今日は二期工事を終えたフルスタ宮城の開幕戦。ここまで2連敗の楽天ですが、地元での初勝利なるか? と期待は大きかったのですが…

会社からの帰宅途中、仙台駅のコンコースでなにやらイベント。どうやら地上デジタル絡みで、ワンセグ放送がどうのこうの…という内容のようですが、ついつい目が行ってしまうのが中央に置かれたモニターに映る“楽天VSオリックス”の野球中継。ん〜、1回の裏で…って、もう2点とられてるじゃん! 朝井〜頼むよ、ホントに。

電車の時間で、観戦は中断。後はラジオで聞こう。今年からフルスタの試合は全て東北放送ラジオで中継されるそうです。で、聞いてはみたものの、どうにも旗色悪いなぁ〜。打てないし、朝井も一杯一杯みたい。なんてやってる間に、3回表にオリックス1点追加で、3対0。

自宅に帰って、ここからは再びテレビ中継。と思ったら野球中継はニュースのため中断中。地上デジタルだと見れるみたいだけど…ってことを、さっき仙台駅のイベントで言ってました(^_^;) ようやく中継を再開したのは5回の裏。楽天チャンス! なんと一死満塁。ここでバッターは新戦力の鉄平。やった!2点タイムリーヒット。これで3対2。チャンスは続きますが、代打益田が凡退。礒部が四球を選ぶものの続く4番フェルナンデスが倒れて追加点はなし。こういった場面でたたみ掛けるような攻撃が見たいのですが…まだまだですね。

さらにその直後に清原のタイムリーで1点を失点。どうも味方が点をとった直後に点を取られるという悪いパターンがまた出ちゃいました。しかもワイルドピッチを連発。どうも投打ともに今一つ。しかもその後、雨が強くなり30分ほどの中断の後、降雨コールド。これで楽天は三連敗、早くも単独最下位です。今年も胃の痛い展開が続くのかなあ〜(笑)

ところで、今年から楽天の試合をみるツールが一つ増えました。それが「楽天イーグルスTV」。フルスタの試合のインターネットライブ中継です。去年もあったのですが、有料という事もあり申し込みは100件程度。そんな訳で今年は無料になりました。多くの人に見てもらって楽天ファンを増やそうという戦略だそうです。試合終了の直前に思い出してつないでみたら、ちゃんとアナウンスも入って、画面は小さいながらけっこう使えそうな感じ。

ぜひぜひ、勝利の場面を見せて欲しいものです。

パ・リーグ開幕。楽天も札幌で日本ハムとの開幕戦に臨みました。

今日は地元(仙台)でもテレビ中継があったのですが、今日は車で外出。残念ながらラジオ観戦でした(停まってる時だけテレビ観戦でしたが…)。

すごいですね。札幌ドームは満員でした。やっぱりWBCの優勝効果でしょうか? 今年もパ・リーグは熱い!

で、試合の方は… ん〜、先発一場はまぁまぁの出来、と言うところでしょうか? 1回の小笠原の一発はしょうがないかな。でも、味方が1点取ってくれた後の2失点はいただけませんね。四球から始まった失点だけに悔やまれるところです。

2回2安打無失点のルーキー青山はちょっと期待です。

そして、4回の攻撃、礒部・吉岡・山崎の集中打は見事でした。ただ、ここだけ、ってのがどうにも… 結局、試合はこのまま3対1で、野村新監督の5年ぶりのプロの采配は白星、という訳にはいきませんでした。

明日の先発はインチェ(林英傑)ですか。まずは頑張ってもらいましょう。

何はともあれ、今年もオラがチームを応援できる喜びを噛みしめつつ…

荒川選手、待望の金メダルで、マスコミはここぞとばかりに大騒ぎです。一応荒川選手の地元ということで、仙台のローカル紙、河北新報の夕刊紙面はほとんど号外のようです。一面全てが荒川選手。見出しの活字も通常の3倍以上の大きさ。さらに三面もほとんど荒川選手。四面・五面もフィギュア特集。ん〜、通常の記事がない(笑)

夕食時のテレビもNHKと日テレ系でオリンピック特番。で、天邪鬼な私はTBS系でやっていたWBC(ワールドベースボールクラシック)壮行試合“日本代表VS12球団選抜”を見てました。

で、12球団選抜の先発ダルビッシュに集中打、さすがは日本代表! っていうかダルビッシュ、ちょっと悪すぎ。にしても、我が楽天の選手は日本代表はもちろん?12球団選抜にもいないのかなぁ〜とちょっとさびしく思っていたら、選抜チームの三番手投手として一場が出てきました(選抜の基準が今ひとつ判りませんけど…)。

結構いいじゃないですか、一場投手。ややボールが先行するきらいはあるものの、いきなり二者連続三振。そのあと代表チーム4番の松中にデットボール当てちゃったりはしたものの、結局許したランナーはこの松中1人。無難に2回を投げきりました。代表チームを2回ノーヒットに押さえたことで、自信につながったのではないでしょうか? イチローとの勝負が見れなかったのは残念でしたが、今季の一場、ちょっと期待しゃうぞ。

ところで、話は元に戻りますけど、荒川選手に宮城県が県民栄誉賞を贈るそうです。県まで浮かれ気味? いや、まぁいいんですけど… ちなみに、大魔神佐々木(仙台市出身)、ノーーベル賞の田中耕一氏(東北大卒)についで3人目、とのコトです。

最近、仙台市内のスーパーやコンビニのカップめんコーナーを席巻しつつある?のが、イーグルスカップめん。ゴールデンイーグルスにあやかったゴールドのカップに、マスコットが描かれており、結構目立っています。

メーカーは日清食品。東北限定だそうです。ラインナップは、クラッチの“イーグルスヌードル”、クラッチーナの“イーグルうどん”、カラスコの“イーグルスそば”の3種類。

とりあえず、一つずつ買って、クラッチーナのうどんを食べてみました。イーグルスのマークの入ったナルトがかわいいです。味は… う〜ん、普通のカップうどん、というか、“どん兵衛”と同じみたい(笑)

【前面】
前面
【裏面】
裏面
【ふた】
ふた

2月1日です。各プロ野球チームがキャンプイン。東北楽天ゴールデンイーグルスも、昨日のうちに沖縄の久米島入りし、今日から春季キャンプがスタートしました。

去年は天下御免の最下位でしたが、今年はとりあえず順位を一つでも良いから上げて欲しいものです。とは言え、戦力的にはどうなんでしょうか? ん〜、コレっていう補充はありましたっけ? 外国人選手は始まってみないと判らないしな〜

去年の田尾監督更迭以降の微妙な距離感を引きずりつつも、名将野村監督の手腕に期待する… な〜んか複雑だったりはするのですが、始まった以上はやっぱり注目しよ〜、と思っています(笑)

仙台人としては、ベガルタ仙台も気になるところ。楽天同様に新監督を迎え、こちらも宮崎県の延岡でキャンプイン。今年こそJ1昇格! 頼みますよ、サンタナ監督。

ところで、今日の仙台は、春は名のみの大雪。どこまで積もるんだろう。沖縄がうらやましい〜、今日この頃です。

今日、楽天イーグルスの本拠地、フルキャストスタジアム宮城の前を通りかかりました。ご存知の通り、フルスタ宮城は二期工事の真っ最中。もちろん近づく事はできませんが、フェンス越しに工事の様子を見てみました。

順調なのかな? 外観はかなり出来ているようです。一昨年の暮れからCGでは幾度も見た特徴的な丸い大きな窓?も形が出来上がっています。最上階の屋根も形になってきているようです。

完成すれば、現在の20,000席から23,000席に増えるほか、多彩なラウンジなども整備されるとの事。いよいよボールパークとしての体裁を整える事になりそうです。とは言え、ラウンジはそれなりに高いお席の専用だそうですので…関係ないかな、私には(笑)

まっ、何はともあれ3月下旬の完成が楽しみなことではあります。



ところで、フルスタと仙台駅の間を走っていたベロタクシー。冬の間はどうしているのかと思ったら、こんなトコにいました。

榴ヶ岡駅に近い仙台サンプラザ、そのロビーに2台展示?されていました。4月には営業再開するそうです。

帰宅して、テレビを見たらちょうどローカル番組の楽天のコーナーが始まったところ。

で、ネタは… 楽天イーグルス、第三のマスコット「Mr.カラスコ」の契約更改!

何じゃそれ? 

画面には、代理人?とともに球団事務所に軽トラで乗りつけるカラスコの姿が…

その後、記者会見会場に切り替わり、島田球団社長が現れ、
「契約更新するにも、元々カラスコとは契約しておりませんし…」
「スタジアム前でやってるプロレスもあんなに弱くちゃねぇ〜」
てなコメント。

それを聞いて激怒するカラスコ。

カラスコは、メキシコに行ってプロレス修行に励むんだそうですが… ん〜、何だかなぁ〜(笑)

楽天イーグルスの次期監督野村克也氏が、打撃コーチとなる池山隆寛氏を引き連れ?来仙、市内のホテルで監督就任の会見を開きました。

「今までの経験と知識をもとに、まずは戦えるチームに、そして優勝を狙えるところまで持っていきたい」と語った野村氏ですが、やっぱり新鮮味はないですねぇ(笑) とりあえず背番号は現役時代と同じ「19」で、どうやら3年契約らしいです。

前任の田尾監督の更迭劇(やっぱり3年契約でしたよね)については、実はまだ釈然としない部分があり、諸手を挙げて「歓迎! 野村監督」って気分ではないのですが、「ヤクルト、阪神と弱い球団ばかりに縁があり、どこをどうすればよいか、ツボだけは心得ているつもりです」と言う野村氏…、まずはお手並み拝見と言うところでしょうか?

ちなみに、まだシダックスの契約が残っているため、正式な就任は来年の1月1日になるそうです。

野村氏の楽天監督就任が正式に決まりました。

その手腕には期待するところ大ですが、古田のいない楽天で、その手腕を発揮できるかが鍵でしょう。ん〜、どうなんだろう?

野村監督には、目先の勝利は二の次としても、チームの育成を第一として欲しいと思います。補強はもちろん大事ですが、どこぞの大球団のように、あっちの四番、こっちのエースを連れてくるのではなく、真価を発揮できずに埋もれている選手たちを連れてきて、楽天で再生させ、元の球団を見返してやる、っていうのがいいなぁ〜、なんて思うのですが… もちろん、今一つ伸びきれていない現在の楽天の選手たちについても、ぜひ、再生工場としての技を見せて欲しいと思います。

もっとも、目先の成果を見せないと、先代の田尾監督のようにクビを切られかねないですが、フロントも今度こそ長い目で見て欲しいです。ロッテの成功はバレンタイン監督の手腕だけではなかったはずです。フロントの地道な努力なくして、あの圧倒的な優勝も無かったでしょう。

あとは地域密着の球団運営はどうなんでしょうね。あの田尾監督解任劇と、今の楽天とTBSのドタバタを見て、急にさめちゃったファンも周りにもいますし、自分自身も引っかかる部分が残っています。あの野村監督が地元に溶け込むような活動をするとは思えませんが(思い込み?)、球団として球場以外でも“見える”活動をして欲しいものです。

…ところで、サッチーは仙台に来るのだろうか?

今日、阪神タイガースは優勝を決めましたが、東北楽天ゴールデンイーグルスは、昨日、ファーストシーズン最後の試合を終えました。一年間戦っての成績は、38勝97敗。借金は59。首位とのゲーム差は51.5。5位との差でも25。見た事も聞いた事もないぐらい不甲斐ない結果でした。

でも、私たち仙台の楽天ファンはプロ球団が仙台に来てくれた事が本当にうれしかったのです。地元のチームがソフトバンクや西武、ロッテなどのチームと戦っている。なかなか勝ってくれないチームでしたが、その分たまに勝ってくれた時の喜びはひとしおでした。そしてそんな時に見せてくれる田尾監督の笑顔は本当に最高でした。それだけでそれまでの連敗を忘れました。今は弱いチームだけれど、きっと強いチームに変えてくれる。そんな可能性を信じて応援を続けました。

田尾監督は監督に就任すると、仙台への転居を明らかにしました。当たり前なのかもしれませんが、聞いたときは正直意外な感じがしました。かつて仙台を準フランチャイズとしていたロッテオリオンズには、仙台に住んだ監督・選手は1人もいませんでした。今度のチームの監督はちゃんと家族そろって仙台に住んでくれる。本当に地元のチームなんだと、これだけでうれしく思ったものです。

この1年、勝っても負けても本当に楽しい時間をいただきました。

それだけに今回の田尾監督の解任は本当に残念です。楽天という球団の手法に疑問を感じてしまいました(キーナート氏の降格の時も感じましたが…)。

昨日の最終戦は、今年の戦いを象徴するような展開で、一度は逆転したものの、守備のミスから失点を重ね結局逆転負け。田尾監督の最期の戦いを飾る事は出来ませんでした。

それでも、最後に選手による胴上げ。何か救われたような気がしました。

改めて田尾監督には謝意を表したいと思います。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM