前回の記事で、先週土曜日に仙台空港でスカイマークのタイガースコラボ機やFDAのチャーター機を撮ったことを書きましたが、あの日は結局、日が沈むまで現地にいましたので、その時に撮った他の写真も載せてみたいと思います。

展望デッキからANAのボーイング737の離陸。
うっすら見える背景の山は大東岳だと思うのですが… だとしたら、大昔、小学生の頃に父親と一度だけ登ったことがあります。

降りてきたJ-AIRのエンブラエル190。良く見ると機体後方に何か描いてあります。
パンダです。「南紀白浜空港 開港50周年」でした。一応、これもスペマですね。

海側からターミナルビルに向かうANAのボーイング737。割と珍しい光景です。

FDAの定期便を撮るため、昼前ぐらいに滑走路の山側に移動します。

緑の4号機と菜の花をからめて。

こちらはエバーのA321。
この日の朝、仙台空港のHPを見たら、タイ国際航空の便があったので、これは、と期待したのですが、よく見たらこの飛行機のコードシェア便でした(涙)

滑走路山側の北側から。降りてきたJ-AIRのエンブラエル190と離陸待ちのJ-AIRのエンブラエル190。
見えにくいですが、降りてきた方の機体にはパンダの絵が… さっき見たのと同じ機体でした。

日もだいぶ傾いてきました。風も変わったみたいで海側からの着陸に変わりましたので、滑走路の海側に移動します。

降りてきたのはピーチのA320。
震災後、この辺にはたくさんの菜の花が咲くようになりました。が、復旧というか再開発の工事の影響で今年は少し少ない感じです。

ANAのボーイング737の向こうに日が沈んでいきます。

この日のラストはスカイマークのボーイング737。ヤマトとのコラボ機でした。

ということで、これで終了です。予報で脅された(?)ほど暑くもなく、ここちよい1日でした。

先週の金曜日の4月20日に仙台空港初のFDAの定期便、出雲線の運行が開始しされましたが、最初に使用された機体は緑色の4号機でした。地元のメディアでは杜の都にふさわしい色、みたいなことを言っていましたが、そのせいかどうか、この一週間、FDAが保有する色違いの12機(緑は4号機と11号機の2機)のなかで、なぜかこの機体での運行が多かったような気がします。

そして今日もこの4号機でした。私自身、仙台空港で初めて撮ったFDAが、チャーター便としてやって来たこの機体。ということで、新鮮味は今一つだったのですが、今日はもう1機、チャーター便として飛んできました。FDAのホームページによると、機体は最新の12号機の白です。

朝から天気も良かったので、朝から仙台空港へ行ってみましたが、期待した蔵王は今一つはっきり見えない春霞の1日でした。

FDAのチャーター便の前にまずスカイマークを撮ったのですが、こちらは阪神タイガースのコラボ。
現在、スカイマークのいわゆるスペマは4機いるのですが、これまでなかなかご縁のなかったタイガースをようやく撮ることができました。

場所を変えて、タイガースの離陸を撮影。

FDAの12号機は空港の展望デッキで撮ろうと行ってみたら、風の向きが変わっていました。ついさっきまでは海側からの着陸だったのに、山側からの着陸。展望デッキからだと今一つ絵になりませんが、既に移動する時間はありません。

結局、こんな感じ。管制塔とうっすら蔵王を入れて撮ってみましたが、ぽやっとした写真になってしまいます。

近くまで来るとこんな感じ。思っていた以上にメリハリのある塗装です。

離陸もそのまま展望デッキで…
まずは、滑走路の山側まで移動。
離陸しました。
さらに上空の飛行機雲と。

朝夕は少し寒かったのですが、日中は暖かで穏やかな天気。結局、このままFDAの定期便を撮ったりして日の入りまで1日、空港界隈で過ごした1日でした。

今日のメインターゲットは東北本線を走ったED75+旧型客車の「レトロ花めぐり号」ですが、その合間に仙台空港でも撮って来ましたので、とりあえずそちらを書いてみます。

 

上りの「レトロ花めぐり号」を何とか撮った後に、仙台空港近くの臨空公園近くのポイントに行ってみると、ちょうど海側から降りてきた飛行機。ボーイング787っぽいシルエットでしたが、カメラは間に合いませんでした。伊丹からの便のようです。

 

着陸後、ターミナルビルに向かう途中です。

 

離陸は滑走路北の橋の上から撮ろうと、移動します。

 

海保のヘリがやって来ました。

愛称は「うみすずめ」だそうですが、そんな鳥、おるんか?と思って調べてみたら、ちゃんといました(笑)

 

待つことしばし。何本か離陸と着陸を撮って、ようやくボーイング787が動き出しました。この便は那覇行きです。

 

いつの間にか、撮影者が増えていました。やはりボーイング787狙いみたいです。

 

離陸。

 

沖縄に向かって飛び去って行きました。あっちは暖かいんでしょうね〜、こんな肌寒い日は南の国に憧れます(笑)

 

 

滑走路海側で降りて来るCRJ。黄色い花がアクセント♪

 

ターミナルビルの展望デッキからエンブラエルE190。

 

仙台市街地をバックにボーイング737。

 

天気はアレでしたが、まずまずの戦果でした。さてと、下りの「レトロ花めぐり号」の撮影に戻りますか(笑)

あれから7年過ぎました。長かったのか短かったのか、もはやよく判りません。

少しばかり怖い思いをし、数週間にわたって不便な思いをした… そんな感じ。

個人的には震災による直接的な被害がほぼ無かったこともあってか、自分の中では確実に風化が進んでいるような気がします。

そんな気分にカツを入れるかのように、昨日のテレビは震災関連番組のオンパレードでした。大雑把に分けると、「被災地の人々の今」「次の災害への備え」の二つがテーマとなっており、これも年を経るにつれて少しずつ変わって来ているようです。

昨日は天気もよかったので仙台空港まで行って見ました。

まぁ、このところ行っていなかったので、久しぶりに。と、いうことなんですが、ここは私にとって初めて訪れた津波被災地でもありました。もともと住宅が多いエリアではありませんが、それでもその場に立ったときは、あまりの惨状に足がすくみ、写真もろくに撮れずにいたのを思い出します。

あの日、米軍のC130が降りてきた滑走路に降りてきたのは、4月1日を最後に運行休止となるユナイテッド航空グァム線のボーイング737。って予定よりも30分早い到着。間に合わなかった〜 むなしく頭上を通り過ぎる機体を指をくわえて見ていました。

続いて降りてきたのが、コレ。J-AIRのエンブラエル190ですが、なんか賑やか。
ミニオンジェットでした。この日には今ひとつ相応しくない気もしますが、とりえず初めて見ました。

場所を変えてさっきのユナイテッドの離陸を撮ります。
下手をしたら、これが仙台空港で撮る最後のユナイテッド機になるかもしれません。

この後は風が変わってたのか離陸方向も変わってしまいました。雲も増えてきたので、まだ「お昼ちょっと過ぎ」というところですが、これで撤収。

自宅に帰り、14時46分。NHKの中継に合わせて黙祷。遠くから聞こえてくるお寺の鐘の音が、なんか心に沁みます。

こちらは帰る途中に通りかかった仙台市役所。
羽生選手の金メダルを祝う看板の手前に半旗。…あざなえる縄のごとし、ですかね。

結局のところ飛行機を撮りに行っただけでしたが、それでも久しぶりにいろいろと考えた1日でした。

今日まではおとなしくしているつもりだったのですが、スカイマークのHPを見てみたら… 今日は下町ボブスレーの特別塗装機が仙台に来るみたいです。気づいた時間では到着には間に合いませんが、出発には間に合いそう。

 

午前中は天気も良さそうだし、しょうがないな、行くか。

 

てな感じで、仙台空港まで行ってきました。

 

スカイマークのボーイング737の離陸ですが、どんなイラストかよくわかりませんね。

 

この角度になるととりあえず判ります(笑)

 

この後、滑走路東側に移動してみると、架け替え工事をしていた貞山堀の北釜橋の新しい橋が開通していました。

 

新しい橋の上から、ちょうど降りてきたANAのボーイング767はスターアライアンス塗装機でした。

 

手前に解体工事中の古い橋を入れてみました。

 

右側が解体中、左側が新しい橋です。

 

最後に4月から休止となるグァム線のユナイテッド航空のボーイング737を撮ったのですが… 普通に大失敗。知らん間にカメラの設定がプラス補正になってた(泣) とりあえず誘導路移動中のみです。

 

しょうがないので、さっきのスターアライアンス塗装のボーイング767を撮って終了とします。

割と早いポイントで上がってくれました。

前回、前々回の記事で、1月3日に仙台空港でタイ国際航空とベトナム航空のチャーター便を撮ったと書きましたが、その日、もう一便チャーター便が飛んでいました。

こちら、フジドリームエアラインズ(FDA)のエンブラエル175です。塗装は初めて見る「銀」でした。

FDAの仙台空港関連のチャーター便は月に数回程度あるのですが、なかなかタイミングが合いません。撮るのは結構久しぶりです。今回は長崎からの便でした。

着陸は逆光だったので、離陸は順光となる臨空公園手前のポイントから。

これで終了ですが、実はFDAのチャーター便は1月6日にもありまして、この日もついつい行ってしまいました。が、着陸には間に合わず、というか、撮影ポイントまであと2劼箸いΔ箸海蹐嚢澆蠅突茲觧僂見えました(泣) 色は金色を期待したのですが「黄色」でした。

離陸を滑走路西の橋の上から狙います。

ちょっとだけ華やかに見える(笑)

離陸。

この日も長崎に向けて飛んでいきました。

この後は、別のものを撮りに移動します。

前々回の続きです。

ベトナム航空のA321の着陸後、ようやく動き出したタイ国際航空のA330を展望デッキから狙います。

ちょうど降りてきたアシアナ航空のA321と。こうしてみると国際空港ぽいんだけどな〜(笑)

霞む仙台市中心部を見て、

離陸していきました。

ベトナム航空の出発は12:30。少し時間があるので、滑走路西側の橋の上へと場所を変えます。

ここまで日が差したり曇ったり、たまに小雪がチラついたりという天気だったのですが、ここに来て本格的な雪。あっという間にターミナルビルも管制塔も全く見えなくなりました。

離陸するANAのボーイング767もこんな感じに。

やや降りが弱くなりましたが、IBEXのCRJ700。

てか、これはこれでおもしろいかも。「ベトナム航空の時もこれでいいかな」と、期待しますが、その前に上がってしまいました(笑)

素直に撮ります。

南の空に向かって飛んでいきました。はぁ、出来るものなら暖かいタイでもベトナムでも行きたいもんです。

あっけなくも三が日が過ぎてカレンダーどおり昨日から仕事でした。まぁ、明日から3連休というのが救いです(笑)

格別何をするでもなく過ごしてしまった正月ですが、正月休み最終日の1月3日、タイのバンコクとベトナムのダナンからチャーター便が飛んでくるというので仙台空港に行ってきました。

やって来たのは、タイ国際航空のA330とベトナム航空のA321。最近、仙台空港に来る外国のチャーター便はこの2社ばかりですが、それでも来るのは年に数回程度。贅沢は言っていられません。

明け方まで雪が降っていましたが、積雪は1cm程度。せっかく南国から来る飛行機なので雪景色の中で撮りたかったのですが、期待したほどではありませんでしたね。

タイ国際航空の仙台着は8:45の予定でしたが、やや遅れて9時過ぎに到着。遅れててもFlightradar24で現在位置が把握できるのはありがたいです。便利な世の中になりました。

素直に展望デッキから撮影。天気はもうひとつでした。一瞬薄日が差したのですが、ホントに一瞬でした(泣)

海側から接近。

着陸。

続いてベトナム航空機ですが、仙台着は11:05の予定でちょっと時間があります。10:45にはタイ国際航空機が出発予定で2機の並びはダメかと思っていたのですが、タイ国際航空機は出発が遅れているようで動く気配なし。

そうこうしている間に海の上にひとつの機影。ベトナム航空機が降りてきました。

着陸。

ちょっと辛い体勢ですが2機並びました。

この後、遅れていたタイ国際航空のA330が動き出しましたが、続きは… すみません、次回です。

前回の「仙台空港でOAIのB777を撮ったと」いう記事の中で、12月13日にも仙台空港に行き米軍輸送用の飛行機を狙ったものの空振りに終わったと書きましたが、12月14日まで飛んでいたANAのボーイング787は撮る事ができました。

一応、こちらもUPしておきたいと思います。

この飛行機も3回目ということで、だいぶ見慣れてきました(笑)  てか、787って意外と大きい飛行機だったんですね。見た目が可愛いので737よりも少し大きい程度かと思っていたら767よりも定員が多いし… 最初のうちはサイズ感が判らず結構失敗してしまいました。

過去2回とは違う角度で、ということで、貞山堀の南側の橋の上から狙います。

貞山堀の上を行きます。

アクセス鉄道の線路を越えると滑走路です。

離陸は無難に展望デッキから狙います。

プッシュバック中。

特徴的なエンジン廻り。

離陸するボーイング787とスカイマークのボーイング737。

 

蔵王は見えませんが、近郊の山もうっすら雪化粧です。

これで今回のボーイング787の撮影は打ち止め。次はいつになるんでしょうか?

この後はひたすら無駄な時間をすごしたのでした(泣)

仙台空港にデルタ航空のボーイング747が来ることを全く知らず、悔しい思いをしたのは先月末のこと。この時は、陸自の仙台駐屯地で行われた「平成29年度日米共同方面隊指揮所演習」に参加する米軍関係者を乗せて来たものらしいのですが、来た以上は帰りも何かしら迎えに来るはず。

演習の最終日は12月13日。水曜日ですが、たまたま?休みと重なったので、ほぼ終日、仙台空港に張り付いていました。が、結局、何事もなく見事に空振りでした。

その後、それらしき飛行機が来たという情報は無いまま。それで、先週の土曜日に東北本線の越河にE655系「なごみ(和)」を撮りに行った時も、途中、仙台空港に立ち寄ってみたのですが、朝の時点ではそれらしき機体は確認できませんでした。

「なごみ(和)」と予定外の「四季島」を撮って、仙台空港脇に戻ってきたのが17時少し前。

滑走路の北側のポイントから見てみると、ターミナルビルから少し西側の管制塔の前あたりに、暗くてよく判りませんが何かいます。ボーイング747ではなさそうですが大型機のシルエットです。

急いでターミナルビル側に移動。事務棟の脇から覗けないかと行ってみると、迷彩柄の方が近づいてきて、
「この先は空港管理区域で一般の方は入れません」
(普段は特に問題なく行ける場所なのですが)
「この辺から見るのは?」
「ダメです」
「あれって、いつ上がるの?」
「お答えできません」
で、とっとと撤退しますが、とりあえず、ビンゴはビンゴですね。

一瞬見えた範囲では、機内には明かりが灯っていてエンジンも回しているみたい。機種はボーイング777のようですが、航空会社は不明。ボーイング777はたまにですけどANAが大阪便に投入することがあるので、仙台空港でも珍しいというほどではありません。ちょっと残念です。

ターミナルビルの展望デッキに上がったのが17時5分ごろ。ボーイング777がいるのは判るけど、いろいろと邪魔があってよく見ません。しかも暗い… 普通に撮っても何も写らないので、ISO感度をEOS80DのMAX値、16000にセット。画質はかなり落ちますが写らないよりはマシです。

機体に「Omni Air International」の表記が見えました。知らない航空会社ですが、スマホで見てみるとアメリカのチャーター便の運行会社らしいです。

展望デッキにいた人に聞いてみたら夕方、薄暗くなったあたりに降りてきたとか… 白石駅で「四季島」を撮ってなかったら間に合ったかなぁ〜と一瞬後悔。でも、まぁ、「汽車POPPO」としては、どちらかと言うとあっちが本来業務なので…(笑)

ともかく離陸を待ちますが、聞けばまだ人は乗っていないとのこと。機体にタラップは付いたままです。

17時30分頃、バスが列をなしてやってきました。人は乗り込んでいるのでしょうが、飛ぶ気配は未だ皆無。

吹きっ曝しの展望デッキは寒いので、時々暖かいエレベータホールに退避して、温まったら外に出て様子を伺います。

バスが来てから小一時間経つと、何か、飛行機の前の車両が増えているし… 軍用トラックって感じのフォルムです。

トラックが来て間もなくバスが出て行きました。が、その後はまたまた動き無し。

展望デッキとエレベーターホールの間を行ったり来たりしながら、状況が変わるのを待ちます。

トラックが動き出したのは19時30分ちょっと前。いよいよかと思いますが、タラップが一向に離れない。この展望デッキは20時まで。間に合うんだろうかと不安になってきます。

19時46分頃、タラップが離れているのを確認。

衝突防止灯の赤い光も点滅を始め、垂直尾翼の照明も点いてそのデザインを初めて見ることが出来ました。

小雨が降ってきました。心底寒いのですが、ここまでくれば、もうエレベーターホールへ避難することはできません。

OAIのボーイング777が動き出したのは19時48分ごろ。
ギリギリ間に合ったかな、と油断したのもつかの間。機種が西側を向いてます。この日は見ていた範囲では全て東側から上がるというパターンだったのですが、どうやら逆に行くようです。

衝突防止灯が点くとなかなか迫力がありますが、それはそれとして、ボーイング777が停まっているところから滑走路の西の端までは約2500m。移動には結構な時間がかかります。展望デッキは20時かっきりに閉める訳ではないだろうけど、本当にギリギリです。

ボーイング777の移動中にも東側から1機離陸し、もう1機が着陸してきて、この分だけ離陸が遅くなる〜、という焦りの中、20時3分、ようやくボーイング777が滑走を開始。離陸していきました。

で、撮った写真がコレ。

まぁ、自分でもさして期待していたわけじゃないけど… あのくそ寒い展望デッキに3時間いてコレかぁ〜。骨折り損のくたびれ儲けでした(爆)


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM