勝てるかどうか、微妙なトコです。赤字新幹線を作って、JRの国鉄化は避けて欲しいと思います。もっともあと10年ありますので、その間に更なるスピードアップは可能とも思えます。飛行機に勝てるかなぁ?

それと、並行在来線の廃止問題。この場合は、津軽線と江差線が対象となります。もちろん貨物輸送がありますから線路自体がなくなることはありえませんが、第三セクター化は避けられません(津軽線は青い森鉄道?)。旅客運賃の値上げは必至。これはどうにかして欲しい。

更に、将来の札幌までの延伸。これをしないと意味がないでしょうが… 遠いなぁ。更に更にスピードアップが必要です。以前読んだ川島令三さんの本では、350km/hで走れば東京〜札幌で4時間を切れるって書いてましたけど… 

安全とコスト。先の尼崎の事故を他山の石として…

ともかく、作る以上は地元にとって有意義なものとして欲しいものです。

福知山線(JR宝塚線)の事故から10日が過ぎてしまいました。この事故については、書こうと思いつつ、うまくまとまらず書いては消し書いては消しを繰り返していました。そんなことをしている間にも、新事実という名の下にさまざまな情報が流れてきます。


とりあえず、思いついたものを並べてみると、

・日勤教育の実態。
・事故列車のオーバランした距離の虚偽報告
・福知山線のATS−Pは工事中で6月から使用予定だった
・現場での速度は108km/hだった(加速していた可能性もある)
・現場となったマンションの住民の方に対するJR西日本の対応
・現場手前の直線区間は先のダイヤ改正でハード的な条件の変更なく最高速度が100km/hから120km/hに変更されていた
・事故の電車にJR西日本の運転手が同乗していたが、救助作業をすることなく職場に向かった
・事故直後に、JR西日本の社員がボーリング大会をしていた
・続発するオーバーラン 同じ電車が二度のオーバーラン

どうにもやりきれない気持ちがします。


最初は、その事故の悲惨さに目が奪われました。無残にひしゃげた電車。次々と増えていく犠牲者の数。そして次第に増えていく、亡くなられた方やその周囲の方の個々人の情報。胸が締め付けられる思いでした。


そのうちにその取材方法も含めて、マスコミの報じ方が気になってきました。

当初、マスコミが盛んに問題視したATS−Pや過密ダイヤについては、二義的な事だと思っていました。事故の背景にある最大の問題は、「いじめ」とも「みせしめ」とも言える日勤教育にあり、オーバーランという初歩的なミスを犯した運転士が動揺し、その結果、無理な運転につながり事故を起こしたのだと…

ATS−Pの導入が他線と比べて遅れた事、あるいはATS−SWで速度の制御を行わなかったことで、JR西日本を責める論調がありましたが、どこの企業でも予算の枠の中で施策を決めているはずです。全てを同時に実施することは現実的に無理があります。現に福知山線(JR宝塚線)についは6月の使用開始に向けて工事が進んでいました。誤解を恐れずに言えば、今回は不幸にして間に合わなかった、という事でしょう(「間に合わなかったで済むか!」という被害者の方の気持ちは当然だと思いますが…)。

過密ダイヤとはすなわち、「所要時間の短縮」「待たずにすぐ来る電車」「乗り換えが便利」ということです。福知山線(JR宝塚線)のダイヤ改正時に、マスコミは恐らく「JR宝塚線が便利になりました」という報道をしたのではないでしょうか? これらの施策により利用者数が増えたとすれば、利用者とJRの利害が一致したということです(「便利になった分、安全が脅かされるなんて思ってないぞ!!」という意見はもっともですが…)。

マスコミは、ともかく犯人をひたすら「叩く」こと自体を目的にしているのではないか、そんな気がしていました。例えば、犠牲となられた方の葬儀で、JR西日本職員を罵倒するご遺族の姿が流されていました。ご遺族の気持ちは十分に理解できます。自分がその立場なら同じ事を言うかもしれません。でも、この映像を流す意味がよくわかりません。献花に来たJR西日本社長の脇で、ご遺族に「どう思われますか?」って聞く必要性がわかりません。なんて答えるか想像ついてやってるでしょう、あなた。


JR西日本とはこんなにひどい会社なんだ、働いている社員も人の気持ちが判らないろくでなしばかりだ!という論調です。曰く、遺体をモノ扱いした、とか、マンションの住民の方に紹介した代替住居の目の前を鉄道が走っていた、人の気持ちを慮っていない、とか… 確かに配慮に欠けた言動をとる社員がいたのは確かでしょう。

でも一方では真摯な気持ちで対応している社員の方もたくさんいると思うんですけど、一切出てきませんね。つまりそう言う事ってマスコミから見た場合、報道の価値がないということなんでしょうか?

それにしても出るわ出るわ、あっちでオーバーラン、こっちでもオーバーラン。オーバーランってそんなに珍しいことなのかな? 多分、そうそう有るもんではないけど、格別珍しいことでもなかったんだと思います。ところが、突然ニュースバリューを持っちゃった。まぁ、同じ電車が2回のオーバーランって言うのは、確かにニュースだと思いますけど… 


ここまで、マスコミの論調が気になる、って視点で書いてきましたが、そうこういってる間にも次々出てくるJR西日本の不祥事。

「事故列車に同乗の運転士、逃亡、職場へ直行」
はっきり言って問題外です。しいて言えば、自分には運転しなきゃいけない電車があるという義務感? あるいは、遅刻の罰則としての日勤教育への恐怖感、なんていうのもあったのかな? などとも思いましたが、目の前の鉄道事故で苦しんでいる乗客を見捨てた、というのはやはり鉄道人としてあるまじき行為と言わざるを得ないでしょう。まして、近所の工場の社員による組織的な救助活動、マンションの住民による自発的な救助活動が報じられる中、やはり“人”としてどうなの?と思ってしまいます。

でも、今朝、この運転士がGW中に有給休暇を取っていたことについて、非難的な報道がありましたが、この報道は必要なのかなと、ちょっと思いましたね。別に行楽地に行ってた訳じゃないと思うんですが… マスコミはとりあえず草むしりでもしていれば満足するのでしょうか?


「事故の直後、JR西日本社員、ボーリング大会」
事故現場の尼崎と問題となった天王寺と、東北に住む私から見ればすぐ近所ですが、天王寺にいる人からすれば、尼崎はずいぶん遠いのかもしれません(判りませんけど…)。もう一つ実感がないままボーリングに行ってしまったのでしょう。ここで問われるのは、事故を自分達の事として捉えることができたかどうか、ということです。

JR西日本の社長が「情けない思いがする」と発言していましたが、その通りですね。でも、これがJR西日本金沢支社の社員だったらどうでしょう? あるいはJR東海や東日本の社員なら… さらに言えば仙台市交通局の職員なら… 同じ鉄道人として、やはり自分のこととして受け止めるべき出来事だとは思うのですが、これも非難の対象となるのでしょうか? この辺の線引きもちょっと微妙な気がしました(ちょっと屁理屈かな〜)。

とは言っても、関西圏のJR社員としてはやはりあってはいけないことですね。JR西日本本社に掲げられた半旗の意味をしっかりと考えるべきでしょう。

それにしても、ボーリングの後で寄った居酒屋でいくらのコースを頼んだのか、なんてディテールはいるのかな? とは思います。単に鉄道人としての自覚が足りない社員がいた、というだけで十分なのでは…

でも、JRの人って何で平日のあんな時間帯にボーリングしたり、居酒屋に行ったりするんだろうか…という素朴な疑問は残りますけど…

それにしてもこの2つの問題。取材の過程で発覚したのでしょうか? それともやはり内部告白(ですよね、きっと…)


以上、思うところをだらだらと書き連ねてみました(こんなの読んでくれる人いるのかな?)。誤解されたくはないのですが、この駄文の趣旨は、JR西日本を庇うことではありません。実際、会社側の発言、労組側の発言、これについても言いたいことはたくさんあります(本気で収拾がつかなくなるので触れませんでしたが)。いずれにしても、あれだけの事故を起こしたJR西日本の責任は極めて重大です。107人もの命を奪ったという事実、さらに多くの人たちに有形無形の多大な損害を与えたという事実、これらは本当に肝に銘じて欲しいものです。

今、大事なのは、あの電車に乗っていた方とそのご家族、マンションの住民の方、そして事故当初に救助活動に当られPTSDの症状が見られる方など「被害にあわれた方への充分なケア」そして原因究明を含めた「事故再発の防止」この二点に尽きると思います。

マスコミの報道は被害者の代弁をしているつもりで、被害者の気持ちをさらに逆なでする報道を繰り返しているのではないかという気がしてなりません。重箱の隅をつつくのではなく、公平に「是々非々」の立場での報道をして欲しいと思うのです。

JR西日本福知山線で、とんでもない事故が起きてしまいました。

実は帰宅するまで全く知らず、夜7時のニュースで映像を見た瞬間は、何のことか判りませんでした。えっ、脱線? 死者50人? これ日本の話?

車両、グチャグチャじゃないか! 普通、脱線ぐらいでこんなになるのか? 改めて報道を見て次のことがわかりました。

・伊丹駅でオーバランしたこと
・その遅れを取り戻すためにスピードを出しすぎたこと
・現場はゆるいカーブであること
・運転手が免許を取得してから、1年未満であること
・この運転手は過去に3度の訓告・厳重注意処分を受けていること
・置石の可能性があること
・原因については、未だ不明であること

気になるのはATSが作動したのかということですが、どうやら旧式のため信号を無視したときにのみ作動するタイプで、スピードオーバーには対応しなかったようです。

そして、運転手の資質の問題。当然、誰でも新人だった時期はあるわけで、そのこと自体は問題ないでしょうが、1年以内で3回の訓告・厳重注意はおかしいと思います。果たして乗客を乗せて運転する資格があったのでしょうか?

そして、車体のダメージが大きすぎるのではないか、ということ。今回、事故を起こしたのは207系のようですが、近年の車両に見られる極度の軽量化により、車体が脆弱になっている可能性は否定できないでしょう。最近は、新幹線車両も含め軽量化が進む中、同時に高速化が進んでいます。これも非常に心配なことです。

経済性の追求も大事でしょうが、安全をなおざりにすることはあってはいけなことです。最近、土佐くろしお鉄道のオーバーラン・東武伊勢崎線の踏切事故、この他、航空会社を見ても、人の命を預かっているという自覚に欠けたトラブルが多発しているように思います。

これを書いていて、東海道新幹線開通25周年のときのJR東海のCMを思い出しました。

「安全であり続ける、この言葉が当たり前のこととして聞こえるとき、私たちは静かな誇りを感じます…」

多少、言葉は違ったかもしれませんが、よいセリフだと思います。今回の事故はJR西日本ですが、JR西日本を含め他の交通事業者も考え方は同じのはずです。今回の原因究明は当然のことですが、今一度、安全のあり方について、考え直していただきたく思います。

書いているうちに、犠牲者の数が増えてしまいました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

-----------------------------------------------------

4/26 7:00 追記

朝起きたら、未だに救出作業が続いていました。

そして、なくなった方の数も69人に…

車内にはあと何人の方がいらっしゃるのでしょうか?
作業に当たられている方も大変でしょうが、
頑張っていただきたいです。

これから電車で通勤しますが、ちょっと憂うつです。

3月24日付け河北新報紙より2006年度開通予定の仙台空港アクセス鉄道。仙台空港のターミナルビル前には空港駅の構造物が建ち、途中区間でも高架橋の橋脚が立ち並びだし、工事は順調に進んでいるようです。

そうなると気になるのが実際にどんな電車が走るのかな? と言うことですが、昨日の河北新報紙にJR東日本がアクセス鉄道用の新型電車の概要を発表したと言う記事が載っていました。

記事とイラストを見ると、ステンレス製車体の2両編成で、両開きの扉が片側3ヶ所、窓下に緑と青の帯、窓上に青の帯を配しています。パンタグラフのシングルアームとヘッドライトのHIDはイマドキの電車と言う感じです。特筆すべき点は、出入り口のステップがなくなっていること。車輪の直径を小さくして、車高を下げたそうですが、これで車椅子での利用が便利になります。外観もスッキリとしました。

車内のシートについては、前向きのクロスシートとベンチタイプのロングシート。クロスシートについては前向きとありますので転換式ではないかと思います。となるとこの辺の電車では初めてかも… ロングシートもあるのでセミクロスタイプとなりますが、701系5000番台のような千鳥配置かもしれませんね。それとスーツケース用の荷物置き場は空港アクセス用の車両としては必須でしょう。

この車両をJR東日本では今年12月に1編成、開業までにあと3編成製造するそうです。また、仙台空港アクセス鉄道の運営会社である仙台空港鉄道も同様の車両を3編成新製する予定で、最終的に合計で7編成となるようです。2両編成ではさびしい?ので、4両編成での運転になるのではないかと思うのですが、仙台〜仙台空港間のみ運転なら足りるかもしれませんが、山形まで直通運転するとなると編成が足りないかも。そうすると701系や719系も空港線に乗り入れることになるでしょう。

何にしても久々に楽しみな新車です。
で、形式は何になるんだろう? E723系かな(^^)

(写真は3月24日付け河北新報紙です)

■関連記事
仙台空港鉄道 初乗り☆(2007.03.19)
明日、仙台空港鉄道開業! と言うことは…(2007.03.17)
仙台空港鉄道 ダイヤ発表(2006.12.23)
E721系、701系と併結試運転(2006.05.28)
E721系を撮った!(2006.04.19)
E721系を見た!(2006.04.18)
E721系が来た!(2006.02.16)
仙台空港アクセス鉄道 車両続報(2006.01.22)

今日、帰宅して何気にテレビを見ていたら、「宮城野貨物駅移転」なんてニュースをやってました。よく見たら、単にJR貨物が移転の検討をし始めたということで、内容的にも、これまでの噂の域をでるものではなく、時期も移転場所も触れられずちょっと肩透かしという感じではありました。

環境問題とあいまって、今後増える貨物量に現駅では対応しきれないとのことですが、鉄道貨物の扱い量って増えてるんでしょうか? 気になってちょっと調べてみたのですが、ここ10年ぐらいはほぼ横ばい。コンテナもほぼ横ばい。どうなんでしょう? でも検討を始めたってことは需要はあるんでしょうし、やはりCO2の問題や高速道路の安全問題など考えると鉄道にシフトできるものはすべきなんでしょう。っていうか、政府がもっと強力に推進すべきだとは思うのですが… 

で、移転するとなると、仙台市民としてはもう一点気になることがあります(^^) もちろんその広大な跡地の利用方法です。宮城野貨物駅の西側には通り1本挟んで、楽天イーグルスの本拠地フルキャストスタジアム宮城がある宮城野原公園総合運動場があります。当然、貨物駅跡とくっつけて巨大総合運動公園にして欲しい。で、さらに当然なことに?ドーム球場(宮城ドーム?)を期待しちゃったりしたいなぁ〜、などと思ったりするわけです。現にニュースの中でも仙台市がそのような構想を持っている、と紹介されていました。利府の山奥(失礼!)にあるグランディ21(宮城スタジアム)と違って交通の便は全く問題ないし… 今いろいろと取りざたされているアマチュア向けの施設も整備できると思います。

ん〜、ちょっと期待しちゃいますね〜 っていつの話なんだろ〜^^;

先日、保存されることになったED71他の電気機関車達について書きましたが…

どうせならそれらを生かして楽しい鉄道テーマパークを作れないものでしょうか? 今日はそんな夢物語なぞ書いてみたいと思います。

とりあえず電気機関車をただ並べてみても来るのは「鉄ちゃん」だけ。できれば、普通の人に来て欲しい。もっと言えば女性と子供。女・子供がくれば男も来る、っていう乱暴な理由ですが、たぶん真理でしょう(^^) 

テーマは、ありきたりだなぁ〜とか思いつつ、やっぱり「レトロとおしゃれ」。う〜ん、どうしよう(考えてから書けよ!)、よし、戦前の仙臺驛を再現しよう。と思ったけど、それに見合う車両がないな。すると先代の仙台駅(シャレじゃないよ)か? あの駅舎、レトロっちゃレトロだったけどおしゃれだっけかな? コンコースを見下ろす2階の日本食堂は少年時代の憧れの的でしたが… 切符売り場や改札口、昔の駅の雰囲気を再現しましょう。
そうそう、いまは向山の児童公園にあるあの仙台駅のシンボル、待ち合わせ場所の定番だった大時計。これは欠かせない。そして駅舎内にはお約束の鉄道模型のレイアウトと、シュミレーション装置、これはやっぱり置いときましょう。

改札口を抜けるとホーム。ここに車両の展示コーナーになります。で、機関車はいいんですが、やっぱり客室に入れないと物足りない。旧型客車がほしいですね。どっかにないかな? 大井川鉄道じゃくれないだろうし… 船岡駅の脇にあったやつ、どうなってましたっけ? 

旧型客車はどっかから調達するとして(^_^;)、今のうちに485系、583系、455系、キハ58系は抑えておきましょう。いずれも東北を支えた花形車両たちです。そうそう200系新幹線電車も忘れてはいけません。何のかんの言ってもインパクトありましたから。それと、今、北斗星に使っている食堂車、あれも廃車になったら電車に戻して展示しましょう。ホームでは駅弁(パッケージは復刻版)を売ってて、車内で食べることができる、っていうのもいいな。

ふたたび改札を抜けて駅前に出ると、そこには仙台市電の電停。富沢の市電保存館から持ってきちゃいましょう。当然、動態保存です。あ〜動く100型電車が見てみたい(^^)。市電で少し移動するとそこには栗原電鉄のM15型。これも若柳で朽ち果てる前に確保。同じく栗原電鉄のM182か3も抑えます。これは元福島交通。その他、県内、隣県で朽ち果てつつある保存車両を集めて復元します。これらはみな重要な文化財。大事に保存しましょう。

そうそう、場所はどうしましょう? ん〜、東仙台〜岩切への移転が噂される宮城野貨物駅。この移転に併せて用地を確保しましょう。会社が違うけど、そこはそれ、JR東日本とJR貨物でうまくやってほしいな(*^_^*)。車両展示コーナーに時々JR貨物の主力機関車、EH500がやってきたりして…

で、ここまでの足ですが、もともと仙台バイパスに近いので車で来るのも便利ですが、どうせですから、仙台駅から専用列車を運転しましょう。
現代(いま)の仙台駅の自動改札を抜け一番線ホームへ。その東側の先端へ行くともう一度改札口。ここから既にテーマパークの中です。ホームで待つのは、ED75が牽引する展望車つきの特別車両です。客車には運転装置をつけてプッシュプルにしましょう。そう展望車は過ぎ行く景色を見るんじゃありません、機関車を見るためです(笑)。列車に揺られること10分弱、着いたのは昭和中期の仙台駅。

って、こりゃ、鉄ちゃんしかこないわ^^;

東北本線の利府駅構内に、6両の電気機関車が留置されています。いずれもかつて東北地方で活躍した形式でかつその1号機ということで、東北の鉄道史を切り開いてきた証人達ですが、駅の片隅に野ざらし状態で「保存」とはお世辞にもいえない状態でした。

2002年頃に有志の方の手によりED78が再塗装されました。それを契機に他の機関車も再塗装されたはずなのですが、その後、心無い人に落書きされてしまい、そのまま朽ち果ててしまうのではないかと気にはしていたのですが、ようやくJRの手で保存されることになったようです。

3/11の河北新報紙によると、JR東日本仙台支社がこれらの機関車を「産業遺産」と位置づけ、利府駅から2km離れた新幹線総合車両センターに隣接した土地に保存するとのこと。で、その第1弾として3/10にED71の1号機が既に移送されており、他の車両も3/19までに移送されるそうです。で、その他の車両とは、ED45、ED75、ED77、ED78、EF71の各1号機ですが、現地にはDD13型ディーゼル機関車も1両いたはずです。これはどうなるのでしょうか? ちょっと気になります。

もう一つ気になるのは保存と展示のされ方。フェンスの中に保護?するのではなく、鉄道に親しめるテーマパーク的なものを期待したいと思います。九州の門司港にある九州鉄道記念館のようなものができればうれしいですね。ここは一度行ったことがあるのですが、平日だったにも関わらず鉄道ファンだけでなくたくさんのお客さんで賑わっていました(団体さんもいました)。まぁ場所やその他の展示物など考えると多分無理かな〜? なんとなく新幹線総合車両センターの展示コーナーの一部、って扱いになりそうな気がしますが…(何か気軽に行ける、って感じじゃないんだよな〜)

それでも朽ち果てる前に、「正式に保存」ということは評価したいですね。

利府駅構内のED71 (2002年1月撮影)

かつて、東京にいた頃は中央線で通勤していました。あのラッシュの電車の中、息抜きは週刊誌の中吊り広告。某TBSの日曜昼の番組じゃないけど、世の中が何となく見えたものです。

ところが、地元に戻ってきたら週刊誌の広告は一切なし。っていうか、空スペースも珍しくない状態。張ってあるのは半分ぐらいがJR関連。その他は専門学校とか塾関係の教育系、それと病院とか… うむ〜、総じて地味(笑) 
仙台電車区の車両は、北は岩手県の一関から南は栃木県の黒磯までとかなり広い範囲を走っています。広告を出しても対象が絞りにくいということもあるのでしょうが、週刊誌ならどこでも売ってるものだし、広告を出してもよいと思うのだけど…

その代わりと言っちゃなんですが、こんな広告?を見つけました。
「集結せよ。燃えたぎるアツイ正義をその胸に。」
なんだコリャ? と思ったらナント埼玉県警の募集でした。ん〜、何で埼玉県??? 何で仙台の電車で募集してるの? 埼玉のお巡りさんの数が少ないのか、それとも埼玉の治安が悪化してるのか??? ついつい余計なことを考えてしまいました(笑)

仙台の電車で楽しいのは、仙石線のマンガッタンライナー。石巻にある石ノ森萬画館とタイアップしたこの電車。外観を飾るロボコンや仮面ライダー、サイボーグ009のイラストも楽しいのですが、車内も地元の専門学校生(だと思う)が書いたマンガやイラストの原画(だと思う)が広告の代わりに展示されています。こんな形で発表の場があるというのはいいことですよね。まぁ、めったにマンガッタンライナーに当たらないことと、当たっても普段乗る区間が仙台〜あおば通の1分間だけ、と言うのが問題ですが…(っていうか歩けよ!)


車内広告でちょっと思い出したのですが、千葉県の銚子電鉄がやっていた手書きの中吊り広告。今でもやっているのでしょうか? いい味、出してましたよね〜


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM