かつては全国各地の直流電化区間で見ることができた国鉄の近郊型電車“113系・115系”。ポピュラーすぎて、来てもなかなか撮らない車両という扱いでしたが、近年はだいぶ影が薄くなってきました。特に首都圏では近郊型というくくりさえもが怪しくなってきています。

東日本のエリアで配備されている115系は、高崎、長野、新潟の3ヶ所のみ。その中で高崎の車両は往年の湘南色をまとっています。先日、上毛電鉄に行った時に両毛線で高崎の115系に乗ったり撮ったりすることが出来ました。と言っても撮ったのは駅撮りだけですが・・・

小山駅から乗った両毛線の電車は107系でしたが、一つ目の駅、思川駅で行き違い。駅の向こうから115系がやって来ました。


久しぶりに見る湘南色の115系です。

続いて、岩舟駅でも行き違い。2本連続で115系でした。


107系を1本挟んで、足利駅での行き違いも115系。



桐生駅での行き違いは107系でしたが、さっき思川駅で行き違った115系が高崎行きになって戻ってくるのをここで待ちます。と、その前にやって来た小山行きも115系。これで少なくとも都合4本の115系が使われていることになります。



高崎行きがやって来ました。


2本の115系が並びました。


この後は上毛電鉄を撮りながら前橋へ移動。

前橋駅に着くと両毛線のダイヤは乱れていましたが、西日の中、やって来た小山行き。


続いてやってきた高崎行きも115系。まだまだ結構な数の運用があるようです。

この電車で高崎へ行きます。

車内はこんな感じ。シートは新しいタイプに更改されています。


この後は、高崎線の沼津行きに乗り、そのまま上野東京ライン初乗りの予定ですが、電車を待っていたら隣のホームに両毛線の115系が入線してきて、これが今回見た最後の115系です。


それなりに懐かしい気持ちで撮らせていただきましたが、こんなにも嬉々として115系を撮る日が来るとは、昔は夢にも思いませんでした(笑)
いつの間にか、12月6日の開業まで1ヶ月ちょっとに迫った仙台市営地下鉄東西線。日々、運転訓練が行われているのですが、まだ走っているところを見ていません。そこで昨日の午後、国際センター駅の脇を通ったのでちょっと立ち寄ってみました。

国際センター駅の東端、広瀬川橋梁を見下ろすポイント。着いたのは15時半過ぎだったのですが、少し遅かったみたいです。橋の部分にはもう日が当っていませんでした。

待つこと数分。八木山動物公園行きの電車が橋を渡ってやって来ました。



すぐに荒井行きもやってきます。


判ってたことですが、やっぱりちょっと撮りにくいです。

八木山動物公園行きを撮ってから8分後、次の電車がやって来ました。



もう一本、荒井行きを撮って終わりにしますが・・・

なんだこれ? 覆面電車?

何にしても、次はもう少し早い時間に行ってみたいと思います。
今日は薄曇り、昨日はしとしとと雨の一日でしたが、一昨日の日曜日は終日穏やかな晴れ間が広がりました。平地の紅葉はもうちょっとという感じですが、せっかくの晴れ間ですので、特に目的もありませんでしたが、ちょこっと東北本線で撮ってきました。

久しぶりの大河原〜北白川です。

大河原の街を過ぎたらすぐに貨物がやって来ました。



続いて水戸の485系「ゆう」。こちらも久しぶりです。


蔵王が見える定番ポイントですが、後ろに陸橋が出来ていました。前来た時は工事中でした・・・


という訳で陸橋の上から、上りの719系。


反対側から。ただしこちらは歩道が無いのでご注意を。


セイタカアワダチソウの向こうに719系。


陸橋のポイントは田んぼに水が入ってからだといい感じかも知れませんね。
昨日、上毛電鉄の古豪、デハ101を撮って来たことを書きましたが、もちろん元京王3000系の700形も撮っています。せっかくなのでこちらもご紹介します。

700形が上毛に来たのは平成10年。もう17年になるんですね。前回来た時にはまだ元東武の300形、350形が走ってましたから20年ぶりぐらいの再訪です。

京王3000系は正面の上部の色が7パターンありレインボーカラーと呼ばれていましたが、上毛でも編成ごとに色が異なり、京王を上回る8色となっています。京王では淡いパステルカラーばかりでしたが、上毛ではけっこうビビッドな色もあって、まぁ、これはこれでアリかな〜、と思います。

以下、写真は撮った順になります。

▼第6編成(富士山下〜天王宿)


▼第1編成 (富士山下〜丸山下)


▼第5編成(富士山下〜丸山下)


▼第7編成(粕川〜膳)


▼第2編成(粕川〜膳)


▼第3編成(大胡駅)


▼第8編成(大胡列車区)

イベントの休憩所となっていたハロウィン電車。中はハロウィンの装飾となっていました。にしても、ハロウィンなんていつから日本に定着したんでしょうか? 昨日の夜の渋谷は大騒ぎだったようですが・・・

▼第4編成(大胡列車区)

「はしる水族館」だそうです。静態保存のデハ104と並んでいます。

これで、全編成撮りましたが、中央前橋駅でも撮りましたのでおまけです。

▼中央前橋駅

群馬は大河ドラマ「花燃ゆ」で盛り上がっていました。確かに最近になって舞台が群馬に移って来ましたが、ちょっと意外(笑)

▼中央前橋〜城東

線路脇の川の名前は広瀬川だそうです。帰ってから調べて判ったのですが、仙台人としては微妙に反応してしまう川でした(笑)

それにしても昔馴染みの電車がこうして第二の人生を送っているの見ると、ちょっと嬉しくなります。これからも地域の足として頑張って欲しいものです。

 
今週の月曜日に東京で用事がありまして、これに合わせて前日の日曜日(10/25)からちょっとお出かけしてきました。本当は土曜日から出かけたかったのですが、さすがに法事はパスできません(-_-ゞ

行った先は・・・、 東北新幹線を小山駅で降りて右に寄り道、両毛線で上毛電鉄へ。仙台に引っ込んでしまうと、北関東、特に群馬県はなかなか行けないエリアですが、特に上毛電鉄はかなり久しぶりです。前に行った時はまだ東武のお古が微妙に派手な塗装で走っていました。

両毛線を桐生で降り上毛電鉄の西桐生駅に行くと、風格ある洋風の駅舎周辺がなにやら賑やかです。出店がいくつも出ていてお弁当やら野菜やら上電グッズなどが販売されています。

▼西桐生駅


係員ぽい人に
「今日はなんかのイベントやってるんですか?」
と聞いてみると
「はい・・・ こちらをお持ちください」
とチラシを手渡してくれました。

ん〜と、「上毛電鉄感謝フェア」だそうです。しかも上毛の古豪「デハ101」も動くそうな。昨日来なくてよかった(笑)  って、よく見たら、あと20分ぐらいで来ちゃうし・・・

渡良瀬川の鉄橋で撮ろうかと、急ぎ「鉄道の日&群馬県民の日記念 ワンデーフリーパス」なる期間限定のフリー切符、1000円也を買って富士山下駅へ移動。現地に着いてみたら、鉄橋は富士山下駅の西桐生駅寄りでしたね。逆側だと思ってました。とりあえず、数分後にやって来たデハ101を駅絡みで撮影。

▼富士山下駅

▼後ろ姿

昭和3年生まれの古い車両ですが、あまり重々しい感じではなく、見た目はわりとあっさり系です。

デハ101が西桐生駅から折り返して来るのを、現在の主力(というか、これしかないけど)元井の頭線3000系の700形を撮りながら待ちます。新入社員だった頃、井の頭線で毎日乗っていた思い出の車両ですが、井の頭線時代はあまり撮っていないんですよね。

▼富士山下〜丸山下
 

約1時間後、デハ101が戻って来ました。

▼富士山下〜丸山下


順光側はケーブルが邪魔だったので逆光側で撮りましたが、・・・やっぱり逆が良かったかな。

デハ101はもう一往復するので場所を変えようと思いますが、他に撮影場所を知りません。とりあえず中央前橋駅行きの電車に乗り適当な場所を探しますが、沿線は(いい表現ではありませんが)何だか平凡な景色。どうしようかな〜と思っていたら、膳駅でカメラを持った人がまとまって下車していきました。つられて降りようとしたのですが、あれ? 文庫本に挟んでいたはずのフリー切符が見つからない! 結局、降り損ねてしまいました(泣)

膳駅を出ると間もなく視界が開けて赤城山もよく見えます。と言うわけで、切符も見つかったところで次の粕川駅で下車。ドアが開くとぷぁ〜んと芳しい臭いが漂ってきました。わりと新しいこぎれいな駅ですが、ここは速やかに退散。

膳駅の方に戻りますが、ひきが無くて赤城山を入れて撮るのは少し難しそうなので、近くにあった柿の木を入れて撮影。

▼粕川〜膳

ヘッドライトが点いていたのはこの時だけでしたが、やっぱりいいですね。

この後は膳駅まで歩き、再び電車でイベント会場でもある大胡の車庫へ行ってみました。古典機関車のデキ3021と子供たちとの綱引きもやっていて、家族連れでなかなかのにぎわい。綱引きは笑神様の宮川さんには不評でしたが、けっこう盛り上がっていました(笑)

▼大胡列車区

人が少ないタイミングで撮ってますが、たくさんの人で賑わっていました。

 
向こう側で綱引き中です。なかなか動きませんが動き出すと急に動きます。


デハ104の脇にはSUPER BELL"Zの車掌DJ野月さんらしき方がいらっしゃいました。てか、よく考えたら顔は知らなかったので、わりと至近距離でガン見してしまったかも。失礼しました。

最後に大胡駅に戻って来たデハ101を撮影しました。車内もチラリと。

▼大胡駅

 
木の雰囲気がいいですね。ゆっくり乗ってみたいです。

今回は本当に偶然だったのですが、思いがけずデハ101が走る姿を見ることができました。もっともおかげで昼過ぎには前橋を出て東京に向かうつもりだったのに前橋駅に着いたのは既に4時過ぎ。しかも両毛線のトラブルでダイヤはグチャグチャ。この後の予定はすっかり変わってしまいましたが、天気にも恵まれ(風は強かったけど)結果、ラッキーな一日でした。
先週の日曜日に秋保に行った時に見た、元仙台市電の119号。ちょうど、長崎電気軌道色から仙台市電色に塗り替えている最中だったのですが、日曜日の河北新報の朝刊に作業が終了したとの記事が載っていました。

早速、行ってみると・・・ こんな感じ。仙台市電がよみがえっていました(^^)

▼国道側から



▼少し近づいて

台車もきれいに塗られています。

▼反対側のサイドから



▼正面の運転台付近

行先は長崎時代のままですね。ちなみに「蛍茶屋-正覚寺下」は長崎電気軌道の3系統です。

調色に苦労したと言う深い緑色も見事に再現されているように思います。やっぱりこの電車にはこの塗装が似合いますね。一点気になるとすれば、車体番号と仙台市の市章が描かれていないことでしょうか? ちょっとさびしい感じがします。もしも機会があるのであればこちらもお願いしたところです。

なんにしても、関係者の皆様、お疲れ様でした。懐かしい姿を見せていただき感謝です。

今日、仕事中にちょっと調べ物をしたくてGoogleを開いたら、なんか時刻表らしきものが出てきました。何しろ趣味が趣味なもんですから、仕事はちょっと脇に置いといてついつい見入ってしまいました(笑)
 

で、なんだコレ?
 

上りで路線名が「本線」、表示区間に「足柄山」、って、神奈川県だっけ? と一瞬、まじめに考えてしまったのですが、次に見えたのが「竜宮城」に「月の都」? これって金太郎に浦島太郎にかぐや姫? 某携帯会社のCMを思い出しましたが、それとは関係ないみたい。なんてことを考えているうちに、ようやく時刻表の列車の時刻がGoogleの文字になってることに気付きました(^^ゞ ニブすぎです。
 

このロゴは日本初の時刻表出版121周年にちなんだものだそうです。
 

▼画像はこちらから・・・
Doodle アーカイブ[日本初の時刻表発行 121 周年]

 

にしても、なかなか良く出来ています。最初は普通に時刻表が出てきたのかと思いました。中をよくみると、駅名には「しょうじょう寺」「かちかち山」「鬼ヶ島」「イーハトーブ」などが並び、列車名にも「ぶんぶく2号」やら「こぶとり86号」「ここほれ84号(これは臨時列車)」などなど、おとぎ話テイストが並びます。先行していた区間快速の「かめ12号」を追い抜く快速「うさぎ14号」。ところが終着駅では「かめ12号」が先に着いているという、いかにもな演出もされていました。
 

ちなみに日本で最初の時刻表は、こちら(今日は何の日〜毎日が記念日〜)によると、
『1894(明治27)年のこの日、庚寅新誌社から日本初の本格的な時刻表『汽車汽船旅行案内』が出版された。福沢諭吉の勧めにより手塚猛昌が発行したもので、イギリスの時刻表を参考に、発車時刻や運賃のほか、紀行文等も掲載されていた』だそうです。

 

そんなこんなでなかなか楽しませていただきました。てか、とっとと仕事しろ!

仙台の奥座敷ともいわれる秋保温泉。その入口近くに秋保電鉄の秋保温泉駅がありました。秋保電鉄は昭和36年に廃止されてしまいましたが、今、その駅跡には1両の元仙台市電の車両が保存されています。昭和51年に仙台市電が廃止された後、長崎電気軌道に譲渡されたものの、平成14年に再び仙台に戻りこの場所に静態保存されたモハ100形の119号(長崎時代は1053号)です。

で、今日、久し振りに秋保まで行ったのですが、市電の様子が何か変。

網状の覆いで囲われています。


まさか、解体!?

近づいて見てみると・・・ 色の塗り替え作業のようでした。この車両は仙台に戻った後も長崎時代の塗装のまま保存されていたのですが、塗り分けのマスキングを見ると、どうやら仙台市電の塗装に戻されるようですね。




帰りに再び立ち寄ってみると、作業されてる方がいらしたのでちょっとお話を伺ったら、車体の痛みもあり塗り直すことにしたとのことで、近日、懐かしの仙台市電色がよみがえることになるそうです。

ほんの数時間で窓周りがすべてベージュとなり、ワンマンカーを示すオレンジのラインも見えます。




ちゃくちゃくと仙台時代の装いを取り戻しつつある119号。いろいろと御苦労もあったそうですが、一仙台市電ファンとしてありがたいことだと思います。見てるだけで何か申し訳ない感じですが・・・

下は平成24年の2月に撮った長崎色の1053号の姿です。




長崎電気軌道にも「ありがとう」です。

 
関東や西日本と比べればまだマシだとは思うのですが、仙台でも暑い日が続いています。この週末も暑いです。

とはいっても、家にいてもしょうがないのでちょっと出かけてみますが、やっぱり暑いので手近な東北本線の東仙台〜岩切で・・・

▼上りの貨物列車


この東側に広がる畑や田んぼが新しい貨物駅の予定地になります。

▼東北本線の東側を走る東北新幹線


疾走するE5系の上を飛行船がのんびり行きます。

▼EH500の二次型が牽く上り貨物列車


やっぱり初期型が好きです。

▼田んぼでは農薬散布のラジコンヘリが飛んでいました。



ヘリの後ろをE5系が駆け抜けていきました。

▼E5系+E6系



▼E2系もまだ健在です。


すぐ南側の仙台総合鉄道部。って、判りにくいですが、要は機関区です。

▼国鉄色のDE10×2



▼上の写真を撮っていたら踏切の警報が鳴って上り貨物がやって来ました。

って、トップナンバーだし。ちゃんと撮りたかったところです。

▼仙台総合鉄道部にはこいつもいました。



最後にこの日、根白石で撮った夕暮れです。が、この時点でまだ30度超えでした。
震災のため一部区間が不通となっていた仙石線が華々しく復活した一方で、復旧方法がなかなか決まらなかった気仙沼線と大船渡線。今朝の河北新報紙によると、JR東日本は「鉄道での復旧を断念し、BRT(バス高速輸送システム)で存続させる」との方針を固めたとの事です。

まぁ、正直に言えば、「あぁ、やっぱりな」というところです。

あの震災以来、気仙沼線、大船渡線の鉄道での復旧を感じさせる言動は、JR東日本からは一切出ていなかったと思います。おそらくは既定の路線なんだろうな〜、と。今後、地元の自治体がどのような反応をするのかですが、いずれにしてもこれが翻ることはないような気がします。

記事には、『6月にあった首長会議の初会合で、JR東は両線の復旧に掛かる費用が計1100億円に上るため、全額負担は困難との考えを表明。震災前から両線の利用が低迷しており、鉄路復旧に消極的な姿勢を示した』とあります。要するに大金をかけて復旧しても、商売にはならず赤字が増えるだけ、ってことですよね。

だったら、BRTでもJRの路線として残るほうがマシと地元が考えても不思議じゃないし、実際、運転本数が増えてルートやバス停をこまめに設定できるBRTの方が利便性が高い、という考え方もあるようです。

でもなぁ〜、趣味的にはやっぱり残念すぎる。

気仙沼線、大船渡線とも過去に数回乗っていますが、のんびりと海を堪能できる路線でした。

以下の写真は、2008年11月に「気仙沼線」「大船渡線」「南リアス線」「釜石線」を乗り継いで仙台から盛岡まで行ったときに車内から撮ったものです。

[気仙沼線]

▲陸前戸倉〜志津川

▲歌津

▲小金沢〜大谷海岸
 
▲小金沢〜大谷海岸

[大船渡線]

▲上鹿折〜陸前矢作

▲上鹿折〜陸前矢作

▲細浦〜下船渡

▲細浦〜下船渡
※各撮影ポイントは撮影時刻と当時の時刻表からの推測です。たぶん合ってるとは思うのですが、違っていたらゴメンなさい。 

気仙沼線が開通したのは私が高校生の時。実際に乗りに行ったのは少し後のことでしたが、当時の地元での盛り上がりは相当なものでした。あれから40年弱。

う〜ん、やっぱり残念だ!

リアス・シーライナー号で八戸へ行くという夢も、夢で終わりそうです。