ブライトリングのDC-3、福島空港の第3弾です。

5月27日のフライトは3回とも終了してしまいましたが、周辺でもう少し撮影します。

空港西側の斜面ポイントを後にして、空港南東側の高台に行って見ます。先ほどまで人でいっぱいでしたが、行った時には数人程度でした。

駐機中のDC-3がよく見えます。

グリーンの飛行服?を着ているのはレッドブル・エアレース世界選手権に参戦中のブライトリング・パイロットさんみたいです。なんかカッコいいです。

もう一度ターミナルビルの展望デッキに上がってみると、朝とは位置が少し違うみたいでちょっと撮りにくくなっていました。

この日の朝イチで撮った駐車場前や南西の高台に戻ったりして何枚か撮影。

その後は、暗くなるのをひたすら待ちます。

少し早めの夕食ですが、空港のレストランでソースカツ丼。ソースはサルナシの実を使っているそうですが、なかなかおいしくいただきました。

1Fにあった福島空港の模型。なかなかよくできていて、ちゃんとブライトリングのDC-3も停まっています。

ちなみに高台から見ると本物はこんな感じ。

ようやく暗くなってきました。
さらに暗くなりました。

コレを撮りたかったんですよね。満足して帰ることとします。にしても、疲れた〜

前回の続きです。

小雨交じりの天気で飛ぶかどうかも不安だったのですが、何とか飛んでくれました、ブライトリングのDC-3。

改めてダグラスDC-3とは、wikipediaによると1936年に運用を開始したアメリカの旅客機。全長は19.66mですから在来線の電車とほぼ同じ長さですね(笑) 定員は4列席だと28〜32人だそうです。今回飛来したブライトリングの機体は1940年製。あのゼロ戦が制式採用された年です。御年77歳。これで一般人を乗せて飛ぶんだからすごいですよね。しかも世界一周の途中ですからね。やっぱり見に来た甲斐がありました。

さて2回目の飛行です。1回目は10分程度早めの離陸でしたが、今度は30分近く早いです。天気のせいなのか元々アバウトなスケジュールなのか?

斜面の上の方で撮っていた人たちも少しずつ下へ移動。つられてこちらも真ん中ぐらいまで降りての撮影です。絵面としては1回目とあまり変わらないのでレンズを換えたりしてみます。

草原の向こうの滑走路

離陸

降りてきました。

上空を訓練用の小型機が飛んでいきます。

ここでしばしお昼休憩。車で移動してしまうと戻れない可能性が高いので、途中のコンビニで買ってきた冷たいうどんをいただきます。

さて、3回目のフライトですが、やっぱり少し早めの離陸でした。撮影場所はとうとう一番下へと移動。こちらの方が滑走路も近くなり迫力がでたかも…

スタッフが手を振って今日最後のフライトを見送っています。

草原の滑走路

離陸

主脚の構造が意外と複雑

かろうじて雲の表情が…

この構図で人が写らない写真はほぼ無理でした

垂直尾翼のライトが点いてます

お腹のライトが点いてます

降りてきました

窓にご招待の子供の顔が見えます。普通にうらやましい(笑)

後姿

青空の下で撮りたかったのはヤマヤマですが、それでもありがたいことに3回とも飛んでくれました。結局、会津若松市上空へは行けず乗っていた方は残念だったでしょうが、下にいた我々は予想以上にたくさん撮ることができて、ラッキーと言えばラッキー(笑)

何にしても、今回のブライトリングのDC-3のワールドツアー、日本では熊本、神戸、福島と3ヵ所の被災地を回って地元の子供たちを招待してくれました。いろいろと気にかけていただいてありがたいことです。で、さっき、ブライトリングのフェイスブックを見たら、昨日も空自の松島基地で東松島市の子供を乗せて飛んだみたいです。

はぁ、撮りたい、と言うか乗りたい(笑)

で、ちょっと思ったのですが、初めて乗った飛行機がDC-3という子供、結構いたかもしれません。いい思い出ですよね。ちなみに私が初めて乗った飛行機は二十歳の時のDC-10でした。どうでもいいですが…

先々週の日曜日、仙台空港にナショナルエアラインズのボーイング757を撮りに行ったときに、たまたま聞いたブライトリングのDC-3が来仙するという情報。結局、翌月曜日の仙台空港へは行くことができませんでしたが、次の金曜日、土曜日に福島空港でそれぞれ3回飛ぶとのこと。金曜日は無理ですが、土曜日なら行けなくはない。

なんと言っても戦前から飛んでいる名機です。

やっぱり一度は見てみたいよなぁ〜 

気になる天気ですが、予報を見るたびに少しずつ悪くなっていくような… 結局、土曜日の朝5時前に起きて外を見るとバリバリの雨。迷います。

前日はやはり天候不良で午前中は飛ばなかったようですし、午後も飛んだけど予定のコースではなくすぐに戻ってきたらしいです。高速代にガソリン代、その他を考えると支出は約1万円。ペイするのか?と、しょぼいことも考えますが、結局は「行かなきゃ見れない!」という当たり前の結論に達し、ワイパー全開で出動です(笑)

当日のフライトは、10:10、11:30、13:40の3回、それぞれ30分の飛行予定ですが、なにしろ勝手がわからない初めての場所なので7時すぎには福島空港に到着。

まずは駐機場にいるはずのDC-3を探します。

いました! 思っていたよりも更に小さいです。でもピカピカ。きれいな飛行機です。

福島空港といえばコレ、ジェットビートルとのツーショット。顔つきが何となく似ています(笑)

ターミナルビルの展望デッキから撮影。

ふたたび地上から。
やっぱり渋格好イイ。

これで最低限のノルマは達成しまた。後は「飛んでくれ!」ですが、時折、傘が必要になるぐらいの雨が降ったりして、相変わらずのはっきりしない天気です。

いずれにしても問題はどこで撮るかですが、事前に調べた範囲では、ターミナルビルの展望デッキ、空港南東側の高台にある展望台。そして空港西側、ターミナルビルの反対側の斜面。で、この斜面が一番良さそうだったのですが、状況がよく判らない。とりあえず行ってみます。

滑走路の下をトンネルでくぐりちょっと先を右折して細い道をうねうねと行くと、車が何台も停まっています。どうやらこの辺ぽいです。このポイント、どの程度車が停められるのか判らなかったので早めに来たのですが、なんとか間に合ったようです。

車を降りてすぐ、目の前の斜面は草原のようで、滑走路が端から端まで見通せます。予想以上にいい感じですが、どこまで行ってもよいかがよく判らない。周りにいた人たちも初めてらしく様子見、というところでしょうか。

ANAのボーイング737が水煙を引いて離陸していきます。これはこれで格好いい。

そして肝心のDC-3ですが、乗客らしき人たちが乗り込んでいきます。これは飛ぶのか? 時間が少し早いけど…

まもなくプロペラが回りだしました。エンジン音がこちら側にも響いてきます。そして予定よりも10分早く動き出しました。

滑走路へ移動して、いよいよ離陸。続いて離陸するボーイング737が大型機に見えます。

南東の高台の展望台も人でいっぱいです。

この日は会津若松方面への周回飛行の予定だったのですが、やはり天候不良でこの辺だけの飛行のようです(と、近くで航空無線を聞いていた人が教えてくれました。てか、私も聞いていたのですが、内容がさっぱり判らん)。

一度は、空の向こうに消えていった機体ですが、まもなく西のほうからエンジン音が聞こえてきました。そして上空を2回旋回して、もう着陸。なんかあっという間でしたが、時間を見たらかっきり30分経っていました。

天気こそ残念でしたが、予想以上の飛行を見せてくれました。まさかDC-3のお腹が見れるなんて… これで、帰りも高速を使って帰れます(笑)

ということで、DC-3ネタ、もう少し続けたいと思います。

最近は比較的まじめに?“鉄”をやっていたので、飛行機はGWの連休中にちょっと立ち寄ったぐらいで少々ご無沙汰状態でした。

で、土曜日、若干靄った感じではあるものの青空が広がって気持ちのいい朝だったので、久しぶりに仙台空港に行ってみました。

行ってみると山側から降りてくる飛行機が見えたので滑走路の山側の端の方でちょこっと撮影。

続いてターミナルビルに行ってみると見たことのない機体が駐機場の端に停まっています。なんだコレ?

展望デッキで撮っていた人に聞いてみると、ナショナルエアラインズのボーイング757だそうです。しかも今着いたばかり。ということは、滑走路の端から移動している間に降りてきた、ということですね。いつもの事ながら間が悪い(泣)

でも、降りたということは、いずれは飛ぶということ。…待ちます。

ほどなくタラップが外されました。離陸かな、と期待しますが… エンジンが回っている気配なし。しかも望遠レンズで覗いてみると前輪に車輪止めが付いているような… ダメだこりゃ。

しょうがないので停まっているナショナルエアラインズの向こう側を行き来するいつもの飛行機たちを撮ります。

ターミナルビルの1Fに最近できたプロントでパスタを食べて、近所のコンビニで買ったおやつを食べても動く気配はなし(てか、何しとる)。

結局、夕方になってしまいました。沈む夕日を見て、この日は終了。

翌日曜日。前日と同じような天気です。夜のうちに飛んでないだろうな、と思いつつ、結局、空港に行ってしまいます。

いました! 相変わらず動く気配はゼロ!!

ターミナルビルの脇から撮るとこんな感じ。今まで、この場所で撮ったことなかったけど、意外とよいかも。ただし、LCC用の新しいターミナルの工事が始まる前までかも、ですが。

それはそれとして、この場所で撮っていた方から午後5時ぐらいに出発との情報をいただきました。まぁ、その方も裏が取れている訳ではないそうですが、素直に期待します(笑)

その後は用事があったので一度家に帰りますが、時間に合わせて空港近くに戻ってきたのが午後4時過ぎ。まだいました。が、午前と違い、回りにいろいろと車両が取り巻いていて「飛ぶ気」を感じます(笑)

そして、予定通り午後5時、動き出しました。

そして、離陸。

滑走距離が思っていたよりも長いです。

間違いなく仙台に来た、ということで…(笑)

とりあえず、まずまず納得のいく写真が撮れました。なのに、現地でもう一つの情報をいただきました。明日(つまり今日)、仙台空港にブラントリングのDC-3が来るとのこと。「絶対無理じゃん!!」ということで、今日は1日悶々としながら仕事してました(爆)

はぁ、今度の土曜日、福島空港に行ってみるかなぁ 完全アウェイだけど… そもそも行ったことないけど… 天気と体力見合いですかね。

この週末は土曜日も日曜日も雨降りでした。2日とも雨というのは結構久しぶりかも。ついでに今日も雨で鬱陶しいことこの上なし。

なにはともあれ土曜日はおとなしく家にいましたが、日曜日はやや小降りだったのでちょっと外出してみました。

葛岡霊園の入り口にある陸橋の上から仙山線を撮ります。山形からやって来た快速列車です。

新緑とはいつつ少し色が濃くなっていますね。奥の方に紫色の花が見えます。この時期にこの色の花と言えば「藤」か「桐」でしょうが… これはどっちでしょう? 藤かな?

“鉄”はこれで終わり。この後、市内に戻ったのですが、「仙台国際ハーフマラソン」の日でした。すっかり忘れてた。中ノ瀬橋のところで交通規制に引っかかってしまいました。誘導されるままに西公園通りに出ると、たくさんの市民ランナーの方が西公園の新緑をバックに走っていました。雨降る中、お疲れ様でした。てか、オバQも走ってた(笑)

5月ももう半ばだというのに何故か雪の日の写真です。

ちょっと前に「1984年に函館に行った時の写真をスキャンしました」という記事を書きましたが、その時のネガが入ったファイルが出しっぱなしになっていまして、さすがに仕舞わなきゃと思ったのですが、その前に一番手前に入っていたネガからのスキャンです(笑)

時に1984年の2月ですが、日にちは不明。東京では珍しい本格的な雪景色です。

当時は中央線沿線の国分寺市に住んでいたのですが、写真は西国分寺駅を中心にその周辺での駅撮りです。

まずは西国分寺駅で撮った上りの165系。種別の表示が「急行」に見えます。この頃はまだ普通に急行列車が走っていました。

またまた165系です。種別はよくわかりません。「急行」の表示ではないような… ただ、なんか房総急行タイプのヘッドマークが付いているようにも見えます。

既に中央線の主力となっている201系。種別表示器が付く前の姿です。

こちらは日野駅。たぶん私が中央線で撮った最後の101系の写真ですが、後姿なのが残念なところ。高尾行きなのだから、待てばいずれ戻ってくるはずなのに撮ってないんだよなぁ(泣)

ここはどこでしょう? たぶん武蔵小金井駅だと思うのですが… 

最後は三鷹駅。向こうに見える総武線も201系ですね。

いずれ大した写真ではないですが、ちょっと懐かしい(笑) にしても、101系や103系を追い落とした201系も既に今はなく… 時の流れは速いものです。

5月5日のこどもの日、特に目的があったわけではないのですが、県北の南三陸町に行ってきました。

おかげで「環水平アーク」という珍しい虹を見ることができましたが、気仙沼線のBRTも見てきました。

志津川の少し北側のにある一般道の交差点。BRTのルートになっていることも知らなかったのですが、海の写真を撮っていたら突然現れました。気仙沼線のBRTは“赤”のイメージですが、これは“緑”。観光型の車両だそうです。見た目は普通の路線バスですが、中はボックスシートがあったり天窓があったりと楽しい内装になってる、らしいです。

狭いトンネルから出てくる前谷地駅行きBRT。ここはかつて気仙沼線のディーゼルカーが走っていた線路跡です。

振り向けばそこは歌津駅。昔のホームが姿で残っていますが、段下にあった駅舎は津波被害で失われ、今はBRTの歌津駅として整備されています。

しばし待つと、今度は気仙沼駅行きのBRTがやってきます。ここまで一般道を来たバスは急な坂道を登り、線路跡の専用道に入ります。なんか悲しい景色でもあります。

そして、そのままトンネルの中へ。

以前、大船渡線のBRTに乗ったときに感じたのですが、普通のサイズのバスで鉄道の単線トンネルに突入する時って微妙に怖かったりします(笑) 速度は50km/hぐらいでしたしプロの運転手さんですのでぶつかりはしないでしょうが、ガイドウェイバスだったらもっと安定して速く走れるのでは? と思って調べてみたら、ガイドウェイバスって法規上は無軌条電車(トロリーバス)の扱いなんですね。となると最高速度は60Km/hみたいです。ん〜、スピードはあまり変わらないですね。海外だと100Km/hで走っている例もあるようですが…

清水浜駅近くの気仙沼線線路跡で新しい橋の工事が行われていました。
ここまでお金をかけて作るならやっぱり鉄道でもいいんじゃないか、と思ってしまいますが、実際に走っているBRTを見ると乗っている乗客数が10名を超えていることはなかったようです(あくまでも、歌津、志津川界隈で私が見た範囲での話ですが…)。これを見るとやっぱり鉄道としての復活は無理だったんだろうなぁ〜とも思います。実際、Wikipediaによると歌津駅の1日の平均乗車人員は2010年が186人。これはこれでどうかとも思いますが、2015年では58人。ちなみに隣の清水浜駅は9人。

やっぱり厳しいですね。何はともあれ、今となってはBRTをうまく活用していただきたいと思います。

帰り際、柳津に立ち寄りました。たまたまやってきた気仙沼駅行きのBRTを柳津駅前で撮影。お客さんはやっぱり数名というところです。

この後は、気仙沼線の北上川橋梁で列車を撮ってお口直し(笑) 

ついでに石巻線の鹿又駅〜佳景山駅で夕暮れの列車を撮ってこの日は終了。

やっぱりバスよりは鉄道の方が撮りがいがあります。たとえキハ110系であっても(笑)

今日は志津川に行っていました。その時にちょっと珍しいものが見えたのでご紹介します。

志津川には11時ぐらいに着いたのですが、目的の南三陸さんさん商店街は大賑わいでなかなか近づくこともできない状況。かなり遠い駐車場に案内され、車から商店街まで徒歩5分強というところでしょうか? 想像以上でした。とりあえずちょっと早い昼食でも…と思いながら何気に空を見ると、なんか妙な虹。

商店街の上に、いわゆる弧を描いた虹ではなく、横に伸びた虹。気づいている方は少ないかも。

もう少し見晴らしのいいところと、ここまでせっかく歩いてきたのですが、また駐車場の方に戻り展望台に上がってみると、最初よりも少し濃くなってきたようです。志津川湾の上の虹です。

カモメも飛んでいますが、見えますか?(笑)

約10分ぐらいで消えましたが、この虹のことは夕方の宮城ローカルの情報番組でも紹介されていました。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起きる「環水平アーク」という現象だそうです。

ゴールデンウイーク後半の初日だった昨日。ホントは庭の掃除をする予定だったんですが、朝起きたら天気が良いし… 目的地もロクに決めずにとっとと出かけてしまいました。

最初のポイントは越河駅〜貝田駅。レトロ花めぐり号の時に気になっていた鯉のぼりがらみで…

続いては貝田駅の手前、国道4号線から。後ろにチラリと見える雪山は吾妻山です。
南下を続けます。藤田駅と桑折駅の間の跨線橋の上からE721系1000番台。隣接する東北新幹線の高架橋をE6系+E5系が駆け抜けていきますした。

上の写真の反対側。やたらと柱が目立ちますがその奥の山は安達太良です。

飯坂温泉まで来ましたが、特に温泉に入るわけでもなく花水坂駅〜医王寺駅の鉄橋で福島交通の新型電車の1000系を1枚。

何だかんだで着いたのは山形新幹線というか山形線というか、奥羽本線の庭坂。光線が逆光になってしまいました。さっさと来ればよかったかな?

板谷峠への坂道を登っていきます。

菜の花と吾妻山とE3系つばさ。

梨の花(たぶん)の向こうにチラリとE3系。

20分ぐらい遅れてやってきた719系5000番台。東北本線の719系は絶滅危惧種ですが、こちらはしばらく安泰です。

同じようなアングルですがE3系つばさも撮ります。

福島盆地を見下ろす八重桜。

もう少しあちこちをぶらぶらしながら仙台に戻りますが、何か夕日がいい感じになりそうで仙台空港に立ち寄ってみたら、普段仙台では見ることができないフジドリームエアラインズのエンブラエルがいました。

タイガーエア台湾のA320が降りてきました。

一日照らしてくれた日が沈みます。なんか手を合わせたくなります。

日没後、この日、最期の一枚です。

撮り鉄とか言いながら最後は飛行機でしたが、何がどうと言うこともなくまずまずの良い一日でした。ちなみに庭の掃除は今日、しました(笑)

ゴールデンウィークの谷間です。昨日も今日も普通どおり会社です(悲)

昨日は、「曇り空だし… まぁ、いいか」だったんですが、今日は快晴。はぁ〜

というわけで、そこそこ快晴だった日曜日のお話です。

なにはともあれ桜の季節から新緑の季節へ。久しぶりに東北本線の愛宕駅〜品井沼駅で撮ってきました。萌えいずる春。まさにこの時期だけの色彩ですね。

当たり前のようにE721系1000番台がやって来ます。

先日、船岡駅〜大河原駅でみた719系。仙台以北でも走ってました。

もちろん金太郎さんも来ます。

ちょっと場所を変えて小牛田駅から戻ってきた719系。

またまたE721系1000番台。って、さっきと同じ編成でした。

なんだかんだで3時間ぐらい撮って移動します。行き先は仙石線の東名駅と野蒜駅。高台に移転してから何度かは行ってますが、昨年11月の宅地整備完了後は初めて。

東名駅前。戸建ての家が工事中も含めて立ち並んでいます。中には洗濯物を干している家もあって既に生活感も漂っています。

東名駅周辺で仙石線を撮ります。

野蒜駅にも行って見ます。以前は一度下に降りないと行けなかったのですが、当然のことながら丘の上だけで移動可能。ちゃんと一つの街になっていました。野蒜駅前には和風の黒いシックな建物が並んでいます。野蒜市民センターと奥松島観光物産交流センターだそうです。

旧野蒜駅と旧東名駅のあいだにある食堂で遅い昼食をいただいて、陸前大塚駅付近に移動。旧線と新線の分岐点付近です。穏やかな松島湾をバックに撮ろうと待っていたら上空に鳥の姿。何気に撮ったら… 魚を捕まえていました。

程なく仙石東北ラインのHB-E210系がやって来ました。

最後は菜の花で終了。

穏やかな1日でした。こんな日ばっかりだったらいいのに… とりあえず明日からは5連休です。どうしよ?


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM