昼日中、突然の雷雨に身動きできず、しょうがなくて(笑)テレビを見てたら各局とも国会中継。

注目の郵政民営化法案の参議院採決の瞬間です。いつの間にか自民党内の政争と化した郵政法案は、さらに参議院の存在意義、首相の手法まで問う採決になってしまいました。

テレビには様々な思惑を胸に、淡々と票を投じていく議員たちの映像が流れていきます。そして結果は…

投票総数233
白票(賛成)108
青票(反対)125

小泉首相もハラをくくってるようだし、いよいよ衆議院解散、そして総選挙でしょう。造反議員は公認しないそうですから、いよいよ自民党分裂です。

民主党は絶好のチャンスを手にしたとも言えるのですが、民主党も今ひとつパッとしないし… この郵政問題は反対票を投じたんでしょうが、単に反自民的な発想に思えます。本当のところどうすべきだと思っているのでしょうか?

このバタバタ劇、ハタから見てる分には面白いんですが、やってることが国政ですからね、なんだかなぁ〜

国の財政に関わるカネの動きと、小さな郵便局の存続が同列で語られているところに、この問題のわかりにくさがあるような気がするのですが…


ともかく、選挙をやるのであれば、原点に返って議論を尽くして欲しいものです。

にしても、あ〜、わかんねぇ〜(-_-;)

夏の甲子園は2日目。今日の第一試合は3年連続の東北高校(宮城)と3年ぶり2度目の別府青山高校(大分)。地元チームということで朝からリビングで野球観戦でした。去年のダルビッシュのような派手なピッチャーはいませんが、予選で見てた範囲では手堅いチームという印象でした。率いるのは1年目の五十嵐監督、29才。ベンチにいると誰が監督かわからないぐらい(笑) 

試合は、1回の裏にツーアウトから1点先取したものの、その後は五分の闘いが続きます。な〜んか大丈夫かな〜、なんて思ったのは杞憂でした。5回に1点、6回に2点を追加。更に7回に1点を加え、この時点で5対0。よっしゃ〜、楽勝!なんて油断したら、8回の表、3本連続ツーベースヒットを浴びて2失点。別府青山、油断出来んぞ! 先発高山もここで交代。でも2番手三浦がキッチリ抑えて、その裏、五十嵐監督の采配が冴え、代走、代打攻勢であっさり2点奪取。好投三浦にあっさり代打を送るあたり、東北の選手層の厚さを感じさせてくれました。

結局、9回の表を三番手ピッチャー坂本が別府青山の攻撃を3人で抑えて、新人監督の甲子園初戦は貫禄の快勝!でした。


そして午後は5連敗中の楽天イーグルスとソフトバンクホークスとの一戦。デーゲームとしては久しぶりのTV中継がありました。…が、雨天のため試合開始が30分近く遅れての試合開始。中継は3時までで延長はないのに〜、時間がもったいない(-_-;)

先発は山形(二軍)から復帰後は好調の有銘。ところが、1回にいきなり1失点。でも2点目は礒部の好送球で阻止! そして2回に1点返すも3回に更に1失点。でも今日の楽天は一味違う。3回裏にノーヒットで1点を返して再び同点。

そのあと4回の攻防でTV中継は終わり。って早すぎるだろ〜(泣) まだ半分も終わってない… ラジオの中継もなくて、結局そのまま出かけてしまいました。

で、カーラジオでFMを聞いてたんですが、ふとAMに切り替えたら…プロ野球中継やってるじゃん。有銘がまだ投げてる。「このバッターを抑えれば楽天勝利!」えっ、どうなってんの? どうやら山崎がスリーランを打ったらしいです。で、有銘はあの後、好投して4・5・6・7回をパーフェクトピッチング。

で、9回表、ツーアウト一塁、バッターはホークスの山崎。センター前ヒット! ツーアウト二塁一塁。続くバッターは1番の大村。うわ〜っ、ライト前ヒット! 1点入って5対3。マズイ。有銘もかなり疲れているみたい。でも、田尾監督は有銘続投。

で、予想外の結末。キャッチャー中村が大村を刺して試合終了。楽天8月初勝利です(^^)v

以上、そういう意味では幸せな1日でした(笑) 東アジア選手権でジーコJAPANも韓国に勝ったし(最後の中沢得点の直前から見ました)。。。


投稿したら日にちが替わってました。書いたのは8/7でした(^^ゞ

国交省は、昨日(8/29)全国18のご当地ナンバープレートを認めました。東北からは「会津」と我が「仙台」の2ヶ所。

宮城県は従来、「宮城ナンバー」の1種類だけ。「仙台ナンバー」が欲しいという声はずいぶん前からありました。そんなこともあってか、今回は実に28万人近い仙台市民の署名が集まったそうです。仙台市の人口が約100万人ですから、すごい数です(っていうか、私はしてないなぁ、どこで署名を集めてたんだろう?)。

そんな官民を上げた努力が報われたということで、結構なことだとは思います。でも、今回、仙台ナンバーの対象となるのは、仙台市内の車。つまり、宮城県の車のうち仙台市内の車は仙台ナンバー、それ以外が宮城ナンバーということになります。言い換えると「仙台ナンバー」=都会、「宮城ナンバー」=田舎 みたいになって差別化されると、ちょっと変な感じになっちゃうな〜、なんて思ってしまいました。個人的には「みやぎ」って響きが結構好きなんですが…

とは言いつつ、仙台人としては「仙台ナンバー」にしたいような気もするし… 実は今の車が今年4回目の車検をむかえる事もあって、そろそろ新しい車が欲しいな、とか思っていたのですが、どうしよう。仙台ナンバーの導入は来年度の予定。ん〜、もう一回、車検を通すかな〜 カネもないし…(笑)

ちなみに今の車は他県ナンバーです。

今朝の仙台駅。改札口を出ると、そこには大きな七夕飾りが揺れていました。和紙の吹流しを、手でかき分けるときの触感がいいんですよね。

それにしても、もうそんな季節なんですね〜。このところジトジトした天気が続いてたこともあって、すっかり忘れてましたが、7月も早最終週。8月に入ると東北各地で夏祭りが始まります。

8/2からの青森ねぶた、秋田竿灯、山形花笠と続き、最後を飾るのが仙台七夕。ねぶたや竿灯のような勇壮さはありませんが、伊達者の誇る豪華な和紙の祭典を楽しんで欲しいなぁ〜、などと思っています。

とか言いつつ、地元にいるとなかなか見に行かないんです。人ごみの中を歩くのが実は嫌いで…(笑)

でも、会社の帰りとかチラッとは見るんですが結構キレイですよ(と、あわててフォロー)。もし、この夏初めて見られる方がいらっしゃったら、ぜひ夜に見られることをおすすめします。なんといっても七夕は星祭ですから。。。

仙台駅中央コンコース

オレンジカードはJRグループのプリペイドカードですが、最近ちょっと影が薄いです。それでも何かの記念カードを売ってるのを見かけると、ついつい買ってしまうのですが、…使う機会がない。もともとオレンジカードを未使用で取っておく気はないのですが、仙台地区でSUICAが導入されてから、オレンジカードを使う機会がますます減ってしまいました。在庫を数えてみたら、未使用のカードだけで5万5千円分。一度使ったカードでも良く見ると端数がそこそこ残っていたりして… 

そんな訳で、死蔵オレンジカードを使うべく、日帰り鉄道旅行に行くことにしました。何て理由は後付けで、本当はただのストレス解消だったりするのですが…(笑)

出かけたのは先週の土曜日。行き先は、地元の仙山線北山駅から仙山線を下り山形へ、そして奥羽線を寄り道しながら福島へ。で、ちょっとJRから離れて阿武隈急行で槻木に出て、JRの東北線で仙台へ戻る、というルート。基本的にJRの切符は遠距離低減制で、出来るだけ長距離の切符を買ったほうが安くつくのだけど、なにしろオレンジカードを使うのも目的の一つだから、自動券売機でその都度、細切れで買うことにしました。

1日かけて上記のルートを廻り、上山では温泉に入りそばを食べ、峠の駅で名物の力餅を買って、米沢で駅弁買って、福島では偶然会社の同僚に会っちゃったり、阿武隈急行のやながわ希望の森公園前駅でミニSLを見て、それなりに有意義な一日でした。

使ったオレンジカードは、北山〜愛子190円、愛子〜かみのやま温泉950円、かみのやま温泉〜福島1280円、槻木〜仙台400円で、都合2820円分でした。ちなみに北山〜福島までを一枚の切符で買うと…2520円。あれ? 今回の北山〜福島分は2420円だから、逆に100円安く上がってますね。さらに駅すぱーとに計算させたら、北山〜峠、峠〜福島に分けるのが一番安くて、合計2290円。通しで買うよりも230円も安くなりました。う〜ん、奥が深い(笑)

てな訳で、さてと、あと5万2千円分。次はどこへ行こう?

今日は水曜日。原則として残業はありません。

「久しぶりに歩いて帰るかな」
以前は、健康のためということで、約5kmの道のりを週に1・2度は歩いていたのですが、最近はとんとご無沙汰でした。わりと気温も低めでしたので、駅へは向かわず進路を変更。

15分ほど歩るき路地に入ると何時にない人通り。浴衣姿の女の子もチラホラ。頭上には紅白の提灯も並んでいる。そして路上にはたくさんの屋台が… これは、お祭りですね。街の中の小さな…え〜っと、神社、お寺、あれ、どっちだ? ん〜、大日如来って書いてあるから神社じゃないなぁ〜、お寺って夏祭りやるっけかな?

ともかくビルの谷間の小さなお寺のお祭りですが、意外なほどたくさんの人で賑わっています。考えてみたら都心部とはいえ、マンションとかも多いエリアです。周辺住民って多いんですね。小さな子供を連れた家族連れも結構いるし、学校帰りらしい女子高生の姿も…

そんな人ごみに誘われて通りを歩けば、何とも懐かしい雰囲気です。ムシキングやイタリアンスパーボーなんてイマドキ的な屋台もありますが、お好み焼きやカキ氷、リンゴ飴に射的に焼きそば、そして「型抜きしよ〜」なんて言いながら走っていく小学生を見ると、何かうれしくなっちゃいます。子供の頃に行った近所の神社のお祭りを思い出しました。

そしてお面… ん? 知らない人ばっかりだな… ホントにイマドキの仮面ライターは判らんわ。と思ったら平成ライダーに混じって1号ライダーが。ちょっとホッとする(笑)

意外なところで出会った街の中のお祭り、結構いい感じでした。

で、そのまま家まで歩いて帰るはずだったのですが… ポツポツと落ちてきた雨の雫を理由に通りかかったバスに乗ってしまいました(^_^;) 



今日の楽天は、福岡ヤフードームでのソフトバンク戦。で、帰ってきたラスが2試合連続の好投。打線も昨日の沈黙がウソのような17安打の猛攻。で、結果は7対5で楽天の勝利!

快勝というほどではないけど、そんな贅沢が言えるのも好調楽天ならでは。何しろ7月に入ってからの楽天は、7勝5敗1分け。何と、勝率5割を超えてます! う〜、ウソのようだ(笑) 

苦悩のエース岩隈も何のかんの言いながらも3連勝中。打線もかなりしぶとくなってきました。

明日は前半の最終戦。しっかり勝って、後半につなげて欲しいものです。なんて書いてる間に今日になってしまいました。

よ〜し、今日も勝ってくれよ〜!

7月13日から仙台市体育館で行われていた「女子バレーボール ワールドグランプリ2005 決勝ラウンド」ですが、今日の中国戦で終了しました。

仙台は、あの「ニッポン! チャチャチャ」の発祥の地らしいのですが、地元が盛り上がっていたかと言うと、う〜ん、どうだったんだろう? とりあえず仙台駅ではブラジルの選手らしき人は見かけました。それと日本に関係の無い試合には<地元の中学生が無料で入れたって話も聞きました。

てか、ジャニーズが勝手に盛り上がってましたね。CXの菊間アナともども謹慎のようですが…(苦笑)

で、肝心な結果ですが、日本は1勝4敗で5位。まぁ、出場国を見れば妥当な線でしょうか? でも強くなりましたよね、日本チーム。イタリア戦は完敗でしたが、あとはそれなりに試合になっていたような… 今日の中国戦もストレート負けではありましたが、セット内ではそれなりに中国にプレッシャーを与えたのではないでしょうか?

それと昨日のキューバ戦はほとんど勝ててましたね。キツイ言い方をすれば大友で負けちゃいました。ミスするんじゃないか、というトコでホントにミスしてしまいました。でもあそこで代えなかったのはよかったと思います。きっと北京に向けて一回り大きくなってくれることでしょう。

アテネの時の大山と栗原はいなくなっていましたが、代わりに菅山、宝来、吉澤という新しい戦力も加わり、特に予選ラウンドは結構楽しませてもらいました。

北京に向けて更に強くなるチームですね。期待しましょう。

ただ「スピード&ビューティ」とか「カオル姫」とか、アテネの時の「プリンセスメグ」とかいう妙なキャッチフレーズ、アレはいかがなものかな、と思うのですが…

あっ、でも高橋みゆき選手の「ニッポンの元気印」はOKです(笑) ベストスコアラーおめでとうございます。

6月の上旬ぐらいからだったと思うのですが、サントリーのミネラルウォーター「天然水」におまけがついていました。「BIRDTALES-2:森と清流−天然水のふるさとから−」というシリーズで、水辺の生き物がテーマのフィギュアです。

たまたま出社途中のコンビニで買ったのですが、出てきたサワガニの「さすがは海洋堂!」って出来に、そのままハマってしまいました。

その後は、毎朝1・2本買って、あの袋を開けるのが出社後最初の楽しみになっていました(^_^;) 7月の上旬には会社近くのコンビニからは姿を消したものの、家の近所のコンビニにはつい最近まで残っていました。この間に買った水は約40本。で、シリーズ全12種類がそろったかと言うと… う〜、残念ながら11種類どまりでした。「アマゴ」だけ出ない。サワガニなんか、赤青あわせて10匹ちかく集まったのに… 

もっともこのアマゴという魚、東北地方ではなじみの無い魚です。調べてみたら神奈川以西に棲む魚のようですね。東京に住んでたときも見た覚えが無いけど、実は一回だけ食べたことがあります。

10年ぐらい前の事になりますが、岐阜県を旅行中、樽見鉄道の谷汲口駅で桜の写真を撮って、ついでに樽見の薄墨桜でも見ようかと終点の樽見まで行ったところ、お目当ての薄墨桜はまだ三分咲き。しょうがない昼飯でも食って帰るか、と駅近くの喫茶店に入ったのですが、通常の喫茶店定番メニューの他にアマゴ定食というのが有りました。

最初アマゴというのが何かわからなかったのですが、聞けば川魚。フライ、塩焼き、甘露煮から二種類を選んで1500円。ちょっと高いかな〜、と躊躇したのですが、物珍しさから頼んでみました。選んだのはフライと甘露煮。甘露煮はまぁまぁでしたが、フライは…絶品!でした。メチャメチャうまかったです。全然期待していなかったこともありましたが、旅先でうまいものに当たるとうれしいんですよね〜(^^)

というわけで、フィギュアのアマゴは最後まで出なかったけど、おかげで、昔々の旅を思い出しちゃった、というお話でした。

ちなみに出た11種類は、
鳥:アオバズク カッコウとオオヨシキリ カワセミ ヤマセミ
魚:ヤマメ ウグイ
その他:タゴガエル カワネズミ オオルリボシヤンマ サワガニ(赤系) サワガニ(青系)
でした。
BIRDTALES-2  ボトル

BIRDTALES-2 11種

60年前の今日、1945年7月10日の未明。仙台は米軍による空襲を受けました。この夜、襲来したB−29は123機。焼夷弾912トンが罪なき仙台市民の上に振りまかれました。

私の父もこの空襲を体験しています。父の記憶によると前日の夜半に一度警戒警報が鳴ったものの、間もなく警報は解除。それで眠りについたのですが、空襲警報の音で目を覚ました時には既に中心部は炎に包まれていたそうです。

まだ少年だった父は、母親(私から見ると祖母)と姉(私から見ると伯母)とともに、当時住んでいた錦町の家を出、近くの防空壕に入ったのですが、「ここは危ない」と言われ、宮町の親戚の家へ行ったら、さらに「ここも危ない」ということになり、仙山線を越え高松方面の山に逃れ、ここで燃え盛る仙台の街を改めて見たのですが、上空にはB−29の編隊が悠然と行く中、味方の高射砲の砲弾がその遥か下で炸裂するのを情けない思いで見たと言います。

結局、錦町の父の家はギリギリのところで無事でしたが、この空襲による焼失家屋11,120戸。そして犠牲となった市民は1066名に上りました。

B−29が去り、都心へ行ってみると、そこは一面の焼け野原。亡くなった人の亡骸やで建物の残骸で、見るも無残な有様となり、焼失した仙台駅前からは西公園まで見渡せたそうです。

父の回想はここまでですが、手元に「仙台空襲」という本があります。これは昭和48年に発行された空襲の体験集ですが、久しぶりに書棚から取り出してみました。改めて読んでみると体験した人しか書けない言葉が次々と飛び込んできます。炎の中を逃げまどった人、目の前で近親者を失った人、仙台の親族を探し焼け跡を歩き回った人。さまざまな人間模様が生々しく記述されています。

今の中国や韓国に色々と言われると、つい反発してしまうことも多いのですが、あの戦争に至った経緯を考え直してみる事は必要じゃないかな、改めてそう思います。
仙台空襲


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM