今日の楽天は大阪ドームでオリックスとの因縁の闘いです。結果は…勝ちました。連敗を4で止めました^^; 

先発ホッジスはピリッとしませんね。四球を連発し、勝ち投手の権利目前の4回2/3で交代。でも福盛はいい仕事をしました。マイエットに代わって上がってきたスクルメタも2回を好投。オリックス打線を3安打に抑えました。

打線は14安打、特に7回には5連続安打の大当たり。礒部や高須の元近鉄勢が古巣大阪ドームで大活躍でした。

終わってみれば8対2で楽勝。ホントによく判らないチームです(笑)

ちなみに今夜勝ったパ・リーグのチームは他に西武とロッテ。いずれも8対2のスコアでした。なんか、今シーズンのパ・リーグ、大差の試合が多いような気がします。

何はともあれ、楽天、最下位脱出!!です。

ひと月ほど前のことですが、盛岡の友人からメールが来ました。件名は「行きます!」(笑)

何のことかと思ったら、スイス旅行へのお誘いでした。メンバーは過去に何度か海外旅行に同行した盛岡時代に同じ担当にいた人たち。ん〜、スイスか… 行ってみたいよなぁ〜 で、とりあえず「前向きに検討!」と返信しました。

その半月後、友人から素晴らしく気合の入った「ツアー比較資料」が送られてきました。見たものの…さっぱり判らん(^_^;) え〜っとね、出てくる地名、インターラーケン?ツェルマット? 聞いたことあるけど…、ユングフラウヨッホ、これはよく聞くよね。で、ドコなんだそれ? ゴルナーグラート、フルカ峠、アンデルマット… わぁ〜、ごめんなさい。地理的知識ゼロだ(笑)

過去何回か海外へ行きましたが、こんだけわかんないトコ初めてです。韓国・台湾・タイ・イタリア… みんな海岸線があるので、それをベースに頭の中で地図が描けるんだけど、スイス、まず国の形からしてわかんないや…

そうこうするうちに、送ったリストから希望のツアーを選べというリクエスト。ダイヤモンド社のスイス鉄道の旅というガイドブックを必死こいて紐解いて、ルートを地図上で追いかけて、一応決めました。っていっても基本的なコースには二通りぐらいのバリエーションしかなくて、後は自由時間の配分とか、氷河急行にどっからどこまで乗るか、とか、そんな感じですが…

でも、頭の中の地図がだんだん出来てくると、「よぉ〜し、行くぞ!!」って気になってきます。本音を言えば、ツアーじゃなくて、効率悪くてもいいからのんびりとフリーの旅がしてみたいものです。調べれば調べるほどそう思えてきました。

ガイドブックの裏表紙にあったゲーテの言葉「人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである」

って、今月の半ばには仕事の内容がすっかり変わるんですけど… お金の心配もしなきゃないし… ホント、行けるのか、オレ?(笑)

フルキャストスタジアム宮城の周辺で、ベロタクシーを何台か見かけました。何でもドイツ生まれの三輪自転車タクシーで、環境に優しいのが売りだとか…。流線型の車体がなかなかスマートです。

が、そのスタイルに似合わず…遅い。運転手さんは一生懸命にペダルを漕いでいるのですが、なんだかまったり〜と走っていました。軽〜い駆け足ぐらいでしょうか。スタジアムから仙台駅へと歩く私をゆったりと抜いていきましたが、数分後、赤信号で追いついちゃいました。

もう少し速くてもよいのではないだろうか… 走る普通の車にもジャマなようでした。それと運転手さんの格好、若いあんちゃんたちでしたが、普通のジャンパーって感じで、車体と似合わない。もう少しおしゃれな格好で統一した方がいいんじゃないでしょうか。

果たして杜の都に定着するのやら… 私は、、、ん〜そうですね。恥ずかしくて乗れないかも(笑)

あっ、それと運賃がよくわからないや。車体にちゃんと目立つように書いといて欲しいな。

フルキャストスタジアム宮城で楽天対西武の第三戦が行われた日曜日。

ちょっと雑用があって街へ出かけた為、中継を見ることは出来ませんでしたが、用事があっさり済んじゃったので、ちょっとスタジアムまで行ってみました。

とりあえず仙台駅へ行って見ます。一昨日の仙台開幕戦では駅のモニタで試合を中継していたそうですが、今日はなし。ちょっと残念。その代わり楽天のショップが東西連絡通路の脇に出来ていました。そば屋さんを閉めちゃったと思ったら、いつの間にかこんなことになっていました。

ともかく仙石線で宮城野原駅へ。一応ここがフルスタ宮城の最寄り駅です。
駅の構内も、イーグルスカラーのクリムゾンレッドで統一。ん〜、ちょっとうるさいかも… 地下駅から地上に出ると、球場の大歓声が響いて…来るのかと思ったら、そうでもないなぁ〜、存外に静かです。代りにプラカードを持った整備係が1人。
「本日の当日券は売り切れです」
そうかあわよくば外野席でちょこっと見てもいいかな、と思っていたのですが、やっぱり甘かったか…

球場帰りの客を待つタクシーの列の脇を歩いて5分。フルスタ前に到着。ここまで来ると、時折「お〜」という歓声が聞こえてくる。やっぱり鳴りものを入れなかったのは正解という気がします。近所には病院のほか、一般の家庭もたくさんあります。この「お〜」ぐらいなら許してもらえる範囲なのではないでしょうか。

あらためてスタジアムを見ると、やっぱキレイになったな〜、ありきたりの感想ですけどね(^^) 中に入れず周囲を歩き回る人も多数。この辺も含めて活気のようなものは感じます。前にはテント張りの売店が並び、中には「伊達の牛たん」や「ローソン」もありました。さらに楽天がキャンプを張った沖縄の久米島からの出店も来ていました。こういう地域同士の交流はいいもんですね。

一応、ラジオの中継は聞いていたのですが、ここまでホッジスがカブレラに打たれたホームランによる3点に押さえて6回のウラ、楽天の攻撃。ひときわ大きな「お〜!」の歓声。平石の特大ファール。続いて礒部・高須の連続ヒット。続く吉岡の犠牲フライで一点を返すと、さらに大きな歓声に周囲の空気が響き渡ります。う〜ん、球場にいるって感じです。まっ、外ですけど(^_^;)

結局、三塁側からぐるっとスタジアムの周辺を一周。芝生席の楽天山の裏を廻るとタバコを吸う集団が… どうやら球場内は禁煙なので、外に喫煙コーナーを設けているらしいです。タバコを吸い終わった人は半券を見せて、またスタジアムに戻っていきます。タバコを吸う人にはちょっと気の毒な状況かも… 

そのまま一塁側に向かうと、また人だかりが… また喫煙者の集団かと思ったらちょうど外野席と内野席の隙間からグラウンドがチラッと見えます。よ〜く見てみたら青いヘルメットの西武の打者が… 誰なのかは全く判りませんが、うわ〜久し振りに見るプロ野球戦手だ(笑) 5分ぐらいそこで見ていたのですが、虚しくなって撤収(ラジオの中継も終わって状況が全然わからないし…)。

帰りは宮城野通を仙台駅に向かいます。通りに出るとすぐに市役所方面へのシャトルバス乗り場。試合が終わる頃にはここにバスが並ぶのでしょう。反対側の車線には仙台駅へ向かうシャトルバス乗り場がありました。

ここから駅までは約1.7km。歩けない距離では全然ないですし、実際には歩いていた方も相当いたようです。でも試合に負けたときは歩きたくないな〜(笑) ちなみのこの日は、吉岡の犠打の一点どまりで反撃終了。その後、8回9回で4点取られて7対1の惨敗でした。…皆さん、どうやって帰られたのでしょう?

わ〜い、わ〜い連勝だぁ〜、って、曲がりなりにもプロ野球チームなんだから、たかだか2連勝で舞い上がるのもどうかとは思うのですが… でもこの時期に西武のエース松坂相手に勝ったっていうのは大きいですよね。

3点のリードを守れず、7回に追いつかれたときは、正直この試合はちょっとあきらめてしまいました。それでも打線の復調が本物って感じでしたし、6回に打たれたとはいえ、藤崎も前回と違い安定した投球を見せてくれたことでこれからも戦えると確信しました。

ところがTV中継が終わった直後の8回、見事打線が奮起、ロペスと吉岡のタイムリーで再び引き離し見事に勝利。楽天初の連勝も地元仙台で、ということになりまた。

松坂は本調子ではなかったようですが、一昨日までの5試合で6点しかとれなかった楽天打線が、昨日今日の2試合で21点。やっぱり礒部の復調が大きい。ロペスもいいし、ベテラン勢もいぶし銀って感じでいいですね。

なんか、このまま3連勝しちまえ〜って感じです。もちろん負けても応援しますが、出来りゃあ、やっぱり勝って欲しいものです。

開幕戦での1勝後、4連敗中の楽天イーグルスが、本拠地のフルキャストスタジアム宮城でついに目覚めた。

ここまで5試合で6点と低迷を極めた打線だが、田尾監督は不調の礒部を1番に据える大胆な打順の組み換えを行い、その礒部が期待に応えた。

礒部の初打席初球ホームランを皮切りに、連打を重ねた楽天打線。西武の2年目岡本を粉砕した。その後も手を緩める事無く、7回には打者1巡の猛攻を見せ、最終的に37安打27得点を達成。これまでのうっぷんを一気に晴らした。

先発岩隈は元々西武には分がいい。この日は打線の奮起に応えるように18奪三振でノーヒットノーランを達成。西武打線を完全に封じ込めた。

この快勝に、地元仙台のファンは狂気乱舞、観戦に来ていた市内若林区のAさんは、「やってくれると信じてました。ファンを止めずによかったです」と涙ながらに語っていた。


まぁ、エイプリルフールですので書いてみましたけど、他にもこんなこと書く人、いらっしゃるんでしょうね(笑)

さてさて、今日、仙台デビューの東北楽天ゴールデンイーグルス。地元でどんな試合を見せてくれることやら。仙台はそれなりに盛り上がっています。


4/1 22:50 追記***************

ホントに冗談のつもりだったんですが、中途半端な冗談なんて書くもんじゃないですね。当たらずも遠からず、って感じになっちゃいました。いや〜、ホントに礒部が初打席でホームラン打っちゃうし…(^^)

もっとも8対0のスコアで岩隈が投げてドキドキするとは思いませんでしたが… とは言っても終わってみれば16対5で、圧勝といって差し支えないですよね。

明日は松坂か。。。 あ〜、ドキドキしたい^^;

いや〜、楽天負けちゃいました。ものの見事に、って言うか見事すぎです(笑)

地元紙の扱いも、昨日の一面はスポーツ紙のようでした(ベガルタもようやく勝ったし…)が、今日の一面は所定のコーナーの点数のみ。これ程の負けっぷりなんだから、今日もド〜ンとやって欲しかったな。

ん〜、藤崎くんは少し期待してたんですけどね。緊張したかな〜、後続のピッチャーも連鎖反応的崩れていった感じですね。まぁオープン戦を見る限りではこんなひどいのはそう無いとは思うんですが…出来ればあと3回くらいで止めて欲しいものです(笑)

まぁ、あのロッテファンを30年近くやってた私ですから、ちょっとやそっとの負け試合はどうと言うこともありません(それだけに今回の大敗は微妙に複雑ですが…)。もちろん、これからも応援はつづけますよ!

それはそれとして、スポーツニュースでチラッと見ただけなんですが、オープニングセレモニー?に登場した、かつてのロッテオリオンズナイン。懐かしい〜。あのユニホームにあの選手たち・・・ 何と言っても村田兆治のマサカリ投法。幼き頃に見た県営宮城球場の熱いひと時を思い出しました。

あ〜、それにしても村田兆治様。フルキャストスタジアム宮城で投げてくれませんか? 楽天のユニホーム着て。。。 いや、マジで(笑)

楽天、白星デビュー 毎日新聞 号外今日、千葉マリーンスタジアムで、我が東北楽天ゴールデンイーグルスが初の公式戦を戦いました。

千葉へはちょっと?行けず、「テレビ観戦かな」と思っていたら、急遽用事ができて、街にお出かけ。リアルタイムで見たかったんですけどね。 

で、街に出て昼ごはんは仙台駅東口の牛タン屋さん。店内のテレビが付いてて、プロ野球の中継中。当然、楽天VSロッテ戦。ちょうど三回の裏、ロッテの攻撃中。っていうか、楽天勝ってるじゃん。2対0。おぉ、スゴイ(笑)

まさか試合終了まで牛タン屋さんにいる訳にもいきません。後ろ髪を惹かれる思いで(って大げさ(笑))店を出ました。もろもろ用事を済ませて駅に戻ってきたのは午後の7時前。ホームを行く人の手には一枚の紙。見れば「楽天白星デビュー」の文字と岩隈の写真が… ん〜、どうやら勝ったみたい。ホームの電車ではなく、改札を出て駅前へ急ぎます。やっぱりいました。新聞の号外を配る人の姿。1枚もらって紙面に目を走らすと、結局「3対1」で見事楽天は初勝利! 岩隈は貫禄の完投勝利。やったね、と小さくガッツポース(笑)

これから苦しい戦いが続くでしょうが、ぜひ、頑張って欲しいものです。今日はベガルタがようやく初勝利しました。応援できる地元プロチームが二つある幸せをかみ締めつつ(笑)


実は、P〜介は30年来のロッテファン。ここで楽天に切り替えたものの、実は内心複雑でした(^^)

3月24日付け河北新報紙より2006年度開通予定の仙台空港アクセス鉄道。仙台空港のターミナルビル前には空港駅の構造物が建ち、途中区間でも高架橋の橋脚が立ち並びだし、工事は順調に進んでいるようです。

そうなると気になるのが実際にどんな電車が走るのかな? と言うことですが、昨日の河北新報紙にJR東日本がアクセス鉄道用の新型電車の概要を発表したと言う記事が載っていました。

記事とイラストを見ると、ステンレス製車体の2両編成で、両開きの扉が片側3ヶ所、窓下に緑と青の帯、窓上に青の帯を配しています。パンタグラフのシングルアームとヘッドライトのHIDはイマドキの電車と言う感じです。特筆すべき点は、出入り口のステップがなくなっていること。車輪の直径を小さくして、車高を下げたそうですが、これで車椅子での利用が便利になります。外観もスッキリとしました。

車内のシートについては、前向きのクロスシートとベンチタイプのロングシート。クロスシートについては前向きとありますので転換式ではないかと思います。となるとこの辺の電車では初めてかも… ロングシートもあるのでセミクロスタイプとなりますが、701系5000番台のような千鳥配置かもしれませんね。それとスーツケース用の荷物置き場は空港アクセス用の車両としては必須でしょう。

この車両をJR東日本では今年12月に1編成、開業までにあと3編成製造するそうです。また、仙台空港アクセス鉄道の運営会社である仙台空港鉄道も同様の車両を3編成新製する予定で、最終的に合計で7編成となるようです。2両編成ではさびしい?ので、4両編成での運転になるのではないかと思うのですが、仙台〜仙台空港間のみ運転なら足りるかもしれませんが、山形まで直通運転するとなると編成が足りないかも。そうすると701系や719系も空港線に乗り入れることになるでしょう。

何にしても久々に楽しみな新車です。
で、形式は何になるんだろう? E723系かな(^^)

(写真は3月24日付け河北新報紙です)

■関連記事
仙台空港鉄道 初乗り☆(2007.03.19)
明日、仙台空港鉄道開業! と言うことは…(2007.03.17)
仙台空港鉄道 ダイヤ発表(2006.12.23)
E721系、701系と併結試運転(2006.05.28)
E721系を撮った!(2006.04.19)
E721系を見た!(2006.04.18)
E721系が来た!(2006.02.16)
仙台空港アクセス鉄道 車両続報(2006.01.22)

今日、帰宅して何気にテレビを見ていたら、「宮城野貨物駅移転」なんてニュースをやってました。よく見たら、単にJR貨物が移転の検討をし始めたということで、内容的にも、これまでの噂の域をでるものではなく、時期も移転場所も触れられずちょっと肩透かしという感じではありました。

環境問題とあいまって、今後増える貨物量に現駅では対応しきれないとのことですが、鉄道貨物の扱い量って増えてるんでしょうか? 気になってちょっと調べてみたのですが、ここ10年ぐらいはほぼ横ばい。コンテナもほぼ横ばい。どうなんでしょう? でも検討を始めたってことは需要はあるんでしょうし、やはりCO2の問題や高速道路の安全問題など考えると鉄道にシフトできるものはすべきなんでしょう。っていうか、政府がもっと強力に推進すべきだとは思うのですが… 

で、移転するとなると、仙台市民としてはもう一点気になることがあります(^^) もちろんその広大な跡地の利用方法です。宮城野貨物駅の西側には通り1本挟んで、楽天イーグルスの本拠地フルキャストスタジアム宮城がある宮城野原公園総合運動場があります。当然、貨物駅跡とくっつけて巨大総合運動公園にして欲しい。で、さらに当然なことに?ドーム球場(宮城ドーム?)を期待しちゃったりしたいなぁ〜、などと思ったりするわけです。現にニュースの中でも仙台市がそのような構想を持っている、と紹介されていました。利府の山奥(失礼!)にあるグランディ21(宮城スタジアム)と違って交通の便は全く問題ないし… 今いろいろと取りざたされているアマチュア向けの施設も整備できると思います。

ん〜、ちょっと期待しちゃいますね〜 っていつの話なんだろ〜^^;


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 石巻線で女川へ♪
    P〜介
  • 石巻線で女川へ♪
    風旅記
  • 715系1000番台☆入線
    P〜介
  • 715系1000番台☆入線
    naoya531常磐
  • 急行列車、華やかし頃
    P〜介
  • 急行列車、華やかし頃
    座敷童子
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    P〜介
  • 謹賀新年☆初日の出2013
    右肩
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    P〜介
  • スキャナー買って、昔の写真をUP!
    右肩

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM